2017年9月22日 (金)

本当の体重は「マイナス1.5kg」という話

           

こんにちは!もみい里香です!

お!今回「第666回」のゾロ目ですね!!(今気がつきました;)

これは何か記念すべき?

う~~~ん。。。

この前キャンペーン終わったばっかだしなwww

困ったな~~~

ってことで、急遽思いついた“ささやかなプレゼント企画”を。笑

                

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆                    

<<メルマガ第666回記念プレゼント企画>>            

【対象】
                 
・「第666回」のメルマガを読んでダイエットカウンセリングを申込んでこられた方

(※注:「1ヶ月お試しコース」を除く)

【プレゼント内容】
               
・当カウンセリングで人気&実績ともにNO.1の「体質改善ダイエットコース」で使用している体質改善用サプリメント(17,280円/2箱/1ヶ月分)を「半月分(1箱)」プレゼントいたします☆

このサプリメント、本来“サプリメントのみの単体販売”は行っておりません。

その理由やサプリメントの詳細については以下をご参照いただきたいのですが。

▼「体質改善ダイエットコース」について▼

▼「サプリメントとダイエット」▼

何はともあれ「体質改善ダイエットコース」のクライアントさんのみが入手可能な“幻のサプリメント”を今回だけ特別にプレゼントさせていただきます。(「体質改善ダイエットコース」お申込みの方にも半月分プラスいたします☆)

【条件】
            
・お申込みフォームのメッセージ欄に合言葉
        
            
「第666回のメルマガを読んで」
         
             
をご記入ください。

この合言葉がなければ、通常のお申込み対応となります。(プレゼントはつきません。)

                

▼ダイエットカウンセリングお申込みフォーム▼

・パソコンからのお申込みはこちら
            
・スマホからのお申込みはこちら

               

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

             

以上、取り急ぎのプレゼント企画のご案内でした。(ホント思いつきやしwwwhappy02

さて。

ここからが本題です。

先日、便の先生・・・いや「辨野(べんの)先生」のセミナーを受けてきました。

辨野義己先生は(多くの著書やTV出演でご存じの方も多いと思いますが)かの「理化学研究所」で長年腸内細菌の研究に取り組んでこられた“ウンチ博士”です。(ウンチ博士のベンノ先生って・・・これを「天命」と言わずなんと言う!?)

そんな先生方のたゆみない研究のおかげで、近年、腸内細菌の意外な役割や影響がオソロシイ勢いで解明されつつあります。

腸内の環境って単にお通じだけの問題ではないんですよね~

ガンや糖尿病など「内臓疾患」はもちろんのこと、アレルギーや肌荒れなどの「皮膚障害」、風邪やインフルエンザなど「感染症」、そして「老化」や「脳への影響」などなど。

知っていたはずの私も、セミナーの中では驚愕の新事実がいっぱいでした。

そこで得たものをカウンセリングやメルマガの中で可能な限りシェアしていきたいと思いますが・・・

そういったことを、日々如実に私達に伝えてくれる有難い存在が「便」なんですよね。

ところが。

ようやく厳しい夏を越したこの時期、ダイエットカウンセリングの現場でも「突然便秘になっちゃった」なんてお声がチラホラ聞こえてきたりします。

便秘はダイエットを成功させるうえで真っ先に解決しなければならない最重要課題でもありますので、体重を落とす前にまずはその「原因」を突き止めなければ。

ということで、今回はこの時期の便秘についてのアドバイスです。

その前に1つ問題です。

            

「便の中身ってなんでしょう?」

             

「便の中身=食べ物のカス」と思っている人が多いのでは?

もちろん、それも間違いではありませんよ。

食べたものによってその顔色(?)や状態は毎日変わりますからね。

・・・が。

正解は、

            
              
               
              
                
               
              
            
              
  
                           

「水分」

        
               
               

なんです。

実は、健康な人の便の約80%は「水分」でできているんです。

軟便や下痢の時ではなく、通常の状態の便の水分量が80%です。

下痢の場合だと90%。

コロコロの状態でも、なんと70%は水分なんだとか。

ここでちょっとピンときた人もいるかもしれませんが、

そうなんです。

この時期の便秘、意外にも「水分不足」が原因だったりするんです。

熱中症予防のためにせっせと水分補給に励んでいたあの夏の暑さが落ち着き気温が下がってくると、水分の摂取量もつい少なくなりがちです。

そのため体内が水分不足となり、便が固くなり、便秘知らずの人でも便秘してしまう・・・というのがこの時期特有の便秘です。

どうでしょう?

朝起きてからこの時間まで、どれくらい水分を摂取しましたか?

人間は、普通に生活するだけでも1日に約2.5Lの水分を体外に排出すると言われていますので、体内バランスを保つためには、排出したのと同じだけの水分を補給しなければなりません。

ただし、それがお茶やコーヒーでは内臓に負担がかかるばかりか、からだも冷やしてしまいます。(お茶やコーヒーはからだを冷やす「陰性食品」ですから)

“体内をキレイに流す”という目的のためには、混じり気のないピュアな「お水(もしくはお白湯)」が望ましいです。

「お水だけそんなに飲めない」なんて人でもお白湯だと結構スイスイ入ったりしますので、便秘や体重の停滞にお悩みの方は騙されたと思ってぜひ試してみてください☆(「1日2Lのお水」を飲み続けるとカロリーの消費量が約30%UPする、という説もあります。)

それだけでもお通じのリズムに変化が表れるはずですが、

便の中身、まだ20%残ってましたね。

そのうちの1/3が、そう「食べ物のカス」です。

水分に比べると大分少ないですが、これがないとやはりお通じはスッキリと出てくれません。

最近流行りの「糖質制限」で“便のもと”となる炭水化物の摂取量が極端に減っている人などは要注意です。

お心当たりの方は、試しに1日だけ朝ご飯に「腹いっぱい!!のお米」を食べてみてください。

久々にビックリするくらいのお通じを体験できるはずです。

              

「お水」と「お米」

            

この2つが、もしかするとあなたの便秘のお助けマンになってくれるかもしれません。

ちなみに、便の中身の残り20%の1/3が「古くなった腸粘膜」、そして1/3が「腸内細菌とその死骸」だそうです。

残り20%の1/3と言っても、腸内細菌だけでも1人あたり1.5kgほどもあるそうなので、辨野先生いわく、あなたの本当の体重は「今の体重マイナス1.5kg」なんですって(!)

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
            
              
          

2017年9月15日 (金)

体調不良時の体重増加について

        

こんにちは!もみい里香です!

「暑さ寒さも彼岸まで」

とはよく言ったもので、あれだけ暑かった日本列島も、お彼岸の時期が近づくとちゃ~んと涼しくなるんですねぇ。(「今年はもう涼しくならないんじゃないか」と毎年心配しちゃうんですけどw)

とは言え、この週末は台風やミサイルの襲来など懸念材料も多いので;
みなさんくれぐれも非常時の対策は抜かりなく。。。

そんななか(夏の疲れか)体調を崩される方が多いのもこの季節でして。

感染症のシーズンも近づいておりますので、今日は

          

「体調不良時の体重増加」

          

についてお伝えしておきますね。

は?

体調不良時の体重増加?

とお思いでしょうか。

実は、

「頑張ってるのになかなか体重が落ちない(涙)」とか
「特に食べ過ぎたわけでもないのに、いきなり体重増えてる!」

なんて時、意外にも体調不良が原因だったりするんです。

体調に何らかの問題がある場合、からだの中では

・ストレスに対抗するホルモンが分泌される
  ↓
・そのホルモンの生成に必要なブドウ糖を肝臓が(ストックしていた分から)血液中に放出する
  ↓
・食事内容に関係なく一時的に高血糖の状態になる
  ↓
・血糖値を下げるホルモン(インスリン)が過剰に分泌される

・・・といった非常態勢がとられます。

「インスリン」は、余分な糖分をコンパクトな脂肪に換えて蓄積することで血糖値を下げる「肥満ホルモン」でもありますから、高血糖の状態が続くと肥満ホルモンの出番も増え“体重が落ちにくく増えやすい体内環境”になってしまうわけです。

こればっかりは、生命維持のための防衛本能ですから、しかたありません。

体重を増やしてでもからだを守らねば。

あと、お薬を服用されている時は、その副作用で体重が落ちにくくなる場合もあります。

落ちにくいだけならまだいいのですが、時にはビックリするくらいの増えっぷりなので;一応知っておかれた方がよろしいかと。。。

例えば「抗生物質」

病気やケガの治療の際に処方される抗生物質は、感染症の原因となる細菌をやっつけるお薬ですが、中には腸内細菌まで死滅させてしまうものもあります。

そのため腸内環境が悪化し、便秘知らずの人でもお通じのリズムが狂ってしまうことも。(そういう経験ありませんか?)

便秘が続くと、どうしても体重は増えてしまいます。

悪いものをやっつけるだけでなく、からだに有益なものにまでダメージを与えてしまう・・・というのが、なんとも皮肉な感じですが、それが副作用というものですからね。

アメリカではすでに「抗生物質=体重を増やす可能性あり」という研究結果がいくつも発表されていて、(風邪の際など)抗生物質の処方を控える動きもあるそうです。

頭痛や生理痛などに効果テキメンの「鎮痛剤」も然りです。

効果が大きいものほど胃粘膜にかかる負担も大きく、胃薬と一緒に処方されることも多いですよね。

と同時に「腎機能の低下」や「水分貯留」などの副作用も認められていて、むくみや体重増加につながるケースも。

私も親知らずを抜いた際に、処方された抗生物質と鎮痛剤で毎日1kgずつ体重が増えた時はさすがにビビリましたが;

・・・と言っても、決して「お薬を飲むな」という話ではなく。

治療に必要なお薬もあるわけですし、素人判断で中断したり減らしたりするのもキケンなので、そこはお医者さまの指示に従っていただき、

「それによって体重が増えることもある」

ということだけ知っておいていただきたいな、と。

心配しなくても、それで増えた体重は一時的なもので(そこでヤケ食いなどしなければ!笑)体調の回復とともにまた元に戻りますから。

何はともあれ、ダイエットは「健康体である」ということが大前提となります。

体調不良時はいろんな要因により“体重が落ちにくく増えやすい体内環境”になっていますので、そういう時はダイエットの方は潔く中断して体調の回復を優先してくださいね。

その方が絶対に近道となりますので。

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

    
       
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

            

2017年9月 8日 (金)

果物は太る?太らない?

           

こんにちは!もみい里香です!

9月に入り、なんだか周りの季節感がいきなりガラリと変わってしまったような。。。

今も近所の学校の運動会練習のBGMが大音量すぎて原稿に集中できませんwww(本番ガンバレー!!)

スーパーやデパ地下の果物売り場にも秋が満載ですね。

この時期はいつもこの話題になってる気がしますが、体重を落としたいダイエッターさんは

          

「果物とのつきあいかた」

           

にもちょっと気をつけましょうね。

果物にはビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維なども含まれますから、お菓子などのジャンクフードを間食するよりは断然マシではありますよ。

ただ、果物に含まれる「果糖」は立派な糖質です。

まぁ、同じ“甘いもの”なら工場で作られる砂糖より畑で作られる果糖の方が、人間のからだには合いそうですけどね。

そんな果糖にも問題点があります。

果糖は、その大部分がそのまま吸収され肝臓で直接代謝されるため、ブドウ糖と違って血糖値をほとんど上げません。

当然、血糖値の上昇率(GI値)も低く、肥満ホルモン“インスリン”の分泌も促しませんので「果物は太らない」と安心してる人も多いかもしれませんが・・・

(難しいことは省略しますね;)ひと足先に吸収された果糖はさくっとエネルギーに換わるため、余った糖質やあとからきた糖質はどんどん中性脂肪に変換されてしまいます。

つまり、脂肪が増えやすくなるってことです。

血糖値の上昇速度は

「ブドウ糖 > 砂糖 > 果糖

の順となりますが、中性脂肪値の上昇速度は

果糖 > 砂糖 > ブドウ糖」

と、一気に逆転して果糖がトップに躍り出ます。

そう考えれば、このあとの冬に備えて脂肪を蓄えるために、秋の果物は特に甘みを増すのかもしれません。

果物売り場の主役も、水分たっぷりの夏の果物(スイカやメロンなど)からブドウや梨やいちじく、そして柿や栗へと・・・

どんどん糖度が高くなっていってますよね。(それで脂肪を増やして冬を越す・・・って、冬眠前の熊か!?)

問題はそれだけではありません。

「果糖では血糖値が上がらない」と先述しましたが、本来なら血糖値が上がり脳にエネルギーが供給されることで私達は満腹感を感じるわけです。

・・・が、果物を食べても血糖値が上がらなければ、満腹感も感じられないということに(!)

だから、果物っていくらでも食べられちゃうのか~

とかって油断して食べ過ぎてしまうと“冬眠前の熊”になっちゃいますよwww

そんな果物、体重を増やさずに上手にその恩恵だけ受けようと思われるなら、昔から

     

「朝の果物は金の価値」

「昼の果物は銀の価値」

「夜の果物は銅の価値」

        

という言葉があるように、なるべく早い時間に食しましょう。

そうすることで、からだの目覚ましスイッチにもなりますし、食べたあとの活動時間が長い方が脂肪としても蓄積されにくいので。

さらに、果物の持つ酵素のパワーを最大限に引き出すためには

           

「空腹時に食べる」

       

のがコツです。

それにより、自身の消化はもちろん、そのあとに入ってくる食べ物の消化も助けてくれます。

・・・となると、「夕食後のデザートに季節の果物を」なんて優雅な光景が、ダイエッターさんにとってはもっともキケンな行為ということになりますね。

知ってました?笑

そういったことを知っているといないとでは、食べ方も違ってきますし、半年もすれば体重や体調に大きな差が生じてしまいます。

その辺を頭に入れつつ、実りの秋の大地からの贈り物を上手に堪能していただきたいと思います☆
       
   
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
                    
              
           

2017年8月18日 (金)

意外なところに不調の原因が!

         

こんにちは!もみい里香です!

お盆休み明けでヘロヘロの方も、もしかするとまだお盆休みって方も、無事に社会復帰できそうでしょうか~

忘れちゃいけない、お盆の間も通常運転だった方も!

みなさん、ホントにホントにお疲れさまです!

異常気象も手伝って年々ヘビーになりつつあるこの季節。。。(日本は絶対東南アジア化してますよね!?)

おからだのリズムは大丈夫ですか?

私がいつもカウンセリングを卒業していかれるクライアントさんにお伝えしていることは

“体重が増える”という現象はからだから発せられる一種のSOSのサインでもある

ということ。

本来、からだの中の代謝機能がスムーズに働いていれば、適正体重からそんなにかけ離れた体重にはならないはずなんです。

でも、体内のシステムに何らかの誤作動が生じ、正常な代謝が行われない状態が続くことで不必要なものがどんどん溜まってしまう。

ざっくり言うと、これが体重増加のメカニズムです。

その誤作動の原因となっているのが、日々の食事や運動や入浴といった「生活のしかた」だったりしますので、まずはそこを修正することが先決で。

そうすることで、本来持っている正常な代謝機能が復活し、体調が変わり、体質が変わり、その結果として体重が変わる。

この流れが結局は一番確実で、かつ近道のダイエット法である、と長年の経験からそう確信しております。

ただ。

そういったハード面の要因だけでないところにダイエットの難しさがあるんですよね~

その1つが

「バイオリズム(生体リズム)」

ってやつです。

そう、からだや精神状態などの周期的な変化のことですが・・・

この存在を知っているといないとでは、ダイエットの挫折率に大きな違いがあるんじゃないかと思うんですよね。

だって、「やってること」や「やってるあなた」が悪いわけじゃないんですから。

ある航空会社では、パイロットの勤務スケジュールもこのバイオリズムに従って決められるそうですが、

「肉体のリズム」「感情のリズム」「理性のリズム」

こういったものの微妙な織り合わせにより、“なんとなくイライラする”日があったり“何もしたくない”日があったり“無性に気分が落ちる”日があったり・・・

と、安全な操縦には適さないコンディションの時があるんだとか。(いや、乗る側としてもぜひお休みしていただきたいですよね!そんな日は;)

ダイエットも同じで“何をやっても上手くいかない時”があります。

女性の場合だと「生理前」などはよく知られるところですが。

実は、男性にも女性にも要注意な時期がありまして。

それは

「大潮」

と呼ばれる時なんです。

これ、潮の満ち引きに関する言葉なので、釣りやマリンスポーツをやらない人は日頃あまり目にすることもないかもしれませんね。

そもそも地球では月の引力により海面が上下し干潮と満潮が繰り返されます。

つまり、海の水の動きは「月の満ち欠け」のリズムと連動しており、「満月(や新月)の前後数日間」が最も海面の高低差が大きく、その時がまさに「大潮」ということに。

そういった月のリズムに影響されているのは海の水だけでなく、約6割が水でできてる私達のからだも然りなのです。

「満月や新月の日にお産が多い」という説は昔から存在してましたし「月の満ち欠けカレンダー」が貼ってある産院も多いと聞きます。

他にも「(自然死の場合は)引き潮に亡くなることが多い」という言い伝えや、中には「満月の夜に交通事故が増える」なんて都市伝説まで。

いずれも科学的根拠は「?」なので、その辺に関してこれ以上掘り下げることはしませんが、

「なんだかテンションが上がらないなー」とか

「心身ともにスッキリしない」

といった時にカレンダーを見てみると「大潮」だった!

なんてことは実際によくあることなのです。

だからどうだって話ではありませんがwww

科学的に解明されているバイオリズム以外にも、そういう目には見えない自然のリズムがあるということ。

そして、それにより引き起こされてる不調は慌てずとも時間とともに解消され、また周期的に繰り返されるということ。

そういうことをぼんやりでも知っておくことで防げる挫折ってあるんじゃないかな、って。

お月見のシーズンを前に(ってまだもう少し先ですが)ふと思い立って取り上げてみました。

そうこうするうちに、今月もまた「大潮」が近づいているようです。
※満月の時と新月の時の月2回ペースで訪れます。

気になる方は「大潮カレンダー」などで時々チェックしてみてくださいね。

不調の原因は意外なところにあるかもしれません。

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
           
        
            
           

2017年8月 4日 (金)

「やせる休日」VS「太る休日」

        

こんにちは!もみい里香です!

2週間ぶりの配信です。

先週はカウンセリングの方が立て込んでおりまして;
どーーーしても時間がとれず、メルマガの配信をお休みしてしまいました。

なんて言い訳するのも恥ずかしいくらい、私のクライアントさんにはもっともっとお忙しい方がたくさんいらして・・・

先日も、3歳の男の子のママさんからの

> 急遽、ハワイとアメリカ本土に出張でした。

とのご報告に一瞬「うらやましー」と思ってしまったワタシ。

> 行き先だけ聞けば楽しそうな出張ですが、実際には1泊4日のハードな日程でした。

との続きに思わず二度見三度見してしまいました;;;

え、1泊4日って・・・

意味がワカラナイですwww

そんな総理大臣のようなスケジュールの中でも、こちらから投げたボールをちゃんと受け止めて、それを自分なりに消化してまたフィードバックしてくださるんですから・・・

頭が下がります。

そういう方達を拝見していると、忙しさの基準は人それぞれで違うんでしょうけど、自分で限界を決めてしまってる人が多いのかなぁ~と思ってしまいます。

「私だけなんでこんなに忙しい!?」とか

「よりによってなぜこのタイミングでー」とか

「もうこれ以上は無理!!」とか

いっぱいいっぱいになっちゃってる人も見かけますが、

          

「上には上がいる」

        

ってこと。

私はそれを日々クライアントさん達から教えてもらってるって感じです。

それに、そういう時こそむしろ研ぎ澄まされるものがあるんですよねぇ。

ビジネスの世界でも、

             

「大事な用事は一番忙しい人間に頼め」

                

という教訓がありますが、忙しい人(時)ほど時間や労力の使い方に無駄がないし、ミスも少ないです。

持てるスペックを最大限に活用していると言いますか。。。

ダイエットにおいても、それが顕著に表れるシーンがあります。

それは

             

「休日の過ごしかた」

             

です。

デキるダイエッターさんは“平日のために”休日を有効活用します。

「グッズのメンテナンス」だったり「収納の工夫」だったり「おかずの作り置き」だったり・・・

           

「いかに平日の作業をラクにするか」

           

のための下準備に余念がありません。

といっても、お休みの日まであくせく働くって話ではないのです。

24時間の中のほんの2~3時間、のんびり~ゆったり~で。

某家電メーカーのTVCMにもありましたよね。

“おいしい一週間をまとめてつくろう”
(注:音が出ます)

誰ですかーこんなダンナさまなら頑張るとか言ってる人www

ダンナさまのためではありません。

あくまでも「平日の自分」のため!です笑

これが、お忙しいダイエッターさんのよくある休日の姿ですが、その反面。。。

ぼんやり過ごしている人(時)ほど、陥りがちなのが

             

「休日太り」

            

そう、平日やせた分を休日で全てパーにしてしまう悲しいパターンです。

この悲劇、実は「起きる時間」からすでに始まっています。

もし、平日と休日の起床時間に2時間以上の開きがあるとすれば、休日太りの危険性「大」です。

その原因と対策については(長くなりますので)下記の過去記事をご覧ください。

▼「休日太りにご用心!!」▼

折りも折、日本はお盆休みのシーズンとなりますが、貴重な休日を「やせる休日」にするのか「太る休日」にするのか・・・

どっちに振れるかは「あなた次第」

そして、それ次第でそのあとの平日の体重も大~きく変わっていく。

・・・ということを、頭の隅に置いてお過ごしくださいね!

今週もよい週末を☆

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

・パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
               
                

2017年7月21日 (金)

TVのダイエット情報にご用心!

           

こんにちは!もみい里香です!

「海の日」のあとバタバタと梅雨明けが宣言され、日本列島は一気に夏本番を迎えましたね。

そうなると、TVでもいたるところで夏バテ予防策やダイエットの情報が。。。

先日もたまたまついてたTVで「お酢」の特集をやっていたので、「もしや」と思いながら流していたところ、

やっぱり出てきました。笑

「毎日とりつづけることで23kgやせました」

「1日3~4回お通じが出るようになりました」

というダイエット成功者の方のコメントがwww

こういう時、ダイエットカウンセリングの現場でも必ず

「TVで見てお酢を飲み始めました」とか

「お酢をもっと積極的にとり入れた方がいいですか」

といったお声が増えてくるので、今日は先回りしてお答えしておこうと思います。

お酢はアルカリ性食品なので、酸性にかたよった体質をアルカリ性にひき戻す作用があります。

これ、みなさんご存じの疲労回復効果ですね。

また、メーカーの研究によると、お酢を「1日に大さじ1杯(15ml)程度」摂取することで、血圧や血糖値の上昇が抑えられることがわかっています。

確かにからだには良さそうです。

ダイエット的にも・・・

血糖値の上昇が緩やかになれば、肥満ホルモンでもあるインスリンの出番が減り脂肪が体内に取り込まれにくくなる、ってのはありますよね。

他にも、お酢に含まれる「アミノ酸」の働きにより、

・脂肪の合成が抑えられる

・脂肪の分解が促進される

・新陳代謝が高まる

・血液の流れが良くなる

同じくお酢に含まれる「クエン酸」の働きにより

・エネルギー代謝が活発になる

・腸内環境が整う

などなど、ダイエット効果が期待できそうな要素はてんこ盛りです。

・・・が、その反面。

お酢の原料は糖質たっぷりの穀類や果物だってことを忘れてはいけません。

「米酢」のもとは(日本酒と同じ)お米で、100g中に7g程度の糖質が含まれています。

「バルサミコ酢」にいたってはブドウの濃縮果汁が原料なので100g中に20g近い糖質が含まれています。(ババロアやプリンと変わらないくらいの糖質です(!)

その他のお酢も、うっかりすると結構お砂糖やブドウ糖、はちみつなどが使われていたり。

血糖値の上昇を抑えるお酢自身に糖質が多いって、一体どうすれば!?

って感じですが;

ほんの少量をたっぷりのお水で薄めて飲んだり、調味料として適量をお料理の味付けやドレッシング等に使う分には問題はないんです。

ただ、

「毎日とりつづけることで23kgやせました」

「1日3~4回お通じが出るようになりました」

といったところだけを切り取って、ビネガードリンクをやせ薬のごとくガブガブ飲んだり、酢漬けのドライフルーツを免罪符のようにむさぼったりすることは避けていただきたいんですよね。

特に「冷え」が気になる人は。
(お酢はからだを冷やす陰性食品でもあります。)

ドライフルーツも生の状態の数倍の糖質&カロリーがあります。

その辺を心配しながら番組を観てましたけど。。。

番組の中でも随所で「お酢でからだが柔らかくなることはないから!」とか「摂取量やタイミングには気をつけてー」なんて注意もはさんでましたよ、ちゃんと。

でも、そういう情報って残らないんですよね;TVだと特に(どんどん流れてっちゃうから)

しかも、番組をご覧になっていた歯科医師さんからスタジオに届いたFAX。

                     

「お酢で歯が溶けることを知っていますか?」

「とり方に注意しないと大変なことになります。」

「患者さんの歯が大変なことになっています。」

「絶対にそのことは伝えて欲しい。」

            

という警告まできちんと見届けた視聴者はどれくらいいらっしゃるんでしょうか。。。(ホント番組終了ギリギリで紹介されてましたから;)

私は“ここの部分”をお伝えしたくて、今日のメルマガのトピックとさせていただきました。

ダイエット情報ってインパクトがあればあるほど視聴率が取れるので、どうしても一部分だけがクローズアップされがちです。

そんなTVのダイエット情報に振り回されて、体調を崩したり、逆に体重を増やしたり・・・って人をこれまでもたっくさん見てきましたので、

このメルマガの読者さんは絶対にそういうことにならないように・・・

TVのダイエット情報はちゃんと隅々までチェックしておいてくださいね!!って話でした☆
(大事な部分ほど扱いが小さかったりするんだよなぁ。。。(´・ω・`)

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら
         

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

2017年7月14日 (金)

この時期イチオシの「むくみ取り」

            

こんにちは!もみい里香です!              

間もなく「海の日」

梅雨明けも間近ですね。

雨でも晴れでもジトジトベッタリ。。。

毎年のこととは言え「試練」の1ヶ月ですよね。

この間、体内にこもる湿気でパンパンになっちゃってる人も多いのでは?

私もひと晩で1kgとか増えちゃった日もあり;梅雨空同様ず~~~んと重たい気分になったりもしましたが。

体脂肪率を見れば「むくみ」ってことがわかりますからね。

▼その体重増加の原因は・・・▼

日頃むくみとは無縁の私も、突然の体重増加が“季節的なむくみ”の仕業とわかれば、ひたすら「むくみ取り」に励むのみです。

そのためにまず投入するのが

                

「夏野菜」

             

です。

この時期、エアコン&シャワーの生活の人も多いと思いますが・・・

そうすると、どうしても汗をかく機会が少ないですよね。

汗は体内環境を最適化するための空調システムの一端を担うものですから、汗が上手く出せないと体内に水分や熱がこもり、代謝機能、免疫機能、ホルモン分泌機能など、体内のあらゆる機能も少しずつ狂ってしまいます。

その結果が

「疲れがとれない」
「からだが重い」
「むくみやすい」
「風邪をひきやすい」
「熟睡できない」
「イライラする」
「お肌が荒れる」
「便秘がち」

といった体調不良の数々・・・

そう「夏バテ」です。

対する、強い日差しの下で日々作業を行っていらっしゃる農家の方々。

意外と夏バテが少なかったりするんですよね。

それには作業中にかく大量の汗の働きも大きいでしょうが、実は

                 

「夏野菜をたくさん食べてるから」

                

という見方もあるんです。

自然のサイクルというのはホントに良くできてるもので・・・

暑い時期に旬を迎える露地栽培の野菜には利尿作用に優れたものが多く、からだにこもった水分や熱を尿と一緒に体外に排出してくれます。

そうやって体内の水分バランスや体温をコントロールしてくれるんですが、栄養面でも

疲労回復に効果的な「ビタミンC」

優れた抗酸化作用の「リコピン」

免疫力を高める「β-カロテン」

脂肪の分解&燃焼を促進する「カテキン」

糖質&脂質の吸収を緩やかにする「食物繊維」

などなど・・・実にタイムリーな効能のものばかり。

主な夏野菜には

「ピーマン」
「かぼちゃ」
「オクラ」
「ゴーヤ」
「大葉」
「ニラ」
「みょうが」
「トマト」

などがありますが、今の時期の「むくみ取り」に私がよく活用しているのは

         

「キュウリ」

             

です。(梅雨入り前にイチオシだった「プチトマト」は大分味が落ちてきましたから;)

「プチトマト」も「キュウリ」もおすすめする最大の理由は

               

「包丁要らず」

           

ってとこ。笑

洗ってそのままガブッとかじれちゃうでしょう?

(お行儀は悪いんですけど;)ダイエッターさんにはこの「手軽さ」がとっても重要です。

私の場合は、とにかくなんにでも(スライサーを使って)輪切りのキュウリをシュッシュッと・・・
手裏剣のように振りかけて食べます。

キュウリ自体、味に主張がないので「サラダ」でも「サンドイッチ」でも「お味噌汁」でも「麺類」でも・・・

なんにでも合うんですよね。

夏場は熱中症予防のために、ほんのちょっっぴりハーブソルト&オリーブオイルをかけて。(塩昆布&ごま油もいいですね。)

※注)ここで塩分をとり過ぎると逆にむくんでしまい本末転倒に;

バリバリちぎったレタスなんかとワシワシ食べると丼1杯くらいはあっという間です。

でもって、仕事中は前回おすすめの

                  

「足裏コロコロ」

           
           

で足裏マッサージ。

すると、その日はビックリするくらいトイレ(小)の回数&量が増えて、ひと晩で増えた体重もスッキリ元通り!!です。

何万円も払ってエステでマッサージ受けなくても、多分変わらないくらいの効果を得られるんじゃないかと。

「キュウリ」と「足裏コロコロ」で、う~~~ん、どうでしょう、2つで300円くらい?笑

万が一、効果を感じられなくっても笑って許してもらえる金額だと思うので(笑)ぜひ試してみてください☆

この先の夏バテ防止にもおすすめですよ~

                  

※腎臓疾患など病気の種類によっては野菜の摂取に制約がある場合もありますので、お心当たりの方は必ずお医者さまの指示を仰いでください。

             

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
              
                
            

2017年7月 7日 (金)

この度の九州豪雨に際して

             

こんにちは。もみい里香です。

北部九州が台風上陸、そしてその後の大雨により大変なことになっております。

被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

通常、日本列島のどこかで大きな災害が起きた場合、現地の読者さんの安否やその他諸々の状況(重要な情報が優先されるべき等)を考慮し、ダイエットの情報発信は控えさせていただくのですが・・・

昨日より私のもとへもご心配やお見舞いのメールがたくさん届いておりますので、今回はご挨拶がてら特別に配信させていただくことにしました。

同じ福岡でも私の住む福岡市は申し訳ないほど日常の生活でして・・・
(私自身、当日夜のニュースで初めて知って「え!?どこのこと!?」と驚いてしまったくらいで;)

私は全く大丈夫です。

ご心配いただき、本当にありがとうございます。

でも、それだけ“限られた地域”で“想像を絶するほどの量”が“短時間のうちに”降ったということなんですよね。。。

しかも、まだ予断を許さない状況のようで、さらに雨の範囲も徐々に広がりつつあるそうなので、油断はできません。

このシーズンは、もういつどこでどんな水害が発生してもおかしくありませんし、(温暖化の影響か)最近の気候の変化はこれまでの経験値で計り切れないものがあります。

事前に準備できることにも限りがありますが、最低限の備えだけは再度ご確認のうえ、みなさんもくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。

こんな時にダイエットの情報もどうかと思いましたが・・・

実は、今回のメルマガは

           

「むくみ取り」

             

をテーマに考えておりました。

このむくみやすい季節に、日頃私が実践している「むくみ取りのワザ」をいろいろとご紹介するつもりでいたんですが・・・

それはまた次の機会に改めてお伝えすることにして。。。

そのワザの中に、ぜひ防災袋にもしのばせておいていただきたいグッズがありますので、それだけちょっとお伝えして失礼させていただきますね。

これ、去年の熊本地震の際にもおすすめしたもので、このメルマガでもすでに3回目の登場となりますが、

       

「足裏コロコロ」

            

なんです。(3回もおすすめしちゃうくらいスグレモノってことです!)

私は、もう何年も前に100円ショップで買い占めた「イボイボボール(2個で100円w)」とかいう商品をずーーーっと使い続けているんですが(今でも売ってるかは不明です;)

なければ「ゴルフボール」でも代用可能です。

こういう災害時には、車の中や避難所、人さまのお宅など・・・限られたスペースで不自由な生活を強いられることもあろうかと思われます。

同じ姿勢や水分不足の状態が続くと、血流が悪くなり血管に血の塊(血栓)ができる「エコノミークラス症候群」などが懸念されますが、

そこまでいかなくとも、疲労物質や老廃物がたまって、からだがダルくて重い“ダル重~”の状態になりがちです。

しかもこれ、災害時だけに限った症状ではなく。

普段の生活の中でも(!)同じような症状に悩まされている方が少なくありません。

             

「座りっ放しのデスクワーク」

「立ちっ放しのお仕事」

「気軽にトイレに行けない環境」

             

などなど・・・

血液の流れが悪い状態で数時間を過ごしていらっしゃる方、

         

「冷え」

「頭痛」

「肩こり」

「首こり」

「むくみ」

「倦怠感」

「便秘」

             

などでお悩みではありませんか?

そういう方もぜひこの「足裏コロコロ」で定期的に血液を流してやっていただきたいのです。

これさえあれば、どんな狭いところでも簡易マッサージができてしまいます。

私もデスクの下にいーっぱい転がしてあって、気がついた時にそのうちの2個を左右の足裏で捕まえちゃあゴロゴロゴロゴロやってます。

それだけでも、重力で下に下に溜まってたものがスーーーっと流れていく感じ。

足の裏は「第2の心臓」とも言われるように、からだ全体の臓器や組織と密接な関わりを持つツボが多く存在しています。

その全てを正確に把握するのは無理でしょうから

          

「ツボを含めたその周辺一帯をマッサージする」

              

でいいのです。

そうすることで、血液の流れを良くするだけでなく、体重増加やむくみの原因ともなる「リンパの流れの悪さ」まで改善してくれますので、ダイエットの面においても大変有効なマッサージ法となります。

雨や暑さのせいで思うように動けないこの時期。

可愛らしい外見ながらもその効果はマッサージャー顔負けの「足裏コロコロ」

これを常にお供に携えて、いつでもどこでも全身をスッキリ流してあげてくださいね。

それだけでも体重や体調には変化が表れますので。

            

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
       
         

2017年6月16日 (金)

昨日のあたし、ありがとう!

      

こんにちは!もみい里香です!

先日から「ダイエットのパートナー」ってハナシしてますけど・・・

▼ダイエットの意外なパートナー▼

そもそも「ダイエット」とは古代ギリシャ語の「diaita(生活習慣、生き方)」が語源なので、決して“一時的なイベント”ではないんですね。

そう、生きてる限り続く長~い旅なわけです。

まず、そこのところを理解していなければ「リバウンド人生」から抜け出すことはできないんですが・・・

その長いダイエットの旅を自分一人で続けることは、心身ともに大変なことです。

それを苦痛なく続けるコツは、いろんなものの力を借りて、その行程を少しでもラクにしてあげることだと思うんですよね。

いわゆる「パートナー」です。

それは「ダイエットカウンセラー」だったり「意外な道具」だったり・・・

というお話でしたが、実は。

もうひとつ、重要なパートナーの存在があるんです。

しかも、すでにもうみなさんお一人お一人が携えていらっしゃる。

それが


「昨日のあたし」


です。

「今日のあたし」でもない「明日のあたし」でもない「昨日のあたし」

(あえて「わたし」や「わたくし」ではなく「あたし」ってとこがフレンドリーな感じしません?笑)

私自身もそんな「昨日のあたし」に感謝することってたっくさん!!あります。

反面、腹が立つことも。

例えば・・・

仕事の合間にご飯を食べようと思うでしょう?

その時になって準備しようったって、どんな状況になってるかわかりません。

時間に余裕のある時なら、冷蔵庫を開けて「何作ろっかな~」ってことも可能ですが、

そうじゃない時もあります。

「作る時間がない」

「必要な材料がない」

「体調が悪い」

かと言って、何も食べなければ飢餓状態となった脳やからだの反動がオソロシイ。

・・・となると、あるものを食べるしかない。

手軽に食べられるものと言えば、糖質&脂質のかたまりでしかないインスタント食品や冷凍食品。

もしくは添加物だらけのジャンクフードとか。

気がつけば、そういう食生活が何年も続いてた・・・というダイエッターさんも少なくありません。

これでは体重が増えるはずです。

そんな時、頼りになるのが「昨日のあたし」です。

(昨日じゃなくても)時間や材料に余裕がある時に

「何か一品作っといてあげる」とか

「ちょっと作り過ぎちゃったから残しといてあげる」とか

やってもらってると、あとあとすごーーーく助かるんですよね。

冷蔵庫を開けた時、


「昨日のあたし、ありがとう!」


と叫びたくなる瞬間です。

一方で、な~~~んにもない時。。。

冷蔵庫の前で呆然と立ち尽くしながら、怠けてた「昨日のあたし」に腹が立つわけです。笑

ダイエットカウンセリングのクライアントさんの中にも

> 常備菜のある無しで平日の食べるものの選択肢が“まともな方に”ぐんと広がるので、日曜日は頑張る。

と、お休みの日に作り置きに励まれる方や

> 家に帰りつくのが大体夜8時か9時なので、空腹をしのぐために、まず常備菜を小皿にわけてお腹にいれます。
> それから冷蔵庫にある肉(もしくは魚)と野菜でメインのおかずを作ります。
> この時、ついでに作れそうな常備菜も作っておきます。
> ちょこちょこご飯をつまんで・・・
> 夕飯はほぼ味見で終わる感じです。
> 遅い時間に食べるので、これでちょうど良いのです。

と、常備菜作りの味見で夕食を済ませてしまう方など・・・

明日以降の自分のことを考えて準備をしてくれる「昨日のあたし」がついていてくれてる人は、やっぱり結果の出方が違います。

それよりもなによりも、同じダイエットの長旅なのに、ラクラク進んで行けてる感じ。

長いダイエットの旅を一人の自分で歩くのか。

「昨日のあたし」と二人で歩くのか。

その差は結構大きいのです。

明日の自分を助けてあげられるのは今日の自分しかいません。(←これ、ダイエットに限ったことではないですけどね。)
           

「昨日のあたし、ありがとう!」
                   

と言ってもらうために、今日ちょっとだけ頑張っておきましょう☆

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

・パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

2017年6月 9日 (金)

お腹が空いたらどうする?

               

こんにちは!もみい里香です!

先日、間食がやめられず悩んでいらしたクライアントさんから、

> もみい先生は仕事中の空腹などはどうやって乗り越えてるんですか?

というお尋ねをいただきまして。

「はて?お腹が空いたら?」

と、改めて考えてみたんですが・・・

出てきた答えは

             

「ご飯を食べる」

            

でした。笑

当たり前すぎますか?

だって、そこでお菓子とか食べちゃったら、お腹が膨れてご飯を美味しく食べられなくなっちゃうでしょうwww

そう考えると、お菓子を食べるタイミングを逸してしまうんですよね、いつも。

逆に

「お菓子っていつ食べてんですか???」

って聞きたいくらい。笑

もちろん、お腹は空くんですよ。

でも、食べてすぐ空くわけじゃないでしょ?
(もしそうだとしたら、食事の内容がかなり糖質に偏ってる可能性があります。)

食べたものが消化されるのに大体2~3時間かかりますから、空腹感を感じるのは「次のご飯の1~2時間前」くらいですか。

・・・であれば、空腹感を抱いたまま1~2時間待って「(次の)ご飯を食べる」ってことですね。

実は、この「空腹感」

体重を落とすうえで非常に大事な感覚なんです。

同じダイエッターさんでも「初心者さん」と「達人さん」では空腹感に対する受け止め方が全く違います。

以下は、ほぼ同時期にいただいたコメントですが・・・

<初心者さん>             
> 仕事中にお腹が空いて、間食してしまうことが多々あります。
> デスクワークなので、すぐにお菓子を食べられる環境なのもいけないと思うんですが・・・
> 間食してしまうということは、食事の量が足りていないということなのでしょうか?
> いつも4時頃にお腹が空いてしまい困っています。

<達人さん>
> ここにきて久し振りに心地いい空腹感を覚えました。
> 考えてみたら、随分長い間「お腹が空いた」という感覚を忘れていたような気がします。
> いつも何かを口に入れていたので、お腹が空っぽになることがなかったんでしょうね。
> このカウンセリングで、正しい食べ方を教えていただいてからは、ちゃんとお腹が空きますし、
> 食べたものを心の底から「美味しい!」と感じられるようになりました。
> 以前は「ただ食べていた」という感じでしたので。

・・・と、これくらい違いがあります。

<初心者さん>にとって空腹感は

「困ったもの」

<達人さん>にとって空腹感は

「心地良いもの」

と、ほぼ真逆の受け取り方です。

ダイエットのカウンセリングをしていてつくづく感じることは、

             

「体重が増えて悩んでいる人ほど空腹感を知らない」

               

ってことです。

次から次に食べ物を口に入れる習慣があるため、空腹感を感じる暇がないのです。

そもそも「リバウンドのないダイエット」を目指すなら“食べずにやせる”はアウトですからね。

“食べてやせる”ことができなければ。

食べずにやせる方が簡単ですけど、それはもうあっさり戻っちゃいます。

               

「1日3回バランス良くきちんと食べる」

                  

これは現代社会では意外と難しいことかもしれませんが、そうやって落とした体重ほどリバウンドしません。

そして(ここが肝心ですが!)

1日3回きちんと食べることができていれば、1日3回定期的に「心地良い空腹感」が訪れます。

これは「正常な状態」なのです。

もっと言うと、空腹じゃない状態というのは、常に胃の中に異物がある状態ですから、からだにとってはどちらかと言えば「異常な状態」なわけです。

体重増加に悩んでる人は、この異常な状態(常に満腹の状態)に慣らされているため、正常な状態(心地良い空腹感)を知りません。

体重が落ちてきた時に初めてそのことに気づかれるようです。

わかりやすい例を挙げると・・・

子供の頃、給食前や放課後にお腹が空いてグーグー鳴ってませんでした?

あの状態が“脂肪を削っている”という風にイメージしてみてください。

そうすれば空腹感も「困ったもの」から「心地良いもの」に刷り替わるんじゃないでしょうか。

私なんて、寝る時にお腹がグーグー鳴るくらい空っぽでないと(胃に物が残ったままでは)気持ち悪くて眠れません。

長年かけてそういう風になってきたんでしょうけど。

胃袋ってそうやって鍛えることができるんですよね。

「リバウンドのないダイエット」を目指していらっしゃる読者のみなさんも、まずは

             

「空腹な時がないうちは体重は落ちない」

              

とご自分の脳を洗脳して(笑)「心地良い空腹感」を楽しめるように胃袋の方も鍛えていただきたいと思います。

            

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
          
                
            

«ダイエットの意外なパートナー