« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された記事

2007年11月15日 (木)

知ってるつもり―Part2―

  
こんにちは!もみいりかです!


「基本的なことを知らずにダイエットに失敗してる
人」もいれば、「知ってるつもりで失敗してる人」
もいる、、、ということで、前回は「ヨーグルト」
と「ヤクルト」についてお話させて頂きました。
(読んでない方はこちらをどうぞ)


あ、でも、これはあくまでも「体重が落ちにくい」
という話であって「ヨーグルト」や「ヤクルト」
に問題がある、という話ではありませんので
念のため・・・・。


そんな「知ってるつもり」で、失敗しがちなものが
他にもあります。
それは


野菜の食べ過ぎ


なんです。
いえ、基本的に、野菜はいくら食べても食べ過ぎ
ということはないので、ダイエット・カウンセリング
でもどんどん食べて頂いてるんですよ。


ただ、中には例外的に「食べ過ぎると太る」
という野菜もある、ってこと知っといて下さい。
例えば、、、、


 イモ類
 レンコン
 とうもろこし
 かぼちゃ


なんかがそうですね。
これらは一応「野菜」なんですが、でんぷん質
を多く含みますので、大量に食べる場合は
「炭水化物」と同じ扱いになるんです。
つまり、「主食」ですね。


なので、ご飯を食べて、さらにイモやかぼちゃ
をがっつり食べる・・・・なんて行為は、ご飯を
おかわりするのに近いものがあるわけです。


「ポテトサラダ」を「サラダ」だと思って安心
して食べてる人もいますが、これなんかは
「炭水化物」プラス「マヨネーズ(脂質)」
ですから、そのカロリーは豚の生姜焼き
2~3枚分くらいになってしまうんですよね。


また、これらの野菜は、血糖値の上昇率を
表す「GI値」も高いので、食べ過ぎると


 血糖値の上昇
   ↓
 インスリンの過剰分泌
   ↓
 脂肪細胞の蓄積
   ↓
 体重が増える


というスパイラルにはまってしまうわけです。

そういう点では


 にんじん
 切り干し大根


も上記の野菜の仲間入りとなります。

あと、意外と


「果物はいくら食べても太らない」


と思ってる人も多いんですが、果物にも砂糖の
原料でもある「果糖」という糖分がちゃ~んと
含まれていますので、食べ過ぎはやはり体重の
増加につながります。


ちなみに、果物の中でカロリーが高いのは


 バナナ
 マンゴー
 ぶどう
 柿


などですね。


これが「ドライフルーツ」となると、さらに砂糖
が加えてあったりして、カロリーは3~5倍に
跳ね上がり、100gでハンバーガー1個分
くらいになってしまいます。


いかがでしょう?


「知ってるつもり」で実は知らなかったーー!!


なんてことも結構あったりしませんか?


2回に渡りお届けしました「知ってるつもり」の
アレコレ・・・・。


お教えしたいことはまだまだい~~っぱいあります
が、キリがないので(笑)
「もっと知りたい!」とか
「私、勘違いしてない?」と心配な方は
ダイエット・カウンセリング」の方へどうぞ!


そちらでは、お一人お一人の「生活のしかた」の中
にひそむ「知ってるつもり」を1つずつ指摘&軌道
修正していくことで「りかマジック」にかけていき
ますので。。。。(-_☆)キラーン!
  


なるほど~!!と思ったらダイエットランキング
応援して下さいね!

  
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細は
 こちら
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

  

2007年11月 8日 (木)

知ってるつもり―Part1―

  
こんにちは!もみいりかです!


前回のメルマガ「女性のダイエットの基本」で
「基本的なことを知らずに悩んでいる人が多い」
ってお話をしましたが、「知ってるつもり」で失敗
しちゃってる人もこれまた結構多いんですよね。


例えば、「ヨーグルトは美容にいい。」と毎日の
ようにせっせとヨーグルトを食べてるダイエッター
さんがいます。


確かに(日本人の場合は特に)消化酵素の関係で
乳製品を食べるとお腹がゆるくなりがちなので
それを「お通じにいい」と勘違いしている人も
多いようです。
(ちなみに、ある内視鏡の権威によると、乳製品
を毎日のようにとり入れている人の腸内環境って
本当に悪いんだそうです!)


………が、ヨーグルトをはじめとする乳製品には
「乳糖」という糖分や「乳脂肪分」という脂肪分
が含まれていますので、たま~に食べる分には
いいですが、毎日のこととなるとそのカロリーも
馬鹿になりません。


「カップ一杯のヨーグルト」でも、ウォーキング
で消費するのには30分以上かかります。
(ダイエットの達人やダイエット指導のお医者様
などは、その辺をよ~~~くご存知です。)


同じことが「乳酸菌飲料」にも言えます。


例えば、便秘予防に毎朝「ヤクルト」を飲んでる
なんていうダイエッターさんもいますが、その
主成分は、病院で低血糖の患者さんに使われる
のと同じ「ブドウ糖液糖」です。


なので、あんなに可愛い容器なのにそのカロリー
は、1本(65cc)あたり50kcal・・・・と
かなりパンチがあります(笑)


栄養不足の人に、手っ取り早くエネルギーを補給
するための医療用のドリンクが1ccで1kcal
ですから、それにほぼ匹敵するくらいのカロリー
だということになりますね。


カロリーもさることながら、これだけの糖分を
摂取することで血糖値もはね上がりますので
その分インスリンも余分に分泌されます。


インスリンは血糖値の上昇を抑えるホルモンで
ある一方で、脂肪を蓄積するホルモンでもある
ので、その過剰分泌はそのまま体重増加につな
がりかねません。


商品自体の良し悪しは別としても、少なくとも
「体重を落としたい人」が毎日とり入れるもの
ではなさそうですね。。。


「便秘対策に乳酸菌」を、というダイエッター
のみなさんなら、ぬか漬けや味噌や納豆などの
「発酵食品」をとり入れた方がベターです。
(特に、日本人の持つ消化酵素にはそちらの方
が断然適しています。)


ちなみに、「乳製品=カルシウム源」と思ってる
人も多いかと思いますが、100gあたりの
カルシウムの含有量も、牛乳が100mgなのに
対し、ひじきが1,400mg、煮干が2,200
mg………というように「小魚」や「海藻類」の
方がはるかに多いんです。


このように「知ってるつもり」でとり入れている
ことが「実は、間違い」だった場合


「こんなに頑張っているのに体重が落ちない」


なんてことになってしまうわけですね。


あなたのダイエット、「知ってるつもり」で
「骨折り損のくたびれもうけ」になってませんか?
 


なるほど~!!と思ったらダイエットランキング
応援して下さいね!

  
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細は
 こちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »