« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月に作成された記事

2015年2月27日 (金)

本末転倒ダイエット

   

 

こんにちは!もみい里香です!

最近ダイエットカウンセリングの現場で立て続けに同じようなご報告がありました。

   

> 今回は炭水化物を3食抜かないように気をつけました。
> 3食とっても意外と太らないどころか、ちゃんと体重が減っていくので驚きました。
> あれほど好きだった菓子パンが食べたいと思わなくなったことも驚きの変化です。
> 「炭水化物抜きがトリガーかも」という、里香先生の推察、おそるべし!
> 自分ではそうだとは気がつきませんでした。
>(K.Hさん 東京都 47歳兼業主婦)
   
    
> やはり今まで炭水化物が足りなかったのでしょうか?
> 今回はちきちんと一定量の炭水化物を食べたことで全く間食をせずにすみました。
>(S.Oさん 神奈川県 34歳OL)

   

と、どちらも

   

「ご飯をちゃんと食べたら間食がなくなった」

   

というご報告でした。
(※この場合の「ご飯」とは「主食」「炭水化物」を指します。)

こうやって文章にしてしまうと、なんだかとっても当たり前のことのように見えるんですけども。笑

結構、多いんじゃないかと思うんですよね。

体重を落としたいばかりにご飯を抜いたり減らしたり・・・その結果、

    

「チョコレートを箱食いしてしまった」

とか

「ポテチを1袋平らげてしまった」

   

とかで自己嫌悪に陥っている人。

どっちも“止まらなくなる”でしょう?

しかも、カロリーの割にお腹にはたまらないし。

すぐまたお腹空いちゃうし。

後に残るのは「後悔」と「脂肪」のみという・・・

そういう人に限って、チェックしてみると、あーやっぱり。

ご飯を食べてなかったり、量が極端に少なかったりするわけです。

頑張ってご飯減らして、お菓子食べてどーすんの!?

と言いたくなる

    

「本末転倒ダイエット」

    

ですね。

こういうことは、このメルマガでもう何度も何度もお伝えしてきてますし、ベテランダイエッターさんにとっては常識中の常識でしょうが・・・

それでもまだそういうところでつまづいていらっしゃるダイエッターさんも多いようなので、今日はあえて「ダイエットの基礎知識」をお伝えしたいと思います。

初心者ダイエッターさんはもちろん、ベテランダイエッターさんも初心に戻って

    

「間食をやめたければ、ご飯を食べる」

    

ってことを徹底してください。

「置き換えダイエット」や「糖質制限ダイエット」など“ご飯を食べないダイエット”の異常なほどのリバウンドぶりは極端な糖質不足や無計画な糖質カットが原因です。

「糖質」は脳の貴重なエネルギー源です。     

大脳が1日に消費する糖質だけでも約130gが必要で、脳のエネルギー不足を防ぐためには「1日に180gの糖質」が必要と言われています。

ちなみに、100gあたりのご飯には約37g、食パンには約44gの糖質が含まれています。

「100gのご飯」と言えば「子供茶碗1杯分」です。

ただ、糖質は野菜や果物、調味料に至るまで・・・いろ~んな食品に含まれていますので、それを差っ引くと

最低でも1日に「子供茶碗3杯分のご飯」は必要です。

この必要摂取量を下回ると、脳にとっては「絶食」と同じ状態になるため、食べ物のことを考える割合が増え、ついには甘いものやアルコール(いずれも糖質です)をむさぼることに。。。

脳のクーデターですね。苦笑

でも、それも糖質の補給なんだからいいんじゃないの?

と思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、そこが大きな間違いでして・・・

同じ糖質でも

   

・果物に含まれる果糖(単糖類)

・お菓子に含まれる砂糖(少糖類)

・穀類やイモ類に含まれるでんぷん(多糖類)

            

では全く種類が違いますし、吸収率や血糖値の上昇速度(GI値)も大きく違ってきます。

この「吸収率」とか「GI値」とかが満腹感や腹持ちに大きく関わってくるんですよね。

砂糖(少糖類)や果糖(単糖類)などの「甘い糖質」は、吸収が早く血糖値の上昇速度も早いため下降も早く、すぐにまた空腹を感じ「間食や暴食のスパイラル」に陥りがちです。

少なくとも「体重を落としたい人」の脳のエサとしては、吸収率や血糖値の上昇速度がゆっくりな穀類やイモ類に含まれる「甘くない糖質(多糖類)」の方が望ましいです。

               

「頭を使うから甘いものが必要」

「疲れを癒すには甘いものが一番」

         

と信じ込んでる人も多いようですが、現代人の食生活において“糖質を全く含まない食品”はほとんどなく、体内にもある程度の糖質は「グリコーゲン」という形でストックしてあるので、遭難者でもない限り急速の補給が必要なほどの糖質不足に陥ることはありません。

また、「甘いものが幸福感をもたらす」という確固たる栄養学的証拠もほとんどありません。

体重を落としたい人が、わざわざ「甘い糖質」を補給する必要は全くないのです。

その事実を、まず自分の頭にしっかりと言い聞かせておいてください。

そのうえで、1日に最低「子供茶碗3杯分のご飯」を食べていただきたいと思います。

それも、最低3回に分けて。

からだが1回に蓄えることのできる糖質の量には限界があり、それを超えた分は「脂肪」に変換し(!)備蓄されてしまいますので。

               

「甘いもの」は「甘いもの」

                

食べたい時は、都合のいい言い訳で正当化せずに「オキテヤブリ」として覚悟を持って食べましょう。

以上、今回は

               

『必死に頑張ってご飯を我慢している人より、淡々と1日3回適量のご飯を食べてる人の方がやせやすい』

               

というお話でした。

                
                  
              

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら  
(スマートフォンの方はこちら
   
   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   

 
 

2015年2月13日 (金)

知ってることが大事

    
    
   

こんにちは!もみい里香です!

  

「13日の金曜日」

   

この日が近づくにつれドキドキしていたのは昭和の時代の子ども達だけなんでしょうか~(すっごい怖かったんですけど;)

今日は、それよりもみなさん明日の「バレンタインデー」のことでいっぱいいっぱいかもしれませんね。苦笑

バレンタインデーと言えばチョコレート。

ということで、

    

「太りにくいチョコレートの選び方」

「体重を増やさずにチョコレートを楽しむ方法」

    

的なダイエット情報も巷を飛び交っているようですが・・・

このメルマガの読者さん達はよくご存じのとおり、私はあえてそういうアドバイスはいたしません。

だって、太らないチョコレートなんて全然美味しくないですし、体重のことを気にしながらチョコレートを楽しめるはずもありません。

            

「チョコもケーキも太るに決まってます」

           

それは覚悟したうえで楽しまなければ・・・

だから「年に1回」くらいがちょうどいいのです。

年に1回チョコレートのお祭りがあって、年に1回マシュマロのお祭りがあって、年に1回お誕生日ケーキがあって、年に1回クリスマスケーキがあれば・・・
それだけで年に4回のスイーツ祭りです。

家族やお友達がいればお誕生日ケーキはさらに増えるでしょうが、多くても「月に1回」くらいのペースではないでしょうか。

それくらいの羽目はずしで体重が大幅に増えることはありません。

むしろ、そういう時に往生際の悪い選び方や食べ方で心残りのまま終わってしまうと、そこからまた後を引いてしまうことになりかねません。

なので、

              

「たまのスイーツ祭りくらいダイエットのことは忘れて思いっ切り楽しみましょう!!」

                    

というのが、もみい流です。

明日も(自分でも食べる~って人は)体重を増やしたくなかったら、くれぐれも中途半端なチョコレートでお口を汚すことのないように。

「太って本望!!」と思える美味し~~いチョコレートだけをじっくりと堪能してくださいね☆

かく言うワタクシも、清廉潔白、カンペキな生活を365日送っているわけではありません。

悪いと知りつつ

              

「食後に甘いものを食べる」

           

こともありますし、ついつい

                  

「乳製品に手が出る」

                             

こともあります。“1日2食はお相撲さんの食生活”ってわかってても、忙しさのあまり

                   

「お昼を飛ばす(欠食する)」

               

こともあります。

                           

「夜9時以降の飲み食い」

                  

これだけはしないように決断してますが、それでも友達と盛り上がれば

            

「時間を忘れて飲み続ける」

              

こともあります。

ただ。

そういうことをする時に、頭の隅で、心のどこかで

                

「あ、ヤバイな」

             

と思ってやってるわけです。

実は、この「罪悪感」というのがものすごく重要でして。

あなたの体重を増やしてしまうのは、前述のスイーツ祭りのような年に数回レベルの「腹をくくった羽目はずし」ではなく、日頃の「覚悟のないオキテヤブリ」の積み重ねの方なんですよね。

それは実際に食事の記録でもとってみない限り、当の本人も気づいてないくらいの「無意識」と「頻度」で繰り返されています。

なので、

                

「なぜ体重が増えるのかわからない」

                 

と言いながら太り続けてる人が多いんですね。

・・・が、そこに少しでも罪悪感があれば「オキテヤブリ」の頻度はぐっと下がります。

さらに、意識の高い人はその「オキテヤブリ」を帳消しにする工夫や努力を怠りません。

                 

「トリュフチョコ1粒(80kcal前後)をなかったことにするためには1時間近いウォーキングが必要」

               

ってことを知ってる人ですね。

罪悪感を感じるか感じないか、帳消しにする工夫や努力をするかしないか、で同じ「オキテヤブリ」でもその後の体重&体型は大きく違ってきます。

全ては

            

「知ってるかどうか」

             

につきます。

             

「食後の甘いもの」

「乳製品」

「欠食」

「遅い時間の飲食」

            

が体重を増やすリスク要因である、ということを知っていれば、それをやった時に必ず罪悪感がついてまわるはずです。

しかも、その帳消しのためにどれだけの労力が必要かってことまで知っていれば「オキテヤブリ」にも覚悟がいりますし「また明日も」ってことにはなりません。

もし、こういった行為に罪悪感を感じていない人は、もしかすると「覚悟のないオキテヤブリ」の積み重ねで年々体重を増やしているのかもしれません。

                

「知ってることが大事」

              

ってことを知ってることがまた大事なので(笑)これからも前向きな罪悪感を抱くために、このメルマガで「ダイエットのツボ」をしっかりと押さえておいてくださいね☆

    
      

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら  
(スマートフォンの方はこちら
   
   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   
      

2015年2月 6日 (金)

期間限定のおすすめ品

   
   

こんにちは!もみい里香です!

明るい陽射しの中にもピリリとした冷たい空気。

このアンバランスさに今年も春の訪れが近づいていることを感じさせられますね~

2015年も2枚目のカレンダーがめくられ、生活の方もようやく落ち着きつつある頃ではないかと思われますが・・・

ホッとしたところで体調面にも体重面にも“年末年始のツケ”が回ってくる頃でもあります。

みなさんの体調&体重は大丈夫でしょうか?
 

「なんとなくスッキリしない」

「疲れが取れない」

「体重も落ちない」

        

なんて時には、どーーーしてもサプリメントなどに頼りたくなっちゃいますよね。

そんな時、

   

「整腸作用」があって「糖質や脂肪の吸収を抑制」しつつ「脂肪燃焼や代謝を促進」してくれて
「むくみの解消」や「美肌」「アンチエイジング」「疲労回復」にも効果絶大!!

     

なんてシロモノがあったら、つい買ってしまう人も多いんじゃないでしょうか。
(考えてみると、世の中のサプリメントの広告のほとんどはこのいずれかのフレーズで構成されているような^^;)

しかも、「期間限定モノ」となったら・・・

いっきに価値が上がり、多少高価なものでも手が伸びてしまいそうですね。笑

    

        

あるんです。

そういうものが。

まさに「今だけ」    

   
    
         

でも、サプリメントじゃありません。

それは

            
        
        

「いちご」

              
   
               

です(!!)

もともと私のカウンセリングでは「おすすめの食品」の1つとして昔から登場している「いちご」なんですが、私自身、最近つくづくそのパワーを思い知らされる出来事がありまして。

そもそもなぜ「いちご」がおすすめなのか、主な成分と効能をざっと挙げてみますと・・・

            

【ペクチン】 
・糖質&脂質の吸収抑制
・優れた整腸作用

           

【カリウム】
・むくみ解消
・高血圧予防効果

              

【アントシアニン】
・眼精疲労回復
・がん予防効果
・肝機能改善

                 

【クエン酸・りんご酸】
・疲労回復

                 

【ビタミンC】
・風邪予防効果
・抗ストレス効果
・免疫力UP
・美肌効果

                 

【キシリトール】
・虫歯予防

                  

などなど・・・

改めて調べてみると、他にも書ききれないほどのポリフェノールや、なななんと頭痛薬や鎮痛剤にも使われるサリチル酸まで(!)含まれているんですね。

最近私が体験した「健康効果」「ダイエット効果」「デトックス効果」を振り返ると「なるほど~~~」と唸ることばかりです。

その貴重な体験とは・・・

              
        
           

「いちご狩り」

              
   
            

です。

先月、年末年始のハードワークでお疲れ気味だった私を、以前所属していた「デ部」の仲間たちが、休日の朝一番から郊外のいちご農園に連れ出してくれました。

そして、たわわに実った大粒の「いちご」を食べるわ食べるわ・・・

さすがに「いちご農家を潰す自信がある」と豪語していたデ部部員たちは、笑いながらあっという間に50個、70個・・・と平らげておりました;;;

「たった30分の食べ放題じゃ無理ーーー」

と、全く弱気だった私も、彼らの勢いにつられて結局モトをとれるくらい食べてしまいました;

そんな感じで、イベントとしては午前中であっさり終わってしまった「いちご狩り」なんですが、すごかったのがそのあとのからだの変化。

その日の「お通じ」は(大も小も)からだ中のいらないものが全部出たんじゃないかというくらいのデトックスぶりで;
その日以来確実にからだのシルエットは変わっていますし、疲労回復に至っては、かれこれ半月経った今でも効果は持続しています(!)

からだの奥からものすごーーーくリフレッシュしている感じ?

これ、おそらくスーパーの「いちご」1パックを家族で分けて食べるくらいの量ではわからなかった効果です。

毎日とは言いませんが、1ヶ月に一度、いや1年に一度でも「30分で無理やり50個以上食べる」くらいの荒療治(?)を行ってみるのもいいかも、と思った次第です。

ちなみに、私が行ったところは「一人1,800円/30分」の入場料でしたが、軽く5パック以上は食べてますし、マッサージ1回分の料金&効果を考えると断然コスパ良いです。

昔ながらの“露地もののいちご”の旬はもう少し先のようですが、ハウス栽培のいちご狩りは1月~2月がピークのようなので、まさに今この時期の「期間限定モノ」

よかったら、この週末にでもトライしてみてください☆
(もちろん、農園まで出向かなくても、ご自宅で「30分で無理やり50個以上食べる」でもいいですよ~^^;)

あ、おわかりかと思いますが、体重を落としたいダイエッターさんはくれぐれも「練乳なし」でお願いしますね!!笑                    

      
                

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
          
メルマガ登録(無料)はこちら

         
           
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
                 
             
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
            
カウンセリングの詳細はこちら
            
よくある質問はこちら
              
カウンセリングのお申込みはこちら  
(スマートフォンの方はこちら) 

               
       
   
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

                 
                    
                    
                

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »