« やせる油―Part2― | トップページ | 出来ない理由 »

2005年3月13日 (日)

やせる油―Part3―

         
こんにちは!もみい里香です!
              
         
今週は結果的に「やせる油」の話に終始してしまいました。(漢字がいっぱいでしたが、大丈夫でした?笑)
      
      
でも、本当に健康なからだときれいなプロポーションを保ってる人は、この「油」の選び方を間違ってない人なんです。
      
        
“ちょっとした違い”の積み重ねが半年1年と経過するごとに“大きな違い”を生む


ということを頭に入れておいてくださいね。
         
               
それでは今日は「やせる油」の総括として、具体的に


「どんな油をとりいれるべきか」


についてお話します。
          
           
あまり難しい話になるとアレルギーを起こしちゃいそうですから、ポイントだけをお伝えしますと・・・
         
         
とにかく
    
          
「固形の脂(飽和脂肪酸)」をなるべく減らし「液体の油(不飽和脂肪酸)」をとる
     
          
ように心掛けてください。
       
     
その中でも特にダイエットに深く関わってくる細胞膜やホルモンの原料となる必須脂肪酸」という油をしっかり厳選してきっちりとり入れる必要があります。
       
           
あなたのダイエットを生かすも殺すもこの必須脂肪酸にかかっていると言っても過言ではありません。
     
      
必須脂肪酸が不足すると、ダイエットに効果的な栄養素をとりいれる細胞膜の働きや、からだにいろんな指令を出すホルモンの生成が正常に行われないために「何をやっても効果が出ない」ということに。
      
            
自分のダイエットが上手くいかないことが、まさか日頃とり入れている油に原因があるなんて、おそらくほとんどの人が気づいていないと思いますが・・・
       
    
実はそうなのです。
        
           
この 必須脂肪酸には「オメガ6」と「オメガ3」という2つの種類の油があります。
      
             
良く耳にする言葉に置き換えると
      
         
「リノール酸」→「オメガ6
         
「αリノレン酸」「EPA」「DHA」→「オメガ3
        
           
ということになります。
      
           
この2つは人間の体内で作られませんので、食品からとり入れる必要があります。
           
            
私達のからだが正常に機能するうえで、この2つの油の黄金率は
         
              
「オメガ6」:「オメガ3」=4:1
        
        
と言われています。
     
          
・・・が、今の私達の食生活において
        
          
「オメガ6」は過剰気味
「オメガ3」は不足気味
      
         
というのが実情です。
         
            
何度も言うように、 必須脂肪酸は細胞膜やホルモンの原料となるものですから、この「脂肪酸バランス」が崩れてしまうことでそれらに異変が起きからだにいろんなトラブルを引き起こしてしまうのです。
       
             
また、今では良く知られているように、オメガ3には血液をさらさらにする働きもありますので、これを摂取することにより、今まで滞っていた電気的指令がからだの隅々まで正しく伝達されるようになります。
      
         
さらに、オメガ3には「食欲を抑制する働き」や「中性脂肪や過酸化脂質を溶かす働き」など、ダイエットに直接結びつく効果も認められています。
         
          
結論を言いますと・・・
      
      
今のあなたのダイエットをより効果的に進めたいとか体質を改善したいと思われるなら、このオメガ3という油を積極的にとり入れることが意外な近道となり得る、ということなんです。
      
         
オメガ3は、主に北の冷たい海でとれる魚(イワシ、ニシン、サバ、サケ等)や、えごま、しそ、亜麻の実やくるみなどに多く含まれています。
       
        
・・・が、前回お伝えしたように、オメガ3をはじめとする必須脂肪酸は、非常に酸化&変質しやすいデリケートな栄養素です。
       
       
なので、くれぐれも「汚染されていない原料」から「加工を繰り返していない状態」でとり入れることが重要です。(特にサプリメントでとり入れる場合は、栄養学のわかったメーカーが原料&製法にこだわって作ったものでなければ、逆にからだに害を与えてしまうことに。)
      
     
つまり、「やせる油」は
       
         
「良質な不飽和脂肪酸を選び、少しずつ使う」
      
「オメガ3の摂取で脂肪酸バランスを整える」
       
        
ことで細胞膜やホルモンの働きを正常化させ、より「やせやすい体内環境」を作るのです。
        
        
毎日口に入れない日はない「油」を正しくとり入れることで半年後のあなたのからだは確実に変わります。
   
      
      
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
     
      
メルマガ登録(無料)はこちら
   
      
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
    
            
      
■カウンセリングのお申込みはこちら
      
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
     
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
        
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
      
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
     
      
 
      

« やせる油―Part2― | トップページ | 出来ない理由 »