« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月に作成された記事

2012年1月27日 (金)

強烈な眠気の原因は・・・

 
 
 
 

こんにちは!もみい里香です!






早速ですが、以下にご紹介するダイエットカウン
セリングのクライアントさん達のお声に耳を(目を?)
傾けてみてください。

今まさに同じような症状に悩まされてるって方、
結構多いんじゃないでしょうか?






> 体重が増えるのと一緒に
> 「集中できない、すぐ疲れる」
> という症状に悩んできましたが、脳にすっきりと
> 「覚醒している感じ」が戻りました。
> 3年ぶりのことです。



> 今まで本気で病気じゃないかと思うくらい、
> いつも眠たくてだるい感じがつきまとっていたのに
> そのうえ今の時期は生理前で、いつもなら頭の中に
> 霧がたちこめてるようなぼーっとした感じをずっと
> 抱えてたのに、ウソみたいに晴れてます。



> 昼食をとる時間が読めないこともあり、特に朝は
> 「○○を食べとかなきゃ」と思ってしっかり食べて
> ましたが、そのせいで仕事の能率が下がっていた
> とは、目からウロコとはこのことです。
> 自分の変化にびっくりしました。



> 「○○」の摂りすぎがよくわかりました。
> 今までの眠気が嘘のようですし、今までより逆に
> 次の食事前の強烈な空腹感が少なくなりました。



> この3カ月でウエストのラインは確実に変わりました。
> あと鎖骨が出てきました。
> 「○○」の摂りすぎをへらすと本当にこんなにすっきり
> するのかと、これが一番の驚きです。






途中から「○○」がいっぱい出てきてますが・・・苦笑
これ、一体何のことだと思います?






これらのコメントは、いずれも「炭水化物(糖質)」の
摂取量を見直した方達のお声なんです。






そうです、「○○」の答えは「糖質」です。






「糖質」=「甘いもの」と思っていらっしゃる方も多い
と思いますが、穀類やイモ類など「甘くない糖質」も
ありますので、念のために。

▼バックナンバー「甘くない糖質」▼






甘~いお菓子のみならず、ほとんど甘みを感じない
ご飯やパン、麺類などの穀類、そしてイモ類などを
食べ過ぎても血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)は
UPします。






そしてそれを下げるために「インスリン」というホルモン
が大量に分泌されます。






インスリンは、余分な糖質を脂肪に換えてせっせと
体内に蓄積する形で血糖値を下げていきますので、
それが大規模に行われると、脂肪が増える一方で
血糖値は下がり過ぎて「低血糖状態」になってしまい
ます。






血糖値は、高くても低くても健康に支障をきたして
しまいますが、低血糖の主な症状には
「頭痛」「震え」「眠気」「ふらつき」「倦怠感」「動悸」
「冷や汗」「生あくび」などがあります。






そういった身体的症状だけでなく「イライラ感」「感情の
起伏が激しい」「集中力に欠ける」といった精神的症状
を伴うこともあるため、うつ病などの神経疾患と診断
されてしまうケースもあるようです。






もちろん、様々な疾病のサインである場合もありますが
こういった症状の原因は






「糖質のとり過ぎ」






ってことも結構多いのです。

その証拠に、体重を落とすために糖質の摂取量を
「適正量」に修正したクライアントさん達の中には
冒頭でご紹介したように、意外なところで体調の変化を
実感され、体重の減り以上に喜んでいらっしゃる方が
少なくありません。
(人知れず長いこと「原因不明の体調不良」に悩んで
いたって方も多いんですね。)






もし、今あなたが同様の症状に悩まされていると
したら、ぜひ一度






「血糖値を上げない食生活」






を心掛けてみてください。

その最大のコツは






「いっきに大量の糖質を摂取しない」






ということに尽きるんですが、そこで覚えておいて
いただきたいのは






「血糖値を上げるのは糖質だけで、タンパク質や
 脂質が血糖値を上げることはほとんどない」






ということです。

例えば、100gのご飯を食べると血糖値は即100
~200mg跳ね上がりますが、300gのステーキを
食べても血糖値は1mgも上がりません。
(カロリーと糖質の量は決して比例しないのです。)






カロリーを気にしてお肉をやめて、その分低カロリー
のご飯をたらふく食べる、といった食生活を続けて
いると、カロリー的にはダウンしたように見えても
糖質の量は逆にアップしてしまうため、なかなか
体重が落ちない、そして体調も悪い・・・なんてことに
なりかねないわけです。






かと言って、ご飯の量を減らし過ぎると、これまた
リバウンドの原因になってしまいます(´д`)
(詳しくは下記をご参照ください。)

▼バックナンバー「食べないダイエッターさんへ」▼






健康でスリムなからだを手に入れるために、
糖質は






「とり過ぎず、減らし過ぎず」






をモットーに、上手にとり入れてくださいね!!
(どれくらいが適量か、は上記の記事でご確認
ください☆)






メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます


   メルマガ登録(無料)はこちら


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「よくある質問」はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.


   

2012年1月13日 (金)

地味なノウハウ、派手な結果

   
   
  
   
  
こんにちは!もみい里香です!






1月15日は小正月。
これでお正月ムードもひと段落つきますね。

今年は私もお餅を食べ過ぎてしまいましたー
ヤバイ、ヤバイ!!

どーも、あの「小丸もち」の食べやすさはクセモノ
ですね。

おしゃべりしながらつまんでたら、3~4個なんて
あっという間ですもん(-_-;

挽回可能なうちに手を打たねば






同じようなお仲間(?)が年明けと同時に、ダイエット
カウンセリング「NetSlim ―ネットスリム―」のお申込み
サイトに続々訪れていらっしゃいます。笑

▼NetSlim―ネットスリム―公式HP▼


この時期は巷でも、TVや雑誌、ノウハウ本など
各方面で「ダイエット関係」の情報が飛び交います
よね。






私も時々本屋さんで
  

「最近はどんなダイエット法が流行ってるのかな~」


なんて、世間の動向をチェックしてみたりしています。
そんな中・・・


「これはいいかも」


と思うノウハウ本がたまにあるんですね。

そういう本を見つけた時は、パラパラっと中を読んで
みるんですが、そういう良書に限って、書いてある
内容がまた地味なんですよねー。笑






隣にドーン!と積み重ねてある「○○○ダイエット!」
とか「○○○○だけでやせる!!」といった中身も
外身も派手なダイエット本のように「これ」といった
決め手がないのです。






おそらくそういう本を立ち読みした人は、10人中
10人が


「こんなの、当たり前のことじゃん」


といちべつしただけでパタンと閉じて、隣のキレイな
おネエさんの表紙の方に手を伸ばすんでしょうね~。






もったいない。。。






だって、その「当たり前のこと」が当たり前にできない
人が太ってるんですよ。






「当たり前のこと」を当たり前に実行することが難しい
のです。






いや、正確には






「当たり前のこと」を当たり前に実行し「続ける」こと
が難しいのです。






それを成功させるにはどうすればいいんでしょう?






その答えは






「理解すること」






です。


「何故そうなるのか」

「何故そうした方がいいのか」

「何故そうしない方がいいのか」

「それをすればどうなるのか」


等々・・・

頭で理解できた時に、はじめてからだがついて
いきます。






例えば


> これまで「朝ご飯を食べると太る」と思い込んで
> いたんですが、説明を受けて、思い切って朝ご飯を
> きちんと食べてみたところ、驚いたことに、
> あれだけやめられなかった間食が全く必要なく

> なりました!!


とのように「何故、朝ご飯が必要なのか」という理由を
理解した時に、全く無理なく朝ご飯が習慣になったり。


> チョコレートのない生活なんてあり得ないと思って
> ました。
> やめられるはずがないし、やめたらイライラする、
> 不安になると。
> でもそうじゃなくて、チョコレートを食べ続けてるから
> イライラしてたってことが、チョコレートをやめて

> 初めてわかりました。


とのように、これまでやめられなかったことも、その
原因や弊害を理解することで、すんなりやめることが
できたり。






意外とカンタンなんです。






ダイエットカウンセリングの体験談を見ていただいた
方はお気づきかと思いますが、当カウンセリングに
おいては「1ヶ月で5Kgの減量」とか「3ヶ月で20Kg
やせる」みたいな派手な実例はありません。

▼ダイエットカウンセリング体験談▼



何故ならば、いろんなことを理解していただくことで






「生活しながらやせる」






ってことを実現しているから、です。

なので、カウンセリング中のクライアントさん達から
最も多くいただくのが






「いつの間にかやせてた」






というお声です。

(病気やお薬が原因の体重増加以外は)「当たり前の
こと」を当たり前に実行し続けることができれば、
体重が増えることはありませんし、「生活のしかた」で
増えてしまった体重は「生活のしかた」で落とすことが
可能です。






・・・が、あくまでもその内容は「地味」です。笑






実際に



> 「やせたい」「やせたい」と常日頃訴えている友人に
> カウンセリングで教わったことを教えてあげても
> 真面目に実行しようとする気配がありません。
> よっぽど何か“秘伝の方法”があると思ってたん
> でしょうね。




とか



> 周りに「どうやってやせたの?」とよく聞かれるん
> ですが、これといって何かを頑張った記憶がないので
> どう説明していいのか・・・




と困ってしまってる(?)クライアントさんも多いのです。






やることは地味でも、半年後に10Kgやせていれば
その結果はかなり派手なものになります。

着るものはもちろん、出掛ける場所やお店も変わり
ますし、声をかけてくれる人だって変わったりします。
(ホントですよ~)






今年も、そんな派手な変化を一人でも多くの方に体験
していただけるよう、地味&強力な「ダイエットのツボ」
をコツコツとお届けしていきたいと思います。笑


どうぞこの1年もよろしくお願いいたします<m(__)m>






メルマガ登録して頂きますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます


   メルマガ登録(無料)はこちら



□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「よくある質問」はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。

Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.



   

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »