« 女性のダイエットのヤマ場 | トップページ | やせる油とは!? »

2010年7月 2日 (金)

ダイエッターの危険ポイント

 

  
こんにちは!もみい里香です!




いよいよ日本列島の梅雨も折り返しですね。




雨の日のしっとりとした感じも決して嫌いではないんですが
あまりにも太陽を拝めない日が続くと、何となく調子狂って
しまいそうですよね。




ダイエット中の方々からも、この時期は



「お通じの調子が悪い」
とか
「むくみが気になる」
果ては
「体重の減りが少なくなった」



といったお声がチラホラ聞かれます。




これらはいずれも「体内の水分バランス」が崩れてしまう
ために引き起こされる、この時期特有の現象です。




私たちのからだは自律神経によりコントロールされた体内
時計に基づいて機能してるわけですが、体内時計の時差を
日々リセットしてくれるのが「太陽の光」です。
(詳しくは、下記の過去記事をどうぞ。)


■バックナンバー「体内時計の修正法」




梅雨時というのは、まさにその太陽の光が不足する時期で
体内時計の狂いとともに体調も不安定になりがちです。
(現代人の体調不良の多くはこの「太陽光不足」に原因が
あるんじゃないか、と私は思ってるくらいなんですが。)




それに追い討ちをかけて体内環境を悪化させているのが
「汗不足」です。




私たちのからだは「汗腺」「皮膚」「血液」が1つの空調
システムとなって、全身の司令塔である自律神経が正常に
働く環境を作っています。




・・・が、湿気が多いと汗が出にくいため、体温の調整が
うまくいかず、自律神経の乱れから「体内時計」や「代謝
機能」「免疫機能」や「ホルモン分泌機能」などなど・・
体内のあらゆる機能に支障をきたしてしまいます。




また、かく汗が少ないと、どうしても水分補給が疎かに
なりがちです。




平均的には、1日に



「尿」で1.5L
「便に含まれる水分」で0.1L
「汗や呼吸」で0.9L



で合計約2.5Lの水分が体内から排出されると言われて
います。




体内で作られる水分や食品に含まれる水分を除いても
体内の水分バランスを保つためには「1日2L」の水分
補給が必要となります。
(水分代謝を促し老廃物を体外に排出したければ混合物
を含まない「お水」や「お白湯」がおすすめです。)



「体内の水分が排出されない」
「体内に水分が補給されない」



という悪循環により体内の水分バランスが崩れてしまうと
前述の「便秘」や「むくみ」といった症状が表れ、それが
原因で「体重の停滞」となるわけなんですね。




多くのダイエッターが挫折しかねない危険ポイント(地点)
です。笑




この危険ポイントを乗り切るためのコツは、これまでにも
イロイロお伝えしてますので、ぜひ下記の「ダイエットの
ツボ!」を参考になさってください☆


■バックナンバー「梅雨時のダイエットに」

■バックナンバー「最後のむくみ対策」 

■バックナンバー「やせにくいからだの原因は・・」




上記の記事をヒントにこのダイエッターの危険ポイントを
無事に乗り切って、目の前に迫る「水着の季節」「ノースリーブ
の季節」に備えてくださいね!!




メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得な情報が
いち早くお手元に届きます


      メルマガ登録(無料)はこちら



□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
 したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
 ご指導いたします。

 

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
  することを禁じます。

    Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 女性のダイエットのヤマ場 | トップページ | やせる油とは!? »