2017年12月14日 (木)

イベントシーズンの乗り切り方

          

こんにちは!もみい里香です!

好評開催中のダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」

      
       

「2017年末キャンペーン」

         
             

今年最後のキャンペーンは大盤振る舞いの

       
            

「全コース10,000円引き!!!!」

          
          

しかも、多くのご要望にお応えして、カウンセリング開始時期については、
          
           
「即時スタート」
        
「年明けからのスタート」
       
          
のいずれかをお選びいただけます。

先週のメルマガ先行告知で一気に枠が埋まってしまったんですが;

キャンペーンの方は「カウンセリング料のご入金確認をもって正式な受け付け」とさせていただいておりますため、現時点でご入金が確認できていない分は(申し訳ありませんが)いったんフリーとさせていただきます。

・・・ということで、もう少しだけ枠をご提供できそうです。

すでに、

「申し込みしただけでなぜか2kgやせた」

なんて不思議現象のご報告もいただいておりますので(笑)
来年こそダイエットを成功させたいダイエッターさんはお急ぎ下記ページをご確認ください!!
                  

▼「2017年末キャンペーン」▼
(定員枠に達し次第こちらのページは削除させていただきます)

                    

う~~~ん。。。

やっぱり師走は慌ただしい~~~

2017年もあっという間に残り半月あまりとなってしまいましたが・・・

忘年会の方は落ち着きましたか?

来週末にはクリスマスも控えておりますが;

このイベントシーズンになると、ダイエットカウンセリングの方でもやはり「飲み会対策」のご相談が増えてきます。

「せっかく落とした体重が増えるのがコワい」

「いつもこの時期に増えた体重がそのまま定着してしまう」

「いっそ、飲み会自体を断った方がいいですか?」

などなど。。。

自己流の対処法で最も多いのが

          

「飲み会の前後の食事を抜く(減らす)」

              

ではないでしょうか。

これ、カロリーの帳尻合わせには手っ取り早いですものね。

でも、結構キケンなんですよ~笑

まず、「飲み会の前の食事を抜く(減らす)」方法。

例えば、今夜の忘年会に備えてお昼は軽くサラダだけにしとこうか・・・とかってパターンですよね。

もみい流のカロリーコントロール法として、以前こちらでも

▼「カロリーのお財布」▼

なんて発想法をおすすめしてますが、数勘定だけ考えると、与えられた器の中で残りの分を空けておくというのは「正解」なような気がします。

でも、それも“加減もの”で。

夜にがっつり食べたり飲んだりするために朝や昼を軽くし過ぎると、飢餓状態を恐れたからだは(生存本能から)次に食べたものをしっかり吸収しようとします。

いわゆる“乾いたスポンジ”状態で吸収率がハンパないんですね。

そんなところに高脂肪&高カロリーのご馳走が入ってくるわけでしょう~

これはもう「太るための食事法」でしかありません。

一方の、「飲み会の後の食事を抜く(減らす)」方法。

例えば、忘年会の翌朝(二日酔いも手伝って)何も食べられなかった・・・なんてお心当たりありませんか?

もしくは、あえてスムージーだけにしとこうか、とか。

これもカロリー的には上手にプラスマイナスできた気がするでしょうが、

脳にとっては「絶食」と同じ状態で、時間の経過とともに脳ストレスが溜まっていきます。

それがどこかで爆発して、間食やドカ食い、夜食などにつながってしまうんですね。

つまり、

                  

「飲み会の前の食事を抜く(減らす)」方法は吸収率がコワい。

「飲み会の後の食事を抜く(減らす)」方法はストレス食いがコワい。

          

ってことで、いずれも体重を増やすための準備をしているようなオソロシイ行為なので、私は怖くてできません。

では、どうすれば?

ってことですが、いつも言ってるように

             

<たまのオタノシミくらいダイエットのことは忘れて楽しむ>

            

まずはこれが大前提です。

そんなとこで一人だけストイックに過ごしてたら、それこそ溜まったストレスがいつ爆発するかわかりませんし、周りもいい迷惑です。笑

楽しむ時はとことん楽しむ。

もうしばらくケーキはいいわwwwってくらい。

そして、

            

<とり過ぎたカロリーは数字に反映される前に消費する>

             

飲み食いしたものが体脂肪となって定着するまでには時差がありますから、

          

「増えているのが体重だけで、まだ体脂肪率は増えてない」

            

というタイミングでどんどん消費するのがコツです。

その間は、からだや脳のために“いつも通りに食べる”

そして、ここが「最大の肝」かもしれません。

消費する時間を確保するためには

              

<飲み会が2日以上続かないようスケジュールを調整する>

                 

大体、1回の羽目外しを帳消しするのに2~3日はかかるので、その間に再び羽目を外してしまうと・・・

ちょっと追いつきませんね;

スケジュール管理もダイエットのうち。

そう心得て、年越しまでの残り半月、そして年明け以降のスケジュールを今のうちに見直していただきたいと思います。

               

<たまのオタノシミくらいダイエットのことは忘れて楽しむ>
             
<とり過ぎたカロリーは数字に反映される前に消費する>
          
<飲み会が2日以上続かないようスケジュールを調整する>

              

この3ヶ条で年間最大の鬼門「年末年始」もストレスフリーに乗り切っていきましょう!!

あ、「ビールを美味しく飲むために夕方から水分を控える」ってのも、脱水症状を招きますのでやめてくださいね~

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

2017年12月 7日 (木)

2017年末キャンペーン

         

こんにちは!もみい里香です!

12月に入り寒さも本格化してきましたね。

2017年もいよいよ大詰め・・・ということで、

やってきました!この時期が!!

毎年恒例、ダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」

        
        

shine「年末キャンペーン」shine

         
            

今年もしっかりお届けしていきますよーーー!!

今年はいろんな形のキャンペーンを試みた1年でもありました。

いつも言ってますが、キャンペーンは(ほんのちょっと勇気を後押ししてくれるのか)普段あり得ない出会いを運んでくれたりするんで大好きなんですよね~

例えば、5月の「創立記念キャンペーン」の特別コース「5kg減量/6ヶ月コース」を卒業されたばかりの方のメールを少しご紹介しますと・・・

> やったー!!47kg台でましたー。
> 嬉しいです!
> うそみたい。
>
> もみいさん、半年間ありがとうございました。
> こんなに体重が減るとは思ってませんでした。
> 何をしてもダメだったのに・・・。
>
> 本当はもっと短いコースでもいいんじゃないかと正直迷いもありましたが、半年コースで大正解でした。
> たくさん教えていただいたー。
> そして優しかったー。
> 厳しいって思ったことなかったです。
>
> もみいさんのメールの中の使われている言葉とか文章が私は大好きでした。
> 感心させられました。
> ホントにその人を思っているというか・・・そんなものが感じられました。
> うわべだけ優しいとか簡単にできますもんね。
> ・・・でももみいさんのメールはホントの優しさでした。
> 上手に励ましてくださいました。
> 心強かったです。
> 
> うちに受験生が2人いるので思うのですが・・・
> ダイエットで頑張っている、でも成果が出ない人・・・と
> 受験勉強頑張っている、でもなかなか成績が上がらない人・・・
> 同じ心理なのではないかなーと思いまして・・・、
> 私も上手に励まさなきゃなー、
> いいとこたくさん見つけてあげないとなー、
> って思えるようになりました。
> ダイエットって親の勉強にもなるんだ・・・不思議ー。
> 心も軽くなりました。
>(A.Fさん/福岡県/44歳ワーキングマザー)

とおっしゃるA.Fさんは、お子さんの受験勉強を手伝いながら(←これは私には無理www)

目標を上回る5.6kgを落としてつい先日卒業されました。

あとはいよいよ受験本番を待つのみ!(ガンバレー!!)

9月の「夏バテをぶっとばせ!キャンペーン」では

> サイトを見てすぐにメルマガに登録しました。
> 実はまだ一度もメルマガは届いていません。
> カウンセリングを申し込むまで、自分でもびっくりするくらい早い決断で迷いなく懐に飛び込みました。
> ご縁だと直感しました。
>(H.Oさん/三重県/41歳ワーキングマザー)

といった出会いが。

「体質改善ダイエット・6ヶ月コース」を選択されたH.Oさんは、折り返し地点の今、ちょうど6kg落とされたところです。

そんな数々の出会いをもたらしてくれた2017年のキャンペーンも、正真正銘これが最後の企画です。

しかも、毎年「年末キャンペーン」は当方赤字覚悟の大盤振る舞い。笑

今年最後のキャンペーンの中身は、ズバリ

          
          
           

全コース10,000円引き

          
          
           

です!!!!(「1ヶ月お試しコース」を除く)

さらに、毎年のご要望を反映して、カウンセリング開始時期については、

 

「即時スタート」

 

「年明けからのスタート」

 

のいずれかを選択していただくことも可能です。
(受け付けは「カウンセリング料のご入金順」となります。)

「年末年始はダイエットどころじゃない」

「お正月明けの体重計に乗るのが怖い」

「帰省太りを解消したい」

なんて方も、どうぞお役立てください☆

そんな最後のビッグチャンス「2017年末キャンペーン」の詳細はこの下に↓↓↓
          
           

□■□■□■□■□■□■□■□■□         

shine2017年末キャンペーンshine

□■□■□■□■□■□■□■□■□
                              
         
※全コース10,000円引き

          
              
■2ヶ月減量コース
 
30,000円
  ↓
 20,000円
              
■3ヶ月減量コース
 
40,000円
  ↓
 30,000円
               
■上記以上のコース
 1ヶ月ごとに10,000円の追加

 (例:6ヶ月減量コース 60,000円)
                 
■体質改善ダイエット・3ヶ月コース(サプリメント併用)
 
85,000円
  ↓
 75,000円
              
■体質改善ダイエット・6ヶ月コース(サプリメント併用)
 
145,000円
  ↓
 135,000円

※「体質改善ダイエットコース」の詳細はこちら

         

<<注意事項>>

「1ヶ月お試しコース(15,000円)」はキャンペーン対象外となります。

※キャンペーンの受け付けは「カウンセリング料のご入金順」となります。

※お手続き(ご入金)が完了していれば、カウンセリング自体は年明けの開始も可能です。(例:「12/11ご入金 → 1/11カウンセリング開始」など)

定員枠に達した時点でキャンペーンは終了とさせていただきます。

※本キャンペーンは下記の「キャンペーン専用お申込みフォーム」からのお申込みのみに適用されます。(通常のフォームからのお申込みは通常価格での受け付けとなりますのでご注意ください。)

         

以上をご了承のうえ、キャンペーンでのお申込みを希望される方はこちらからどうぞ!!

            
             

■キャンペーン専用お申込みフォーム

パソコンから

スマホから


                 

折り返しお手続き方法についてご連絡さしあげます。

※お申込み後2日以上当方からのご案内メールが届かない場合はメールトラブルの可能性がありますので<slim@netslim.jp>までお問い合わせください。(送信時は@を半角に直してください。このメルマガにそのまま返信されても結構です。)

             

以上「2017年末キャンペーン」のお知らせでした。

今年のメルマガもあと3回。

年間最大の鬼門「年末年始」を乗り切るヒントをぎりぎりまでお伝えしていきますので、どうぞ最後までおつきあいください☆

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

           
                 

2017年11月30日 (木)

ダイエットに必要な●●の転換

         

こんにちは!もみい里香です!

うわぁぁぁぁぁああwww2017年のカレンダーもいよいよラスト1枚ですねーーー!!

みなさん、思い残すことはありませんか?笑

今年もたくさんのダイエッターさんと中身の濃い1年を過ごさせていただきましたが・・・

振り返ってみると、ダイエットというのはつくづく

         

「発想の転換」

「習慣の転換」

        

につきるなぁと。

「頭」と「からだ」の切り替えがスムーズにできれば体重もスルスル落ちますが、そこに時間がかかってしまう人が体重落とすのに結構手こずっているようです。

特に「発想の転換」

これは、自分一人ではなかなかできることじゃありません。

もう長年かけて凝り固まった「既成概念」というものが邪魔をしますから。

それによって作られているのが“今の自分”です。

       

「誰と出会うか」

「何と出会うか」

       

によってパッカーン!!と殻が割れた時に初めて“今まで見えてなかったもの”が見えてくるものなんですよね。

それは、専門家だったり、身近な人だったり、書籍だったり、TVだったり。。。

人それぞれでしょうが、その内容自体は決して難しいことではないのです。

例えば、

      

「もったいない」

     

という概念。

私もいっつもお部屋の片付けをする時に思い出すことなんですけど。

「これ捨てるの、もったいないなー」とか

「いつまた必要になるかわからないし」

と、ついつい山積みになってしまってる道具や服、箱、袋、本、雑貨・・・

いつの間にか「風景」と化していることがほとんどで、

まさかそこに「失ってるもの」があるなんて思いもしません。

・・・が、そこで片付けのスペシャリストの言葉を思い出し、ほんの少し「見方の角度」を変えてみると、

“そのスペースを長年使えてない”ことの方がはるかにもったいなくない?

ってことに気づくわけです。

「そうよ、そうよ!」

と思い直し、思い切って断捨離してみる。

そうすることで、全く違う世界が開けてくる。

ダイエットも同じで、

「せっかくのいただきものだから」とか

「季節限定だし」とか

「あとひとくちじゃん」

といった「もったいない精神」が、実は体重を増やしていて、

それを落とすために、ダイエット商品やスポーツジムにお金をかけている・・・

という「もっともったいない事実」に、自分一人の視点ではなかなか気づくことができません。

そんな「発想の転換」ができたとして。

次なる関門は「習慣の転換」です。

長年かけて染みついてきた「太る習慣」

わかっちゃいるけど変えられない。

そう思っちゃってる人も多いかもしれませんが、

それが意外とそうでもないんです。笑

「なぜそれをしてはいけないのか」

「なぜそれをしなければいけないのか」

という「理由」が腑に落ちた時、何年も変えることができなかった頑固な癖ですら、いともあっさりと変えることができます。

しかも、それは「ある一日」があればいいのです。

1年365日の中のたった一日、

       

「太る習慣をやせる習慣に切り替えるための一日」

     

に充てることができれば。

「起きる時間を30分早める」だったり

「朝ご飯を食べてみる」だったり

「お風呂タイムを確保する」だったり

「胃の門限を作る」だったり

日頃から気になってることを実行するために、思い切って全ての予定をパスして「自分ファーストの一日」を設けてみる。

たった一日でも、思ったより体内時計やからだのリズムは順応してくれるものなので、

そこですかさず「やせる習慣」にぐっと舵を切る!!(ここでまた間が空いてしまうと上手くいきません。)

そんな

      

「発想の転換」

「習慣の転換」

      

を試みるのに、この先のホリデーシーズンは絶好のチャンスでもあります。

2018年こそダイエットを成功させたいって人は、ぜひこの機会に一日だけでも「自分ファーストの日」を作ってみてくださいね。

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

         
  
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
         
         

2017年11月24日 (金)

それ、5年先も続けられますか?

            

こんにちは!もみい里香です!

前回の▼「40代女性のダイエットについて」▼、参考にしていただけたでしょうか。

「じゃあ30代は?」というお声も聞こえてきそうですけどw

そう言えば、以前女性向けの情報サイトで取材を受けたことがありましたので、よろしければそちらを覗いてみてください。
           
▼「30歳からのダイエット」▼

          

「それなら50代は?」って方には、過去記事▼「熱烈歓迎!!フィフティーズ!!」▼もあります。笑

そのうち20代や60代以上の年代に特化したダイエット情報もお伝えしなくちゃ、ですね☆

そんな私のダイエットのモットーは

             

「頑張らないダイエット」

「5年先も続けられる方法」

          

です。

これは、ダイエットというものを「一時的に体重を落とす行為」ではなく「一生続けていく生活のベース」と考えていて、当然ながら目指しているのが

            

「リバウンドのないダイエット」

          

だからに他なりません。

そのために、とりわけ重要視しているのが“5年先も続けられる”という部分です。

そういう立場からついつい心配してしまうのが、近年の「糖質制限ダイエット」や「低糖質ダイエット」ブームです。

ひと昔前だと「炭水化物抜きダイエット」とか「低インシュリンダイエット」とか・・・

いつの時代でも存在している、代表的な食事制限法ですね。

最も手っ取り早いのが「主食を食べない」「主食の量を減らす」という方法で、誰でもすぐに取り掛かることができちゃうハードルの低さもあって、定期的にブームを巻き起こしているダイエット法でもあります。

短期間で体重を落とす効果は絶大で、あっという間にみるみる体重が落ちていきます。

5kg、10kgは当たり前、中には20kg以上落としたなんていう芸能人の方とかもTVで紹介されたりして。

「じゃあ、私もやってみようか」

と、栄養学の基礎知識もないまま安易に飛びついてる人も多いようですが・・・

ここで重要になってくるのが

            

「5年先も続けられる方法」

                

なのかどうかという点です。

もちろん、炭水化物(糖質)のとり過ぎは体重増加に直結します。

毎食お茶碗にてんこ盛りのご飯を食べていてスムーズに体重を落とせるかというと(それに見合った運動量がなければ)ちょっと難しいですよね。

そういう意味では、私も「糖質のコントロール」という視点には大いに共鳴しますし「糖質制限」を否定するつもりもありません。

むしろ、ブームになるずっと前から自然と糖質制限しながら生きていたようなものです。

・・・にも関わらず、昨今の糖質制限ブームを見ていて心配してしまうのは

           

「極端すぎる」

          

ってこと。

「夕食で一切ご飯つぶを食べない」とか

「主食はふすまパンのみ」

ってのはスタンダードで、達人レベルになると

「麺抜きのラーメン」とか

「大根の千切りで握った握り寿司」とか!

・・・いいんですけどね。

それで体重が落ちて、体調も良ければ。

ただ!

         
        

「その食事を“5年先も”続けることができそうかどうか」

        
           

そこだけは冷静に判断していただきたいのです。

減らすご飯の量も然り。

その量で5年先も満足できるという確信が持てるなら、そのまま続けても大丈夫でしょう。

・・・が、

もし「糖質制限」を一時的なイベントとしてとり入れてるとするならば、

         

「(結婚や転職など)環境の変化で食生活が変わった」

「おつきあいのため中断せざるを得なくなった」

「ストレスが溜まってしまった」

        

等々の事情により、ご飯の量が元に戻った時に「悲劇」が訪れます。

そう、異常なまでのリバウンドです。

それはもうね、落とす前の体重なんてあっという間に通り過ぎてしまうくらいの激しいリバウンドです。

糖質制限の場合、落ちる速度や量が派手なだけに、戻り方もハンパじゃないんですよね。

そういう人をい~~~~っぱい見てきましたので、とにかくこのメルマガの読者さんにはそういう経験をして欲しくないな、と。

なので、もう一度言いますが、

        
         

「その食事を“5年先も”続けることができそうかどうか」

      
        

という至ってシンプルな判断基準、それをもとに毎日のご飯の量を決めてくださいね。

イギリスの哲学者フランシスコ・ベーコンの

         

「人生は道路のようなもの」
「一番の近道はたいてい一番悪い道である」

           

という名言が浮かびますが;

ダイエットも同じなんだということ、わかっておいていただきたいと思います。     

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

      
     
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

             
            

2017年11月16日 (木)

40代女性のダイエットについて

       

こんにちは!もみい里香です!

メールでのダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」も、もう13年半となりますが、

クライアントさんの層を見ますと、圧倒的に「40代女性」が多いです。

これは、

・私から発信する情報が(お若い人にとっては化石のような媒体であろう)「メルマガ」や「ブログ」に限られているからなのか・・・

・同世代(ちょっと先輩ですけどねwww)ならではのシンパシーを感じてくださるのか・・・

・決してお安くない(?)カウンセリング料のせいなのか・・・

いろ~んな理由があると思われますが。

中でも年々増え続けているのが

「40代 ダイエット」

で検索してこられる、全くの“ご新規さん”です。

長年のメルマガ読者さんというわけでもなく。。。

今日見つけて今日申し込みました!みたいな。。。

即決パターンも少なくありません。

でも、この決断が結構「正解」だったりするんですよね。

いざ、カウンセリングをスタートしてみると

「このタイミングでダイエットに踏み込まれたのは、ぎりぎりセーフ!!でした」

ってセリフをお伝えするケースがものすごく多いので。

その判断基準の1つが世界基準の体格指数「BMI」です。

「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出されるBMI。

日本肥満学会の基準では、これが「25」を超すと「肥満」という判定になります。

この「25」という数値が、ダイエットはもちろんのこと健康面においてもレッドゾーンでして。

男性であれば、すでに何らかの病気のサインが出ていてもおかしくないレベルとなります。

どーゆうことかと言いますと・・・

           

『女性ホルモンに守られているからこその健康』

          

ってことなんですね。

カウンセリングの中ではその辺も掘り下げて個人的にレクチャー&アドバイスしていきますが、ひとことで言うと、

「女性ホルモン」というのは、骨や血管を守ったり内臓脂肪をつきにくくしたり・・・

女性にとって大変頼もしいディフェンス役でもあるんです。

なので、からだが女性として機能しているあいだは(例え「肥満」判定であっても)とりあえず元気でいられるわけです。

でも、そこにジワジワとタイムリミットが迫りつつあるのが「40代女性」です。

そう、「更年期」の波が押し寄せてきていますから。

更年期というのは「閉経の前後10年間」を指しますので、これまでは50歳前後がその対象と見られてきましたが、最近ではストレスや睡眠不足、栄養の偏り、喫煙などの生活習慣が原因で、その時期がぐっと早まる傾向にあります。

ディフェンス役がいなくなると(今まで太ったことがない人ですら!)一気に体重が増え始めますし、からだのあちこちに不調が現れてきます。

なので、できれば“生理があるうちに”ダイエットに着手された方が結果が出やすいのです。

それだけではありません。

そんな状況でさらに体重増加に拍車をかける要因が「40代女性」にはあります。

それは

            

「基礎代謝の低下」

                 

です。

“やせる体質”“太る体質”を決定する「基礎代謝」は筋肉の量に比例しますが、筋肉は年に1%ずつ減っていくと言われていますので、何も対策を講じなければ、加齢による筋肉の退化に伴い基礎代謝も年々低下し、体重増加に加速がかかります。

その基礎代謝がガクンと落ちる境目となるのが40代なのです。

同じ体重であっても、30代から40代、40代から50代へと年齢を重ねるにつれ基礎代謝は50~100kcal低くなります。

これは、燃やせるカロリーが「小さなおにぎり1個分」ずつ年々減っていく、ということです。

「何もしてないのに太る」とか

「以前と同じことをしてもやせない」

といった状況にお心当たりはありませんか。

単純計算すると、1日50kcalの燃やせないカロリーは、1ヶ月で1,500kcalとなり、年間だと18,000kcal貯まることになります。

脂肪の1kgは約7,200kcalなので、数字の上では1年で「2.5kgの脂肪」が貯まる計算に。

燃やせないカロリーが、倍の1日100kcalの場合、年間に貯まる脂肪の量も倍の「5kg」となりますので、去年まで55kgだった人が今年60kgになってもなんら不思議ではないのです。

むしろ、そっちの方が自然な現象とも言えます。

脅してるわけではありませんよwww苦笑

これ、いずれも紛れもない事実なので「40代女性」に該当される方は、何はさておき、

「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」

で世界基準の体格指数「BMI」を割り出してみてくださいね。

もしかすると「ファイナル・チャンス」が近づいているかもしれません。

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

          
 
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

・パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

          

2017年11月 9日 (木)

●●で増えた体重は●●で落とす

           

こんにちは!もみい里香です!

ダイエットカウンセリングのクライアントさんから先日こんなメールが。

> 前回のメルマガを読んで、里香さんでも砂糖の中毒性に入り込まれることがあるの!?と、驚くとともに、親近感でほっとしてしまいました(^^;
> スリムな人は、何でも完璧に素敵生活をしているわけじゃなくて、ずれた時にもとの生活に修正して戻れるんだ!

これは、3週前の記事▼「ちょっと太ってみました(汗)」▼を読まれた感想だったんですが・・・

たった2行のこの文章の中に、ホントは私が言いたかったのにきちんとお伝えできなかった重要なメッセージがバッチリ!!含まれていましたので、あえてここでご紹介させていただくことにしました。

そうなんです。

「スリムな人」イコール「完璧な生活をしている人」ではないんです。

ここを勘違いしていらっしゃる人が多いようですが・・・

そんな人、いるわけないじゃないですかーーー笑

こんな仕事してる私だって、昔っからポテチ大好きで「今どきの1袋の量はなんじゃwww」と憤ってますし(あ、どうでもよかったですか;)
外食もスタバもカロリーなんか気にせずふつ~に「食べたいもの(飲みたいもの)」をオーダーしてます。

あなたの周りにも「それなのに太ってない人」っていませんか?

そういう人はH.Oさんのおっしゃる通り

           

「ずれた生活を修正できる人」

            

なんですね。きっと。
(「ずれた生活」=「太る生活のしかた」)

そんなH.Oさんもお仕事に家事に子育てに・・・とお忙しい40代のワーキングマザーですが、目下「生活改善中」でして。

9月半ばからスタートされて1ヶ月半で4.5kgの減量です。

これ、言っときますが、まだ何も減量のためのアドバイスは行っておりません。笑

私のカウンセリングでは、まずこれまで体重を増やしてきた「太る生活のしかた」を「やせる生活のしかた」へと矯正(生活改善)することから始めます。

基礎工事が完了してないところに、いくら立派なうわものを建てても何かのきっかけで根こそぎ倒れてしまいますから。

きちんとした基礎ができあがるまでダイエットの本丸(減量)には進みません。

にも関わらず、その段階ですでにH.Oさんのように4~5kg落ちたりするわけです。

つまり、それまで「生活のしかた」により太らされていた部分が大きかった、ということですね。

ここですよ!みなさん!!

「生活のしかた」ひとつでこれくらい体重は増やせるし、落とせる、ってこと。

それを知っておいていただきたいのです。

             
            

「生活のしかたで増やした体重は生活のしかたで落とすしかない」

                  
                  

というのは、このお仕事を始めた時から私にとって揺るぎのない黄金律ですが、

「太る生活のしかた」→「やせる生活のしかた」への矯正さえ済ませてしまえば、そこから体重を落とすことも、落とした体重を維持することも、そんなに難しいことではないのです。ホントに。

もちろん、たまの羽目外しもノープロブレム!です。

H.Oさんのおっしゃる

       

「スリムな人は完璧な生活をしている人ではなく、ずれた生活を修正できる人」

           

になれちゃうわけです。

逆に言うと、「太る生活のしかた」→「やせる生活のしかた」への矯正というステップを飛ばしていきなり減量に行く、ってのは手っ取り早そうに見えて、実はものすごーーーくパワーがいるし、その後の維持にもかなり苦労します。

「ダイエット」
   ↓
「リバウンド」
   ↓
「ダイエット」
  ↓
「リバウンド」

を繰り返していると、そのうち1gも落ちなくなり二度とやせないからだを自分で作ってしまうことになりかねません。

このメルマガの読者さんには絶対にそういう経験をして欲しくないので(焦る気持ちもわかりますが)まずはじっくりと基礎固めから取り組んでいただきたく。。。

基本的なことから意外なことまで、これからもこの場を借りていろ~んなヒントをお伝えしていきますからね。

どうぞお見逃しのないように☆
   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
      
 

2017年11月 2日 (木)

体脂肪率の不思議

     

こんにちは!もみい里香です!

今回は予告通り「体脂肪計」について、気になってることをお話させていただきますね。

ダイエットを続けていくうえで必要不可欠なのが

         

「モチベーション(やる気、動機づけ)」

           

ではないかと思うんですが、それを極端に下げてしまうイヤ~な要因っていくつかありますよね。

例えば、「体重」や「体脂肪率」といった数値とか。

そのうち「体重」については、測定の方法にしろ、出てきた結果にしろ、そんなに問題となることはないのです。

「まぁ、こんなもんか」と。

増えても減っても、そのデータにはみなさんそれなりに納得されてるみたいで。

その表示についてご質問やご相談を受けることもほとんどありません。

厄介なのは「体脂肪率」の方です。

もしかして、あなたも体脂肪率に振り回されてダイエットのモチベーションがダダ下がりになったりしてませんか???

そんな体脂肪率の測定原理や見方については、これまでもこのメルマガで幾度となくお話しておりますが、今日はもっと踏み込んだ「衝撃の情報(笑)」をお伝えしたいと思います。

実は、家庭用の体脂肪計(体組成計)は実際に体内の脂肪の量を測定しているわけではありません。

・・・って、これくらいはこのメルマガの読者さんならもうとっくにご存じですよね~

「え?どうゆうこと?」

って方は下記記事などをご参照ください。

▼「その体重増加の原因は・・・」▼

この辺りはほとんど常識のレベルなので「衝撃の情報」とは言えませんね。

そんな体脂肪率、測定時の筋肉の緊張具合や関節の角度、皮膚の湿度などの影響も受けやすいために

「体質」

「環境」

「メーカー」

によっても測定値に誤差が生じてしまいます。

体脂肪計の取扱説明書とか、みなさんちゃんと読んでますか?

それにもしっかり書いてありますよ。

「正しく測定するために」

・測定中は膝を曲げない

・硬くて平らな床面に置く(畳やじゅうたんなど柔らかい床面では正確に測定できない)

・素足で足裏が電極に密着するように乗る

その他、「測定に適した時間帯」とか「保管の注意点」とか。

「身長」「年齢」はもちろんのこと「地域」の設定1つ間違っても正しい測定はできませんし、電池が切れそうな時にも変な数値が出てきちゃいます。

こういったことも説明書を見ればわかることで、まだまだ「衝撃の情報」とはなりません。

衝撃の情報はここからです。

実は。

体脂肪計メーカーのツートップと言えば「O社」と「T社」ですが、当方の統計から言いますと、

      
           

「O社の方がT社より5%(ポイント)ほど高めに出る」

         
           

傾向にあります(※機種による違いあり)

我が家にも両方ありますが、見事に「O社」で測定した体脂肪率は「T社」のものより5%(ポイント)高いです。笑

これ、経験された方も多いと思いますが、体脂肪計を新調した途端に(体重は変わらないのに)体脂肪率がいきなり跳ね上がったとか、逆に下がったとか。

5%(ポイント)UPって結構衝撃ですよwww

「19%」→「24%」
「29%」→「34%」

ですから!

さすがの私も最初はひっくり返りそうになりましたもん。

測定値の誤差の要因に「メーカー差」があることは知ってましたが、まさかここまでとは!

他社のものについては統計とってませんけど、「O社」と「T社」に関しては多くのユーザーさんの証言とメーカーさんの回答により概ね上記の結論に至りました。

ただし。

これは、それぞれのメーカーの保有データや推定式の違いによるものなので、どちらが正しいとか間違ってるということではないのです。

前述したように、いずれの機器もリアルに体内の脂肪の量を測定しているわけではありませんので、あくまでも「推移を観察するツール」という認識で活用していただくのが望ましい、ということですね。

そのために重要な点はただ1つ。

       
      

「同じ測定器」

       
         

で測定し続けるということ。

ジムでは「T社」家では「O社」とかだと、ワケワカラン数値に測るのもイヤになってしまいますから;
体脂肪率は一定の時間に測定した“いずれか1つのデータ”を数日間追いかけることで、上がった下がったの判断に使っていただければと。

上記過去記事でもお伝えしてますが、体重&体脂肪率両方を観察することで体重増加の原因を推測することができますし、それにより防げるジャッジミスやムダな挫折も多々ありますので、体脂肪率の特性を理解したうえで、この先のダイエットに上手にお役立ていただきたいと思います。
                

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
               

2017年10月19日 (木)

ちょっと太ってみました(汗)

         

こんにちは!もみい里香です!

季節が一気に2ヶ月ほど進んでしまったような冷え込みですが、
みなさん、衣替えは間に合いましたか~

季節外れの台風も近づいているようですので、この週末はお家で大人しく冬支度にいそしむのが正解かもしれませんね。。。

さて。

私の方は相変わらず仕事に追われる日々ですが・・・

最近、忙しさにかまけて我ながら

「ダイエットカウンセラーにあるまじき生活っぷり」

が続いてしまっておりました;

「うわ、これクライアントさんにバレたら怒られるわwww」

とビクビクしつつ。笑

でも、「あーこうやってどんどん脱線していくんだなー」っていうことを身をもって実感できたので、ある意味有意義な体験だったかなと。

「今日だけ」とか

「ちょっとだけ」とか

「これくらいなら」とか

こういった“少しの油断”がクセモノなんですよねー、いやまったく。

その積み重ねで体重はあっという間に増えてくれます。

「太るかなー;」

と思ってたら、やっぱりしっかり太りました。笑

当メルマガのアクセスランキングで常に上位にあがってる

▼「突然の体重増加の原因」▼

っていう記事があるんですが、今回はそんなんじゃ全然なくて;

明らかに「私自身の生活のしかた」に原因があります。はい。

・・・ということで、私がこの1~2週間どんな生活をしてきたか、

恥を忍んでこの場で暴露してみたいと思います。

要は、

              

「それをすれば太ります」

             

ってことなので。

参考にしていただければ幸いです。

コトの発端は「お菓子の買い置き」にありました。。。

                

◆毎日の間食

・魔がさしてコンビニの袋菓子を買ってしまった。
 ↓
・手軽なので空腹しのぎに手が伸びる。
 ↓
・大した量&カロリーではないものの「毎日」食べた。
 ↓
・砂糖の中毒性にヤラれる。
 ↓
・食べたいわけじゃないのに“そこにあるから”食べる。
 ↓
・お菓子のせいでお腹が空かず食事の時間が大幅にズレる。
 ↓
・変な時間に食べることになり体内時計が狂う。

                

◆栄養バランスの乱れ

・お菓子がトリガーとなって糖質依存的な食事に。
 ↓
・野菜のこと忘れてた。
 ↓
・野菜不足は食物繊維不足でもあり。
 ↓
・食物繊維の少ない糖質中心の食事は吸収が早く空腹になるのも早い。
 ↓
・手軽なお菓子に手が伸びる(・・・の悪循環)
・と同時に便秘気味に。

            

◆水分不足

・気温の低下&仕事が忙しく水分補給が疎かに。
 ↓
・体内循環が悪くなる。
 ↓
・むくみや便秘に。

            

◆シャワーのみ

・忙しさの中、睡眠を優先するあまりついシャワーだけで済ませることに。
 ↓
・汗をかく機会を失う。
 ↓
・シャワーだけでは入眠時に必要な体温のアップダウンを起こしにくい。
 ↓
・睡眠の質の低下。
 ↓
・自律神経や代謝機能のリセットが不十分に。 

             

と、ざっと振り返るとこんな感じで。

気がつくと1週間で1kg増えておりました(「生活のしかた」が体重に反映されるまでには時差あり)

1kg程度ならすぐにリカバリも可能ですが、2kg以上増えてしまうと、落とすのにもちょっとパワー&時間がいります。

この時点で軌道修正するとしないとでは来月以降の体重に大きな差が・・・!

幸いにして「生活のしかた」により増えた体重は「生活のしかた」を変えることで意外とあっさり落とすことができます。

いずれにしても「早期発見」&「迅速対応」が重要なカギとなります。

ということで、私もこの記事をきっかけにギアチェンジしますので(ここで宣言してどうする笑)

みなさんも私の失敗を参考に、思い当たる部分がありましたら、ぜひそこからテコ入れを図ってみてくださいね。

私の場合、やっぱりコレに尽きるかなぁ。。。

▼「昨日のあたし、ありがとう!」▼

              
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
 

メルマガ登録(無料)はこちら
 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

    
       
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

2017年10月12日 (木)

会いたい人に会える自分で

        

こんにちは!もみい里香です!

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、諸般の事情に鑑み、先週よりメルマガの配信日を「金曜日」→「木曜日」に変更しております。

ボケてるわけではありませんからねwww

長年おつきあいいただいてる読者さんも「あれ、今日金曜日だった?」って思われませんように。。。^^;

・・・と言いつつ。

今週は連休明けということで稼働日数が少なく;
本日もカウンセリングの方がかなり混み混みの状態でして、メルマガの記事を書く余裕がありません(汗)     

ということで、お休みするか迷ったんですけど・・・

新たな読者さんもいらっしゃいますので、3年前の記事になりますが、私の中でも「結構好きだなぁ」と思える過去記事を再掲させていただきたいと思います。
               
二度目の方も初めての方も、今一度ご自分のことに置き換えて思いを巡らせてみてくださいね。
        
           
----<ここから>-------
           
            
当方のカウンセリングでは、必ずクライアントのみなさんに
         
        
「何のためにやせたいのか?」
          
      
ってことをお尋ねするんですが・・・
             
「健康のために」とか「おしゃれを楽しむために」とか「結婚式のために」といったいわゆる“鉄板の回答”が多い中で、ハッとさせられるのが
        
               
「会いたい人に会える自分でいるため」
        
           
といったニュアンスの回答です。
             
これね~アラフォー以降の世代の人なら多かれ少なかれグッと胸に迫るものがあるんじゃないでしょうか。。。
              
ここにはちょっとした“歴史”が介在していて、20代やそこらのお若い方にはわかり得ない(失礼!)ノスタルジアが込められているんですよね。
        
「会いたい人」
           
っていうのは、去年やおととしまで一緒だった人ではないんですよ。たぶん。。。
             
「手にシワひとつなかった頃」
「コンシーラーなんて知りもしなかった頃」
「お腹やお尻を隠すチュニックも持ってなかった頃」
              
そんな頃の自分を知ってる人がいるわけで。(異性であれ同性であれ)
           
それぞれの道を歩み続けて数十年。
                
お互いいろんなことがあって、
        
全く知らない空白の時間があって、
             
とっくに思い出の中に封じ込めていた人。
                
・・・のはずだったのに!
        
ある日突然!!
              
何らかのきっかけで会えるかもしれない、ってことになった時。
             
                              
「体重や体型が気になって他の理由をつけて断った」
           
               
という悲しい経験、お持ちの方はいらっしゃいませんか?
                  
それで「残りの人生に同じ悔いを残したくないから」という理由で当方のカウンセリングを訪れて来られる方も、実は結構いらっしゃるのです。
          
でも。
         
もしかすると、私自身のダイエットの原点もそこにあるのかもしれないなぁ。。。と思って。
             
以前、
             
「洋服が似合わなくなるのだけはイヤだから、夜中のラーメンや食後のケーキと縁を切った」
          
とお伝えしたことがありましたが、もっと掘り下げると
        
         
「会いたい人に会える自分でいるため」
         
             
というのが、私の深層心理にもあるような気がします。
               
SNSの発達により、いまや「会いたい人」は必ずしも“遠きにありて思うもの”・・・ではなくなっています。
              
つまり、いつ昔の友人や知人から「会おう!」という突然の連絡があっても全く不思議ではないわけです。
               
そんな不意のお誘いにあなたは何の邪念もなく「いいね!」って応えられますか?
                    
ちなみに、私にとっての永遠の「会いたい人」は学生時代の1つ上の先輩。
              
大好きだったんですよねぇ。。。
             
彼の卒業とともに離れ離れになって、数年後にふとかかってきた電話でしばらく話し込んだことがあるんですが、
        
         
「まだ太ってる?」
        
            
って(ホントに何気に)聞かれた最後の言葉しか覚えていません。。。
            
その前後の会話の記憶が無。
             
もちろん、その後も一度も会うこともなく。。。
                   
でも、きっとその最後の言葉が、その後30年ものあいだ、私のダイエットのものすごーーい原動力になっている気がします。
                
「何かの縁で数十年ぶりに会うことがあった時、引け目を感じることなく堂々と会える自分でいなければ!」
               
そんな思いがオリンピックの聖火のごとく“ダイエット魂の火”を絶やさずにいるんだってこと、クライアントさんの
             
           
「会いたい人に会える自分でいるために、どうしても体重を落とさなきゃいけないんです」
             
               
というお言葉により気づかされました。
              
年の終わりに向けてイベントも目白押しのこの時期、久々の再会の機会もたくさんありそうですが、
              
みなさんは大丈夫ですか?
             
このメルマガの読者のみなさんが、そんな素晴らしい機会を無駄にすることがありませんように・・・!
               
「会いたい人」に心のままに会うことができますように・・・!
                
本当に役立つヒントをお伝えしていかなきゃ!!との思いがますます強まる今日この頃なのでした。
        
              
----<ここまで>-------

          
                 
・・・ということで、また来週から目からウロコの“ダイエットのツボ”を1つずつお伝えしていきますね!
             
今週末はグッと気温が下がりそうです。
              
風邪など召されぬよう、体調管理には十分気をつけてお過ごしください☆
                
                 

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

・パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   


          
            

2017年10月 5日 (木)

ファイナリスト達の間食

           

こんにちは!もみい里香です!

先日TVの情報番組で「間食のすすめ」的な内容の放送がありました。

・食事で不足しがちな栄養素を補給するため

・空腹によるドカ食いを防ぐため

こういった目的のためにミス・ユニバース・ジャパンのファイナリスト達はむしろ積極的に間食をとり入れている、

という内容のもので、実際にスラリとした8頭身のモデルさん(元ファイナリスト)がバッグの中から取り出したものは

「アーモンド」
「ドライフルーツ」
「チョコレート」
「アメ」

・・・と、いずれも高カロリー食品。

「これで食物繊維やビタミン、ミネラルを補給することでお肌のコンディションが良くなったので、カロリーとかは関係ないです♪」

とニッコリ。

こういう番組はインパクトが大事なので、意表を突いたコメントやアクションばかりがクローズアップされがちです。

しかも、ダイエッターさん達の多くは「〇〇〇を食べてはいけない」といった“食べない情報”よりも「〇〇〇を食べた方がいい」といった“食べる情報”の方が好きです。

そんな双方の思惑が合致して新たなブームが沸き起こるわけですが。

ダイエットカウンセリングを訪れてこられるダイエッターさんの中でも比較的意識高い系の方は、同じ間食するでも「ナッツ」だったり「チーズ」だったり・・・

やはり“ファイナリスト推奨”のものが多いです。

「これなら大丈夫でしょ?」的な。

でも、大丈夫だったらカウンセリングは必要ないはずなんですよね。

今回もそういうノリで“都合のいい間食”が増えると困るなー、と思って本日のテーマとさせていただきました。

確かに、糖質や塩分、油分、添加物の塊であるジャンクフードを間食するよりは、ナッツなどの方がからだにはいいでしょう。

・・・が、ダイエットとなると話は別です。

体重を落とすために絶対に必要な条件があります。

それは、
    

「アンダーカロリー( 摂取カロリー < 消費カロリー )」
                

でなければなければならないということ。

つまり、カロリーには

「プラスのカロリー(食べる)」

「マイナスのカロリー(運動)」

の2方向があります。

にも関わらず、前出の番組も(この手の他の番組もほとんど)「マイナスのカロリー(運動)」については何も触れていません。(そりゃキツイから。笑)

そこで、賢い視聴者さんはしっかり想像力を働かせねば!


「ミス・ユニバースのファイナリストがソファーに寝転がってTV見ながら間食してるわけがないでしょ?」


分刻みのスケジュールの合間を縫って、いつでもどこでもトレーニングしてますよ。

「カロリーとか関係ないです」ってケロッと言えるくらい「マイナスのカロリー(運動)」もはんぱない、ってことです。

オマケに3食のバランスもしっかり管理されています。

そこを忘れて「間食」の部分だけ同じように真似してたら大変なことになってしまいます。

参考までに、100kcalのお菓子の目安は下記の通りとなります。

粒チョコ:2~3粒

板チョコ:1/3枚

クッキー:2枚弱

ようかん:1切れ

ショートケーキ:1/3個

ドーナツ:1/2個

お手持ちのお菓子についてもっと知りたければ、こちらをどうぞ。

▼画像で見る100kcalのお菓子▼

そして、その100kcalを消費しようと思えば、大体これくらいの運動が必要だってことも知っておいてください。

ウォーキング:60分

エアロバイク:30分

エアロビクス:30分

踏み台昇降:20分

ジョギング:20分

こういった「カロリーのプラスマイナス」を頭の中で計算したうえで、自分で責任のとれる範囲内で間食していただきたいな、と。

「ファイナリスト達の間食」イコール「太らない間食」ではありませんので。

そこ、絶対に勘違いしないでくださいね☆

ちなみに、番組の中で管理栄養士さんや栄養学の先生がとーーーっても重要なこともおっしゃってるんですよ!!!

でも、そういった部分は“秒で”スルーされるんですよね;

「朝食は絶食をブレイクするものだから・・・(以下、アナウンサーのコメントで遮られる;)

「空腹時間は長くてもウン時間まで・・・(以下、時間切れで番組終了;)

などなど。。。

その一文だけでもメルマガ1本書けるのにwww

と地団太踏みながら観てました、ワタシ。

ファイナリスト達の間食よりよっぽどヒントになるのになー。

・・・ということで、その辺については追い追いこちらでお伝えしていきますね。              

           
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
          
          
      

«この時期にやっておくべきこと