« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月に作成された記事

2009年5月29日 (金)

なくてはならない食べ物

  
    

こんにちは!もみい里香です!




ちょっと前に、あるクライアントさんから




「里香さんにとってなくてならない食べ物って何ですか?」




というお尋ねを頂きました。

その時は突然だったので、ちょっと答えに困ってしまった
んですが・・・・




ありました!ありました!!




それは・・・



             「プチトマト」



です。

今、小学5年生の娘がお腹にいる時に、みょ~にトマトに
ハマってしまって・・・・
それ以来、ちょっとトマトにはうるさい私ですが、
特に目がないのが「プチトマト」




ちょっとよそに行く機会があったりすると、必ずその土地
のプチトマトを買って味見しなければ気が済まないくらい
の「プチトマトフェチ」ぶりです。笑




でも、そのトマト好きが、もしかすると「ダイエット」や
「アンチエイジング」にものすごく功を奏しているのかも???




と言いますのも・・・・

トマトは、ビタミンA、B、C、Eをバランス良く含み
カリウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルや食物繊維
などなど・・・現代人に特に不足しがちな栄養素を豊富に
含む食品です。




また、トマトに含まれるβカロチンには免疫細胞を活性化
させる働きがありますし、クエン酸やリンゴ酸には乳酸
などの疲労物質を除去する働きがありますので、疲労回復
にも絶大な効果があります。




まるでちょっとしたサプリメント並みですね!




そして、何と言ってもトマトの最大のウリは「リコピン」
です。




リコピンとは、トマトに含まれる赤い色素のことです。
(先日もある番組でこの「赤のパワー」が取り上げられて
いましたが。。。。)




「赤のパワー」の代表選手リコピンには、ガンなど生活
習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きがあるので
ヨーロッパでは




      「トマトが赤くなると医者が青くなる」




ということわざがあるくらいです。




さらに、リコピンは、メラニンの生成を促す物質の発生
をも抑制するので、シミやシワの予防や美白などの美肌
効果も認められています。
(ちなみに「リコピン」含有量は、普通のトマトより
プチトマトの方が多いのです。)




また、トマトには、炭水化物(糖質)の吸収を抑える効果
もありますし、水分をたっぷり含んでいるため、量の割に
摂取するカロリーが低いので、ダイエットにはもってこい
の食品だと言えます。




我が家では、そんなプチトマトを洗って密閉容器に入れた
状態で常に冷蔵庫にキープしてあります。




       「小腹が空いたらプチトマト!!」



って感じで。笑
(最近のプチトマトには、下手なフルーツより美味しくて
腰抜かしそうなヤツがありますから~~!!)




プチトマトなら、10個食べても50kcal程度のカロリー
にしかなりません。




同じ50kcal・・・・・・




「プチトマト10個」と「アーモンドチョコ1.5粒」




あなたならどちらを選びますか????




メルマガ登録(無料)して頂きますと、お得な情報が
いち早くお手元に届きます


       メルマガ登録はこちら

  

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
 したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
 ご指導致します。

 「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
  することを禁じます。

    Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

  

2009年5月22日 (金)

「50」もあれば「70」もあり

  

   
こんにちは!もみい里香です!




今日は、今週いっぱいでダイエットカウンセリングを
卒業されるクライアントさんからのメールを1通ご紹介
させて頂きたいと思います。




カウンセリングを受ける前のこのクライアントさんと同じ
状況の方って結構多いんじゃないかと思いますので。。。




■Y.Nさま(埼玉県 37歳女性 161cm)
  体    重  61.0Kg →  51.3Kg
  体脂肪率  35.0% →  25.2%

  (3ヶ月減量コース その後2ヶ月延長)




> 5ヶ月もの間、温かく頼もしいご指導、本当にありがとう
> ございました!!

> もともとせっかちで、どこか完ぺき主義の私。
> 色々なダイエットに挑戦し、すぐに結果が出ないと
> やめたりを繰り返し、
> 結局は続かない自分を『ダメな人間』と決め付けて。。。

> ですが、今回里香さんのご指導で、ゆっくりと確実に
> ゴールへ向かう事、
> 歩き続けていれば必ずゴールに着く事を教えて頂きました。

> しかも、自分で思っていた以上の結果を出せて
> とても嬉しく思っています!
> この私が、念願の『51kg台』です!

> わーーーーーーい!!!!やりましたよ!!!!

> 成人してからこの体重をキープできてたことなんか
> ないんですよ!?(↑えばってる・笑)
> 本当に夢がかないました!!

> 実は、カウンセリング開始時の里香さんの
> 『49kgまで、体重を落とせますよ!』の言葉を、
> 私は当初『ほんまかいな!?』と、
> どこか信じていなかったのです。

> でも里香さんのアドバイスを素直に実行し続けて
> あっという間に5ヵ月後。
> 自分でも気がつかないうちに、
> 大テーマ『51kg台』になっていました!

> 里香さんには
> 『楽しく努力する事。楽しい努力は苦にならない』
> と言うこと、
> 『焦らない=諦めない』と言う事も教わりました。

> 今、ここまでやせることができた自分が嬉しくて
> 楽しくて仕方がありません!

> でも、まだまだやる気マンマンの私。
> この際ですから『49kg台』を目指し、これからも
> 『痩せる生活の仕方』を実践していきたいと思います!

> このカウンセリングで頂いたメールは、今の私を
> 作り上げたレシピです!
> 私専用の大切なレシピ。。。

> 自分の体の変化(軽やか・体調不良改善)、
> 気持ちの変化(常に明るく楽しい)が
> 今、とても心地よいです!

> 今までお世話になり、本当にありがとうございました!

                                 (原文のまま)




このメールを読むと、卒業の時のYさんはカウンセリング
前のYさんとはまるで別人のように明るいですよね。笑




でも、ダイエットが上手くいかない人って、意外と以前の
Yさんのように「完ぺき主義」な人が多いのです。




完ぺき主義な人ほど「100」か「0」かで答えを出して
しまいがちで、何か1つが上手くいかないと全てがダメに
なってしまう傾向にあります。




私自身も以前はそっち系でしたからよ~くわかるんですが
これって本人が一番キツイんですよね。



でもね。



いろんな人を見てきた時に(ダイエットだけじゃなく)
人生「50」もあれば「70」もありなんだな、って
ことがだんだんわかってきたんですよ。笑




確かに、全てを100%実行することが出来れば、そりゃ
素晴らしい結果が待ってるでしょう。




でも、「ダイエット=生き方」で「たまにやるもの」では
ありませんので、ず~~~っと「100」を目指していた
んでは、どんな人でも必ず息切れしてしまいます。




なので、私のカウンセリングでは、最初っから「50」
でも「70」でも「それなり」の結果が出るような方法
をお教えしています。




だって、「100」を目指して3日でやめるくらいなら
「50」のペースで半年続けてもらった方が絶対効果
ありますもん!




それで「5ヶ月でマイナス10Kg」なら、上等じゃあ
ありません?^^




> もともとせっかちで、どこか完ぺき主義の私。
> 色々なダイエットに挑戦し、すぐに結果が出ないと
> やめたりを繰り返し、
> 結局は続かない自分を『ダメな人間』と決め付けて。。。




なんて方は、少~し肩の力を抜いて「50」か「70」
くらいのところを目指してみてはいかがでしょう?




今まで「0」だったわけですから(笑)からだは必ず
変化してくれるはずですよ(^_-)-☆




メルマガ登録(無料)して頂きますと、お得な情報が
いち早くお手元に届きます

        メルマガ登録はこちら


 

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
 したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
 ご指導致します。

 「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
  することを禁じます。

    Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »