« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月に作成された記事

2007年3月29日 (木)

やせるホルモン

                         
こんにちは!もみい里香です!
            
突然ですが、もし世の中で「やせるホルモン」なるものが発売されたら、あなたは手に入れたいですか?
           
しかも、それがタダで手に入るとしたら?
            
なんだか怪しいビジネスのような前置きとなっちゃいましたがwww
            
実は、その「やせるホルモン」
                
すでにあなたのからだの中にちゃんと備わっているんです。
           
え?
           
と思うでしょ?
             
それもそのはず、普段は使われずにしまってありますから。
              
「そんなもったいないこと~~~!!」
               
と思ったあなたに、その「やせるホルモン」を引き出す方法をお教えしておきますね。
              
その前に・・・
             
あなたは何かを食べる時、何回噛んで飲み込んでいるか、数えたことがありますか?
               
試しに一度数えてみてください。
             
恐ろしく少ないそしゃく回数で飲み込んでいることに気づかれると思います。
(「カレーはドリンク!」という迷言を残したデブタレさんもいましたよね。)
               
同じ物を食べる時、体脂肪率20%台の人は体脂肪率30%台の人のなんと「倍」の回数で噛んでいるという実験結果が出ています。
               
そう、実はこの「良く噛んで食べる」という行為に「やせるホルモン」を引き出す「鍵」があるのです。
               
「良く噛んで食べる」という行為によりただ食事の時間が長くなるだけではなく「唾液」や「胃液」そして下記の3つの「やせるホルモン」が分泌されます。
        
           
【ヒスタミン】消化を促すホルモン
          
【セロトニン】満足感を与えるホルモン
             
【レプチン】食欲を抑えるホルモン
         
              
「良く噛む」ことで、これらの「やせるホルモン」の分泌が促進され満腹中枢を刺激するため、腹八分でも十分に満腹感を感じることができるのです。
             
この「やせるホルモン」をたっぷり分泌させるコツは
           
          
         
            
 
「ひとくちにつき30回以上噛む」
             
            
               
             
               
ということです。
             
実際に私のカウンセリングにおいても、噛む回数を意識して増やしただけで体重や体脂肪が減少した、という例はものすご~~~く多いのです。
             
そういう観点から考えると、野菜や果物も「ジュース」より「固形物」の方がダイエットには有効だということがおわかりいただけると思います。

「でも、つい忘れちゃうのよねー」というあなたに、世界中で言い伝えられている「忘れられないエピソード」をひとつご紹介しておきますね。
           
              
              
19世紀のアメリカに、40代で身長160cm強で体重100kg超級の“フレッチャー”という大富豪がいました。
             
彼はお金持ちで何不自由ない暮らしを送っていましたが、ご覧の通りの肥満体で「病気のデパート」というくらい様々な病気や症状に悩まされていました。
(今で言う「メタボリック症候群」ですね!)
                 
お金にものをいわせて欧米中の名医にかかり、ありとあらゆる医療を受けても良くなりません。
              
困り果てたフレッチャーは、そんな時に田舎の町医者に言われた
           
               
「よく噛んで食べると病気が治るよ」
            
              
というひとことに、ワラにもすがる思いで「食べ物がドロドロになるまで噛む」ということを実行したそうです。
             
すると不思議なことに、肉を初めとする脂っこい食物が嫌になり、野菜や魚中心の食事に嗜好が変わっていったというのです。
                  
結果、どうなったかと言うと・・・
               
「便秘」や「肩こり」「頭痛」などの症状は数日で改善され、なんと4ヶ月後に25kgの減量に成功したそうです。
                 
しかも、その時には全ての症状や病気がキレイになくなっていたというではないですか(!)
               
この“フレッチャーの奇跡”は、後にアメリカの医師ジュエイの本により紹介され「噛み方健康法=フレッチャリズム」として広く世界中に広まっていきました。

             
          
             
どうですか、この話。。。
               
「理由」がわからなければ続かないことでも「理由」を知ってしまえば、しっかりと身につくことってよくあります。
               
あなたも、このフレッチャーのエピソードを頭に刻んで、ぜひ今日から
             
             
            
          
             
「ひとくちにつき30回以上噛む」
           
             
              
            
              
ということを実行して、あなたの中に眠っている「やせるホルモン」を思いっ切り引き出してくださいね☆
             
            
           
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
       
メルマガ登録(無料)はこちら

         
            
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
      
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
    
カウンセリングの詳細はこちら
   
よくある質問はこちら
   
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   
     
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

             
          
   
   

2007年3月22日 (木)

上手くいかない人

                        
 こんにちは!もみいりかです!


 前回お届けした「太る癖チェック」シリーズ
 の最終回「考え方の癖」について
 「全部当てはまる」というお声、結構多かった
 ですねー(笑)
 (初めての方は下記のバックナンバーをご覧
 下さい。)

   バックナンバー「太る癖チェック」
             ↓
  < http://netslim.cocolog-nifty.com/blog/ > 


 やっぱり「癖」って共通しているんだなぁ。。
 と再確認。

 と同時にこんなご質問も頂きました。


 「ダイエット・カウンセリングの体験談には
 いいことばかりが書いてありますが、中には
 上手くいかない人もいるんじゃないですか?」


 う~~~ん、そのマイナス思考こそがまさに
 「太る癖」の極み!!という感じですが(笑)
 まぁ、私もダイエット商品の広告を見る度に
 いつもそう思ってましたから、お気持ちは
 わからなくもないです。


 だからこそ!!私は「情報発信」の手段を
 「メルマガ」という媒体に絞っています。


 私の「信念」や「性格」、そして「やり方」を
 常にリアルタイムにお届けするには「メルマガ」
 という媒体がベストだと思っているからです。
 (1枚のチラシなどでは、到底理解して頂ける
 ものではないので。。。)


 そこで、毎週1回のメルマガで(創刊当初は
 毎日発信してました)1つずつ「ダイエット
 のツボ」をお伝えし続けてきたわけですが、
 それもすでに4年目を迎えようとしています。


 それにより、まず「私自身」を知って頂き
 その考え方ややり方に共鳴して頂いた方が
 カウンセリングを申し込まれればいいと
 思っています。


 逆に言えば、「ラクしてやせたい」とか、「他力
 本願」的な考えの方が、メルマガも読まずに
 カウンセリングを申し込まれた場合、
 「上手くいかない」……ということになるのかも
 しれません。


 前回もお伝えしたように「ダイエット」の
 語源はギリシア語の「diata=生き方」です。


 「ただその場限りの減量」で良ければいくら
 でも手段はありますが、あなたが求めるのが


    「リバウンドのないダイエット」


 であれば、「生き方=生活のしかた」から
 変えていかなければならないのです。


 でも、前回までの「太る癖」を見て頂ければ
 おわかりのようにこれだけの「癖」を変えて
 いくのにはそれなりの「時間」と「努力」は
 必要です。


 つまり、「継続」が最大のコツということ
 になります。


 なので、冒頭の質問の答えを言いますと


 「上手くいかない人も、確かにいます。


 そして、それは


 「継続出来なかった人


 ということになります。


 「何故継続出来なかったか」についての答え
 は前回の「考え方の癖」に全てあります。


 「上手くいかなかった人=継続出来なかった人」
 と全く同じ「体質」「環境」「状況」の人でも
 「考え方の癖」がない人はちゃんと結果が出て
 いるのです。


 では「どれくらいの継続が必要なのか」


 と言うと、理想は私のモットーである「5年先」
 ということになるのですが、それでは気が遠く
 なってしまうでしょうから、まずは「半年」を
 目安にして頂きたいと思います。


 私たちのからだを作っている60~70兆個の
 細胞が全て生まれ変わるのに約200日かかる
 と言われています。
 つまり、ほぼ「半年」ですね。


 「生活のしかた」を変え「体質」を変え2度と
 太らないからだを手に入れるためには、最低でも
 「半年」はかかると思って下さい。


 ただ、車も一番パワーがいるのは「最初の発進
 の時」で、いざ走り出してしまえばそんなに
 パワーはいりません。


 その「最初の発進の時」のお手伝いが出来れば
 という気持ちで、メールでのカウンセリングを
 始めて、気がついたらもう4年目になっちゃって
 ました(笑)


 ということで、今年も間もなく「メルマガ創刊
 記念日」を迎えますが、毎年この時期に行なって
 いる「メルマガ創刊記念キャンペーン」も今年は
 「4周年」ということで、ちょっと早めにそして
 ちょっとビッグに企画したいと思います。


 夏までにしっかりと「太る癖」を改善して


     「すっきりスリムボディ」

     「2度と太らないからだ」


 を手に入れたいと思っているあなた、どうぞこの
 チャンスを活かして下さいね!


 <<<キャンペーンは終了致しました>>>

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら
            ↓
< http://www.netslim.jp/counseling/index.html >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2007年3月15日 (木)

太る癖チェック(考え方編)

                         
 こんにちは!もみいりかです!


 3回に渡りお伝えしてきた「太る癖チェック」
 今回はラストの「考え方の癖」についてです。


 長年ダイエットのカウンセリングをしていると
 「同じ体質」「同じ状況」の人に「同じ指導」
 をしても結果の出方がぜんっぜん違うこと
 って実はよくあります。


 その「差」は「考え方の差」なんですね。


 「○○○をしなければならない」と思う人と
 「○○○さえすればいい」と思う人とでは
 同じアドバイスでも天と地ほど結果が違って
 きます。


 ということで、ダイエットが上手くいかない
 人に共通している「考え方の癖」をいくつか
 挙げてみますのでちょっとチェックしてみて
 下さい。


 〓考え方の癖


       1.「明日から頑張ろう」と思ってる

     2.「目標」が明確でない

     3.「出来ない理由」を探してる

       4.すぐに結果が出ないと嫌になる

     5.新しい物好き

     6.1Kg以内の増減に一喜一憂する

     7.完璧主義

          8.頭でっかちになり過ぎる

     9.常に不安を抱えている

         10.「誰か」が「何か」があなたの
       体重を落としてくれると思っている



 まず1.ですが「今」出来ないことははっきり
 言って「明日」も出来ません。
 逆に言うと、「今出来ること」を探すべきなの
 です。


 そして、2.の「目標」
 これが具体的であればあるほど、あなたの中
 の「やせ力」が働きます。
 逆に、「目標=目的地」がボヤケている人は 
 「現状=現在地」がわかっていない場合が
 多いのです。


 そういう人は、試しに一度ウエストの「実寸」
 を計ってみることをおすすめします。
 (服のサイズがウソだったということをまず
 知って下さい・笑)


 なかなか体重を落とせない人に多いのが3.
  のタイプです。
 これは、以前メルマガでも取り上げたテーマ
 なのでバックナンバー出来ない理由〓
 ご覧下さい。
 きっと言い訳出来なくなります。


 4.と5.に該当する人ほど「ダイエットの
 遠回り」をしてしまいがちです。


 今まで「モノ」に頼って体重を落としてきた
 人ほど結果を焦りがちですが、長年かけて
 作られてきたからだが変わっていくにはそれ
 なりの時間はかかります。


 ………が、時間をかけてリセットしたものは
 その分リバウンドもないのです。
 「肥満=病気」「ダイエット=治療」という
 認識を持って頂きたいと思いますね。


 6.と7.はあなた自身を疲労させてしまい
 ます。


 体重も体脂肪もスルスルと落ちていくもの
 ではありません。
 「3歩進んで2歩下がる」的にジグザグ線を
 描きながら徐々に右下がりになっていくの
 です。
 「過去の体質&習慣」によっては、一時的に
 体重増加する場合だってあります。


 また、「ダイエット」の語源はギリシア語の
 「diata=生き方」です。
 つまり、一時的に行なうものではなく一生続け
 なければいけないものなので、100%か0%
 ではなく、常に70~80%のところを維持する
 ことが成功の秘訣です。
 なので

     「頑張らないダイエット

     「5年先も続けられる方法

 ということが大事なんですね。


 8.と9.には関連性があります。
 情報を集めれば集めるほど混乱&不安を
 招きがち。
 「ダイエット法」には「黒」もあれば「白」
 もある。
 どちらも「正しい解釈」で「正しい実行」を
 していれば成功するのです。


 ………が、ある時は「黒」、ある時は「白」
 といった素人判断のアレンジほど危険な
 ものはありません。


 また、「不安」や「焦り」というマイナスの
 感情は「アドレナリン」という抑制物質を
 分泌させるので、そういう状態ではどんな
 に頑張っても結果は出ません。


 「正しい知識」で選んだ方法を信じて貫く
 ことがダイエットを成功させるコツですね。


 そして、最後の10.がある限りあなたの
 体重が落ちることはないでしょう。


 あなたを太らせたのは他でもないあなた
 自身だということを、まず自覚することが
 大事です。
 そして、何かを変えようと思ったら
 「まず自分が変わる」こと。


 「人のせい」「環境のせい」にしているうち
 は体重も脂肪も増える一方なのです。。。


 以上が、長年ダイエットのカウンセリングを
 してきて出逢った方達に共通する「考え方
 の癖」です。


 何かを成功したければ、それを成功した人
 の「考え方」を真似ることが一番の近道だと
 言われています。


 そんな「成功者」のコメントをまたアップ
 しておりますので、ぜひ下記の「体験談」も
 参考にして下さいね。


       NetSlim体験談〓
             

 3回に渡りお伝えしてきた「太る癖チェック」
 いかがだったでしょうか?


 「これさえ改善すればいい」


 と思えたあなたの体重は必ず落ちます^^

 ぜひ今後も定期的にチェックしてあなたの
 ダイエットの道標にして下さいね。



□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細はこちら
              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

 

2007年3月 8日 (木)

太る癖チェック(生活編)

         
 こんにちは!もみいりかです!


 前回の〓太る癖チェック(食事編)〓
 は参考になりましたでしょうか?


 「なくて七癖」という言葉もあるように
 「癖」というものは自分ではなかなか
 気がつかないものです。


 改めて客観的に自分を見つめ直すこと
 であなたの中に潜む「太る癖」を認識
 して下さいね。


 「正しいダイエット」は「己を知る」こと
 から始まります^^


 ということで、今回お伝えするのは太る人
 に共通する「生活の癖」です。


 〓生活の癖


          1.階段より断然エスカレーター派

          2.何でも手の届く範囲に置いてある   

          3.片付けが苦手

      4.早起きが苦手

          5.夜更かし型

         6.歯磨きは朝と夜のみ

         7.お風呂よりシャワー派

      8.休日はゴロゴロしていることが多い

         9.体重をまめに測らない

      10.いつも同じような服装が多い



 まず1.~3.はもうただひたすら「運動不足」
 ですよね。
 これに当てはまる人は、おそらく1日に1Km
 以上歩くこともないのでは。。。。


 しゃかりきに時間を作ってハードな運動をする
 必要はないので、せめて日常の生活を少~し
 「不便」にしちゃいましょう。


 良く使うものをあえて届きにくいところに置く
 とか、常にこまごまとお掃除をするだけでも
 「毎日のストレッチ」代わりになりますよ。
 (ちなみにうちの「塩こしょう」などは、手を
 伸ばさないと届かないキッチンの「上の棚」に
 置いてあるのです^^)


 「毎日のストレッチ」はカロリー消費には及ばず
 とも筋力UP=基礎代謝UPには充分有効です。


 「やる」と「やらない」とでは半年先のからだ
 が全然違ってきます。


 4.は、前回の「食事の癖」の中の「1.朝ご飯
 を抜きがち」にもつながりますが、「リバウンド
 のないダイエット」で「早起き」や「朝ご飯」が
 いかに重大な役割を果たすか。。。。
 初めての方はぜひバックナンバー
 早起きは三文の徳〓の方でご確認下さい。

 
 ほんの20分の「早起き」があなたのダイエット
 を「劇的に」変えますよ。


 5.と6.は「ダラダラ食い」や「間食」のもと
 となりがちです。


 「間食」はダイエットの大敵ですが、その中でも
 「寝る前3時間の飲食」や「食後の間食(甘食)」
 は、カロリーの大小に関わらず、確実にあなた
 の体重を増やします。


 「遅い時間の飲食」のコワさについては
 バックナンバー理由を知る〓を覧下さい。

 
 「食後の間食(甘食)」の問題点についても前回
 の〓太る癖チェック(食事編)〓でお伝えして
 ますので省略しますね。


 7.と8.は「体内の循環不良」のもととなり
 ます。


 今は「体内の循環不良」が原因の「むくみ」や
 「体重増加」がとても増えています。


 「お風呂に入る」「からだを動かす」というよう
 な行為により、体内の血管やリンパ管の流れ
 は俄然良くなります。


 特に「入浴」は、やり方次第では「エステ」なみ
 の効果を発揮する超オススメ美容法です。


 「シャワー派」から「湯船派」に変えることで
 1週間で体脂肪が3%減ったという方や、美容
 液が必要なくなったという方も。


 「面倒臭いからシャワーだけで。。。」という
 あなたは、とっても損をしているかも。。。。


 また、「50代までは、からだを動かした方が
 疲れがとれる」と言われています。
 「休日のゴロゴロ」は、老廃物をからだに貯め
 込み逆にあなたを疲労させている………という
 ことを覚えておいて下さいね。


 9.は、他でもない「現実逃避」
 「現実逃避」は「デブ道」の入り口です。笑


 1日に何回も体重測定する必要はありませんが
 長いこと体重を測らずにいると万が一「増えて
 いた時」の修正が大変です。


 1~2Kgの増量は、すぐの反省&挽回が可能
 ですが、3Kg以上の増量の場合、それを挽回
 するのはかなり大変です。


 「手遅れ」にならないためには、1日1回は
 体重&体脂肪率を測定することが好ましいです。
 (測定はくれぐれも毎日「同一条件」のもとで
 行なって下さいね。)


 10.もそれに近いものがあります。
 いつも同じような服装では、仮に数Kgやせた
 としても、誰もあなたの変化に気づきません。
 あなた自身も気づかないかもしれません。


 体脂肪1%の減少で、大体おなかまわりが
 1cm減ります。
 3%の減少でマイナス3cm。
 つまり「1サイズダウン」です。
 それはほんのささやかな変化なので、今まで
 と同じ服を着ていたのでは誰も気づいてくれ
 ません。


 すこ~し体重が落ちてきたら、思い切って
 「ワンサイズ小さ目の服」にトライしてみて
 下さい。
 あなたの印象がガラッと変わります。


 まわりの「あら、少しやせた?」という言葉が
 あなたのさらなる原動力となるはずです。


 以上が、太る人に共通する「生活の癖」です。


 思い当たるフシ、ありました?


 もしあったら、今日、今すぐにでもその「癖」
 をなくす努力をして下さいね。


 「明日から。。。。」と思うその考えこそが
 次回お伝えする、太る人特有の「考え方の癖」
 ですよ。笑


 ………ということで、次回は太る人に共通する
 「考え方の癖」についてお伝え致しますので
 お楽しみに。。。。



□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細はこちら
         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2007年3月 2日 (金)

太る癖チェック(食事編)

         
 こんにちは!もみいりかです!


  今日のテーマは「太る癖チェック」です。


 これは、定期的にこのメルマガで行なってる
 ことなんですが、気がつくと前回からもう2年
 近く経っていました。
 (どこが定期的か!?って。笑)


 なので、初めての方も結構多いでしょうね。


 ここに挙げる「太る癖」は、私の20年近くの
 カウンセラー歴の中で実際に「太ってしまった
 人達」の「実態」をリサーチした結果、たどり
 ついたひとつの結論です。


 そう。。。
 「太る」という現象には、実はかなりの共通
 の「癖」があるのです。


 約2年ぶりということで、私の方も改めて
 「太る癖」の見直しをしてみましたので
 初めての方はもちろん、2度目3度目の方
 も再度ご自分の「太る癖」をチェックして
 みて下さいね。


 「太る癖」は、大きく分けて次の3つに分類
 されます。


   1.「食事の癖」

   2.「生活の癖」

   3.「考え方の癖」



 誌面の関係で、いっぺんにお伝えするのは
 難しいので、数回に分けて、それぞれの
 「太る癖」について解説していきたいと
 思います。

 ………ということでまずは「食事の癖」から。


 〓食事の癖〓

   1.朝ご飯を抜きがち


   2.単品メニューが多い

   3.濃い味付けが好き


    4.家の中や職場に「お菓子の保管場所」
     がある


   5.コンビニに良く行く

   6.間食がやめられない  

   7.食後にフルーツやお菓子を食べる 
     習慣がある


     8.20分以内に食べ終わってることが
     多い


      9.TVや雑誌を見ながら食事すること
     が多い  


     10.食卓でくつろぐ習慣がある


 まず、1.~5.は全て6.の「間食がやめ
 られない」につながってきます。

 前回のメルマガ「間食がやめられない」でも
 お伝えしてますが、「間食」の原因は「栄養不足
  による脳みそのストレス」と「間食が出来る環境」
 にあります。


 しかも、それが7.の「食後の間食(甘食)」
 となるとさらに「太る癖」度合いはUPします。


 「食後の間食(甘食)」は、食事で上がった
 血糖値をさらに上げることになり「インスリン」
 の過剰分泌を促します。


 「インスリン」は、血糖値を下げる一方で
 脂肪を蓄積する働きもあるホルモンなので
 「インスリンの過剰分泌」はそのまま体重
 増加へとつながります。


 なので「食後の間食(甘食)」は、その量
 やカロリーに関わらず「太る癖」となって
 しまうのです。


 そして、1.の癖がある方ほど「便秘」の
 傾向が多く見られます。


 「朝ご飯」は、腸をはじめからだのあらゆる
 機能にスイッチを入れる働きがありますので
 「しっかり食べてやせるダイエット」において
 は最重要アイテムとなります。


 また、1日2食は「おすもうさんの食生活」
 と言われるように、吸収率の高い食事法でも
 ありますので、1日3食に分けて、なるべく
 決まった時間帯に食べることが「やせる体内
 環境」を作ります。


 2.と3.は「外食」に多く見られるパターン
 でもあるので、「外食」の多い人は「品数」を
 増やして「回数」を減らす工夫が必要です。


 7.は「早食い」8.と9.は「ながら食い」
 ですね。
 こういうパターンの一番コワいところは
 「本人に自覚がない」ということ。


 脳みそから「満腹指令」が出るのに、大体
 15~20分かかりますから、それまでの
 間にかきこんだ食べ物は、満腹感を感じる
 前にしっかり吸収されてしまいます。


 一方、いつまでもダラダラ食べていたのでは
 食欲にもキリがありません。
 「甘いもの」→「辛いもの」→「甘いもの」
 といった「魔のスパイラル」に陥ってしまい
 ます。


 食べる時は食べることに集中して、食べたら
 さっさと片付ける……というようにメリハリ
 のある食生活を心掛けて下さい。


 さぁ、あなたの太る「食事の癖」は何個あった
 でしょう?


 これらの「太る癖」をまず自覚すること。


 そして、それをなくす努力をしていくことで
 あなたの体重は確実に落ちていきます。


 次回は「生活の癖」についてお伝え致します
 ので、お楽しみに。。。。
 


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細はこちら
          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »