2019年7月19日 (金)

私のダイエットライフに欠かせないもの

             
こんにちは!もみい里香です!
        
              
かなりお得なこの夏限定のスペシャル企画
       
          
              
▼「2019年夏のスペシャルコース」▼
     
          
              
間もなく終了予定です。
       
                     
前回ポチリそびれた方、食欲の秋や年末年始が心配な方、このチャンスをどうぞお見逃しなく☆(定員枠に達した時点で上記ページは削除させていただきます。)
         
          
あと、前回お知らせした「ブログ」のお引っ越しの件ですが、ちょっと手直しが必要なため延期となりました。
           
                  
正式にお引越しが完了し次第改めてアナウンスさせていただきますので、それまでは今まで通りココログの方をご覧くださいませ。
            
          
さて。
        
                 
日本列島も徐々に梅雨明け宣言が聞かれるようになり、そうするとまたあの過酷な季節が・・・と少々憂鬱な気分にもなりますが;
           
                  
どんな灼熱の季節でもどんな極寒の季節でも病気ひとつせず元気にベスト体重で過ごせているのは、ひとえに“きちんと食べてやせるダイエット”のお陰だなぁと、身をもって実感する今日この頃。
             
                 
そんな私が「これがないと死ぬwww」っていうものが1つありまして。
            
               
それは
          
              
「命のスープ」
            
                   
と勝手に呼んでいる“我が家流”野菜スープです。
            
              
といっても全然こったレシピではなくて、まぁ言えば「具だくさんのお味噌汁」の洋風版といった感じでしょうか。
           
          
「キャベツ」
「タマネギ」
「ニンジン」
「トマト」
          
             
がスタメンで、あとはその時期の旬のものだったり冷蔵庫の残りものだったり・・・が加わります。
         
             
今なら「カボチャ」がレギュラー入りです。
       
        
あと、隠し味(?)として「白菜の芯」
         
              
天然の甘味料となります。
        
              
これが入ると入らないとでは味がぜんっぜん違う。(細切りしたものをセロリのように薄くスライスして投入。)
         
                
これらの野菜を食事の支度の前にトントン切ってお鍋に放り込んでコトコト煮込むだけ。
          
                 
すると、メインのメニューが出来上がる頃にはちゃんと仕上がっています。
             
                      
野菜からやさし~~~い甘味と旨味が出て、ホント五臓六腑に染み渡る感覚なので、私にとっては文字通り「命のスープ」なのです。
               
                  
料理する暇もないくらい忙しい時は、作り置きしてある「命のスープ」にベーコンやウインナーを放り込んで、あとはパンやご飯などの主食があれば、とりあえずひと通りの栄養はまかなえますから、脳が暴走することも低血糖になることもありません。
           
                   
煮込み時間が短かったり、野菜が古かったりすると味が物足りなくなるんですが、そういう時はホンの少~しコンソメパウダーを加えます。岩塩とかね。
            
           
あくまでも“野菜の滋味を邪魔しない”レベルで。
           
               
人工的に味をつけ過ぎてしまうと、それはもうただの調味料の味になってしまいますから。
             
                 
面白いことに、まだまだジャンクフード世代の娘はこの「命のスープ」が苦手です。
            
           
「味がしない」
          
              
そうで。。。笑
         
                  
私も娘と同じくらいのお年頃には、某社がポテトチップという画期的なお菓子を世に出してくれまして、毎日のようにそれをコーラで流し込み、顔も太もももパンパンになっていたという黒歴史がありますからw
          
             
今はあまりうるさく言わずに静観してるんですけど。(然るべき時が来たらやかましく言います笑)
             
               
そんな調味料や添加物で味覚が侵されている人種にとって“素材そのものの味”だけのこのスープは、どうもマズく感じられるみたいです。
              
                    
でも、からだは正直ですから、イヤイヤ食べていた彼女もさすがに体調&体重のコンディションがいいらしく、最近は黙って自分で「命のスープ」をよそって食べています。
            
                
・・・というくらい、(ジャンクフード好きもなびくほど?)野菜に含まれる「ファイトケミカル」のパワーはすごいのです。
            
                 
それについては、過去記事▼「今日は何の日でしょう?」▼もご参照いただきたいのですが、いくら書いても語りつくせないくらい、野菜には秘めた力がたっっくさん!!潜んでいます。
           
                 
とりわけ、この時期に旬を迎える「夏野菜」は(優れた抗酸化作用はもちろんのこと)その利尿作用でからだにこもった熱を尿と一緒に体外に排出し、体温の上昇を防ぐ役割も果たしてくれます。
          
             
夏バテや熱中症予防のみならず、体内の余分な水分を排出することで「むくみ」による水太りを防止&解消する効果もありますので、過酷な季節を元気にスリムに乗り切るためにも「濃い色の野菜」を積極的にとり入れていただきたいですよね。
           
                     
他にも伝えきれない情報はTwitterの方で補足していきますので、よろしければそちらもチェックしてみてください!(リアル農家さんのツイートなどもかなり参考になります☆)
           
           
さ、それでは今日もこれから「命のスープ」でランチといたしましょう。
          
                
                 
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
           
        
メルマガ登録(無料)はこちら
          
               
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
          
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
       
             
        
■カウンセリングのお申込みはこちら
            
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
            
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
             
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
           
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
            
              

             

2019年7月12日 (金)

頑張るところ、間違ってない?

              
こんにちは!もみい里香です!
         
                   
体重増加の危険度が高い下半期のダイエットをサポートする期間限定のスペシャルコース
       
      
      
▼「2019年夏のスペシャルコース」▼
      
                   
               
枠の方も残り少なくなっておりますので、前回のお知らせを見逃した方はお急ぎご確認ください。
     
                  
あと、大切なお知らせがもう1つ。
         
                 
このメルマガのバックナンバーを長年「ココログ」の方で公開してまいりましたが、使い勝手などの問題もあって次回から別のブログにお引っ越しします。(過去記事はそのままココログに置いていく予定です。)
         
               
次の記事からバックナンバーは新ブログの方にストックしていきますので、そちらも末永くよろしくお願いいたします。(新ブログのURLは準備が整い次第お知らせいたします。)
           
                         
さて。
        
           
先日お風呂でまったりFMを聴いてたら、あるリスナーさんからの
        
                
「明日誕生日なのですが、ケーキを食べるかどうか迷っています。」
「最近5kg太ってしまったので、食べることに罪悪感があります。」
「Cさん(←DJさん)ならどうしますか?」
          
                
というご相談があって。
         
               
職業柄、ついそこだけ耳がダンボ(死語!?)になってしまったんですけどw
        
               
それに対するDJさんの回答が素晴らしかったのでご紹介します。(Twitterにもソッコーあげてます)
         
          
           
        
「あのね、誕生日のケーキで5kg太ったわけではないんです。ここ重要です。
         
             
        
                 
そう、そこすっごい重要です!
     
       
      
    
「5kg太ったのはケーキ以外の日常の生活の積み重ね。そっちの方が問題です。」         
               
「明日のケーキは特別な一日。だから食べてもいい。私なら食べます!」
 
         
               
     
もうまったくその通り!!と思わず膝を打ってしまいました。
      
           
私も10年前のメルマガの過去記事▼「メリハリのあるダイエット」▼でお伝えしてますが、
         
          
頑張るのは“その日”じゃないんですよね。
        
            
365日の「364日」の方です。
       
           
1日羽目を外したくらいで大幅に体重が増えることはありません。
           
              
一時的に増えたとしても、その“羽目外し”が続かない限り、増えた体重はまたすぐ元に戻ります。
         
             
むしろ、
       
            
「誕生日のケーキも食べずに頑張ったのに」
         
               
といった自己犠牲感の蓄積が“焦り”や“不安”など負のメンタルを引き寄せ、そこから“アドレナリン”という抑制ホルモンが分泌され、それが全ての機能にストップをかける・・・
       
               
という、体重落ちない「ブラックホール」に陥ってしまうことに。
          
                   
こうなると、もう何をやっても思ったような結果が得られません。
           
                   
あとは「周りの人のせい」「環境のせい」「仕事のせい」「季節のせい」にするしかなくなります。
         
               
それもこれも、諸悪の根源は「誕生日のケーキを我慢したこと」にあります。
         
               
悪いのは「誕生日のケーキ」じゃない。
          
            
日頃の生活のしかた。
          
             
そこから目をそらさずに
          
           
「頑張らないダイエット」
「5年先も続けられる方法」
         
           
を続けていただきたいなーと思います。
        
           
ということで、
         
              
「明日のケーキは特別な一日。だから食べてもいい。私なら食べます!」
          
             
に私も1票!
         
         
        
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
    
        
メルマガ登録(無料)はこちら
       
      
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
        
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
      
            
          
■カウンセリングのお申込みはこちら
      
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
         
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
            
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
         
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
      
          
             
      

 

2019年7月 5日 (金)

「2019年夏のスペシャルコース」のお知らせ

          
こんにちは!もみい里香です!
        
              
今週は各地で激しい雨が続いておりましたが、みなさまお住まいの地域は大丈夫だったでしょうか?
    
      
大きな被害がないことを祈ります。。。
        
       
この梅雨が明けたらいよいよ夏本番、バカンスシーズン到来ですね。
      
           
来月にはダイエッターさんにとっての“年間三大鬼門”の1つ「お盆休み」もありますし、そのあとは「食欲の秋」「忘年会ラッシュ」そして「クリスマス」に「お正月」・・・と、ヤマ場だらけの下半期。
        
             
体重が増える危険度は圧倒的に下半期の方が高いです。
          
                
そんな下半期のダイエットをサポートするべく、今年の夏はダイエットカウンセリングにおいて最も希望の多い「マイナス5kg」「マイナス10kg」に特化したコース
        
            
              
『スペシャルコース』
       
         
          
を期間限定で提供させていただきます!!
        
              
メルマガの過去記事
          
▼「5kg落とせば・・・」▼
           
▼「10kg落とせば・・・」▼
           
でもお伝えしておりますが、5kg落とせばからだが、10kg落とすと人生までもが変わります。
         
                  
私自身どちらも経験済みですし、そういうクライアントさん達を前職から四半世紀以上のあいだ、たっっくさん見てきましたので、お一人でも多く同じ感動を味わっていただきたい!との思いから設定した限定コースです。
        
              
こちらはいずれも「6ヶ月」のコースとなりますが、その理由はほかでもない。
        
              
「最も結果が出る期間」だから、です。
           
                 
その根拠については
            
▼「おすすめのダイエットコースは」▼
             
の方でお伝えしておりますので、よろしければそちらでご確認ください。
         
              
期間限定企画「2019年夏のスペシャルコース」の詳細は下記の通りです。
           
           
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
019年夏のスペシャルコース
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
       
             
5kg減量コース/6ヶ月
カウンセリング料:50,000円
                    
10kg減量コース/6ヶ月

カウンセリング料:100,000円
※こちらのコースには「体質改善ダイエットコース」のクライアントさんのみにご提供中の「体質改善用サプリメント(定価17,280円/1ヶ月分)」が3ヶ月分ついております。
     
              
        
<<注意事項>>
             
※スペシャルコースは私のキャパの範囲内での募集となりますので、予告なしに終了する場合もあります。
             
※募集枠に限りがあるため、受付けの方は「カウンセリング料のご入金順」とさせていただきます。
                
※お申込みは下記の専用フォームからのみの受付けとなります。
                     
※お申込み後24時間以上当方からのご案内が届かない場合は何らかのエラーの可能性がありますので<slim@netslim.jp>までお問い合わせください。(送信時は@を半角に直してください)
        
      
       
      
▼スペシャルコースお申込みフォーム▼
        
           
     
━━━━━━━━━━━━━
       
                      
以上、今回は「2019年夏のスペシャルコース」のお知らせでした。
        
              
ダイエットに関するヒントはTwitterの方でも随時発信しておりますので、よろしければそちらもお役立てください💡
           
                
             
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
      
         
メルマガ登録(無料)はこちら
       
       
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
        
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
        
              
       
■カウンセリングのお申込みはこちら
      
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
         
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
             
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
           
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
           
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
         
          
                   
          


2019年6月28日 (金)

元気でスリムに夏を過ごすために今やるべきことは・・・

           
こんにちは!もみい里香です!
          
             
いよいよ梅雨も本番ですね。
         
              
ジメジメ湿気に寒暖の差、過酷な気象状況に体調を崩しやすい時期でもあります。
         
         
体調不良時は体重も落ちにくくなりますので、下記記事などを参考に、このうっとおしい季節も上手にクリアしてくださいね。
             
▼「低気圧に負けないダイエット」▼
       
                    
あと、Twitterの方でもお伝えしてますけど、(これはまぁこの時期に限ったことではありませんが)
          
              
「なんとなくからだが重い」とか「ダルくて何をする気力もない」なんて人は、意外と
         
         
「筋肉不足」
        
            
が原因だったりますので、参考までに。
        
              
加齢とともに筋力が衰えていってることは、みなさんも実感として認識されてると思いますがw
            
                     
前回もお伝えしたように、筋肉は何も対策を講じなければ毎年1%ほどの割合で減少しますから、ピーク時の20代からすると、10年後の30代で1割、20年後の40代では2割も少なくなっているわけです。(50代以降になると“生活に支障をきたすほど”筋力が急降下する人も)
            
                  
そういう装備で数十kgのからだを動かすのは、軽自動車のエンジンでダンプカーを動かすようなものなので、何をやるにもしんどいのは当然です。
       
                  
なので、そういう人は(しんどいでしょうけど)「たった5分」でもいいので、生活の中に何某かの筋トレを組み込んでみられることをおすすめします。
          
                 
「たった5分の筋トレ」でも毎日続けていると確実に筋力はUPします。
           
                
もし可能であれば「2週類の筋トレ」をとり入れられればなおGoodです。
           
                  
実は、筋肉は“運動などで傷ついた筋繊維が回復する時に太く成長する”と言われておりまして。
          
                
スポーツの世界でも、筋トレは毎日ではなく週に2~3回のペースで行うことが推奨されています。
           
                        
ただ、ダイエット目的の場合、そこまで鍛える必要がない、というのと。。。
          
                  
むしろ“時々やる”方が“毎日やる”より難易度高かったりしますので、
        
        
「今日はスクワット」
「明日は腹筋」
        
              
という風に鍛える筋肉の方を日替わりでローテーションされると定着しやすいかと。
            
                    
とりわけ下半身の筋肉は(全体量の2/3を占めるため)基礎代謝を上げる効果は絶大ですし、
           
                 
重力の関係で下に下に溜まりがちな血液やリンパ液を押し上げるポンプの働きもしますから、
           
             
むくみや下半身太りが気になる方は「スクワット」など一石二鳥(三鳥)のトレーニングと言えます。
            
                   
私のTwitterにも筋トレに関するツイートがちょこちょこ登場しますが、実はこれ自らを鼓舞する意味もあってですね(笑)
            
                  
ついついサボりがちなジャンルなので、みなさんと情報を分かち合いつつ続けていきたいなーと。
             
                   
最初こそ(軽自動車のエンジンだと)ちょっとしんどいかもしれませんが、続けるうちに着々とパワーアップしてラクになっていきますので、灼熱の太陽のもとでも元気にスリムに過ごせるよう、今のうちから一緒に筋肉貯金をしておきましょう!
                
                      
しつこいようですが、1日24時間のうちの「たった5分の筋トレ」でいいので。
            
                        
また何かヒントを思いついたらTwitterの方でシェアさせていただきますね☆
         
           
              
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
          
        
メルマガ登録(無料)はこちら
        
              
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
            
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
         
                
      
■カウンセリングのお申込みはこちら
        
               
                  
・カウンセリングの詳細はこちら
           
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
          
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
            
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
        
            

       

 

 

2019年6月22日 (土)

「不可抗力なリバウンド」とは

              
こんにちは!もみい里香です!
       
                     
今週はちょっと忙しくて;通常通りの金曜日に配信できませんでしたので、本日の配信とさせていただきました。(今日は土曜日です☆お間違えのないようにw)
      
           
そんな中、合間を見てはTwitterの方でちょこちょこと思いついたことを発信しておりましたが・・・
           
                
意外と共感いただいたのが、
       
        
         
      
「リバウンドには不可抗力なものもある」
      
              
     
         
というツイートでした。
         
         
人知れずリバウンドにお悩みの方が多いということでしょうか。。。
            
          
そもそも、なぜそんなことをつぶやいたかと言いますと、ダイエットカウンセリングの方でも
            
             
「恥を忍んでもう一度カウンセリングをお願いしたいです」とか
          
「前回のカウンセリングから10年。出戻るのは実はとても勇気がいることでした」とか
             
「もう一度カウンセリングを受けるかどうか、本当に迷いました」
         
              
といった
            
             
「リバウンド=申し訳ない」
        
             
という罪悪感に満ちたお申込みをいただくことがあるから、なんです。
          
             
私に怒られると思っておられるのでしょうか~笑
           
             
大丈夫ですよ。
          
                  
Twitterの方でもお伝えしたように、リバウンドには「不可抗力なリバウンド」というものもありますので。
        
            
その主なリスク要因は・・・
         
              
■加齢に伴う基礎代謝の低下            
            
“やせやすさ”“太りやすさ”を左右するのが、生きてるだけで使われるエネルギー(基礎代謝)の高い低いです。
             
そんな基礎代謝は「筋肉の量」に比例します。
               
筋肉は何もしなければ年々1%ほど減っていくため、ピーク時の20代からすると、10年後の30代で1割、20年後の40代では2割も減少することに。
             
それに伴って基礎代謝も年々低下します。
             
これはもう避けられない自然現象ですね。
                      
大体「小さなおにぎり1個分」くらいのカロリーが年々燃やせなくなってる、ってことを自覚しておかれるとよろしいかと。
            
        
■ホルモンバランスに影響される体内環境          
            
女性の体重は「女性ホルモンのバランス」に大きく影響されます。
                
例えば、女性の人生には「思春期」「妊娠」「卒乳」「更年期」といったホルモンバランスのヤマ場(不安定な時期)があります。
                 
その時期には、今まで太ったことがない方ですら(!)一気に体重が増えたりします。
              
また、“やせホルモン”と言われる「甲状腺ホルモン」の分泌に異常が生じる甲状腺関係の病気やその投薬治療が体重増加の原因となっているケースもあります。
          
         
■ライフスタイルの変化による生活習慣の狂い            
               
結婚や出産による家族構成の変化、転職や転勤による職場環境の変化。
                  
さらには、お子さんやパートナー、親御さん等々・・・自分以外の人々に起こる様々な変化。
               
人間、生きていればいろんなことがあります。
             
その度、生活スタイルや生活サイクルも多かれ少なかれ左右されてしまいます。
                    
環境の変化への対応にいっぱいいっぱいで、気がつくとあっという間に数年が経過し、いつの間にか過去最高の体重に・・・なんてケースも。
              
                   
ざっと考えただけでも、これだけの不可抗力リスクがあります。
            
             
そんな状況下でのリバウンドは決して恥ではない。
           
                
・・・ということをお伝えしたかったのが、例のツイートです。
         
                  
「ライフステージごとのやせ方」というものがありますし、その時その時の状況に応じた「最適な逃げ道」もありますので、くれぐれもお一人で悩んで迷走などされませんように・・・!(その結果「かけたお金ごと水の泡になりました」なんてお声もありますので)
            
               
ちなみに、
          
            
「いやぁ~あれからすっかり油断しちゃって~」
        
「調子に乗って食べ過ぎてしまいました;」
        
              
なんて理由のリバウンドは反則ですがw
              
                         
当カウンセリングでは、それでも“食べないダイエット”や“過激な減量法”に走らずに生活改善ダイエットに戻ってこられたことは「エライ!」と褒めて差し上げようと思っています。笑
          
                 
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
       
            
メルマガ登録(無料)はこちら
         
           
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
      
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
         
            
        
■カウンセリングのお申込みはこちら
           
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
           
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
     
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
            
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
     

      

          

2019年6月14日 (金)

甘いものを食べるのはいつがいい?

         
こんにちは!もみい里香です!
       
        
ダイエットカウンセリングの現場で
     
                 
「どうしても甘いものを食べたい時はいつ食べるのがいいですか?」
         
              
といったご相談をいただくことがあります。
        
             
専門家の間でも
       
            
「食後がいい」とか
「食前がいい」とか
「食間がいい」とか
         
            
ホント意見が分かれるところなので、迷っておられるダイエッターさんも多いかもしれませんね。
          
                 
ちなみに、元「デ部」出身の私は(周りの現役部員達を見ていても)「食後の甘いもの」が皆に共通するリスク要因だなぁ、と確信しておりまして。
        
              
基本「食後のデザート」というのは封印しているんですが。(それ以外のとこで食べてます笑)
         
             
ただ、「食後がいい」という説にも一理あるんですよね~
        
              
え?いよいよどっちだかわかんなくなっちゃいました?
          
                
そんなあなたに確実な判断基準を1つお教えしておきましょう。
          
               
「食後」だろうが「食前」だろうが「食間」だろうが、いずれのセオリーもその軸となっているのは
         
                
「血糖値の上昇を防ぐ」
        
           
という点です。
          
               
“甘いものを食べる”という行為は、カロリーはもちろんのこと、それ以外にも
          
             
・血糖値が上昇する
  ↓
・血糖値を下げるホルモン(インスリン)が分泌される
  ↓
・インスリンにより余った糖質が脂肪に変換、蓄積される。
  ↓
・体重が増える
        
            
という体重増加のルートがあります。
          
                   
そのため、近年のダイエット法もカロリー制限より糖質制限が主流になりつつありますよね。
          
                    
甘いものの食べ方についても、この血糖値の上昇につながりにくいタイミングを探ってあれこれ議論されてるわけですが。
            
                   
人それぞれライフスタイルや環境も違うので、なかなかそのタイミングでは・・・というケースも少なくないかと。
         
              
そこで今日は。
            
                
どんなライフスタイルの人にも、どんな環境の人にもあてはまる“甘いものを食べても大丈夫なタイミング”を1つお教えしておきますね。
            
           
それは
     
           
       
              
『食べたあと30分以内にからだを動かせる状況にある時』
         
        
      
        
です。
         
          
甘いものを食べて血糖値が上昇しインスリンが出動するまでには少し時間がかかります。
       
              
その前にからだを動かすと、筋肉が血液中の糖質をどんどん取り込んでくれるため、血糖値が上がらずに済みます。
  
         
そうすると肥満ホルモンでもあるインスリンの出番はなくなり、体重や体脂肪の増加にもつながりにくいのです。
             
               
ちなみに、この場合の「からだを動かす」というのは何もハードな運動を頑張る、ってことではありません。
          
             
席を立って片付けを行うとか、次の場所に移動するとか。
          
            
とにかく筋肉が動けばいいのです。
           
             
そういう意味では「食べてその場で寝落ち」みたいなパターンが一番キケンですよね。
           
               
「食後」でも「食前」でも「食間」でも、食べてしまったものはしょうがない。
             
              
「食べたあと30分以内にからだを動かす」
            
                          
というホンのちょっとの心掛けで体重増加のリスクを減らしてくださいね☆(それ以上時間が経過してしまうと肥満ホルモンが出動してしまいますので~)
          
          
             
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
       
         
メルマガ登録(無料)はこちら
         
        
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
                  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
         
            
            
■カウンセリングのお申込みはこちら
          
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
           
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
         
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
        
   
         

    

 

 

2019年6月 7日 (金)

この時期、スムーズに体重を落とすためには・・・

            
こんにちは!もみい里香です!
        
                
Twitterの方ではすでにアナウンスしてますが、ダイエットカウンセリングの「いいね割」
           
                     
ツイート数が増えてそろそろ集計が難しくなってきましたので、今週いっぱいで終了させていただきます。
          
                    
6/9(日)23:59お申込み分までの適用となりますので、「いいね割」をご希望の方はお急ぎTwitter<@netslim>をご確認ください☆
       
          
さて。
          
          
いよいよからだが水分を溜め込む季節となりましたね。
         
                
朝、メイクできないくらいむくんだ顔を鏡で見て焦ったり、ひと晩でいきなり増えた体重に恐れおののいた経験ありませんか?
          
                    
そういう時は、焦らず「体脂肪率」をチェックしてくださいね。
          
                
家庭用の体脂肪計は、体内に微弱電流を流してその抵抗値(インピーダンス値)をもとに算出した数値を「体脂肪率」として表示しています。
            
             
水は電気を通しやすいので「体内に水分が多い=むくんでいる状態」であれば電気抵抗が小さいため、体脂肪率は低く表示されます。
           
               
つまり、“体重だけが増えて体脂肪率が減っている”場合、その体重増加の正体は「水分(むくみ)」ということに。
            
              
本来、人間は普通に生活するだけでも1日に約2.5Lの水分を体外に排出しています。
           
                 
寝ている間にコップ1杯分の汗をかく、とはよく聞く話ですが、なんと屋内で2時間座ってるだけでもコップ1杯分の水分が失われているんだとか(!)
         
              
それが、これだけ湿気が多いと汗をかきにくいため、からだの中にはどんどん水分が溜まってしまうんですね。
        
        
汗には体内の空調コントロールの役目もありますから、そういう状態では「むくみ」や「突然の体重増加」のみならず、自律神経の乱れによる「疲労感」や「頭痛」「食欲不振」「不眠」などの不調を引き起こすことにも。
             
               
そんな症状にお心当たりのある人は、体重を落とす前に“水はけを良くする”必要があります。
           
              
かと言って、水分補給をセーブしてはいけません。
        
                
人間のからだは60%が水分で、それが4%減少するだけでも軽度の「熱中症」となります。
            
            
体内の水分が4%ほど減った時のサインの1つが「こむら返り」や「筋肉痛」
          
              
「夜中に突然足がつった!」
         
             
なんて時は水分不足の可能性がありますよ。
           
            
体内の水分が不足すると、体内バランスが崩れたり体内循環が悪くなったり・・・で、なかなか体重も落ちてくれません。
         
             
この時期、スムーズに体重を落とすためには、
          
            
「きちんと水分を補給して、きちんと水分を排出する」
         
        
ということが大事なポイントとなります。
              
               
その辺の具体的な方法については(長くなりますので)下記の記事など参考にしてくださいね☆
           
                
▼「キケンな水分補給」▼
         
▼「夏にやせない人はもしかして・・・」▼
          
                    
              
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
            
          
メルマガ登録(無料)はこちら
          
                
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
          
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
            
       
■カウンセリングのお申込みはこちら
        
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
        
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
         
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
           
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
            
              
        

2019年5月31日 (金)

今日は何の日でしょう?

        
こんにちは!もみい里香です!
        
            
早い、早い、もう今日で5月も終わりです!!
           
                  
毎週末に配信しているこのメルマガ、4~5回に1回は「プレミアムフライデー」に当たるんですよね。
           
            
令和最初のプレミアムフライデー、みなさんいかがお過ごしでしょう~
        
            
・・・てことをお尋ねしたいんじゃなくて。笑
         
          
「31日」って「サイ(野菜)の日」ってご存じでしたか?
        
          
近頃ワタクシ、この野菜パワーに改めてひれ伏してるところでしたので、ちょうどこの機会にその内容をみなさんにもシェアしておきたいと思います。
        
           
いや、もちろん“きちんと食べてやせるダイエット”における野菜の役割は重々承知してますし、ダイエットカウンセリングの方でも
          
            
「唯一、いくら食べても食べ過ぎってことにならない食材」
       
        
として、クッション代わりに(?)おすすめしてますけども(※一部例外もあり)
        
            
最近、抗がん剤の世界的権威により書かれた本を読んで「なるほどー!」「だから、そうなるのか!」と改めて野菜パワーを認識した次第なんでございます。
        
            
その本には、野菜の持つ
        
              
・がんを予防する効果
          
・からだの毒消し効果
           
・アンチエイジング効果
        
            
が科学的根拠とともに紹介されておりまして。
         
                
こういった病気や老化などいわゆる“困った状況”を作り出すクセモノが「活性酸素」という、まぁ言ってみれば猛毒です。
          
           
活性酸素とは、紫外線や化学物質、タバコ、食品添加物などにより通常の酸素が変質したものですが、なんと!呼吸で吸い込んだ酸素にさえ含まれているので、もはや諸刃の剣。
         
             
生きてる限り逃れることはできない、最強の敵とも言えます。
          
             
それどころか、何も対策を講じなければ増える一方なので、
         
               
「最近どうもからだが重い」とか
「疲れがなかなか取れない」とか
「メイクのノリが悪い」とか
            
                  
スッキリしない状況の時は、この猛毒が体内にかなり溜まっている可能性があります。
          
                
そんな諸悪の根源「活性酸素」の発生を防ぎ、消去までしてくれる頼もしいお助けマンが、植物に含まれる
       
               
「ファイトケミカル」
         
           
という抗酸化物質です。
       
         
今でこそTVやネットでも馴染みのある単語ですが、私が初めて知った30年ほど前にはまだ解明されてない部分が多くて
      
        
「ファイトケミカル=サプリメントではカバーしきれない自然の恵み」
       
           
としか説明がつかないナゾの存在でした。笑
      
             
今では、トマトのリコピンやニンジンのカロテノイド、大豆のイソフラボン、タマネギのケルセチン等々・・・
          
             
1万種以上もの成分が身近なあらゆる野菜や果物、お茶などに含まれていることがわかっています。
           
               
植物の色や香り、苦みなどを構成する成分で、もともと紫外線や害虫などから身を守るために作り出す物質なので、ファイトケミカルだけでもすごいパワーがありますが、それだけではなく。
          
              
野菜には他にもビタミン類やミネラル類など様々な成分が含まれていて(それこそ未だに解明されていないものも)、それぞれが相互に作用して体内の活性酸素を撃退してくれるわけです。
         
                
まぁ、そういった難しいことを考えなくても、試しに野菜をたっぷり食べてみると、悩まされていたからだの不調がみるみる改善されるのがわかるはずです。
          
            
それくらい野菜の抗酸化作用は強力です。
      
            
もっと言うと、さほど活性酸素にヤラレてない人ならば、ある程度野菜が不足してくると、もうからだが野菜を欲するのがわかるようになります。
         
          
体調が悪いと、からだは防衛本能で“体重を落とさない方向”へと頑張るため、いくらダイエットに励もうとも思ったような効果が得られにくくなります。
         
                 
夏のバカンスをスッキリボディで元気にエンジョイしたいダイエッターさんは、この「サイ(野菜)の日=31日」をきっかけに野菜たっぷり生活にシフトしてくださいね☆
         
                    
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
        
            
メルマガ登録(無料)はこちら
          
               
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
         
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
        
                 
   
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
           
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
        
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
         
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
        
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
       

2019年5月24日 (金)

もしも太りたければ(2019年版)

         
こんにちは!もみい里香です!
        
          
今年は「改元」というビッグイベントのせいでなんとなく時差ボケっぽいですがw
実は、2019年も間もなく折り返し地点なんですよね(!)
        
           
みなさんのダイエットは予定通りでしょうか~
        
           
「あなたの『ホントのやせ方』お教えします」 
      
              
をキャッチコピーに15年前にスタートしたこのメルマガも、途中からブログの方でバックナンバーを公開し、現在おそらく500本ほどになりましょうか。。。

▼バックナンバーはこちら▼
        
                   
このゴールデンウィークにそれを全て読破された方もいらっしゃるみたいで。(いったいどれくらいの時間と労力がかかるものなのか想像もつきませんがw)
        
           
どの記事もその時その時全身全霊をかけて書いたものなので、時が経ってもコンテンツの質が衰えることはない、と自負はしておりますけども。
           
            
だからといって、最初から全部読んでください、なんてとても言えませんので;
          
               
500本超えの記事を通してお伝えしてきた私のダイエット観を端的にお知らせするために、あえて今日は
      
          
「もしも太りたければ、どうすればいいのか」
          
             
という真逆の観点からアプローチしてみたいと思います。
          
            
これ、以前にも何度か試みたことがあるんですが、
         
             
「そう言えば前に読んだことが」という人も
「へー初めて」という人も
        
                       
夏休み→食欲の秋→忘年会シーズン→年末年始と体重増加の大きなヤマ場が控える下半期のダイエットに備えて、以下のチェックリストで上半期のダイエットを振り返ってみてくださいね☆
          
             
当てはまる項目が1つ増える毎に「太る」方向へ1コマ進むことになります。
           
                   
〓もしも太りたければ(2019年版)〓
     
週3日以上の間食
      
2食連続の外食
         
2日連続の外食
          
お酒と主食の重複
           
食後のデザート
            
欠食(朝食抜きなど)
             
甘い主食(菓子パン、シリアルなど)
            
甘い飲み物
             
真っ先にご飯(主食)から箸をつける癖
            
大盛りのご飯(もしくはおかわり)
              
ひとくちあたり10回以内のそしゃく回数
               
15分以内で完結する食事
            
寝る前3時間以内の飲食
            
朝晩(もしくはいずれか)のみの歯磨き
           
入浴なし(シャワーのみ)
            
4時間半以下の睡眠
            
休日の2時間以上の朝寝
                 
小銭やレシートでパンパンの財布
             
散らかった部屋
             
体脂肪率を把握してない
          
                   
以上「もしも太りたければ(2019年版)」でした。
       
                 
この20項目をコツコツと続けていただければ、残りの下半期で軽く2~3kgは太れるはずです。
       
              
逆に言うと、これらを1つずつでも潰していけば体重は確実に落ちる方向へ。
        
            
それを“知る”“意識する”だけでも「生活のしかた」は変わります。
          
           
“無意識に繰り返されてきたこと”により今のからだが作られてきたわけなので。
        
         
さぁ、あなたは今どっちの方向に進もうとしているでしょう?
      
             
1年の折り返し地点を前にじっくりと振り返ってみてくださいね。
       
            
                     
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩


メルマガ登録(無料)はこちら
         
               
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

            

■カウンセリングのお申込みはこちら

          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

            
                 

2019年5月17日 (金)

スタイル美人がキレイにしている3つのトコロ

      
こんにちは!もみい里香です!
            
              
ちょっと前になりますが、補正下着の大手メーカーが発表した「都道府県別・スタイル美人ランキング」(正式には「都道府県別・女性体型メリハリ度調査2016」)
       
                
1位はどこだと思います?(なんとトップ3は西日本!)
      
         
正解は、
       
     
     
         
「三重県」
      
       
      
           
いかがですか?三重県の読者のみなさん(そう言えば、ダイエットカウンセリングでも三重県のクライアントさんってあまり多くないような・・・笑)
          
           
その調査から浮き彫りになった上位地域のスタイル美人に共通するライフスタイルは
         
             
「スイーツをあまり食べない」
「炭酸飲料(コーラなど)を飲まない」
「外食が少ない」
   
         
でした。
  
       
しかも、1位の三重県にいたっては
      
         
「園芸植物購入額→全国第1位」
「犬の飼育頭数→全国第2位」
          
            
というオマケつき。
         
         
結局、
      
          
「健康的な食生活に適度な運動」
          
            
ってことでしょ!?なんてお声が聞こえてきそうですがw
          
                     
これだけお伝えしたんじゃ、お役所のPRとなんら変わりませんので、今回は我が「NetSlimネットスリム」の統計をもとに、さらに掘り下げた
        
                
「スタイル美人の条件」
         
            
を披露してみたいと思います。
         
           
実は、スタイル美人には「キレイにしているトコロ」が3つあるんです。
         
           
それは
          
                 
【1】口の中
         
【2】財布の中
            
【3】部屋の中
        
            
この3つがキレイな人は間違いなくスタイル美人です(今がそうでなくても必ずそうなります。)
        
            
1つ1つざっくりと解説していきますと・・・
       
       
【1】口の中がキレイな人
           
食後の歯磨きが徹底されてる証拠です。
            
歯磨き粉のミントの成分には
         
「だらだら食いの連鎖を断ち切る」
「食欲を抑える」
               
という働きがあるため「食後の甘いもの」への欲求をシャットダウンする効果は絶大です。(何を隠そう、この「食後の甘いもの」こそが体重増加の大きな原因になります。)
             
また「キレイになったお口の中を汚すのがイヤ」という心理的作用も働き自ずと間食の回数も減ることに。
     
      
【2】財布の中がキレイな人
            
レシートやサービス券、メモや小銭など・・・うっかりすると1日でいろんなものが溜まってしまう財布の中。
          
「必要なものと必要でないもの取捨選択ができる」
「その日の不要なものはその日のうちに処理する」
            
ってことが身についていれば不要なカロリーを溜め込むこともなくなるので、当然体重が増えることもありません。
             
財布の厚みとからだの厚みは比例すると思っていいかも。
      
             
【3】部屋の中がキレイな人
            
片付けって実は全然大変なことではなくて。
             
そもそも「元あった場所に戻す」ってことがその都度できていれば、物が散らかることはないわけで。
            
そのほんのワンアクションの行動を面倒臭がるから物があふれる。
                   
文字通り「塵も積もれば山となる」で(物理的な部分はもちろんですが)動かなかったことで“消費するはずだったカロリー”も山積みされて、気がつくと〇kg増えた・・・なんてことになりがちです。
           
あと、物が捨てられない「もったいない病」にかかってる人も自分の胃袋がゴミ箱化してる傾向に。
               
「もったいない、もったいない」と自分の胃袋に放り込み続けた結果できた脂肪を捨てるために、ジムやエステ、ダイエット商品に高額のお金を払う。。。
            
一体どっちがもったいないのか。
                
そこに気づいた時から体重は確実に右下がりになっていきます。
                     
実際、ダイエットカウンセリングの現場でも「体重が減ると同時に部屋が片付いてきた!」というお声はホントに多いのです。
          
                 
以上、「ネットスリム版スタイル美人の条件」でした。
         
             
【1】口の中がキレイ
         
【2】財布の中がキレイ
           
【3】部屋の中がキレイ
          
            
あなたはいくつ当てはまってますか???  
          
               
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
                
          
メルマガ登録(無料)はこちら
           
          
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
          
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
       
             
          
■カウンセリングのお申込みはこちら
       
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
       
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
           
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
         
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.
      
        
                

«自分にケンカを売ってみたら・・・