« 「デ部」部員の選ぶものは・・・ | トップページ | ダイエットのパワースポット »

2014年10月24日 (金)

おすすめの「ワンコイン・ダイエット」

  

こんにちは!もみい里香です!

前回のメールで

> 来週は祝日もないので通常通りのペースで配信できるかなー、と思っております。

とお伝えしておりましたが、気がつくともう1ヶ月(唖然)

いつからこのメルマガは「月刊」になってしまったのでしょうか(はぁ・・・)

とかボヤいてる場合ではないので、早速本題に入りますっ;;;

私がおすすめしているのは、10年前から一貫して「頑張らないダイエット」「5年先も続けられる方法」です。

つまり「生活することでやせる」ことが究極のダイエットだと思っていて、自分でもそういう生き方をず~~っと続けているんですが・・・

そんな私が、今ダイエットのために一番時間をかけていることは何だと思いますか?

運動?

マッサージ?

カロリー計算?

いいえ。

答えは

  

「オーラルケア」

   

です。

そう「お口の中のお手入れ」です。

本気で体重を落としたければ、まず「お口の健康」から。

「そっからかい!!」

と突っ込まれそうですが、はい。

そこからです。

思えば、私も「デ部」部員だった頃は「口内環境」が著しく悪かった。。。

「朝から甘いものを食べる」

「カバンの中にはお菓子が常駐」

「間食のお伴には清涼飲料水」

「寝る寸前まで飲み食い」

「磨いたつもりの歯磨き」

「痛くならないと行かない歯医者さん」

・・・では無理もないですよね;

若気の至りと言いますか・・・その頃は周りもみんな同じような感じで特にダメダメ感もなかったんですが。

でも!!

10年、20年と歳を重ねた時に、明らかに「差」ができてしまうんですよ。
(お若い方、覚えといてくださいね~!!)

試しに、周りをぐるーーーっと観察してみてください。

いくつになっても“健康的にスリムな美人”はお口の中まで美人です。

あるアンケートによると「美容を意識する人ほど口内環境も意識している」という結果が出ているそうです。

かと言って、大枚はたいてホワイトニングや歯列矯正を・・・って話ではありません。

体重を落としたければ、最低限

   

「よく噛める状態」

  

にしておいていただきたいのです。

体重を落とすために「運動」を頑張ってる人も多いと思いますが、ダイエットを成功させるうえで必要不可欠な運動は「有酸素運動」でも「無酸素運動」でもなく

   

「そしゃく運動」

   

である、と私は確信しております。

ウォーキングや筋トレができなくても体重を落とすことは可能ですが、ものを噛めなくなったらテキメン体重は増えてしまいます。

1本の歯の不具合が骨格やホルモン分泌に与える影響は想像以上に大きく、それが肩こりや頭痛、生理不順や生理痛など様々な体調不良の原因になることも。

とにかくびっくりするくらいからだのあらゆる機能に影響が及んでしまう「そしゃく運動」ですが、とりわけダイエット面における役割としては

   

■唾液の分泌を促す

■栄養の急激な吸収を防ぐ

■脳に満足感を与える

   

などがあります。

ドリンクタイプの「置き換えダイエット」や「スムージーダイエット」などの経験者に大幅なリバウンドが見られたり、歯を治療中の方が硬いものを噛めずに体重を増やしてしまったり・・・といった現象もうなずけるのではないでしょうか。

ちなみに、昔の日本人は1日に1~1.5Lの唾液を分泌していたそうですが、噛まずに食べられるものが増えた現代では、それも0.8~1Lにまで減っているそうです。
(唾液の中には「やせるホルモン」がいっぱい含まれてるんですけどね~)

また、よく噛むことで、ものを食べる時に使われるエネルギー(食事誘導性熱代謝量)も数倍UPすると言われています。

そういうこともあり、ダイエットカウンセリングのクライアントさん達には、

  

『30回噛むと「標準体重」に、50回噛むと「美容体重」に、100回噛むと「モデル体重」になる』

   

と、はっぱをかけております。笑

さらに

> よく噛むようになったことで、寝起きにむくむことが多かった顔もすっきりしてきました。
> 毎朝起きた時に、慌てて鏡を見てむくみチェックをしていましたが、今はそんな必要もありません。
> 日によってはむくむこともあるけれど、しっかりかみかみしていたら、気付いたころには元通り!!
> 心配事がひとつ減りました~。
>(S.Yさん 大阪府 31歳兼業主婦)

なんてお声もあるくらい「よく噛んで食べる」ということはお顔のストレッチにもなり「むくみの解消」や「小顔効果」「二重アゴ防止」といった副産物までもたらしてくれます。

そんな「そしゃく運動」を起こせるのも「お口の健康」あってのこと。

・・・ということで、私が今ハマっているのは

   

「歯間ブラシ」

   

です。

「え?今さら?」と思われるかもしれませんが、長年ずっと「デンタルフロス派」でして;

新しく通い始めた歯科医院ですすめられた「歯間ブラシ」に、これまでのフロスにはない「面白さ」と「達成感」を感じ(笑)1日3回の食事の後に3種類の太さのブラシを駆使して歯の隅々までお掃除しています。

と言っても、かかる費用はワンコイン(500円)程度、所要時間5分弱くらいで、全然大した負担ではないんですが・・・

でもでも!!これやるともう「間食」なんか絶対したくなくなるんですよね!!

せっかくキレイにしたお口の中を汚したくありませんから。

以前、食べ過ぎ防止策として「食後の歯磨き」をおすすめしたことがありますが

▼「食欲の秋の救世主」▼

この「歯間ブラシ」には、手間がかかっている分、それをはるかに上回る効果があるなと。

「食欲の秋」が終わると「忘年会シーズン」そして「クリスマス」に「年末年始」・・・と、年間最大の鬼門が着々と近づきつつあります。

「やめられない間食」や「抑えられない食欲」にお悩みの方は、騙されたと思って(?)まずはこの「ワンコイン・ダイエット」試してみてください☆

「生活することでやせる」ってことの意味をちょっぴり体感いただけると思います(^-^)   

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら  
(スマートフォンの方はこちら) 

   

━━━━━━━━━━━━━━

■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

        
   
   
  

« 「デ部」部員の選ぶものは・・・ | トップページ | ダイエットのパワースポット »