« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月に作成された記事

2013年10月28日 (月)

ラーメン食べたそのあとは・・・

          
こんにちは!もみい里香です!
    
        
先日、娘のリクエストで「とんこつラーメン」を食べに行きました。
     
              
過去記事▼「自分にケンカを売る日」▼じゃありませんが、この日もまさに自分にケンカを売る日となってしまいました;;;
       
           
だって、「ラーメン」と言えば、昔から「太るメニュー」の代表格。
      
         
わかっちゃいましたけど・・・
      
         
店中見渡しても野菜なんてありゃしませんし、メニューに並んでるのは「ラーメン」に「餃子」に「チャーハン」・・・と堂々たる炭水化物の雄ばかり。(ラーメンのネギや餃子の具は野菜でしょ、とか言わないでね;)
         
      
かと言って、そんなところに飛び込んでおきながら「ダイエット中だから」と一人だけ違う空気を醸し出すのも無粋な感じですし、たまのラーメン屋さんくらい美味しく食べたいなーと思い・・・
       
            
開き直ってケンカ売ることにしました。笑
      
             
ラーメン1杯に餃子10個、そしてチャーハン(1人前を3人でシェア)ってことで、ざっと1,000kcal。。。
       
   
救いだったのは、ケンカを売ったのが「お昼」だったので、とり過ぎた分のカロリーを消費する(仲直りの)猶予がまだあったってこと。(自分へのケンカも極力早い時間に売るに限りますね^^;)
     
         
ただ。
     
           
とり過ぎたカロリーは、からだを動かすことでなんとかペイすることが可能ですが、ラーメンが太るメニューの代表格たる所以は、“カロリー以外のところ”にも体重増加の要因があるから、です。
       
          
この日も覚悟はしていましたが・・・
       
          
やっぱり食べてから数時間後に「それ」はやってきました。
       
          
そう、ラーメン好きならきっとお察しの
     
               
「喉の渇き」
             
       
です。
      
     
ラーメンを食べたあとって、ものすご~~~~く喉が渇きませんか?
     
         
ラーメンの場合、カロリーもさることながら、オソロシイのはその「塩分」です。
           
             
厚生労働省が定めた日本人の1日の塩分摂取の目標値は健康な男性で「9g未満」、健康な女性で「7.5g未満」減塩食が必要な人の場合「6g未満」・・・となりますが(2013年現在)、ラーメン屋さんのラーメンには1杯に平均「7g」の食塩が使われています。(ちなみに、インスタントラーメンでも1袋に5g前後、塩ラーメンともなると7g以上の塩分が含まれています。)
        
            
これ1杯食べてしまったら、その日はもう塩分はとれないっていうくらい入っているわけですね。
         
           
私達の体内は生命を維持するために常に一定の塩分濃度が保たれていますので、塩分をとり過ぎてしまうと浸透圧の関係でからだが水分を取り込もうとします。
      
         
「喉が渇く」のもそのせいで、当然、取り込んだ水分の分だけ体重も増えます。
     
        
「心当たりもないのに突然体重が増えた」
「頑張った割に体重が落ちない」
      
        
なんて時の意外な原因がこの「塩分」だったりするんです。
        
                
そんな時、間違ってもジュースやビールの類で喉の渇きをいやそうとしないでくださいね!!
         
            
清涼飲料水に含まれる糖分により、ますます喉の渇きに拍車がかかりますし、アルコールには細胞や血液から水分を奪う働きや利尿作用があるため、水分補給どころか逆に脱水症状を引き起こしてしまうことに。
        
            
いくら飲んでも喉の渇きは治まらず、
         
        
「水分のとり過ぎ」→「むくみ」→「水太り」
      
       
という事態を招いてしまいます。
      
         
そういうことにならないように、今回私がとった措置は
       
         
「果物を食べる」
     
          
ということです。
         
    
果物に含まれる「カリウム」には体内の余分な塩分を排出する働きがあります。
        
             
試してみるとわかりますが、味の濃いものを食べ過ぎて喉が渇いた時に、「りんご」や「みかん」などの果物をつまんでおくと、喉の渇きがスーッと治まるので、ペットボトルを何本も空にする必要がありません。
       
               
※この場合「ドライフルーツ」や「バナナ」など糖質の多い果物はNGです。
           
                
今回私も、たまたま家にあった「みかん」を2個食べたことで余分な塩分がスムーズに排出されたのか、からだが必要以上に水分を欲することもなく、あれだけのケンカを売った割には体重も増えずにホッとしています。
       
          
ラーメンに限らず、外食や中食(調理済みの食材を買って食べる食事)には塩分の濃いものが多いので、そういう食事で自分にケンカを売ってしまった時は、強引に“水に流す”のではなく、ぜひこういった方法で自分のからだと仲直りしてくださいね☆
      
             
       
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
      
          
メルマガ登録(無料)はこちら
       
         
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
       
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
      
             
       
■カウンセリングのお申込みはこちら
        
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
       
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
        
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.
        
         
           
                

 

2013年10月21日 (月)

“もったいない病”のあなたへ





こんにちは!もみい里香です!







この時期になるとやたら目につく

「季節限定」

の文字。。。

「今しか食べられない」

という強迫観念(?)から、あっちにもこっちにも手を
つけてしまってませんか~~~笑







「季節限定」や「期間限定」に限らず・・・

「せっかくのいただきものだから」とか

「子どもが食べ残したから」

という風に正当防衛化された間食や過食の根底には

「もったいない」

という心理が強く働いている場合が多いようですが・・・
本気で体重を落としたければ、なにはともあれ、その

「もったいない病」

を克服する必要があります。







ということで、今日は私の中でとっても印象に残っている
価値ある言葉の数々を、ここでみなさんとシェアしたいと
思います。

まずは、京都大学(栄養化学研究室)の伏木亨教授の
「熱力学的ダイエット論」の中の


「(残り物を)ゴミ箱に捨てても、あなたの体脂肪の
海に捨てても、もったいないことに大差はない。」


というフレーズです。







解釈のしかたはいろいろあると思いますが、

「ゴミ箱に捨てるのがもったいなくてお腹の中に捨てる」

こんな行為が「もったいない」を解決しているかと言うと
決してそうではなく・・・

それによりできた脂肪を捨てるために、今度は、エステや
ジム、サプリメントやダイエット商品などに多大な費用を
かける。

いずれにしても、「もったいない」ことに変わりはない
んじゃないか?

・・・というのが、私の解釈です。







そこまで見越して「もったいない」と言ってるかどうか、
ですよね。
(実際、際限なく食べた結果、メタボリック症候群や生活
習慣病のゾーンに達してしまうと、それを改善する費用は
お菓子1~2個程度では済みません。)

この「もったいない」の発想の転換ができなければ、この
先もず~~~っと同じことの繰り返しということに。







以前、確か「片づけられない女は太る」といったタイトルの
本があったかと思いますが、ある“収納のプロ”が発した


「もったいないからと捨てずに置いてあるもののために
使えなくなってる、そのスペースの方がもったいない!」


という言葉も、その後の私の価値観を180度変えるほど
衝撃的なものでした。
(私も「もったいない病」だったんですね。笑)







常に、ダイエッターさん達からの「目標率」が高いナイス
バディの藤原紀香さんも


「いらないものは半年に1回捨てて運気を高める」

「何も捨てられない女性に幸福は来ない」


とおっしゃってましたが、ダイエットカウンセリングの
クライアントさんからも


> 一番の変化は「物が捨てられるようになったこと」です。
> ダイエットと片付けなんて、何が関係あるの?って感じ
> なんですが、すごく似ているような気がしてます。

> 今までの私は何だかんだ言いながらも太っている自分を
> 選んでいました。
> 脂肪を手放さないで抱え込んでいました。
> ガラクタ達も使わないくせに捨てられないでいたんです。
> 私は不要な物(体脂肪)を抱え込んでしまう体質だった
> んです。

> しかし、先生にカウンセリングをお願いして、体重が
> 減ってきたらガラクタを捨てられるようになったんです。
> 不思議なんですが・・・
               N.Tさん(神奈川県 39歳女性)


といったお声をよく頂戴します。

それくらい多くの人が多くのものを無意識に“体脂肪の海”
に捨てているってことなんでしょうね。

「もったいない」という建て前と一緒に。







こういった名言(?)に触れるたび、ダイエットの成功は


「捨てる勇気」


を持つか否かにも左右されているような気がしています。
(“捨てる”ことに抵抗があるなら、最初から捨てずに済む
「工夫」が必要ですね。)







「いかにしてものを食べるか」が命をつなぐためのテーマ
だった戦後からすでに70年近くが経過した今。

先進国であればあるほど

「いかにして(余計な)ものを食べないか」

が命を延ばすための課題となりつつあります。







あなたの周りも、「もったいない」「もったいない」で
食べ物や品物が溢れかえっていないかどうか・・・

そして、それが逆に「もったいない」結果をもたらすこと
になっていないかどうか・・・

この機会にじっくりと見回してみてくださいね☆







メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます


    メルマガ登録(無料)はこちら


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「よくある質問」はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。

Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.


     

2013年10月 7日 (月)

たった5分のダイエット

 
 
 
 
 

こんにちは!もみい里香です!







秋も深まってきましたね。

秋と言えば「食欲の秋」・・・だけじゃなく「読書の秋」
もあります;;

私も本が好きなんですけど、なかなかゆっくり読む時間が
とれません。

それでも、コンスタントに月に2~3冊は読んでいるので
かろうじて年間20~30冊は読めてることになるのかな。

でもこれ「今年は30冊の本を読もう」と決めてスタート
してたら多分、いや絶対読めてなかったと思います。

「今月この本を1冊読もう!」でもダメだったかも。

じゃあ、どうやって30冊も読んでんの?

って話ですが・・・

  
  
 
 
 
 
 

それは、

  
  

「トイレに本を置いてるから」

  
  

です。笑






お行儀の悪い話でスミマセン;

あ、でも延々トイレにこもって新聞読んでるおっさんと
同じ画を想像しないでくださいね^^;
(私、便秘でもないですし、トイレの滞在時間はそんなに
長くないですからwww)

長い時でも5分も座ってないと思うんですが、その5分の
間にトイレに置いてある「今読んでる本」をペラペラッと
めくるようにしているんです。


「たった5分で!?」


と思われるかもしれません。

いや、私もそう思います。







でも、現実として、その積み重ねで2週間もかからずに
1冊の本を読み終えているんですよ。

読み終えた時、いつも

「あら、もう1冊読んじゃった?」

って自分でもビックリするんですけど、それと同時に

「でも、これ1冊読むための時間を作ろうと思ったら
 未だに1ページも開けてないわーきっと」

って思うんですよね。







何が言いたいかというと・・・苦笑

「食欲の秋」「読書の秋」とくれば「スポーツの秋」でしょ?

でも別に「スポーツの秋」じゃなくても、体重を落としたり
落とした体重を維持するためには、ある程度の「運動」が
必要です。

これはもうみなさん、重々おわかりのことと思いますが
そこで「よし、運動しよう!」と意気込んでしまうと
なかなかその時間がとれなかったり環境が整わなかったり
・・・で、スタートすることができないまま、気がつくと
もう何年も運動不足が続いてる、なんてことになりがち
じゃないですか?







記録との闘いであるアスリートの運動と違い、ダイエット
や健康のための運動は、「どれだけ頑張るか」よりも
「どれだけ続けるか」の方が重要です。

となると、起動にいちいちパワーが必要なものを選んで
しまうと、始めること自体に時間がかかり、それを続ける
ことはますます難易度が高くなってしまいます。

「重たいパソコン」より「手軽なスマホ」・・・ってのと
同じで、運動も


「いかに日頃の生活の中に組み込めるか」


というところが、実は成功の大~きな決め手となるんです
よね。







気候がよくなったこともあり、

「よし、ダイエットのためにそろそろ運動を」

とお考えの方も多いかと思いますが、リバウンドのない
ダイエットをお望みならば、まずはその考えを改めて
いただいた方がいいかも、です。

「ダイエットのためにそろそろ運動を」というのは、

「ダイエット」=「一時期頑張るもの」

という発想が根底にある場合が多いので。







ダイエットの語源はギリシャ語の「dieta」で、そこには
“生き方”とか“生活のしかた”という意味があります。

つまり、一生リバウンドしたくなければ、一生続けられる
ダイエット(生活のしかた)を選択する必要があるのです。

当方のダイエットカウンセリングのクライアントさんも
 
 
> 洗濯物を干す時などにスクワットしながら床に置いた
> 洗濯物を取る、
> キッチンでもいつもならかがむところをスクワットで、
> など。 
> これで毎日20回は楽勝です♪
              (T.Kさん シドニー 40歳主婦)
 
 
> お風呂上がりのドライヤーをかけている時間は、
> スクワットにちょうど良い時間で、20回くらい
> こなせます。
               (S.Tさん 山形県 42歳主婦)
 
 
とのように、ジムに通うでもなく、器具を購入するでも
なく・・・
でも、「体重を落とすには必要なだけの運動」を上手に
生活の一部に組み込んで、理想の体重&体型を維持して
いらっしゃいます。

それこそ
 
 
> 職場でトイレに行く度にスクワットを10回やるように
> しています。
> 1日5回行けば50回です!
               (T.Mさん 沖縄県 35歳OL)
   
        

とトイレタイムを有効に活用していらっしゃる方も。笑







「たった5分」の積み重ねが1冊の本の読破や1日50回の
スクワットをも可能にしてくれます。

大きな目標を前に「いつか」「いつか」と思ってるばかりで
もし何ヶ月も何年も同じ場所に立ち止まっているとしたら
今すぐにでも「たった5分」でできることを始めてみましょう!

その方が、1ヶ月後には「大きなこと」を成し遂げていたり
するものです。







メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます


    メルマガ登録(無料)はこちら

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「よくある質問」はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。

Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.



     

    
     
         
    

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »