« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月に作成された記事

2009年4月10日 (金)

「ノンカロリー」の罠

   



こんにちは!もみい里香です!





自分のライフワークを「美容&健康」から「ダイエット」
という分野に特化して、もう10年近くになろうとして
ますが、そんな私の周りですら!!
開き直って「デ部」というクラブを結成してるツワモノ
の友人が若干名います。笑





彼らいわく、
今さら身内(?)にお金を払ってカウンセリングを受ける
のもなんだかなぁ・・・・だそうで。
かと言って、タダで教えてあげたノウハウは全く有難み
が薄いらしく・・・・
カウンセリングでお教えしていることとおんなじことを
アドバイスしてあげても全然身に入らないみたい。
(ま、私も真剣にアドバイスはしませんけどねwww)





「お金を払って情報を得る」ってことは、こんなところに
意外な効能があるんだわ・・・
と改めて再確認させられたりして。笑





そんなデ部には、部長も副部長もいますし(書記も!)
不定期に「部会」と称して、私の目の前で
「美味しいもの自慢大会」を繰り広げたりしています。





かく言う私も、もともとはデ部出身なので(笑)
口を出しつつ、手も出したりしてるわけなんですが。。。





そんな彼らは、ある意味、私の仕事において重要な
「観察材料」にもなっているんです。
(これ、読んでたら怒られそうだなーー^^;)





彼らを見ていると、太っている人には、太るべくして太る
独自のセオリー





「デ部の常識」





が存在している、ってことがよくわかります。





「カレーはのどごし」とか「野菜は飾り」とか「スイーツは
別腹」とか・・・
数え上げたらキリがないんですが。





ただ、その中に


「これはデ部でなくても勘違いしてる人、多いかも・・」


と思われるポイントもありましたので、今日はそれに
ついて少しアドバイスしておきますね。

それは





「ノンカロリー食品」





について、なんです。

世の中健康ブームということで、飲み物からお菓子
に至るまで「ノンカロリー」や「ゼロカロリー」を謳った
ものが続々と登場しています。

「デ部の常識」によると、





「ノンカロリーだからいくら食べても太らないでしょ。」





ってことになるわけですが、、、、

まさか、当メルマガ読者のみなさんは、そんなことで
ダマされてませんよね????





甘い飲み物や甘いお菓子に「ノンカロリー」と表示して
あるのは、お砂糖の代わりに「人工甘味料」が使われ
ているから・・・ということは、もうみなさんご存知だと
思いますが、健康増進法という法律の中の「栄養表示
基準」では





■100g(ml)あたり5kcal未満→ノンカロリー

■100g(ml)あたり20kcal未満→低カロリー
               (もしくはカロリーオフ)





というガイドラインが定められています。

これはつまり・・・
500mlのペットボトル1本にスティックシュガー2本分
(6g24kcal)の砂糖が入っていても「ノンカロリー」
と表示してもいい、ということなんですね。





そう、
「ノンカロリー」と表示してあっても、それは必ずしも
「0kcal」というわけではない、ってことを
わかっておかなければ大変なことになってしまいます。





たったそれくらいのカロリー・・・と思うなかれ!!

アメリカでは、ダイエット飲料を飲み過ぎて肥満に
なった人が、メーカーを訴えて勝訴した例もあるくらい
なんですから。





「チリも積もれば・・・」じゃないですが、コワいのは
カロリーだけではありません。





「ノンカロリー食品」に使われている人工甘味料の
長期摂取による人体への影響(催奇形や発ガン性
など)や代謝サイクルへの影響(むくみなど)の有無
もまだ定かではありません。





そしてなによりも・・・
人工甘味料でカロリーは抑えられても「甘味中毒」
の癖が抜けません。
いつまでもからだが「甘いもの」を欲しがるのです。





「ダイエット」イコール「カロリー」だけの問題ではない





ということをわかっておいて頂きたいですね。





こういった「ノンカロリーの罠」は、ダイエットフーズ
や健康飲料などにも潜んでいますので、デ部部員
のあなたも、そうでない人も、





「ノンカロリーだから、いくら食べても(飲んでも)
 大丈夫!!」





なんて間違った常識は即捨てて、「正しい食生活」で
一日も早く「ヤセ部」の仲間入りを果たして頂きたい
と思いマス(v^ー°)





メルマガ登録して頂きますと、読者限定の
お得な情報がいち早くお手元に届きます


   メルマガ登録(無料)はこちら




□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。
  Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.


 

2009年4月 3日 (金)

フラットなお腹を作るには


  

こんにちは!もみい里香です!





桜前線が北上する中、長い冬のあいだ体型を
隠してくれていたコートやジャケットを、1枚
そしてまた1枚・・・と脱ぎ捨てなければならない
季節が、今年もやってきましたね。笑





今月末には、待ちに待ったゴールデンウィークも
控えてイロイロとお出掛けの予定も計画中のこと
と思いますが「ボディの衣替え」は万全ですか?





久し振りにTシャツ&ジーンズに着替えてみたら
お腹の周りに「浮き輪」が~~~~●□▼※
なんてことになってません?笑





女性の場合、一般的には


         腰周り
         ↓
        お腹周り
         ↓
      アンダーバスト
         ↓
         太もも
         ↓
         二の腕
         ↓
        ふくらはぎ
         ↓
          顔


の順序で脂肪がつきやすいと言われています。
(もちろん、個人差はありますよ。)





血管が太い場所ほど脂肪の合成が活発に行なわれて
いるため、脂肪がつきやすいんですね。
あと、あまり動きのない部分も・・・・。





ダイエットカウンセリングのクライアントさんにおいても
「お腹周りが気になる」というお悩みが、いつも上位を
占めています。
一念発起して日々「腹筋運動」に励んでるという方も
多いようですが、、、、、





実は、フラットなお腹を作るには腹筋運動だけでは
不充分だってこと、ご存知でした?





お腹の中には、内臓や脂肪が収まっていますが、
それらは骨に覆われているわけではありません。
それらを支えているのは「筋肉」なんです。





何もしなければ筋肉は年齢とともに減少していきます
ので、支えられなくなった内臓が前に出て
「ぽっこりお腹」を作ってしまいます。





そのため「お腹の引き締め」イコール「腹筋運動」
という方程式にたどり着くわけですね。





もちろんそれも間違いではありませんが、、、、

実は、フラットなお腹を作るためには、もう1つ、
忘れてならない「意外な立役者」が存在するんです。

それは




「背筋」




です。





そう、「背中の筋肉」です。





「え?お腹を引き締めるのに背中の筋肉?」





と思われるかもしれませんが、下腹の筋肉は後ろ
から引っ張られているので、腹筋だけを鍛えても
なかなかフラットなお腹にはなりません。





“チラ見え”に耐え得るウエストラインをゲットする
ためには、腹筋とともに背筋を鍛えることが
大~きなポイントとなるんです。
(さすがに一流のモデルさん達は、その辺のことを
よくご存知で、必ず腹筋&背筋はセットで毎日の
習慣になってますね。)





そんな背筋を鍛える方法として、一番ポピュラー
なのは





「バックエクステンション」





でしょう。(エビ反りみたいな筋トレです。)

基本的なやり方は・・・・





1.うつ伏せに寝る。
  (手は頭の後ろで組んで、両足は軽く開いた状態)

2.両足を固定し、息を吐きながら上体を床から
  浮かす。
  (アゴを突き出さないように。目線は正面)

 ※この時決して勢いをつけてはいけません。
  鍛える筋肉を意識してゆっくり動かすのがコツ!

3.上体を起こしたらしばらく静止して息を吸いながら
  ゆっくりと戻す。





この繰り返しですが、背筋は日頃あまり使われない
筋肉なので、最初から頑張らずにまずは10回程度
から始めて、慣れてきたら「10回1セット」を1日
2~3セット、腹筋とともに行なってください。





この「意外な立役者=背筋」を鍛えることで、あなたも
今までいくら腹筋を頑張ってもなくなることのなかった
「ぽっこりお腹」から卒業出来るはず(^_-)-☆





ちなみに、冒頭の「脂肪がつきやすい順番」は、
そのまま「脂肪が落ちやすい順番」でもありますので
薄着の季節に備えて今のうちにしっかり
「ボディの衣替え」を進めておいてくださいね!!





メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得
な情報がいち早くお手元に届きます


    メルマガ登録(無料)はこちら


  
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。

  Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.


« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »