« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月に作成された記事

2013年11月25日 (月)

体験談の●●●の正体は?



こんにちは!もみい里香です!







今月カウンセリングをスタートされたクライアントさんから
面白いことを言われました。

> 他の方の体験談を読むと●●●等で塗りつぶされていて
> いる箇所があって、これは何だ??
> まさか怪しい食品や器具の販売ではないだろね!?
> とか思ったりもしてたんですが(すみません(^^ゞ)
> 今回、隠れてる箇所が判明して・・・
> 人によって違うから●●●になってるのですね

なるほどーーーそういう受取り方もあるんだなぁ、と。

  

確かに、▼ダイエットカウンセリング体験談▼では
ところどころ「●」で伏せ字にしてあります。

これは、おっしゃる通り、その内容が人によって違うって
ことと、企業秘密(?)もあるため、伏せているもので
決してアヤシイ商品名などではありません。笑
(ちなみに、字数もテキトーです^^;)







長年メルマガやブログをご愛読いただいてる読者さんなら
おわかりかと思いますが、私のおすすめするダイエットで
特別な食品や器具を必要とすることは、まずありません。

ダイエットカウンセリングにおいても然りです。

※唯一、カウンセリングとサプリメントがセットになった
「体質改善ダイエットコース」というコースを設けては
おりますが、こちらは少人数制の人数限定コースで、ほぼ
常時満杯の状態なので、ご利用いただける方は限られて
いますし、「体質改善ダイエットコース」のクライアント
さん以外にサプリメントのみを単体で販売することも
あえてやっておりません。







いつも言うように、「ダイエット」の語源はギリシャ語の
「dieta=生き方、生活のしかた」です。

  

「生活のしかたにより増えた体重は、生活のしかたにより
 落とすしかない」

  

というのが私の持論なので、体験談の「●●●」の正体も
自ずと「身近にあるもの」「普段の生活の中でとり入れ
られるもの」となります。






逆に言うと、「どうやってやせたの?」と周りに聞かれた
時に、みなさんとっても困るみたいです。笑

何故ならば「これといって特別なことがないから」

世の中にはたくさんのダイエット情報やダイエット産業が
溢れていますが、「正道」と言えるものは1つです。

“リバウンドのないダイエット”を極めれば、最終的には
みな同じところにたどりつきます。

でも、それらは一様に「地味な方法」ばかりです。

実際に、私がお教えするノウハウも、ネットで検索して
みればいっくらでも出てくるでしょう。







じゃあ、何故カウンセリングが必要なのか?

何故自分一人ではやせられないのか?







それは、これだけの情報の山から

  

「何を」

「いつ」

  

選択すべきかがわからないから、です。

ネットでの検索も“言われてから”だから、簡単にできる
ことであって、最初からそこに答えがあることを知ってた
わけではないはずです。







ダイエットカウンセリングの体験談の中にもよく

  

「いつの間にかやせていた」

「何かを頑張ったという記憶がない」

  

といったコメントが登場しますが、そう思わせながら確実に
体重を落としていくところに、実はかなりの「経験」「実績」
そして「勘」と「テクニック」が要求されます。

ダイエットに限らず、いかなるコンサル業においてもそこが
腕の見せどころでしょうし、その部分に対価が払われている
と言っても過言ではないでしょう。

その点、無料のコンテンツであるメルマガの場合は、不特定
多数の方向けのヒントしか投げられませんので、ストライク
ゾーンは狭いのかもしれません。

・・・が、

「メルマガに書いてあることを実践しただけで体重が落ちた」

というお声はホントに多く、それで確信を得てダイエット
カウンセリングのドアをノックしてこられる方も少なく
ありません。







一方で、メルマガの記事について

  

「行間が多くて読みにくい(←手法が古い)」

  

といったご意見を頂戴したこともあります。
(おそらく携帯かスマホで読んでくださってる方かと。)

あいたたた・・・という感じでしたが(苦笑)

「読みやすさ」を重視していたんでは、肝心の体重が落とせ
ません。

スラスラ読めるような情報で落ちるほどダイエットは簡単な
ものではないのです。

「良書だなぁ」と思えるノウハウ本ですら(文字数の関係も
あるのでしょうが)超重要事項がサラッと1行で片付けて
あったりします。

ダイエット指導を生業にしている私さえ、数年後にようやく
その1行の持つ深~い意味に気づくことがあるくらいなのに
いわんや「迷えるダイエッターさん」が瞬時にそれに気づく
ことがあるんでしょうか???







「地味な方法」であればあるほど

「何故それをするべきなのか」

「何故それをしない方がいいのか」

本当の意味でその理由を理解しなければ、からだはついて
きませんし、その理由を小さい画面に収めることは不可能
です。

「ひとことアドバイス」で落ちる体重ならとっくに落ちて
いるでしょう。







なので、私の場合、メルマガにしろカウンセリングにしろ
“デバイスに合わせた情報発信”はしておりません。

ダイエットカウンセリングのメールも1回あたりの情報量は
A4用紙20枚程度(10,000文字以上)のボリューム
となります。
(半年のカウンセリングでちょうど1冊のダイエット本が
できるくらいでしょうか。)

最近こそスマホでメルマガやカウンセリングメールを受信
される方も増えてますが、その内容は今も昔も“パソコン
サイズの情報”です。







時代に合ってない、とお叱りを受けるかもしれませんが
結果が出せなければ情報発信の意味もありませんので、
今後もこのスタイルは変わらないと思っています。

少々読みにくさはあるかもしれませんが、本気で

  

「読むだけでやせるメルマガ」

「メールだけでやせるカウンセリング」

  

を目指していますので、本気で体重を落としたいと思って
いらっしゃるダイエッターさんは、今後も頑張って(?)
ついてきてくださいね(^-^)







メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます
  
    メルマガ登録(無料)はこちら

  

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「よくある質問」はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。

Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   
  

2013年11月11日 (月)

グラノーラにご用心!!





  

こんにちは!もみい里香です!







海外でこのメルマガを読んでくださってる方も多いですが
日本では昔から定期的に「○○○ダイエット」的なものが
流行っては消え流行っては消え・・・で、結構忙しいんですよ。苦笑

その度に火消しに回ってる感じのワタクシですが;
最近また聞き捨てならない情報を耳にしまして・・・







ひと頃大ブームを巻き起こした「パンケーキ」に代わって
今巷で人気急上昇中なのが



「グラノーラ」



なんだとか。

いや、これ単に“流行りのスイーツ”ってくくりであれば
別に問題ないんですが・・・







手軽で美味しく、美容や健康に役立つ栄養がまんべんなく
とり入れられる、ってことで朝食にグラノーラを提供する
カフェなどが続々登場しているようですし、家庭での朝食に
グラノーラを推奨する専門ショップやメディアも増えている
ようなので、

「ん?この流れはちょっとヤバイぞ」

ってことで、今回急遽予定を変更してこのテーマでお届け
することにしました。







私のカウンセリングでは、コーンフレークやグラノーラ
などの「シリアル食品」を常食している人にはソッコー
イエローカードが出されます。笑

何故ならば・・・

シリアル食品の栄養成分をチェックしてみると、主原料の
炭水化物の他にタンパク質や脂質、ビタミン&ミネラルの
表示があるので、一見バランスが良さそうです。

・・・が、その配分には商品によりばらつきがあり、糖質や
脂質の含有量がかなり高いものも少なくありません。

仮に、バランス良く配合されていたとしても、それらが
合成の栄養素である以上、消化吸収をサポートする「酵素」
が含まれていなければその吸収率もあまり期待できません。







その中でも特に「レッドカード」レベルなのが、美味しさ
重視のために穀物を植物性油脂でオイルコーティングした
うえにシロップやはちみつを加えてオーブンで焼いた



「グラノーラ」



です。

製造法だけ見てもおわかりでしょうが、シリアルの中でも
群を抜いてカロリーが高いのが「グラノーラ」です。

さらに「フルーツグラノーラ」ともなると、高カロリーの
ドライフルーツやナッツまでプラスされますので、これは
もう“食事”というよりも立派な“お菓子”です。







「ドライフルーツ」には砂糖を使用したものが多いですが
仮に砂糖不使用のものを入手、もしくは自作したとしても

「ドライ加工により食品の水分が除去される」

「食品が温まる過程で糖が生産される」

といった理由により、生の状態の数倍のカロリーに。。。

「ナッツ」も冬眠前のクマや霜降り肉のイベリコ豚のエサ
となるドングリと同じ“種子類”で、その半分以上が脂質
なので、当然カロリーもUPします。

そこに、製造者の提案のままに牛乳やヨーグルトなどの
「乳製品」をかけて食べると、“乳糖”という糖質や
“乳脂肪分”という脂質までプラスされることに。

いずれも私のカウンセリングにおいては「NG食品」です。







しかも、シリアルに含まれる砂糖(少糖類)は吸収が早い
ため、血糖値の上昇が早い分下降も早く、あまり腹持ちが
よくないのです。

そのため、すぐに空腹を感じ、間食へとつながってしまい
がちです。







すでに

「グラノーラ食べ始めてから体重が増えてるような???」

とお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、これらの
どこを切り取って見ても「グラノーラ&乳製品」という
組み合わせは「体重を増やすための食事」以外のなにもの
でもないのです。

なので、育ち盛りのちびっこのおやつや病後の回復食には
適しているかもしれません。

でも!!

体重を落としたいダイエッターさんがブームに踊らされて
毎日のように食べていたんではあっという間に健康優良児
体型になってしまいます。







自然の食品には、ビタミンや酵素などはもちろんのこと
未だ解明されてない栄養素もたっくさん含まれてますので
健康に美しく体重を落としたいダイエッターさんは、極力
加工食品ではない天然素材から栄養を摂取するよう心掛けて
いただきたいなぁと思います。

どーーしても、状況的にシリアルに頼らざるを得ない場合は
せめて、甘味料やドライフルーツ、ナッツなどを含まない
「オートミール」をチョイスしていただくのが賢明です。







ここまできてナンですが;

「オートミールってなに?」「グラノーラとどう違うの?」

なんて方のために、主なシリアル食品の定義を記しておき
ますね。

下にいくほど「お菓子」色が強くなると思ってください。



【オートミール】
 外皮を取り除いたオーツ麦を蒸して圧縮し乾燥させたもの

【ミューズリー】
 オートミールをベースに複数の穀物をブレンドしナッツや
 ドライフルーツなどを加えたもの(甘味はない)

【コーンフレーク】
 ひきわりとうもろこしを蒸しローラーで丸ごとつぶして
 乾燥させたもの(砂糖をまぶしたものもあり)

【グラノーラ】
 穀類に植物性油脂やシロップ、はちみつなどの甘味料を
 混ぜて、オーブンで焼きあげたもの







メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な
情報がいち早くお手元に届きます

    メルマガ登録(無料)はこちら

 

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

「ダイエットトレーナー もみい里香」が体質を分析
したうえで、あなたに合ったやせ方をメールで
ご指導いたします。

「ダイエットカウンセリング」の詳細はこちら
「よくある質問」はこちら
「ダイエットカウンセリング」のお申込みはこちら
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用
 することを禁じます。

Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.




    

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »