« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月に作成された記事

2014年6月27日 (金)

もみい里香よりご挨拶

   
 
 

こんにちは!もみい里香です!

 
 

1週間飛ばしてしまいました;

このメルマガだけは(唯一みなさんと触れ合える場なので)お休みしたくないんですが、先週は全く時間がとれませんでした;;;

今週もかなりタイトなスケジュールが続いているんですが、2週間もお休みしちゃうと忘れられそうなので;せめてご挨拶だけでも・・・と思いまして。笑

そんな中、カウンセリング中のクライアントさんからこんなメールをいただきました。 

 

> いただいたメールやメルマガの文面から、誰かを雇わずお一人でカウンセリング業務をやっていらっしゃるのかな、と思いました。
> もみい先生は大変でしょうが、逆に私はその方が安心してお任せできます。
> 有名な占い師がいて、やっと鑑定してもらえるとなったとして「信用できますから」と言われお弟子さんに視てもらうことになったら、結構ガッカリしちゃうし疑っちゃうと思うんですけど、
> それと同じで、もみい先生ご本人にアドバイスをいただけることが安心なのであって、それでしたら1日お返事が遅れるのもそんなに気になりませんよ。
> 今後もお体と美容に気をつけて頑張ってください。

 

との温かいお言葉、ああああありがとうございます~~~

そ、そうなんです;;;

私1人で全部やっております(このご時世に!!!!)

カウンセリング業務だけじゃないんです。

このメルマガの執筆&発行もブログの管理も経理も発送も・・・
(今朝も郵便局までゆうパックの袋を買いに行ってきました。笑)

周りからも散々「馬鹿じゃないの?」と言われてますが;

性格なのか“人に任せる”ってことができないんですよねー(´・ω・`)

なので、生まれてこの方52年間、ずーーーーっと忙しいんです。

さすがに、ゆうパックくらいは誰かにお願いすることもありますが(苦笑)、こと「ダイエットカウンセリング」に関しては、他の人にやってもらうことがイメージできないんですよね。(有難いことに「お手伝いさせてください」とか「雇ってもらえませんか」とお声を掛けてくださる方も多いんですけど)

そのため、このハイスピードの時代の流れにはすっかり乗り遅れてしまってる感じですし、クライアントさんへのお返事が遅くなったり、期間延長のリクエストに応じられなかったり、ご新規のお申込みをお受けできなかったり・・・

ご迷惑をかけてしまうことも多々ありますが、とにかく自分の納得のいく仕事をしたいので、からだが続く限りはこのスタイルで通させていただこうと思っております。

あれ、なんだか決意表明みたくなってしまった。笑

ということで、今日はホントにご挨拶だけになっちゃうんですけど・・・スミマセン!!

次回はがっつりと「ダイエットのツボ」をお届けしますので、どうぞ楽しみに待っててくださいねーーー!!

  
  

あ、最後にお知らせを1つ。。。

実は、ダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」は、この5月で創立10周年を迎えまして。

ホントは大々的にお知らせやキャンペーンをしたかったんですけど;;こんな状況なんで;;;

ただ、とっても有難いことに、素敵なご縁がありまして、10年ぶりにサイトをリニューアルしていただいたんですよ~!!(こればっかりは自分ではできません!笑)

最近の時流に乗ってスマホ対応にもなっている(はず)なので、よかったらのぞいてみてください☆どこかに私もいます(^m^)ププッ

▼NetSlimネットスリム公式ホームページ▼

     
   
   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

   

□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマホの方はこちらからどうぞ)
   
   
━━━━━━━━━━━━━━

■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   
   
 
 

2014年6月13日 (金)

★お知らせ★

  
  

最近、スマホからのカウンセリングお申込みが急増しておりますが、いずれのキャリアさんもセキュリティが素晴らしく(苦笑)当方からのご案内メールが拒否されるケースがチラホラと・・・
(メルマガは別サーバーでの配信のため「メルマガは届くけど案内メールが届かない」なんてこともあり得ます。)
  
   
「申込みしたのに返事がないよー」なんて方は「@netslim.jp」からのメールを受信許可していただいたうえで再度お申込みいただくか、PCメールなどの別アドレスをお知らせいただけると助かります。

   
     

 

 

   
    

断食のすすめ

   
   
   

こんにちは!もみい里香です!  
  
  

梅雨もど真ん中ですね。

高温多湿のこの時期は、体調&気分ともに下降気味でダイエットも停滞中・・・なんて方も多いような。

そんなダイエッターさんにおすすめしたいのは

  

「だ・ん・じ・き」

  

「断食」です。笑

・・・と言うと、長年のメルマガ読者さんやダイエットカウンセリングのクライアントさんは、すっごい違和感を感じるでしょうね。

だって、私がいつも提唱しているのは

  

「きちんと食べてやせるダイエット」

  

「欠食」も「炭水化物抜き」も私のカウンセリングではイエローカードもんです。

それがいきなり「断食」とは!?

「断食療法」や「ファスティング」など、一定の期間食べ物を断つ健康法やダイエット法は昔から結構ありますよね。

「いかにしてものを食べるか」がテーマだった戦後の日本も、今では「いかにしてものを食べないか」がテーマとなりつつあります。

「飽食の時代」と言われて久しい私たち日本人の内臓は明らかにオーバーワーク気味ですし、消化&吸収と排泄のバランスを崩しつつある人も多いようです。

そんな疲れたからだをリセットし本来の機能を回復させるためには、なにはともあれ

   

「胃腸を休ませる」

   

ことが必要です。

それにはやはり「断食(食べることを断つ)」が最も手っ取り早く確実な手段と言えるでしょう。

断食することで体内がリフレッシュすれば「代謝機能回復」「デトックス効果」「免疫力アップ」等々・・・美容・健康・ダイエットにいいことづくめです。

ただし!

これ下手にやっちゃうと「脳ストレス」を溜めることになり、過食やドカ食いを引き起こし逆に体重を増やすことに。

そうならないためには、無理なく効果的に、しかも「定期的に行う」必要があります。

つまり「習慣」にする、ってことですね。

・・・となると、イスラム教のラマダンみたく

   

「日の出から日没まで何も食べてはいけない」

  

といった方法では無理無理無理~~~!!ですよね。

1ヶ月だからできるようなもので、それを永遠の習慣にできる人は(少なくともここの読者さんには)いないでしょ!笑

ということで、私がおすすめしたいのは、むしろ“逆ラマダン”

   

「日没から日の出まで何も食べてはいけない」

   

という断食法です。

さすがに「日没から」というのはハードル高いでしょうから;せめて

   

「1日の最後の食事から翌日の最初の食事まで(最低)9時間は空ける」

   

ってことをおすすめしたいんですよね。

遅くとも「夜9時くらいまで」には最後の食事を済ませておく、って感じでしょうか。

この「夜9時くらいまで」というボーダーラインには以下の3つの理由があります。

  

1.就寝時間の5~6時間前より体内が「消化モード(交感神経優位)」→「吸収モード(副交感神経優位)」へとシフトチェンジする。

2.脂肪を貯える肥満遺伝子「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質が夜10時頃から急増し、午前2時~4時頃ピークを迎える。

3.体脂肪を分解する働きや新陳代謝を活発にする働きのある「成長ホルモン」も夜10時~2時頃のあいだに最も多く分泌される。

  

つまり、夜10時以降は

   

「ダイエットや美容のゴールデンタイム」

   

となるわけです。

この間に副交感神経がきちんと働いていれば、昼間使った内臓や筋肉の修復作業が行われ、そこで膨大なエネルギーが使われるため、翌朝に500g~1Kgほど体重が減る仕組みです。

さらに、体内にある「若返り遺伝子(サーチュイン遺伝子)」なるものも空腹の状態で活性化されるため、夕食の時間を早めて断食時間を長くとることは、アンチエイジングの面でも大~きな意味を持つのです。

とりわけ

  

「睡眠時間は貴重な断食の時間」

   

と言えます。

寝ているあいだにも、心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を保ったり・・・生命を維持するために必要なエネルギーがあるわけですが、からだはそれを貯蓄エネルギーから消費するため、睡眠時間が長ければ長いほどエネルギー消費量が増え体重の落ちもスムーズです。

そんなこんなで“逆ラマダン”、健康のためにも美容のためにもそしてダイエットのためにも、やらない手はないですよね!!

そう、今回のテーマ「断食のすすめ」は、すなわち

   

「夜9時以降の飲み食いを控えましょう」

   

ってことなのでした!!(いつも言ってることですね。笑)

このうっとおしい季節、そしてそのあとに控える過酷な季節を元気にスリムに乗り切るためにもぜひ!!

  

「断食のすすめ」

   

心にとめておいてください☆

   
   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
メルマガ登録(無料)はこちら

  
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
   
よくある質問はこちら
   
カウンセリングのお申込みはこちら  

   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   

2014年6月 6日 (金)

脱水症状にご用心!!

  
  
  

こんにちは!もみい里香です!

  

梅雨前線が着々と日本列島を駆け上っていってますねー(ついに今年もこの時期が。。。_| ̄|○)

蒸し暑かったり肌寒かったり・・・しばらくは体調管理の難しい季節が続きそうです。

そんな中。

寝ている時に足がつったり、寝起きに筋肉痛を感じる、なんてことはありませんか?

いわゆる「こむら返り」というヤツです。

私のクライアントさんには滅多に見られない現象ですが、ダイエット中にありがちなお悩みらしいですし、ちょっと気になる点もありますので、今回はこれについてアドバイスしておきますね。

「こむら返り」の主な原因には

  

■筋肉の疲れ

■冷えによる血行不良

■栄養バランスの崩れ

  

などが考えられますが、ダイエットにも大きく関わってくる懸念事項に

  

「脱水症状」

  

ってのがあります。

そもそも人間は、普通に生活するだけでも1日に「尿:1.5L」「便に含まれる水分:0.1L」「汗や呼吸:0.9L」とトータルで約2.5Lの水分を体外に排出すると言われています。

私達のからだの60%は水分でできていますので、体内バランスを正常な状態に保つためには、排出したのと同じだけの水分を補給しなければなりません。

普通の食生活を送っていれば食事そのものからも約1Lの水分が補給されますが、ダイエット的には

  

「水分代謝を活発にし老廃物を効率よく体外に排出する」

  

という目的を果たすために、それプラス「1日2L」を目安にお水を飲んでいただきたいところです。

「2Lのお水」というのはダイエットの達人さんにとってはすでに“常識”ですが、実践できてないダイエッターさんも意外と多いようです。

そんな水分が不足していると、からだからは以下のようなSOSのサインが送られてきます。

  

・体重の約2%の減少
  ↓
「のどの渇き」

  

・体重の約3%の減少
  ↓
「強いのどの渇き」
「食欲不振」

  

・体重の約4%の減少
  ↓
「めまい」
「尿の減少」
「筋肉痛」
「こむら返り」

  

・体重の約5%の減少
  ↓
「頭痛」
「吐き気」
「倦怠感」

  

・体重の約8~10%の減少
  ↓
「意識障害」
「けいれん」
「手足の運動障害」

  

“のどの渇きを感じた時点”ですでに体重の2%の水分が失われている、って・・・ちょっとビックリですよね。

モンダイの「こむら返り」や「筋肉痛」は、体内から4%の水分が減少した時に発生するようですが、実はこのレベル「軽度の熱中症」を発症するレベルでもあります。

もしかすると、自分で思っている以上に体内は水分不足の状態なのかもしれません。

特に、この時期は外界の気温の変化にからだが追いついてなかったりするので、体内のセンサー任せではなく、自分から意識して水分を摂りに行く必要があります。

と言っても、そんなに難しいことではないんですよ。

  

「起床時」「3回の食事の前」「入浴の前&後」「就寝前」

  

の計7回「コップ1杯のお水」を飲むだけでも1L以上の水分補給となります。

ちなみに、ダイエットや健康の観点から、以下のタイミングでの水分補給はあまりおすすめいたしません。

  

「食直前」「食事中」・・・胃液が薄まるため消化不良を起こしやすい。

「食直後」・・・・・・・・消化中は胃が水分を吸収しやすい状態にあるため、むくみの原因に。

  

あと、よくあるご質問が

  

「水分を摂り過ぎるとむくむのでは?」

  

これ、ひと昔前の理論で、今は「(健康体であれば)水を飲めば飲むほど老廃物の流れが良くなる」ということが解明されています。

むくみの原因は「水分」そのものより「体内循環の悪さ」であることが多いのです。

  

「水分のとり過ぎでトイレが近くなるんじゃ?」

 

と心配なさる方もいらっしゃいますが、これも体内循環が良くなれば1回あたりの尿量が増えるため、トイレの回数は落ち着いてきます。(夜中にトイレに起きることもありません。)

むしろ、脳外科のお医者さまには

  

「寝る前の1杯の水が命を救う」

  

と断言される方もいらっしゃるくらい、就寝前に飲む水(「宝水」や「命水」とも)には血液ドロドロ防止効果が期待できます。

ただし、いずれも、混じり気のないピュアな「お水」に限ります。

しかも、なるべく体温に近い「常温のお水」か「お白湯」がおすすめです。
(お白湯を飲み始めて体質が変わった、とおっしゃるクライアントさんはとっても多いのです。)

また、からだが1回に吸収できる水分量には限りがありますし、がぶ飲みは一時的に血液を薄めるなどからだへの負担も懸念されますので「コップ1杯ずつ」をちょこちょこ飲む方が効果があります。

  

「こむら返り」にお悩みの方もそうでない方も、この先のハードな季節を“元気に”“スリムに”乗り切るために、ぜひ今日から「1日2Lのお水」を飲む訓練をしてみてくださいね☆

  

※「こむら返り」には、整形外科疾患(脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなど)や内分泌疾患(脳梗塞、脳腫瘍、糖尿病など)が原因の場合や、降圧剤やホルモン剤などのお薬が原因となる場合もあります。
その他、健康に何らかの問題のある方の水分補給につきましては、必ずお医者さまの指示を仰いでください。

  

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
 
メルマガ登録(無料)はこちら

  

□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
  
カウンセリングの詳細はこちら
   
よくある質問はこちら
   
カウンセリングのお申込みはこちら  
   
   
━━━━━━━━━━━━━━

■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   
  

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »