« 夏の「冷え」 | トップページ | 夏のツケ »

2007年8月 6日 (月)

体内時計の修正法

  

 

こんにちは!もみい里香です!





前回の「夏の冷え」に対して、アメリカ在住のクライ
アントさんK.Nさんよりちょっと面白いご報告を
頂きましたので、ご紹介させて頂きますね。



> 先生 お久しぶりです、
> 今回号の配信、考えさせられました。 
> 自律神経です。

> 実は関係ないかもしれないのですが
> 昔大好きだったジェットコースター。 
> 20代のころなんか立て続けに乗って楽しんで
> いました。

> ところがここ何年もずっとのれなかったんです。
> 子供に無理やり誘われて乗ってももう、顔を
> 180度下にしたり目をつむったりと。 
> なのに今年Disneyseaで乗れた。 
> しかも楽しかった。!!

> これはなんなんだ~。 と友人に話をしたら、
> 自律神経がやられていたの? と聞かれました。  
> もしそうだとすると 
> いまは自律神経がやられていない??  
> 先生の指導で治ったのか???  
> その辺はわかりません。 
> もしそうなら、せんせい!ありがとう!!! 
> ジェットコースター再開です。




という、ちょっと驚きのメールでした





ジェットコースターと自律神経の因果関係までは
お勉強してませんが(苦笑)
「生活のしかた」ひとつで自律神経の働きに
違いが出ることだけは確かなようです。





ということで、今回は、その自律神経により動かされて
いる「体内時計」の修正のしかたについてアドバイス
するというお約束でしたね。





自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という
2種類の神経で構成されていて、昼間は交感神経が
夜は副交感神経が優位に働きます。





例えば、「消化」は交感神経、「吸収」は副交感神経
という風にそれぞれ全く逆の作業を交互に受け持ち
うまくバランスを保っているんですね。





そういった体内のリズムが正常に機能していて、
それに沿った生活のしかたをしていれば、努力した
ことがとても効率よくからだに反映されます。
(つまり、体重の落ちもスムーズだということ。)





ところが・・・この体内時計、なんと1日が


「25時間単位」


だって知ってました?





ご存知のように、地球の1日は「24時間単位」
なので、私達のからだと地球のリズムとでは、
毎日1時間くらいの「時差」が生じていることに
なります。





なので、毎日1回体内時計をリセットしてあげなけ
れば、たちまちからだのリズムが狂ってしまい、
体重も落ちにくい状態になってしまうというわけ
なんです。





「体内時計のリセット」





その最も大きな役割を果たすのが「光」です。





現代人の生活は「夜の光が増え、朝の光が減る」
傾向にあり、それで体内時計が狂ってしまう
ケースが多いんだとか。。。。





特に、「朝日」には「睡眠」に関わるホルモンの分泌
を促進する働きがありますので、「朝日を浴びる」と
まず睡眠のサイクルが正常化します。





この効果、朝日に勝るものはないんですって!!
(人工的な照明では代用出来ないそうです。)





そうすると、交感神経と副交感神経のバトンタッチも
スムーズに行なわれるので、体内のリズムも次々と
正常化していくのです。





「暗くなったら寝る」

「明るくなったら起きる」





という、ごくごく当たり前のことが出来ずに





「暗くなっても寝ない」

「明るくなっても起きない」





という人が、今の世の中意外と多いんですよね。。。
(特に「休日」、要注意です!)





そして、「光」とともに重要なのが「体温」です。





からだが冷えると、体内の機能が低下し体内時計も
遅くなると言われています。





体温が1度上昇すると、代謝は約12%UPします。
(ちなみに、免疫力は30%もUPするそうです。)





「からだを温めれば病気は治る」





と断言なさるお医者さまもいらっしゃるくらいです。





じゃあ、体温を上げるのにはどんな方法が。。。?





例えば「運動」ですね。





体温を約1度上げるためには、「ジョギング」なら
約1時間、「ウォーキング」なら約3時間かかります。





あなたは、この炎天下で、これくらいの運動を毎日
続けることが出来ますか?





「・・・・・





ということで(笑)それに代わる「誰でも出来る」方法、
それが





「入浴」





なんです。





もし、ここで「夏はシャワーだけ!」なんて人がいたら
即!!
「入浴=お湯につかる」に切り替えてみてください。





それだけでも、あなたの「体調」「体質」「体重」は
かなり変わってくるはずです。





入浴には、「半身浴」や「反復浴」「温冷交代浴」・・・
などいろ~んな入浴法があり、それぞれ目的も効果も
違いますので、あなたの目的や体質に合った入浴法
を選択することがポイントとなります。
(その辺は個人的なアドバイスになりますので、ここ
では割愛させて頂きます。)





ただ、いずれの入浴法も、体温を上げて体内時計を
正常化させる効果はもちろんのこと
「お湯につかる」ことでその水圧がもたらす「マッサージ
効果」や「循環器系の働きの活性化」そしてリラックス
することによる「ホルモンの分泌」や「免疫力を高める
効果」などなど。。。。

「やせやすい体内環境」まで作ってくれるのです。





「朝日を浴びる」

「お湯につかる」





まずは、こんなシンプルでベーシックなことから始めて
みてください。





「夏の冷え」で狂ってしまった体内時計が正常な働きを
取り戻した時に、きっとあなたの体重にもオドロキの
変化が表れるはずですよ。





メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます


      メルマガ登録(無料)はこちら




□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
 したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
 ご指導いたします。

 「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
 「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
  することを禁じます。

    Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

 


« 夏の「冷え」 | トップページ | 夏のツケ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体内時計の修正法:

« 夏の「冷え」 | トップページ | 夏のツケ »