« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年4月に作成された記事

2008年4月17日 (木)

空腹感が大事

            
                               
               

この記事は加筆修正のうえ[こちら]に再掲しております。

             
                

2008年4月11日 (金)

しなくていい失敗

  
こんにちは!もみいりかです!


かれこれ、もう丸4年、このメルマガを通して
「ダイエットのツボ」をお伝えしてるんですが
何が嬉しいって・・・・


「メルマガに書いてあることを実践しただけで
○Kgやせました。」


なんてご報告を頂く時ですねー。
思わずパソコンの画面から飛び出して行って
抱きしめたくなるくらい(笑)嬉しいです。


カウンセリング料をお支払い頂いてるクライアント
さんの手前、無料でお出し出来る情報には限りが
あるんですが、それでもそれをしっかり実行して
ちゃ~んと結果を出して下さってる・・・・って
ことですもんね!

頑張って下さいね~~~♪\(^∀^)/♪フレー!
(あ、「頑張らないダイエット」でした。)


そんな愛しきダイエッターの皆さんに、この場で
お伝えしたいのは「正しい基礎知識」なんです。


かと言って、難しいことじゃなくて。


「大事なこと」をわかりやすい言葉でお伝えする
ということを心掛けています。


何故ならば・・・・「よくわかってない」って
だけで「しなくていい失敗」をしている人が
すっっごく多いんですよ。


例えば、「基礎代謝」という言葉。


最近は「体組成計」の普及により、体重や体脂肪率
だけじゃなく、筋肉量や内臓脂肪レベルや基礎代謝
量などなど・・・いろんなデータを手に入れること
が出来ますよね。(求める求めないに関わらず)


・・・が、それゆえにかえって混乱しちゃってる人
も多いんじゃ?


「体重は減ったけど体脂肪がなかなか落ちない」
とか
「運動も頑張ってるのに基礎代謝が落ちてしまった」


なんてヘコんでる人、いませんか?


実は、この体組成計に表示される「基礎代謝量」と
やせやすさの基準となる「基礎代謝」は、決して
イコールではないのです。


体組成計に表示される体内の体組成データは全て
からだの電気抵抗をはかることで推測された
「体脂肪率」がベースになっています。


この体脂肪率についても、よくわかってなくて
損をしている人が多いので、「あたし?」と思った
人はぜひ下記のバックナンバーをご覧下さい。


    バックナンバー〓三種の神器〓
          

「基礎代謝量」は、そんな体脂肪率をもとに割り
出された筋肉量や、性別・年齢・体重・身長別の
「基準値」を当てはめて算出されるもので
私でも今ここで計算出来ます。笑


つまり、同じ身長&年齢であれば、体重の多い人
の方が「基礎代謝量」が多く表示される可能性が
高い、ってことです。


この数値が大きいからと言って「やせやすい」って
ことにはならない、でしょ?
(体組成計に表示される「基礎代謝量」を上げたい
と思えば体重を増やせばいいのです。笑)


そして、忘れてならないのが、体組成計のデータは
全て「その日の電気抵抗値」に左右される、という
ことですね。


「体内の水分量」や「測定時間」や「皮膚の湿度」
「機械の種類」・・・いろんなものに影響されます
ので、


「昨日より代謝が落ちてる!?」
とか
「お風呂に入ったら代謝が悪くなった!?」


なんてわけのワカラナイ状態に一喜一憂しちゃう
んですよね。


ちなみに、本当の(?)「基礎代謝量」は、本来
専門機関にて特殊な機械を使って1日がかりで
ベッドの上で測定します。


ただし、体組成計のデータも「全く何の根拠もない」
というものではありませんので、すでに体組成計を
お持ちの方は


   「基礎代謝量」=「摂取カロリーの目安」


という風に活用して頂ければ問題ないでしょう。
くれぐれも


     「機械の数字」=「やせやすさ」


ではない、ということを頭に入れておいて下さい。


このように「正しい基礎知識」をもってダイエット
に臨むことが、あなたの「しなくていい失敗」を
防ぐことになります。


今後も、そんな知識の数々を、私の引き出しから
引っ張り出して、わかりやす~くお伝えしていき
ますので、しっかり活用して下さいね!



なるほど~!!と思ったらダイエットランキング
応援して下さいね!

 
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエット・カウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「美容カウンセラーもみいりか」が、体質を
 きっちりと分析したうえで、あなたに合った
 やせ方をメールでご指導致します。

 「ダイエット・カウンセリング」の詳細は
 こちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ このマガジンの掲載記事を無断で、転載
   使用することを禁じます。

 Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »