« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月に作成された記事

2006年8月30日 (水)

低炭水化物ダイエットの罠

  
  
こんにちは!もみいりかです!



昨日あるTV番組で、



 「糖尿病にかかりやすい主婦の食生活」



なんてテーマがとりあげられてました。



主婦の食生活には、「つまみ食い」や「残飯整理」
が多い、ということでモデルパターンとして
ある主婦の方の1日の食生活が紹介されていました。

その方の場合・・・・



「子供のお弁当の味見」
「子供の食べ残しの片付け」
「ご主人の遅い夕飯のつまみ食い」etc.



と、ざっと計算しただけでも1日に約750kcal分
のつまみ食いをしていたことになるのです!

つまり、



「ミンチカツ定食一人前のカロリーを3度の食事以外
に摂取していた」



ということになります。。。。。



これでは太らないはずはないし、病気にもなりますよね。



「チリも積もれば山となる」
「ちょこちょこつまみ食いにはご用心!!」



というのが、番組からの警告でした。



・・・・が、私がその番組の中でもっとクローズアップして
欲しかったポイントは、実はもう少し違うところにあった
んです。

それは、、、、



       「低炭水化物ダイエットの罠」



という部分です。

このモデルパターンの主婦の方は、一応体重の増加
を気にして、極力「炭水化物」をとらないよう意識して
いたのです。



いわゆる「炭水化物抜き」ですね。



私のカウンセリングでは、「炭水化物抜き」は原則
タブーとしています。

それは



      「リバウンド率が非常に高い」



ということが、まずは一番の「理由」です。




「炭水化物=糖質」は、脳みその唯一のエネルギー源
なので、ある一定の量(約130g)を補給出来なければ
脳みそにストレスがたまり、結果的に「反動食い」を
引き起こし、せっかく落とした体重も、おつりがくるくらい
リバウンドしてしまいます。



かと言って、私達のからだが1回に蓄えられる糖質の量
には限りがありますので、1日の必要量を1回の食事で
「食べ貯め」することは出来ません。



「脳みそのエサ」という観点から考えても、



1日3回に分けて適量の炭水化物(主食)を摂取する



ということが「リバウンドのないダイエット」を成功させる
大きなポイントとなります。



そして、「炭水化物抜き」をタブーとするもうひとつの
「理由」が



           「脂質のとり過ぎ」



です。

「主食=炭水化物」を抜いてしまうとどうしても「おかず
(タンパク質&脂質)」の量が増えてしまいます。



前述の主婦の方も、下手に「炭水化物」を減らした
ために、つまみ食いの殆どが「おかず」となり
「カロリー」のみならず「脂質」も標準摂取量を大幅に
上回ってしまっていたのです。



この「脂質のとり過ぎ」により、カロリーがオーバーする
だけでなく、腎臓や肝臓への負担も大きくなるため
肥満や病気の原因となるのです。



特に「クセモノ」なのが、番組でもとりあげられていた
「豆類」です。



例えば「健康にいい」「ダイエット向き」と思われている
「納豆」でも、そのカロリーは100gで約200kcalにも
なりますし、含まれる脂質は10~20gにもなります。
(ちなみに、同じ量の鶏の胸肉に含まれる脂質は2g弱
となりますので、5~10倍の量となりますね!)



「ナッツ類」など「もってのほか!」です。
(カロリーだけでも、さらにその3倍!!!くらいある
んですから。)



成人女性の1日の脂肪摂取量は約50g以内とされて
いますので、そのウエイトの大きさがいかほどか
おわかり頂けると思います。



「ご飯」1杯で得られる満足感を「おかず」だけで得よう
とすると、それだけリスクも多く取り込んでしまことになる



………という部分をもっともっと強調して欲しかったなー
と思う私でした。

  


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみい里香」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細は
 こちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2006年8月23日 (水)

あなたのダイエットに必要なもの

こんにちは!もみいりかです!


ダイエッターにとっての「三大鬼門」とも言える
「盆」と「正月」と「ゴールデンウィーク」


やっと終わりましたねー、そのうちの1つ「お盆」
が。。。 


「長期休暇」「イレギュラーな生活パターン」
「おつきあい」etc.ですっかりリズムが狂ってしまい
上半期の努力が水の泡~~~なんて焦っている
人も多いんじゃないでしょうか。


でもね、「お盆」や「お正月」に少々羽目をはずした
からと言って、それで肥満になる人はいないので
安心して下さい。
怖いのは


そういうイベントで崩れたリズムが定着すること


イベントは、「太る原因」にはならないけど「太る
きっかけ」には充分なり得るのです。


しかも、このあとには「食欲の秋」が控えています
ので、ここでしっかり「ダイエット・モード」に戻して
おかないと、下半期は大変なことになっちゃいます
よ~~~。笑


………ということで、今日のテーマは


   「あなたのダイエットに最も必要なもの


です。


   「あなたのダイエットに最も必要なもの」


それは一体何だと思いますか?


はやりのダイエット商品?

最強のマシーン?

最新の情報?


いえいえ………そんなものより必要なもの、それは
本当に体重を落としたいと思う「あなたの気持ち」
です。


「そんな気持ち、誰でも持ってるに決まってる!」
って言われそうですが、残念なことに、殆どの人が
その「気持ちを維持すること」が出来ていないのです。


そこで、「あなたのダイエットに最も必要なもの」の
答えです。それは



           「パートナー


なんです。


でも、ここでいう「パートナー」とは、いわゆる
「ダイエット仲間」ではありません。


いろんなケースを見ても、「ダイエット仲間」の中で
本気で「仲間」がやせることを望んでいる人は、
残念ながらごくごく少人数だと思われます。 


「全然太ってないじゃないー。」とか
「それくらい食べても大丈夫よー。」とか
「私もおんなじー!明日からお互い頑張りましょう!」


なんて傷のなめ合いしているうちは誰一人きちんと
体重を落とすことは出来ません。
あなたに必要なのは



     「正しい知識を持ったパートナー


です。
こっそり一人で決断したことは、こっそり一人で
あきらめがちですが「誰かが見てくれている」という
「緊張感」や「安心感」があなたのダイエットに
もたらす効果はとても大きいのです。


しかも、ダイエットの「パートナー」は「他人」の
方が効果があります。
「親子」「兄弟」「配偶者」では、残念ながら
せっかくの「アドバイス」もただの「おせっかい」
で終わってしまうケースが多いのです。


それは「お医者様」でも「インストラクター」でも
いいし、もちろん「ダイエット」を専門にした
コンサルタントやカウンセラーでもOKじゃない
ですか?(笑)
 (※「ノルマ」のある職種の方は避けた方が
無難です。) 


あなたの「ダイエット」を客観的に分析し、冷静
にジャッジしてくれる「パートナー」がいれば、
あなたの「気持ち」がブレることもないはずです。


そうすれば、あなたの体重を落とすことは
そんなに難しいことではありません。


 「自転車に乗れるようになりたい」と思っている
子供を自転車に乗れるようにするのはそんなに
困難ではありません。


………が「乗りたくない」と思っている子供を
乗れるようにするのはオリンピックのコーチでも
不可能です。


ましてや自転車の乗り方を知らない人が、他の人
を乗れるようにしてあげることは絶対に出来ません。


そして、一度自転車に乗れるようになれば、もう
「コーチ」も「パートナー」も必要ありません。


大事なのは「コツをつかむまで」のホンの短期間です。


いかがでしょう?


「あなたのダイエットに最も必要なもの」


あなたはちゃんと持っていますか?

     

  
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細は
 こちら 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

 
 

2006年8月16日 (水)

厳しいお言葉

  
 こんにちは!もみいりかです!


 突然ですが、次のお言葉をご覧下さい。



 「太っているのは不健康、それを知らないのは無知。」

 「知っていて太っているのは意志薄弱。」

 「お金を使って食べ過ぎて太って、さらに大金を使って
 やせるのはナンセンス!」




 いかがでしょう?
 一言一言が胸にグサグサグサッと突き刺さった人………
 結構いらっしゃるのではないでしょうか(笑)
 なかなか厳しいお言葉でしょう?


 実はこれ、私のクライアントさんにダイエットを「決意」
 させた「ご主人のセリフ」なのです。


 確かに厳しいお言葉ではありますが、私はこれを聞いた時
 ちょっとスカッとした気分だったのです。


 私が、日頃言いたくて言えない本音をズバッ!と代弁して
 下さったというか………(こう見えて、意外と気ィ使って
 アドバイスしてるんですよ、私・・・苦笑)


 アメリカの一流企業では「肥満体の人は採用されない」と
 言われています。
 事の真偽は定かではありませんが、その理由は「自己管理
 (セルフコントロール)能力に欠ける」ということらしいです。
 つまり


 「自分の体重もロクに管理出来ない人間に、仕事が勤まる
 はずがない」


 という判断基準が、実力社会アメリカで確立されつつある
 ということになります。


 それが100%正しい………とは言い切れませんが、当たらず 
 とも遠からず………ってことはあるかもしれません。


 ダイエット・カウンセリングのクライアントさんの中にも
 「太っているのが不健康」という危機感が薄い人って意外
 と多いような気がします。


 それが、家族の健康を預かる「主婦」であれば、ある意味
 「罪」でもあります。
 つまり、そのリスクをご本人のみならず、家族全員が平等
 に背負うことになってしまうから。。。。
 (お子さんをお持ちのママさんの食事内容を拝見していて
 思わずお子さんの食生活が心配になってしまうケースも
 結構多いのです。)


 現に「太っていること」が原因で、40代以上の日本人男性
 の2人に1人、女性の5人に1人の人がすでに病気になり
 つつある………という現実にもっと関心を持って頂きたい
 と思います。  


 「肥満」「高脂血症」「高血圧」「高血糖」のそれぞれが
 深刻でなくても、それらの症状が重なると「心筋梗塞」や
 「脳卒中」や「糖尿病」などの「生活習慣病」の発生率は
 いきなり3~9倍にまで跳ね上がってしまいます。


 こういう状態を「メタボリック・シンドローム(内臓脂肪
 症候群)」と言いますが、その判断基準は下記の通りです。



  1)おへそまわり…………………男性の場合85cm以上
                      女性の場合90cm以上
  2)血圧…………………… 最大血圧で130mmHg以上
                 または最小血圧で85mmHg以上
  3)空腹時血糖値……………………  110mg/dL以上
  4)中性脂肪(TG)値………………… 150mg/dL以上
  5)HDLコレステロール値……………  40mg/dL未満




 上記の5項目のうち、3つ以上が当てはまるようならば
 「メタボリック・シンドローム」と判定されます。


 この「メタボリック・シンドローム」のコワいところは
 「お腹が出てきた」ということ以外殆ど「自覚症状」が
 ない………という点です。


 ある日突然「あなたは○○病です」と宣告されてしまう
 ことだってあるのです。


 そして、今や日本人の死因のトップ3は「ウィルス」の
 ない「生活習慣病」で占められているということもまた
 覚えておいて頂きたい「事実」なのです。


 つまり、「これを飲めば治る」という「特効薬」がない
 のです。


 「生活習慣病」というのは、読んで字のごとく「生活の
 しかた」により発症してしまう病気ですから「生活改善」
 が唯一の治療法となります。


 この「生活改善」の正しいノウハウさえ持っていれば
 「知っていて太る」ということはなくなります。


 ちなみに、今年の5月に厚生労働省から「メタボリック・
 シンドローム」の実態についての発表があった直後、当方
 のダイエット・カウンセリングにも、40代の男性諸氏から
 のお申込みが急増しました(笑)


 そして3ヶ月が経過した今、全員の方の健康診断の結果
 の数値が見事に「激減」しています。 
 (中には「半分」になった方も………。)


 今まで「お金を使って」増やしてきた体重を「さらに大金
 を使ってやせる」ということにならないように、まずは
 「太っていることが不健康」ということをしっかり再認識
 して、「自分の力でやせる」という「確固たる意志」を
 持って頂きたいと思います。


 あなたの「本当のダイエット」はそこから始まります。



 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□ 個別カウンセリング 〓あなたのやせ方教えます!〓   
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら
            ↓
  < http://www.netslim.jp/counseling/index.html >

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

    Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2006年8月 2日 (水)

お水の力

   
 こんにちは!もみいりかです!


 前回のメールで「飲み物を選ぶ」というお話をしました。

       バックナンバーはこちらです。
                ↓
    < http://netslim.cocolog-nifty.com/blog/ >


 「じゃあどんなものを飲めばいいの?」というお尋ねが
 結構多かったのですが、正解を言いますと………


 あなたが短期間に体重&体脂肪を落としたければ、ぜひ
 「お水」を飲んで下さい。        


 ちょっと余談になりますが…………この季節、私達は涼を
 求めてどうしても「お水」のあるところへ行きたくなって
 しまいますよね。


 そんな風に、「お水」に「癒し」を感じるのは、おそらく
 私達人間のからだの60~70%が「水分」で出来ていること
 と無関係ではないと思うのです。


 ちなみに………「お水」にはいろんな形の結晶があること
 をご存知ですか?


 「名水百選の水」と「大都会の水道水」のように、環境が
 違えばその結晶の形が全く違う……というのは、何となく
 わかる気がしますが、同じ条件のもとにある水でも、毎日


   「プラスの言葉をかけた水」と

   「マイナスの言葉をかけた水」


 では、全く違う形の結晶が出来てしまうそうです。


 なので、毎日「マイナスの言葉」を発したり、耳にしたり
 している人は、からだの大部分を占める水分の結晶が歪な
 イガイガの形になり、体調が悪くなったり、性格が悪く
 なったり(?)するんですって!


 逆に、毎日「キレイ」とか「可愛い」とか褒められている
 人は、体内の水分の結晶が美しい星形になり、ますます
 キレイになっていくそうです。


 医学的、生理学的に根拠があるのかどうかはわかりません
 が、みょ~に納得してしまいませんか?(笑)


 いずれにしても「お水」が私達のからだに与える影響には
 計り知れないものがありますが、こと「ダイエット」に
 関しては「体内の流れを良くする」という、とても大きな
 役割を果たしてくれます。


 ひと昔前には、「お水の飲み過ぎはむくみにつながる」と
 敬遠する向きもありましたが、今では「お水を飲めば飲む
 ほど老廃物の流れが良くなる
」ということが解明されて
 います。


 では、「お茶」や「コーヒー」など「ノンカロリー」の
 飲み物はどうなのでしょう。。。。


 これらは、確かに「カロリー面」では問題ありませんが


   ■ 体内を冷やす「陰性食品」であるものが多い

   ■ 利尿作用により体内の必要なミネラル分まで
     排出してしまいがち


 という理由から、あまり多くの量を摂ることが出来ません。


 私達のからだは、1日に約2.5Lの水分が汗やおしっこ
 で排出されますので、そのバランスを保つためにも、1日
 に約2Lの水分を補給する必要があるのです。
 500mlのペットボトルにすると4本分ですね。


 ………が、試しに「お水」を入れたペットボトルを1本
 テーブルやデスクの上に1日置いてみて下さい。


 その1本を空けることすらままならない………というほど
 実は「お水」を飲んでいないことに気がつくはずです。


 それでは、体内の老廃物は流れません。


 ………ということで、私のカウンセリングでは「毎日2L」
 を目安に「お水」を飲むことをおすすめしています。


 この際の「お水」は、特別な水である必要はありません。
 ただし「水道水」は健康上おすすめしませんので、浄水器
 を通した水か市販のミネラルウォーターに限ります。


 しかも、それだけの量の「お水」を飲む場合、キンキンに
 冷えたものでは体温を下げてしまいますので、出来れば
 「常温のお水」がベストです。


 また、からだが1回に吸収出来る水分量は250mlが限界
 ですので、一気飲みではなく、コップ1杯ずつをちょこ
 ちょこ飲む方が効果があります。


 「朝起き抜け」「3回の食事の前」「入浴後」の計5回
 「コップ1杯のお水」を飲むだけでも1Lの水分補給と
 なります。
 (「食事中」や「食事直前」のお水は胃液を薄めてしまい
 ますのでなるべく食事の30分前までに飲んで下さい。)」


 カウンセリングのクライアントさんにおいても、今まで
 飲んでいた「お茶」や「コーヒー」を「お水」に変えた
 だけで「便秘」が改善したり、体重や体脂肪が落ちたと
 いうケースが、実は後を絶ちません。


 この夏「からだを変えたい」と思われるなら、ぜひ毎日
 の「飲み物」を変えるところから始めてみて下さい。


 そして、くれぐれも、あまり「マイナスな言葉」を自分
 にかけないように気をつけて下さいね(笑)


 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□ 個別カウンセリング 〓あなたのやせ方教えます!〓   
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら
            ↓
  < http://www.netslim.jp/counseling/index.html >

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

    Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »