« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月に作成された記事

2007年10月26日 (金)

りかマジック

   
こんにちは!もみいりかです!


え~、まずは、当カウンセリングの「体験談」を
UPしました~。


このメルマガでも数回ご紹介した「素敵な60代」
のY.Mさんをはじめ最近卒業されたクライアント
さんのコメントを数件ご紹介してますので、ぜひ
のぞいてみて下さいね。


カウンセリングをお申し込みされる方の中には

「ずーっと申し込みを迷っていました。」

なんて方も多いようですが「百聞は一見にしかず」
と言いますので、ぜひ実際に結果を出された方達
の「生のお声」を参考にして頂きたいと思います。
(全て原文のまま、ですので。)


私がダイエットのカウンセリングを続けてきた中
で常にモットーとしていることは、このメルマガ
のヘッダーにも掲げているように


頑張らないダイエット

5年先も続けられる方法


ということです。

20年近くものあいだ、多くのダイエッター達が
リバウンドを繰り返している現実を目の当たりに
してきた結果「最後のダイエット」を成功させる
ためにはこの2つの要素が必要不可欠である、と
いう結論に到達したのです。


そして、今までの「生活のしかた」が今のからだ
を作っている以上、今のからだを変えるためには
今までの「生活のしかた」を変えることが
「必須科目」となります。


残念ながら、これを避けて通ることは出来ません。


逆に言うと、これを避けて「ただ目先の体重だけ
を落としてきた人達」が、リバウンドを繰り返し
自分で自分のからだを年々やせにくくしています。


体重が増える原因には「生活のしかた」のみならず
年齢が影響する自然現象的なものもありますので
「生活改善」に着手するのは、1年でも1日でも
早い方がいいんです。


………が、今までの「生活のしかた」のレベルに
応じて、その改善にはそれなりの「努力」と「時間」
が必要となります。


その「努力」が「汗水流さないといけない」ような
ものだと


頑張らないダイエット

5年先も続けられる方法


にはならないんですよね。

そこで、なるべくそういうハードルを感じさせない
ワザが、私のカウンセリングにはあるんです。

そのひとつが


       「タイミングのワザ


です。

「いつ」「どの段階で」「どういったノウハウ」
を提供するか・・・によって、結果は全く違った
ものになります。


これは、実際に、長いあいだカウンセリングを
行ないながら身につけてきたワザなんですが
同じ内容のことでも


 ■ カウンセリングの初期の段階

 ■ ある程度からだに変化が表れた段階

 ■ かなり体重が落ちた段階


の、どの段階でアドバイスするかによって、受け手
の感じ方や取り組み方には予想以上の大きな「差」
が生じてしまうんですよね。


例えば、カウンセリングの前半部分では私は殆ど
「アレやっちゃダメ」「コレやっちゃダメ」と
いった「ダメ出し」をしません。
(余程目にあまること以外は。)


新しい「生活のしかた」を提案することで無意識の
うちにそれが「太る生活のしかた」に上書きされて
いけば、それが一番望ましいと考えるからなんです。

例えば、


「気がついたら間食が減っていました!」


みたいな・・・・。


これこそが、クライアントさん達からよく言われる
りかマジック」という現象ですね(笑)


また、カウンセリングが始まってすぐに


「あなたにはカロリー計算が必要です。」

「今すぐカロリーブックを用意して、今日から
このカロリーの範囲内で食事をして下さい。」


というアドバイスをしたとしても、まず結果は
出せません。
というか、実行出来る人の方が少ないでしょう。


………が、ある程度体重を落としてあげたあとで


「自分がいつも何気に食べているものって、一体
どれくらいのカロリーになるのか、試しにちょっと
計算してみる?」


というノリでアドバイスすると、せっかく落とした
体重とすっかり変身したボディを元に戻したくない
という心理が強く働きますので


「カロリー計算でも運動でも何でも来ーいっ!!」


みたいな態勢で臨んで頂けるのです。
そりゃもう「別人か?」というくらい(笑)


その辺の「タイミングの見極め」が、


頑張らないダイエット

5年先も続けられる方法


へとつながりますし、あなたのダイエットを
「最後のダイエット」に出来るかどうかの
最大のポイントとなる、と言っても過言では
ないでしょう。

 
「自分一人でのダイエット」に限界を感じている
あなた、、、、

一度この「りかマジック」を体験してみる価値は
あるかもしれませんよ^^



なるほど~!!と思ったらダイエットランキング
応援して下さいね!   

  
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

2007年10月18日 (木)

驚異のお腹引き締め術

  




こんにちは!もみい里香です!








ダイエットカウンセリングの最初の体質チェックで
「今一番気になる部分は?」という質問に対して
最も多い回答は「お腹周り」です。








そして、以前ある水着メーカーが行った

「水着を選ぶ際に最も重視するポイントは?」

というアンケートで堂々の1位に輝いた回答も
「デザイン」でも「色」でもなく、なんと

「お腹周りが目立たないこと」

でした。








それだけ多くの女性(男性も?)がお腹周りに
悩みを抱えているってことですよね。








確かに、お腹周りはお洋服のサイズを決定しますし
そこがたっぷりしていたのでは、どんなお洋服も
カッコよく着こなすことができません。








そんな万人の悩みの種のお腹周りですが、実は
引き締めるのも意外と簡単なんです。








お腹周りを引き締めるのに最も効果的な方法は
ズバリ!「腹筋(運動)」です。



「そんなベタな~~~!!」



と思われるかもしれませんが、例えば・・・
「朝&晩トータルで1日200回の腹筋」を毎日続けた
方は、2ヶ月間でお腹がペタンコになっただけでなく
なんと「腹筋が割れる」までの変化を遂げられました。

ね、意外と単純でしょ?笑








でも、ダイエッターさんの中には

「腹筋、一回もできませ~ん(T_T)」

なんて方もいらっしゃいます。

そんな人が無理に腹筋運動を始めてしまうと、腰を
痛めてしまうのがオチです。








そこで、今日は、どんな人でも実践できて、かつ効果
バツグン!!の



「驚異のお腹引き締め術」



をご紹介しますね。

そのヒントは下記のあるクライアントさんからのメール
にあります。



> 今日は我ながらちょっと驚いたことがありましたので
> お知らせしておきます。
>
> 実は私、今年の春からある食品メーカーの研究室に
> 勤務しているんですが、そこは仕事の性質上とても
> 静かな空間で、物音ひとつ立てるのにも気がひける
> ような環境なんです。
>
> しかも、女性は私ひとり。
>
> そこで私が最も困ったこと・・・・
>
> それは「お腹の鳴る音」なんです。
>
> お昼近くや夕方になると強烈にお腹が空くんですが
> あまりにも部屋が静かなので
> いつお腹が「ぐ~~~~~っ」と鳴るか
> ヒヤ汗もんなんです。
>
> そこで、お腹が鳴らないように常にお腹の筋肉に
> 力を入れてお腹を引っ込めておく癖がついて
> しまいました。
>
> そうすれば少しは危険を回避できるので・・・
>
> そんなことを2~3ヶ月は続けていたでしょうか。
> 先日、どうもスカートがゆるい気がして
> ウエストのサイズを測ってみてビックリ!!
>
> なんと、配属前より5cmも細くなっているでは
> ないですか!!
>
> これと言って食事制限や運動をやってるわけでは
> ないので、思い当たるのは、この
> 「お腹を引っ込めておく癖」
> しかありません。
>
> 毎日の積み重ねでホントに体型が変わるんだなぁ
> ということを身を持って実感しましたので
> ご報告させていただきました。

                      (E.Sさん)



いかがでしょう?

ちょっと驚きのエピソードでしょう?

でも、そんなちょっとした努力でも、毎日続けると
からだはちゃ~んと変わってくれるんですよね。








あなたも、まずは今日現在のお腹周りのサイズを
測っておいて、早速「お腹を引っ込めておく癖」を
つけてみてください。

半年後・・・

あなたのお腹周りはどうなっているでしょう。笑








メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます


     メルマガ登録(無料)はこちら




□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「よくある質問」はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。

Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.



2007年10月12日 (金)

カウンセリング入門

   
こんにちは!もみいりかです!


今日は、今現在「ダイエット・カウンセリング」
を進行中の御二方のメールを一部ご紹介したい
と思います。


まずは、スタート半月目の方です。


> もみいさんのメルマガもそうなのですが、
> 現在までのカウンセリングの内容も毎回
> 「目からウロコ」な話が多いのでビックリ
> しています!
>
> 正直、ちゃんと毎食カロリー計算をしないと
> いけないのかな、とか
> 無理して頑張らないと出来ないことを要求
> されるのではないかと、心配していました。
>
> 今までの思い込みが、良い意味でどんどん
> 崩されていくのでメールが届くのが楽しみに
> なってきています。
>
>        (中略)
>
> 自分でもまさかこんなに変化が出るとは思い
> ませんでした。
>
> 母は、今は少しずつ変化しているのを見て、
> 多少興味を持つようになってきました。
         (Y.Kさん 島根県 30歳女性)


そして、次はスタート1ヶ月目の方です。


> ●●●●●●始めてまだ1週間ぐらいですが
> 主人が「お尻が小さくなった?」と聞いて
> きたので、効果出てる~と嬉しくなりました。
>
> また、太ももにもものすご~く狭いのですが
> 隙間がでてきたようです。
> 今までやってきたことは何だったんだろう?
> って思います。
>
> たったこれだけ(失礼ですが)の事を続ける
> だけで、何かしら結果が出る事に驚いています。
>
> それがいい方向に向いているようで、積極的に
> 何かしてみようという気力のようなものが出て
> きています。
>
> 独りよがりでやっていても限界があるんで
> しょうね。
         (Y.Nさん 大阪府 44歳女性)


と、この2件はたまたま昨日のカウンセリングに
向けて頂いたメールなんですが、こういう感想を
抱かれる方というのは、実はすごく多いんです。


「こんなことでいいの?」
とか
「不思議と体重が落ちています。」
とか


結構、「拍子抜け系」「きつねにつままれ系」
の感想。。。。(笑)


やっぱ「カウンセリング」と聞くと

「思いっ切り鍛えられる!!」

みたいな先入観や気構えが、みなさん、どっかに
あるんでしょうかね(苦笑)


でもね、体重を落とすことって、そんなに難しい
ことではないんです。


――――― 原因あっての結果 ―――――


これは、私達カウンセラーの合言葉だったんです
けど、、、、

例えば、体重が増えるという現象は


「からだから発せられる1つのSOS」


だと私は思っているんです。


「ちゃんとした生活のしかた」が出来ていれば
からだが本来持っている代謝機能が正常に働き
ますので、必要以上に体重が増えることはない
はずなんです。


ただ、「ちゃんとした生活のしかた」っていう
ものが一体どんなものなのか???
が、わからなくなってしまっている人が多いん
じゃないかなーーーーって思います。


私も、多くの方の「生態」を観察してきた結果
だんだんとそれがわかってきたわけなんです
けど。


当カウンセリングではそんな「当たり前のこと」
を1つ1つお教えしています。


なので、「短期間での劇的な変化」というのは
望めませんが、1滴の水が岩の形を変えていく
ように、着々と確実に体重や体質を変えていき
ます。


それが、上記のような感想につながるんだと
思います。

これこそがまさに私の追求する


頑張らないダイエット


なんですよね。


これまで数々の「かわいがり」にダイエット疲労
を起こしているあなた。。。

一度、うちの部屋に入門してみます?(笑)




なるほど~!!と思ったらダイエットランキング
応援して下さいね!

  
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ダイエット・カウンセリングのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「個別カウンセリング」の詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »