« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月に作成された記事

2007年2月22日 (木)

間食がやめられない

                     
 こんにちは!もみいりかです!


 先週のメルマガはお休みさせて頂きました。


 どうしても連休明けは、カウンセリングの方
 が混み合うため、ゆっくりとメルマガの原稿
 を書く時間がとれなくて。。。すみません。


 …………ということで、今回は2週間ぶりと
 なりますので、ちょっとたっぷりめに
 「ダイエットのツボ」をお伝えしますね。


 今回の「ツボ」は、カウンセリングでもご相談
 の多い「間食」について………です。


     「間食がやめられない


 というお悩みをお持ちの人って結構多いんです
 が、これってごくごく単純なところに「原因」
 があったりしますので、その気になれば、意外
 と簡単にやめられるものなんですよ。 


 例えば、「間食がやめられない」という人ほど
 「朝ご飯」が手ぬるい!(笑)


 これ、殆ど共通してます。


 ちゃんとした「朝ご飯」で1日のスタートを
 切らないから、変な時間帯にお腹が空いて
 大した栄養もない「エンプティカロリー」の
 お菓子などをつまんでしまう。。。。


 そうすると、今度は、お昼にお腹が空かない
 からまたご飯が食べられない。。。。という
 具合にガタガタと体内時計のリズムが崩れて
 しまいます。


 中には、正当な理論に基づいて「朝食抜き」
 を実行している人もいらっしゃるでしょうが
 それで「間食」してるようであれば「根本的
 な解釈」を間違っているでしょう、たぶん。。


 そして、「間食がやめられない」という人
 ほど「環境」が整っていないんですね。


  「間食」の最大の「原因」は


   「間食出来る環境がそこにある


 ということです。
 どーんなに「甘いもの」が欲しくても、身の
 回りにそれがなければ、あきらめるしかあり
 ませんもん。


 大体、「甘いもの」への欲求は「5分」我慢
 出来れば、あとは自然消滅していきます。


 この「5分」が勝負なんです。


 5分間、メールしたり、雑誌読んだり、家事
 したり……と他のことに集中出来れば「勝ち」
 なのです。


 逆に、目の前にチョコレートだのスナック菓子
 だの置いてあれば、私だって「大して欲しくも
 ないのに」つい手が伸びてしまいます(苦笑)
 (そんな状況で自分を抑えられる人って尊敬
 しちゃいます!)


 そして、一度手を出してしまったら最後……
 特に「甘いもの」は「甘味の中毒性」のせい
 で毎日食べないと落ち着かなくなってしまい
 ます。


 なので、本気で体重を落としたければ
 「食べない努力」よりも、まずは
 「買わない努力」「身の回りに間食のもとを
 置かない努力」をしなければダメなんです。


 おそらく、そっちの方がはるかに簡単です。


 そうすることで「心地よい空腹感」をもって
 次の食事に臨めるので
 「きちんとご飯を食べられる」という好循環
 も生まれます。


 そして、その「食事」なんですが、実はここ
 にも「間食」の意外な「原因」が潜んでいる
 のです。


 それは「味付け」です。


 食事の「味付け」が濃すぎると、それがあと
 を引いてお口が「間食」を求めてしまいます。


 つまり「塩辛い食事」のあとは「甘いスイーツ」
 が欲しくなり「甘ったるい食事」のあとは
 「塩辛いスナック菓子」が欲しくなる………
 という具合です。 


 サイアクの場合、「甘いもの」→「辛いもの」
 そしてまた「甘いもの」→「辛いもの」………
 と、気がつくと1日中「味の上書き」をし続け
 ている人もいます。


 そんな「魔のスパイラル」を避けるためにも
 日頃から「薄味」を心掛ける……ということ
 も実は「間食」をやめるうえでかなり有効な
 手段となります。


 以上のような、ちょっとした「油断」の積み
 重ねが、あなたの体重を落としにくくしてる
 大きな「原因」となっているかもしれません。


 あなたの「生活のしかた」をここでもう一度
 よ~~~く振り返ってみて下さいね。



□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら
            ↓
< http://www.netslim.jp/counseling/index.html >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2007年2月 8日 (木)

リバウンドの心配

                    
こんにちは!もみいりかです!



今年も第一生命の「サラリーマン川柳」の入選作が
発表されましたね。


私、結構これのファンでして、毎年この時期の発表
を楽しみにしているんですが、今年の作品の中では


「俺だって 診断結果は チョイ悪だ」(脂肪官)

「エビチャンを 真似て巻き髪 オバチャンに」
(読み人知らず)

「頭見て 敬語使うな 年下だ」(あれれ?)


なんかが好きでしたねー(笑)
そして、何と言ってもこのメルマガでご紹介すべき
一句は


リバウンド 痩せる前から 気に懸ける   
(チャレンジャー)


でしょう!
この作品は結構「深い」です!
これは~「リバウンド経験者」でないとわからない
心理なんじゃないでしょうか。。。。


実は、この「リバウンドの心配」については、以前
にもこのメルマガでとりあげたことがあるテーマ
なのですが、体重が増えてめちゃめちゃ悩んで
いた人の体重をきれーに落としてあげた時に今度は


「リバウンドするんじゃないかと心配で。。。。」


とまた悩む人って結構多いのです。
人間って、体重が落ちたら落ちたでまた不安になる
んですね(苦笑)
ましてや、それが自分の予想以上の結果だった
場合は特に。。。


でもね、それは、はっきり言って「やせ方」の問題
なんです。


いつも警告しているように「食べないダイエット」
で落とした体重は、食べるようになった時に当然
リバウンドします


「朝食抜きダイエット」「置き換えダイエット」
「炭水化物抜きダイエット」「断食ダイエット」
………などなど「食べないダイエット」は、いずれ
の方法もそのコンセプトには一理ありますし、
「正しい知識」で「正しく継続」出来れば、健康上
の問題もリバウンドもないはずです。


ただ現状を見ると「正しい知識」で「正しく継続」
出来ているケースが殆どない………というのが
実情です。
つまり


 「続かない→再び食べる→リバウンド


という方程式が成り立ってしまってるんですね。 
(あら、これも川柳になりそうだわ・笑)


なので、一生「ご飯抜き」の食事を続けるとか
一生「置き換え食」を買い続けることが出来る人は
そういう方法でもリバウンドの心配はないでしょう。


でもねー、普通の社会生活の中でそういう「特殊な
食生活」を自分だけ続けることって意外と困難
だったりするわけです。


なので、いつかどこかで中断せざるを得ないという
状況が予測される人は、最初っからそういう方法に
飛びつかないことです。


あなたの体重を増やしてきたのが「生活のしかた」
である以上、あなたの体重を落とすためには「生活
のしかた」を変えていくしか「道」はないのです。
(しかもそれは、普段の生活の中で続けられる方法
でなければなりません。)


ダイエットに「王道」はありませんが、結局は
それが「一番の近道」となるのです。


私のカウンセリングでも「ダイエット商品」などは
いっさい使用せずに「やせる生活のしかた」を
お教えすることで体重を落としていきますので
リバウンドを心配されていた方も最終的には


 「リバウンドしない自信があります」とか

 「もっと落とせる気がしています」とか


うんとたくましくなって卒業していかれます(笑)

「生活することでやせる」というワザさえ身に
つけばリバウンドがないだけでなくカウンセリング
終了後にさらに体重を落とすことだって可能です。
(今日も、そんな卒業生の方からのメールが届き
ましたので「体験談」にアップしときました。)


             「NetSlim体験談」
                    ↓
< http://netslim-taiken.cocolog-nifty.com/blog/ >


あなたも


たまったなぁ お金じゃなくて 体脂肪
(サラ川小町)


となる前に、さっさと「生活のしかた」を変えて
「リバウンドのないダイエット」
を実現して下さいね!


それにしても、今年の川柳は「メタボリック」系が
多かったなぁ。。。。(苦笑)



□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら
            ↓
< http://www.netslim.jp/counseling/index.html >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2007年2月 2日 (金)

早起きは三文の徳

         


             
こんにちは!もみい里香です!





今朝はちょっと「冬らしい朝」でしたねー。
今も窓の外は吹雪いていますよ。
(そう言えば明日は「節分」なんですねぇ。。。。)





ところで、みなさん、今朝は何時に起きました?





いくら「記録的な暖冬」と言っても、やっぱ冬の朝は
寒いし暗いし、なかなかお布団から出たくないもの
ですよね。。。





それでも平日は、お仕事や学校があるから起きない
わけにはいかないでしょうが、休日ともなると
思いっ切り不精してお昼近くまでゴロゴロしてる・・・・
なんて人も結構多いんじゃないでしょうか。





でも、それって、ダイエット的にものすご~~~く
「損」をしていることになるんですよ。





「早起きは三文の徳」ってことわざがありますが
(てっきり「三文の」かと思ってましたがw)
ダイエットにおいても早起きはいろ~んな恩恵を
もたらしてくれるのです。





実は・・・

「朝日を10分間浴びる」ことで、な、な、なんと
「なわとび10分」に相当するくらいのエネルギー
を消費するって知ってました?






どーして!?





と思うでしょう?
    
これは




「体内時計」




の働きによるものなのです。

効率良く体重を落としていくためには、体内時計が
正常に働くことが大きなポイントとなります。





この体内時計を動かしているのは「自律神経」です。





自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という
2種類の神経で構成されています。





昼間は「消化」をつかさどる交感神経が、夜は
「吸収」をつかさどる副交感神経が優位に働きます。

つまり、私達のからだには




「夜に吸収して昼に消化する」




という「体内のリズム」があるのです。





この体内のリズムに上手くのったダイエットを行えば
効率良く体重が落ちていきますが、体内のリズムを
無視したダイエットでは、いくら努力をしてもなかなか
思ったような結果が得られなかったりするのです。





なんでも、人間の体内時計は地球周期の24時間より
長い25時間周期となっているらしく、毎日1時間くらい
の「時差」が生じるため、体調を正常に保つためには
このズレを修正し常に体内時計をリセットすることが
必要なんだそうです。





朝の光の波長には、「メラトニン」という「睡眠ホルモン」
の分泌を抑え私達の目を覚ます働きや、メラトニンの
生成を助け質のいい眠りへとつなげてくれる働きが
あります。
(この働きは、「太陽光」に勝るものはないそうです。)





つまり、朝にたっぷりの朝日を浴びるという行為は
体内時計のリセットに大きな役割を果たし、ひいては
「代謝」や「脂肪燃焼」という体内のリズムを正常化
することにつながるわけです。





なので、朝日を浴びる生活の人とそうでない人では
「なわとび10分」くらいの消費カロリーの差があると
いうのも、まんざらウソではないのです。





まだあります。





朝寝坊の人って「朝食抜き」のケースが多いでしょ?





普段きちんと食べている人でも、休日となると
朝食抜きで「1日2食」になっちゃってたりしません?





そういう人のダイエットは往々にして




「平日やせて週末太る」




のパターンが多いのです。





リバウンドのないダイエットにおける朝ご飯の重要性
については、常々このメルマガでもお伝えしてきました
が、体温を上げたり、代謝を上げたり、腸や脳の働きを
ONにしたり・・・と、朝ご飯」そのものも、実は体内時計
のリセットに大きな役割を果たしています。




・・・が、平日のあいだにせっかく築き上げた「やせる
生活のしかた」が週末の朝食抜きにより崩れると
「週末便秘」を引き起こしたり「休日間食」が増えたり
と一転して「太る生活のしかた」へ逆戻りしてしまい
「一歩進んで二歩下がる」的なダイエットになって
しまいがちです。




これではなかなかやせませんね。。。。




これらの問題点を全て解決するのが「早起き」です。




「早起きは三文の徳」




「三文」っていろんな説がありますが、今の金額に
すると「100円足らず」らしいので
1ヶ月で約3,000円1年で約36,000円・・・
う~ん、確かにちょっとしたダイエット商品の代金
くらいは得しそうですね。笑




タイムリー(?)なことに、明日からまた「週末」です。





「節分の日」を節目に、ちょっと心を入れ替えて
「朝日を浴びる生活」にチェンジしてみませんか?


    


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.


 

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »