« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月に作成された記事

2007年9月20日 (木)

要注意食品!!

   
こんにちは!もみいりかです!


天高く馬肥ゆる秋・・・ダイエッターのみなさま
にはいかがお過ごしのことでしょうか。


ダイエット・カウンセリングの中でクライアント
さんの食事内容をチェックしてみると、
この時期必ず登場する「要注意食品」が
あります。


毎年、この時期になると、このメルマガでも
警告を発しているその食品とは


          「サンマ」


です。
今年もスーパーの魚売り場には新鮮な
「生サンマ」が美味しそうに並び始めましたが
この「サンマ」
実は「牛のサーロイン」と殆ど変わらないくらい
高カロリーだということをご存知ですか?


日本糖尿病学会から出版されている
「食品交換表」においても「サンマ」や「サバ」
「イワシ」や「ブリ」といった背の青い「青魚」は


        「脂質の多い魚」


として、その摂取量がセーブされている食品の
ひとつなんです。


このように、ただでさえ高カロリーな食品なんです
が、脂ののる「旬」の時期には、そのカロリーは
さらに2割増しになるんだそうです(!)


   「魚はからだにいいと思ってた!!」


と積極的に魚を食べている方も多いと思いますが
それは全く間違いではありません。


人間より体温の高い「鶏」「豚」「牛」の脂が
私達の体内に入ると冷めて固まってしまいます。


が、人間より体温の低い「魚」の脂は、私達の
体内ではさらさらに溶けてしまうのです。


私は、いつも「食べたあとのお皿」を洗う際に、
お皿に残った脂の状態で「からだにいいか悪いか」
を判断するんですが、やはり前者の脂の方が
お皿にベットリこびりついて落ちにくいので、
「あー、からだの中でもきっとこんな状態なんだ
ろうなぁ・・」と思いながら洗剤いっぱい使って
洗っています(苦笑)


実際に、「週に2回以上魚を食べる」人の「生活
習慣病の発症率」は、そうでない人の半分以下
にまで下がるというデータもあるんですよね。


また、「青魚」には、「DHA」や「EPA」と
いった必須脂肪酸や「コエンザイム」という酵素
や「ビタミンB群」・・・など体内の代謝や脂肪
燃焼を促すダイエット上有効な成分も多く含まれ
ます。


なので、「青魚」は「適量」であればとり入れて
頂きたい食品でもあるのです。


つまり、「とり過ぎず、控え過ぎず」がポイント
となるわけですね。


………ということで、今日は、そんな「青魚」の
上手な食べ方をお教えしておきたいと思います。


例えば、同じ「青魚」でも網で焼いて脂を落とすと
生の状態よりも約7~10%のカロリーダウンと
なります。
(ただし「塩分」のとり過ぎは、むくみや体重増加
につながりますので気をつけて!)


逆に、「パン粉」や「油」を使った「香草焼き」や
「フライ」などは、一気にカロリーアップしてしまい
ますので絶対にタブーですね。


あと、「かぼす」や「すだち」などの「柑橘系」に
含まれる「クエン酸」には、脂質の吸収を抑える
働きがありますので、脂ののった魚ほど、食べる
前に必ずそれらをたっぷり絞って振りかけて下さい。


そういう意味では、焼き魚には「お醤油」よりも
「ポン酢」の方がおすすめですね。


いかがでしょう?


すでに、あなたの周りの「やせている人」は
実行済みのことではないでしょうか?


以上のアドバイスを参考に、この季節の
「要注意食品」と上手に付き合って下さいね!



なるほど~!!と思ったらダイエットランキング
応援してね!
  

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2007年9月13日 (木)

体内パトロール

   

  
  
こんにちは!もみいりかです!


 


いよいよ「食欲の秋」到来、、、、ですが、英語でよく使われる




            You are what you eat.




という言葉をご存知でしょうか?

直訳すれば




        「あなたはあなたが食べるものである」




となりますが、私は




        「あなたの食べたものがあなたを作る」




という風に解釈しています。





なんだかんだ言っても、あなたのからだが「あなたの食べたもの」
で作られているということは紛れもない事実なんですから。




自分の食べたものが自分のからだにどう作用しているのか……
ちょっと興味ありますよね。




それを的確に知る手っ取り早い方法がひとつあるんです。

それは




                「お通じ」




です。

「お通じ」は、口から入れたものがからだの中を通過しながら
いろんな臓器で処置を施され、その「集大成=作品」として
表に出されるもの………ですよね?




つまり、その「作品」を見た時に、からだの中の環境や機能が
手に取るようにわかる、、、
彦麻呂風に言えば「体内パトロールやぁ~!」ということに
なります。笑(海外の方、意味不明ですね、スミマセン!!)




それでは、どういう状態が「理想的なお通じ」なのかと言いますと




        【回数】 食べた回数だけ出る
              最低でも1日1回

        【色】   茶系
              または黄色~緑がかった茶色

        【形状】 バナナ状、もしくは粘土状
              密度が詰まり過ぎず
              水に浮くような感じ

        【臭い】  あまりない





という感じです。
(ただし、これは当方の過去の統計による「ダイエットに成功した
人」のお通じの平均的なデータとなります。)




これをベースに日々の「お通じ」をチェックしてみると




「回数や量が少ない」
  ↓
「便のもと(炭水化物)不足かな?」
  ↓
「もっとしっかりご飯を食べないと」


とか


「色が濃い」
  ↓
「脂分のとり過ぎかな?」
  ↓
「脂っこいものを控えなくっちゃ」


とか


「コロコロしてる」
  ↓
「水分不足かな?」
  ↓
「そう言えば最近お水飲んでないな」


とか


「匂いが強い」
  ↓
「お肉の食べ過ぎかな?」
  ↓
「ちゃんと野菜も食べよう」


とか・・・・





というように、「お通じ」がとても忠実に体内の情報を伝えてくれる
ので、日々の食生活を顧みる絶好の反省材料となるのです。
※上記のQ&Aは、結構「深い」んですよ~!





そんな優秀な「体内パトロール」を一瞬で水に流してしまうのではなく
そこからちゃ~んと「情報」を得て、このあとの「食べるもの」に気を
配って下さいね!




           You are what you eat.




なのですから・・・・(^_-)-☆

   

  
  
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら            

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2007年9月 6日 (木)

体型の曲がり角

   
こんにちは!もみいりかです!


9月に入り少し暑さも落ち着いてくると、夏の
紫外線によるお肌のダメージが気になる………
なんて方も多いんじゃないでしょうか。


昔は「お肌の曲がり角」は「25歳」と言われて
いたものですが、最近は環境汚染や食生活の変化
ストレス社会………などの影響で「曲がり角」の
時期も随分早まってきているみたいですね。


その「曲がり角」、、、実は「お肌」だけでなく
「体型」にもあるっていうことをご存知でした?


「ヒップウォーカー」などのメガヒット商品を
開発した「ワコール人間科学研究所」が数年前
に公表したデータに、その答えがバッチリ出て
いるんです。


それは、1950年代生まれの女性約200人の
体型を10代から約40年間追跡調査した結果を
まとめたものなんですが、それによると


「37~39歳が女性の体型の最大の曲がり角」


という結論に達するんだそうです。


私の過去のダイエット・カウンセリングで得られた
統計でも、確かに、女性の場合


「体重が増える時期」

「体型が大きく変わる時期」


が人生の中で最低「3回」あるようです。


まずは、思春期の「16~18歳」の頃。


生理が始まってしばらくすると、女性ホルモンの
関係で、一時的にぽっちゃりしちゃう傾向が多く
見られます。


現に私自身も、この頃人生の最高体重を記録して
います。


2度目のポイントは「24~26歳」です。


このポイントには、かなりの個人差がありますが
多くの女性が「妊娠」「出産」「授乳」「断乳」
を経験する時期で、ホルモンバランスや生活習慣
の変化により体重を増やしてしまいがちです。


そして、問題の「曲がり角」が3度目のポイント
「37~39歳」なのです。


この時期は女性ホルモンの分泌が減り始め、腹部を
中心に脂肪がつきやすくなり、バランスも下へ下へ
と下がっていきます。


そして、前述の「ワコール人間科学研究所」の発表
の中で最も注目すべきは


「その時期の生活習慣が、その後の体型の鍵を握る」


という結論です。


同研究所によると、上記の女性200人を「体型別」
に分類して体型の変化を調査したところ、
そのポイント地点での


「運動量と食事量のバランス」

「間食」

「グルメ志向」


といった日々の「生活のしかた」の違いが大きな
分かれ道になっているそうです。


要するに、女性にとって体重や体型の変化を迎える
「3回のポイント地点」でどのように過ごすかに
よって、その後の人生の体型が決定づけられる、、
ということですね。


ただ、、、、
私の統計によると、実はもう1つ大きな「ポイント
地点=ヤマ場」があります。


それは「更年期」です。


一般的に、閉経の前後10年間を「更年期」と呼び
ますが、今まで分泌していた女性ホルモンが分泌
しなくなることで、女性のからだは驚くほど様々な
弊害をこうむることになります。


もちろん、これにも個人差はありますが

「今まで太ったことがない」

という人でも平気で5~10Kg増えたりするのが
この時期なのです。


あなたが今どのポイントのハザマにいるのか。

もしくは、今まさにそのポイント地点なのか。

そして今何をすべきなのか。。。。


今一度、じっくりと確認してみて下さいね。

   

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら
            ↓
< http://www.netslim.jp/counseling/index.html >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »