« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月に作成された記事

2010年10月 8日 (金)

突然の体重増加を防ぐコツ

  
こんにちは。もみい里香です。


当メルマガの過去記事の中で依然としてアクセス数が多いのが、ちょうど1年前に書いた

■突然の体重増加の原因
 
です。


・・・ということは「突然増えた体重」に戸惑ってる人がいかに多いか、ってことですよね。
  
  
ダイエットカウンセリングのクライアントさんからも時々
 
 
「一日で2Kgも体重が増えてビックリした!」
 
 
なんてご報告をいただくことがあるんですが、そのうちのほとんどが上記記事にて挙げている「3つの要素」が原因です。
 
 
特にこの時期、要注意なのが


「塩分のとり過ぎ」


秋は新米の時期で1年の中で最もご飯が美味しい時期ですし、秋の味覚「サンマ」や「マツタケ」「サツマイモ」「根菜類」・・・と美味しい和食の食材が充実する時期で日本人にとって一番食が進む時期かもしれません。
  
  
なので、当然、食べ過ぎには気をつけなければなりませんが、それと同時に気をつけるべきなのが塩分のとり過ぎです。
  
  
ヘルシーフードとして世界でも注目されつつある和食ですが「塩」「醤油」「味噌」が味付けのベースとなるため、うっかりすると塩分のとり過ぎになりがちです。


その証拠に、「1日の食塩摂取量」の目安は、アメリカが「5g」ドイツが「8g」なのに対し、日本は「10g」と飛び抜けて多いのです。


和食の職人さんが食材の繊細な味を引き出すために手間と時間をかけて作る本格派の和食は、確かにからだにも良さそうです。
  
 
・・・が、手を抜けば抜くほど、料理の中の塩分は増えていきます。
 
 
例えば、市販の「だしの素」を使用した場合、10g中に3g強もの塩分が含まれています。


和食・・・かどうかはわかりませんがw
日本が誇る「インスタントラーメン」も1袋あたり5g前後の塩分が含まれています。(「塩ラーメン」ともなると7g以上という驚くべき量の塩分が含まれています。)
  
  
突然の体重増加の原因は、こういった「隠れ塩分」によるものも多いのです。


お寿司を食べたあと、なかなか喉の渇きが治まらず、気がついたらペットボトル1本空けてた・・・なんて経験はありませんか?


お寿司のネタはヘルシーなものが多くても、酢飯には糖分や塩分がたくさん含まれていますので、体内のpHバランスを調整するためにからだが水分を取り込んでしまうんですね。


そうすると、翌日の体重は「突然」増えてしまうわけです。


そこで今日は、そんな「突然の体重増加を防ぐコツ」を1つお教えしておきましょう。


「いくらお水を飲んでも喉の渇きが治まらない」


って時は、お水ではなく「りんご」を1切れかじってみてください。


果物には体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する働きのある「カリウム」が含まれていますので、たくさんのお水を飲むより「りんご」を1切れ食べる方が喉の渇きは早く治まります。(バナナやアボカドにも多くのカリウムが含まれていますが、カロリーを考えたら、ダイエッターさんの場合はやはり「りんご」や「キウイ」ですね。)※腎臓障害がある場合は主治医の先生にご相談ください。
  
  
お水は体内の流れを良くするためにとっても効果的な飲み物ではあるんですが、浸透圧調整のための必要以上の摂取は内臓に大きな負担をかけてしまいます。


内臓に負担をかけず、また体重も増やさずに喉の渇きをしずめたい時は、ぜひ1切れの「りんご」を試してみてください。


そして、とにもかくにも、突然の体重増加を防ぎたければ日頃から「薄味」を心掛けることですね!


あなたの食生活の至るところに「隠れ塩分」が潜んでいるということを頭に入れて。。。
  
  
  
メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます

メルマガ登録(無料)はこちら


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら

「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用することを禁じます。

Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

  

2010年10月 1日 (金)

美味しいものを我慢しないために

   
  

   

こんにちは!もみい里香です!




天高く馬肥ゆる秋・・・
涼しくなるとやっぱりご飯が美味しいですね~~!!




私も食べることが大好きなので、美味しいものを我慢する
なんてこと、ちょっと考えられません。笑




でも、なんやかんや言っても、40代。。。
10代や20代の頃のように食べていたら、テキメン体重
に反映されてしまいます。




40代だけじゃあないですよ~~~!!
同じ体重であっても10代から20代、20代から30代
と歳を重ねていくと、基礎代謝、すなわち「食べたものを
燃やす力」が50~100kcalほど少なくなっていきます。

つまり、あなたも確実に



「少し前まで燃やせてたカロリーが燃やせなくなってる」



わけです。
そこをわかっていなければ



「食べる量は変わらないのに体重が増えやすくなった。」
とか
「以前はすぐに落ちてた体重がこの頃落ちにくくなった。」



という状況に戸惑いながらも、ただいたずらに時間だけが
過ぎ、1年に1Kgくらいはあっという間に増えてしまうんです
から。。。




以前なら「あり得ない体重」に「ホッとしてる自分」が
いたりしませんか?
(↑これがわかるようなら要注意レベルです!!笑)




そんな状況下で、美味しいものを体重の心配なく存分に
楽しむためには、それなりの工夫が必要となります。




例えば・・・
今や車は「エコカー」や「低燃費カー」が人気で「燃費
がいい=使用エネルギーが少ない」車が求められている
ようですが、体重を落としたい人の場合、その全く逆の
「燃費が悪い=使用エネルギーが多い」からだの方が
望ましいわけです。




エネルギーをたくさん使ってくれるからだ・・・
そのために欠かせないのが「脂肪燃焼装置」です。




バックナンバー「脂肪燃焼装置」の方でもお伝えしてますが
あなたのからだの中で最もエネルギーを使うパーツ、それが
「脂肪燃焼装置=筋肉」です。




食べたものを燃やす力「基礎代謝」は、この筋肉の量に
比例しますので、以前のように食べたければ、その頃と
同じくらいの筋肉をつけておけばいいのです。




・・・ということで、さすがに私も40代に突入してから
真面目に筋力UPに励むようになりました。
これまで通り美味しいものを我慢せずに食べるために。笑




と言っても、ジムやマシンで日々本格的な筋トレを行なって
いるわけではありません。




日々の生活の中でちょっと意識するだけでも筋力をUPする
ことは可能です。
例えば



「ドアノブをいつもと逆の手でひねってみる」
とか
「便座の1cm上で腰を浮かせてみる」
とか
「階段を1段飛びで上がってみる」
とか・・・



いつもの行動にちょっとの工夫をプラスしてみると、まだ
使われてない筋肉の存在に気づくはずです。




その「筋肉の余地」こそが「食べられる量の余地」って
ことになりますので、まずは



「日頃使われていない筋肉を使う」



ことから始めてみてください




「食欲の秋」が過ぎると、そのあとには「クリスマス」や
「忘年会」「新年会」・・・とあなたの体重を増やす
「年間最大の鬼門」が控えていますので、今のうちに
しっかりと未使用の「脂肪燃焼装置」にスイッチを入れて
おきましょう!!



メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得な情報が
いち早くお手元に届きます


      メルマガ登録(無料)はこちら


  

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
 したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
 ご指導いたします。

 「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
  「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
  することを禁じます。

    Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »