« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月に作成された記事

2015年12月25日 (金)

まつ毛が伸びた人いませんか?

   

メリークリスマスもみい里香です!

シナトラのクリスマスソングのBGMも今日までだなぁ。。。

明日になれば一転、歌舞伎の回り舞台のごとく日本列島は一気にお正月ムードへと早変わりですもんね~(寂しいような楽しいような慌ただしいような・・・)

そうやって2015年も着々と終わりに近づきつつありますが、ダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」では今年も多くの方達との出会いがありました。

その出会いの数だけいろ~んな変化を見せていただいてるわけですが・・・

実は、変化が見られるのは「体重」だけじゃあないんです。

先日も、あるクライアントさんから

> いつも必ずくる生理前の頭痛、肩こりが全くありませんでした。
> あと、●●●●●●のせいかどうか謎なのですが、まつ毛(特に下まつ毛)がすごく伸びてきました!
> 血行が良くなって生えてきたのかしら?とにかく嬉しい報告です!
>(M.Yさん/神奈川県/39歳主婦)

というご報告をいただきまして。
(●●●●●●は当方秘伝の「ワザ」です。笑)

体重を落としていく中で、頭痛、肩こりなど体調不良が改善されることはよくあることで、

「そうでしょ、そうでしょ」

って感じなんですが、さすがに「まつ毛」は

「えええええ、それはーーー」

と、思わず「ないないない」とリアクションしてしまったわたし。

ところが、その直後。

はっ!と思い出したんです。

以前、まつ毛エクステを担当してくださったアイリストさんに

「今まで施術してきたお客さんの中で、もみいさんの下まつ毛が一番長いです!」

と言われたことを。

え?

これ、偶然でしょうか;;;

そ、そう言えば、

> このダイエットを開始した頃抜け毛が増えたのですが、これも好転反応では?と思いずっと様子を見ていました。
> その後、今ではすっかり抜け毛も落ち着いたのですが、びっくりしたのは抜け毛の根元です。
> どの抜け毛もカラーリングしたかの様に根元1~2cmがハッキリクッキリ黒々と太くなっているのです。
> カラーリングはしていないので、体質改善の効果だと確信しています。
> 髪は血液の影響が大きいそうですね。
> 今回のダイエットプログラムでの変化が意外なところで目に見えてきました。
>(N.Oさん/北海道/45歳主婦)

なんて方もいらっしゃいましたっけ。

              

「け、毛も伸びるんだーーーー!!!」

             

というのが、“もみい流ダイエット”20数年目にして初めて気がついた事実でした。

でも、考えてみれば、ありそうな現象です。

髪や爪は“死んだ細胞の集まり”なので、今表に出ている部分は「数ヶ月前の栄養状態」で作られたものです。

つまり「過去の栄養状態の成績表」でもあるわけです。
              
栄養状態を左右するのは食生活のみならず、入浴や睡眠などその他の「生活のしかた」も大きく関わってきます。

常日頃このメルマガでもお伝えしておりますが、

                

「生活のしかた」で増えた体重は「生活のしかた」で落としていく

                

これが一番確実かつ一番の近道となります。

私のカウンセリングでは「太る生活のしかた」→「やせる生活のしかた」へと根本的な生活改善を図ることでまず体質改善を行い、その結果として体重を落としていきます。

なので、そのプロセスで「便秘」「冷え」「むくみ」「頭痛」「肩こり」「生理不順」などの改善報告や

「血圧の薬が不要になった」とか

「健康診断の数値が全て基準値をクリアした」

といったご報告は、ホント後を絶たないんですが、今回の

          

「まつ毛(特に下まつ毛)がすごく伸びた」

            

というご報告は久々にインパクトがありました。

「もしかして、気のせい?」

と思って封印している方もいらっしゃるかも・・・

ということで、この機会にちょっと検証してみたいので(笑)
お心当たりのあるクライアントさんはぜひご一報ください。

・・・って、いったい何をお伝えしているのかわからなくなってしまいましたが;

これが今年最後のメルマガ配信となります。
(あぁぁぁ~最初の構想と思いっ切り違う内容になってしまった汗)

来年もこんな調子で、思いついたこと、新たな発見、マイブームなどなど・・・
ダイエットカウンセリングの現場からリアルな情報をいろいろ発信していきますので、引き続き「ダイエットの友」としておつきあいいただけると嬉しいです。
(あ。当方は決して「薄毛専門カウンセリング」ではありませんし「毛深くなるダイエット」でもないので、念のためwww)

それでは、みなさまどうぞ素敵なクリスマス&良いお年を.。:*・☆         

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.

   
   

2015年12月18日 (金)

生活することでやせる

    

こんにちは!もみい里香です!

いよいよ2015年もあと2週間となりましたね。

メールでのダイエットカウンセリングも、2004年の開設以来、間もなく12年が経とうとしています。

その中で“水戸黄門さま”のごとく(?)最後の最後にご正体を明かして卒業していかれるクライアントさんも結構いらっしゃいます。

私の場合、依頼者の方からご申告いただいた以上の情報(バックグラウンドとか)は、あえてお調べしたりはしないので(その方がフラットな気持ちでアドバイスすることができますゆえ。笑)
どんなお立場の方であれ私にとっては、ただ一人の“体重を落としたいダイエッターさん”でしかないのですが。

実は、健康のプロだったり、美容のプロだったり、文章のプロだったり・・・

あとから“真実のお姿”を知って、汗が吹き出る思いをすることも。苦笑

T.Sさん(東京都/38歳/兼業主婦)もそんなお一人で、この度「6ヶ月減量コース」で

<体重>
57.8kg

49.8kg

<体脂肪率>
27.9%

19.8%

を落としてめでたく卒業されました。

その方からの最後のメールを一部ご紹介しますと・・・

> 当初の目標を超えビックリするほど痩せました!!
> 開始当初の自分には想像もできないことです!!
> (中略)
> そしてメルマガにもそういう方確かいらっしゃいましたが、うちの旦那さんも!私と同じ生活をしていたら8キロ痩せました笑。
> 里香先生のノウハウ、本当にプロなんだなーと思いました。
> 里香先生はたくさんのダイエッターさんを抱えながらの私へのアドバイスだったのかと思いますが、期日や連絡などもしっかりしていらして、お会いしたことがなくても安心してカウンセリング出来ました。
>
> 最後に打ち明けると・・・。
> *****という人の健康に携わる仕事をしております。
>
> 「自分で自分の生活を変えていくこと」への意識が、里香先生とのダイエット生活で大きく変わりました。
> それは仕事の上でも影響を受けました。
> 生活習慣を変えることの大変さも良く分かるし、どうやったら変えられるのかも今は少しは分かるようになりました。
> 里香先生のように「自己管理できるようにサポートし、健康になっていく」お手伝いができるお仕事、素晴らしいと思います。
> お仕事する先輩女性としての里香先生からも、勝手にいい刺激を頂いてました。
> 今後のご活躍もお祈りしています。

と、思いっ切り「健康のプロ」でいらっしゃいました。笑

おそらく、私以上に多くの専門知識をお持ちだったと思います。

でも、知識だけでは結果が出せないってところが、ダイエットの難しい部分でもあります。

ダイエットを成功させるためには、あまたの知識の「冷静な選択」と「導入のタイミング」が必要です。
                
         
「まるで処方箋ですね」
       
            
と表現された方もいらっしゃいましたが、まさにその通り。

同じ症状でも、そのレベルや体質によって必要な薬とそうでない薬があるように、同じ体重を落とすでも、人によって有効な知識とそうでない知識があります。

また、以前は必要なかった知識が数年後にものすごく役に立つこともあります。

それを、経験と実績と勘(笑)をもとに、その人に合った方法で組み合わせていくのが私の仕事なのかな、と思っております。

例えば、前出のT.Sさんの体重を8kg落とすために、特別な減量プログラムは何もとり入れておりません。

当たり前に過ごしてこられた日々の生活をダイエットカウンセラーの視点から少しずつ少しずつ修正していっただけで、「6ヶ月でマイナス8kg」というごくごく自然なペースで体重を落とされました。
 
 
「生活することでやせる」
         
                      
という理想のダイエットの形と言えるでしょう。
(生活をともにされてる旦那さままで同じ8kgを落とされているのが何よりの証拠ですね!笑)
                        
> もしカウンセリング開始当初にこの生活習慣と課題を言い渡されたら「絶対できない」と思ったと思うのですが、先生のメールで少しずつ気づかぬうちに難易度をあげてもらっていたおかげで、半年前からは考えられないメニューをこなせている自分がいます。
                                          
とのお言葉でもわかるように、おそらくお二人ともさほど“頑張った感”もなく、はたからは気づかれないくらいの変化でウエイトダウン&サイズダウンしていかれたのではないかと。

でも、8kg落ちたら半年前とは別人です。

毎日会ってる人には気づかれないけど半年ぶりに会った人がビックリする、というパターンですね。

しかも、「何かを使って」「何かをやめて」落とした体重ではないので、この先リバウンドする理由がありません。

同じ時間と労力、費用をかけて体重を落とすなら、そういうやせ方を目指していただきたいなぁ、と改めて強く感じたT.Sさんからの最後のメッセージでした。          

 

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   
  

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   

               
       

2015年12月11日 (金)

年間最大の鬼門をクリアする秘訣

   

こんにちは!もみい里香です!

先日、TVの情報番組でのこと。

あるリポーターが100歳の現役ジャーナリストに長寿の秘訣を尋ねたところ、そこで間髪入れずに返ってきた答えが

            

「長生きの秘訣は、ズバリ歯間ブラシ!!

              

だったそうで。

これにはちょっと衝撃を受けました。

もちろん、その方は「歯」の重要性をおっしゃりたかったんだと思いますし、確かに、

                 

「自分の歯で噛む」

                   

ということが、からだにもたらす恩恵については医学的にも証明されていることではあるんですが。

そこであえて「歯磨き」という答えではなく、具体的に「歯間ブラシ」という特定グッズが出てくるところが・・・

めちゃくちゃ説得力あるなwwwと。

電動歯ブラシでもなく、デンタルフロスでもなく「歯間ブラシ」ですよ!!

それが、病気や痴呆を防ぎ健康な老後につながるとは!!

私もますます「確信」を得た次第です。

え?何に?って?

実は、年間最大の鬼門「年末年始」を体重を増やさずにクリアする秘訣も、ズバリ

                

「歯間ブラシ」

                

にあるんです!!

この歯間ブラシについては、以前にもこのメルマガでお伝えしたことがあるんですが・・・

私自身、長年「デンタルフロス派」だったんですよね。

でも、なんだか面倒くさくって、やったりやらなかったり。。。
歯ブラシだけでオワリ、ってことも多かったように思います。

それが、1年前新しく通い始めた歯科医院で、初めてきちんと「歯間ブラシ」と向き合うことに。(それまでなんとなく“お年寄り用”というイメージがありまして・・・スミマセン;)

そしたら、どういうわけだか、これが思いのほか面白くて!笑

あれからもう1年以上続いてますよ~

1日3回食事の後に3種類のサイズのブラシで1本1本お掃除する、ってことが。何の苦もなく!!

「面白いこと」「達成感のあること」ってやっぱ続くんですねー(つくづく)

今や歯間ブラシは、もう私にとって“なくてはならないもの”となっちゃってます。

なぜ、そんな歯間ブラシが年末年始の体重増加を防いでくれるかと言いますと・・・

まずは、やはり

               

・歯のクリーニング効果が歯ブラシのみの場合とは桁違い

                    

ってことですよね。

それにより、虫歯や歯周病を防ぎ「自分の歯で噛む」ということがきちんとできれば、唾液の分泌とともに「やせるホルモン」が分泌されます。

そんなこと、日頃意識したこともないでしょう!?笑

小さい頃からそれ(よく噛む)をちゃんとやっていれば、唾液腺もどんどん成長するらしいですよー(もっと早く知りたかったwww)

「やせるホルモン」については、過去記事▼「やせるホルモン」▼をご参照いただきたいのですが、こういったメカニズムは「自分の歯で噛む」から起こることで、これが入れ歯になった時にその咬合力(噛む力)は2~3割程度にまで落ち込むんだそうです。

そうすると、当然唾液やホルモンの分泌も減少していきます。

それだけではありません。

年間最大の鬼門「年末年始」で怖いのは暴飲暴食。

イベント続きの毎日、不規則な生活、そんな中でのノンストップのダラダラ食い。

常にお口の中に何かが存在していたんでは体重も増える一方です。

そんな状態にストップをかけるのが「食後の歯磨き」

この誘惑だらけの日々に体重を増やしたくなかったら、騙されたと思って!!

3度の食事が終わる毎にソッコー歯磨きをする癖をつけてください。

歯磨き粉のミントの成分には“食欲を抑える”という意外な効果もありますので、そこでまず「食べるリズム」が中断します。

そして「5分」間が空くと、食欲はすっかり収まってしまいます。

また「キレイになったお口の中を汚すのがイヤ」という心理的作用が働き、惰性でお菓子をつまむことに気が引けてきます。

そこでさらにその効果をより確実なものにするのが「歯間ブラシ」なんです。

歯間ブラシで歯と歯の隙間までがっつり汚れを掻き出したあとは、前述したように、歯ブラシのみの場合とは桁違いにお口の中がスッキリするので、

「これをまた汚して、もう一度磨くのは面倒くさい!!」

という負のパワーまで手伝って(笑)間食への意欲がすっかり失せてしまうのです。

そう、そのスッキリ度合が歯ブラシやフロスの場合とはぜんっぜん!!違うんですよね。

               

「常にお口の中を清潔にしておく」

                   

ということが、年末年始のみならず、日頃の間食癖を克服する秘訣でもあります。

面倒くさがりの人こそ効果が期待できる「歯間ブラシ」

ぜひ試してみてください(面白いですよ~笑)

    
   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   
  

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   

2015年12月 7日 (月)

飲み会で本当に怖いのは・・・

             

こんにちは!もみい里香です!

世の中、忘年会シーズンまっただ中。

この時期は日頃お酒を飲まない人でも「忘年会」や「クリスマス」「仕事納め」等々・・・

お酒と接する機会が多いと思われますので、今日はそんな時の注意事項を少しお伝えしておきますね。

ダイエットカウンセリングの方では必要に応じて「体重を増やさずにお酒とつきあうコツ」を具体的にアドバイスしておりますが、

過去記事▼「メリハリのあるダイエット」▼でもお伝えしているように、365日優等生のダイエットライフを貫いている人なんていませんし、

年に一度のクリスマスケーキのカロリーなんか気にする必要はない!

たまの飲み会くらい好きなものを好きなだけ飲み食いして、その分がっつり動けばいい!!

・・・というのが私の持論です。

それに「太らないお酒の選び方」とか「飲み会前後の対処法」的な情報は、この時期いくらでも溢れていますし、読者のみなさんもすでに“耳にタコ”でしょうから、あえてここでは触れません。

ただ。

1つだけ、気をつけておいていただきたい点がありますので、それだけはお伝えしておこうと思います。

               

「お酒を飲んで太る」

                

というケースは、ほぼ例外なくここに原因がありますので。

そもそもお酒自体のカロリーはそう高くはありません。

例えば、缶ビール(350ml)1本のカロリーは150kcal前後、とご飯1膳より少ないカロリーだったりします。

それに今は「糖質オフ」や「カロリーオフ」の商品も開発されていますし、お酒の摂取だけでそうそう体重が増えることはありません。

むしろ、アルコールには筋繊維の破壊や筋肉の萎縮を促す性質があるため、アルコール中毒の患者さんにはガリガリにやせ細った人もいるくらいです。

飲み会や晩酌で体重が増える、という場合は、お酒よりも「おつまみ」や「酒の肴」に原因があるケースが多いのです。

得てして“お酒が進むおつまみ”には「脂っこいもの」や「味の濃いもの」が多いため、「お酒」→「おつまみ」→「お酒」→「おつまみ」とどんどんカロリーが上積みされる傾向にあります。

しかも、アルコールが入ってしまうと、気持ちが大きくなってしまうのか?はたまた満腹中枢が鈍ってしまうのか??

いつもなら考えられないような食べ方をしてしまうことってありませんか?

かく言うワタクシも;

先日友人とワインを飲みながら食事していて、アラカルトからメインまでお腹いっぱい食べたはずなのに「ん?まだワインが残ってるな」って思ったら、つい「フライドポテトを!」って追加オーダーしそうになっちゃいましたからwww

「おっと、アブナイ!!Σ(゚д゚lll)!!」

と我に返り、すんでのところで思いとどまることができましたけど;

それは、

             

「なぜここでフライドポテトを食べたくなったのか」

               

その理由がわかっていたからです。

ここのところをダイエッターのみなさんにもわかっておいていただきたいんですが。。。

お酒を飲むと、人間のからだはアルコールの分解を最優先させます。

いわゆる「解毒」です。
(からだにとってアルコールはやっぱ毒物なんですね;)

解毒を行うのは「肝臓」の役割ですが、実は肝臓には他にも“血液中の糖の濃度(血糖)をコントロールする”という大事な役割があるんです。

ところが、肝臓が毒物の処理(解毒)に追われているあいだ、血糖のコントロールは二の次になってしまうので、からだの中は空腹時と同じ状態(低血糖)に。

これが「食べても食べてもまだ入る」という状況を作ってしまうんです。

私のフライドポテトじゃないですが、飲み会のあとに無性にラーメンやアイスが食べたくなる・・・という現象に心当たりはありませんか?

これ、全て「糖質」なんですよね。

つまり、その食欲は決して空腹が原因なのではなく、アルコールにより血糖のコントロールが上手くいってないことが原因なんです。

そこをわかっておかないと、糖質のとり過ぎで血糖値が上がり、それを下げるためにインスリンが過剰に分泌され、肝臓のみならずすい臓にも大きな負担を与えることに。

しかも、インスリンはあふれた糖質を脂肪に変えて蓄える“肥満ホルモン”でもありますから、それが余計に分泌されるとどうなるか。。。

もちろん、カロリー面でもかなりのリスクを負うことになりますので、当然体重は増えますよね。

年に一度の忘年会やクリスマスパーティくらい、ダイエットのことは忘れて思いっ切り楽しんでいただきたいんですが、最高体重で新年を迎えたくなければ、お酒を飲んだ後の「〆のラーメン」や「お口直しのパフェ」だけはグッと我慢しましょう。
(酔い覚ましにテクテク歩いてるうちに血糖値も落ち着いてきますので。)

「飲み会続きで体重が増える」という状況にはこういう背景がある、ということをわかったうえで、今年の忘年会シーズンも上手に乗り切っていただきたいと思います☆

               

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
           
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »