« しょっぱいものが欲しい時 | トップページ | 年間最大の鬼門をクリアする秘訣 »

2015年12月 7日 (月)

飲み会で本当に怖いのは・・・

             

こんにちは!もみい里香です!

世の中、忘年会シーズンまっただ中。

この時期は日頃お酒を飲まない人でも「忘年会」や「クリスマス」「仕事納め」等々・・・

お酒と接する機会が多いと思われますので、今日はそんな時の注意事項を少しお伝えしておきますね。

ダイエットカウンセリングの方では必要に応じて「体重を増やさずにお酒とつきあうコツ」を具体的にアドバイスしておりますが、

過去記事▼「メリハリのあるダイエット」▼でもお伝えしているように、365日優等生のダイエットライフを貫いている人なんていませんし、

年に一度のクリスマスケーキのカロリーなんか気にする必要はない!

たまの飲み会くらい好きなものを好きなだけ飲み食いして、その分がっつり動けばいい!!

・・・というのが私の持論です。

それに「太らないお酒の選び方」とか「飲み会前後の対処法」的な情報は、この時期いくらでも溢れていますし、読者のみなさんもすでに“耳にタコ”でしょうから、あえてここでは触れません。

ただ。

1つだけ、気をつけておいていただきたい点がありますので、それだけはお伝えしておこうと思います。

               

「お酒を飲んで太る」

                

というケースは、ほぼ例外なくここに原因がありますので。

そもそもお酒自体のカロリーはそう高くはありません。

例えば、缶ビール(350ml)1本のカロリーは150kcal前後、とご飯1膳より少ないカロリーだったりします。

それに今は「糖質オフ」や「カロリーオフ」の商品も開発されていますし、お酒の摂取だけでそうそう体重が増えることはありません。

むしろ、アルコールには筋繊維の破壊や筋肉の萎縮を促す性質があるため、アルコール中毒の患者さんにはガリガリにやせ細った人もいるくらいです。

飲み会や晩酌で体重が増える、という場合は、お酒よりも「おつまみ」や「酒の肴」に原因があるケースが多いのです。

得てして“お酒が進むおつまみ”には「脂っこいもの」や「味の濃いもの」が多いため、「お酒」→「おつまみ」→「お酒」→「おつまみ」とどんどんカロリーが上積みされる傾向にあります。

しかも、アルコールが入ってしまうと、気持ちが大きくなってしまうのか?はたまた満腹中枢が鈍ってしまうのか??

いつもなら考えられないような食べ方をしてしまうことってありませんか?

かく言うワタクシも;

先日友人とワインを飲みながら食事していて、アラカルトからメインまでお腹いっぱい食べたはずなのに「ん?まだワインが残ってるな」って思ったら、つい「フライドポテトを!」って追加オーダーしそうになっちゃいましたからwww

「おっと、アブナイ!!Σ(゚д゚lll)!!」

と我に返り、すんでのところで思いとどまることができましたけど;

それは、

             

「なぜここでフライドポテトを食べたくなったのか」

               

その理由がわかっていたからです。

ここのところをダイエッターのみなさんにもわかっておいていただきたいんですが。。。

お酒を飲むと、人間のからだはアルコールの分解を最優先させます。

いわゆる「解毒」です。
(からだにとってアルコールはやっぱ毒物なんですね;)

解毒を行うのは「肝臓」の役割ですが、実は肝臓には他にも“血液中の糖の濃度(血糖)をコントロールする”という大事な役割があるんです。

ところが、肝臓が毒物の処理(解毒)に追われているあいだ、血糖のコントロールは二の次になってしまうので、からだの中は空腹時と同じ状態(低血糖)に。

これが「食べても食べてもまだ入る」という状況を作ってしまうんです。

私のフライドポテトじゃないですが、飲み会のあとに無性にラーメンやアイスが食べたくなる・・・という現象に心当たりはありませんか?

これ、全て「糖質」なんですよね。

つまり、その食欲は決して空腹が原因なのではなく、アルコールにより血糖のコントロールが上手くいってないことが原因なんです。

そこをわかっておかないと、糖質のとり過ぎで血糖値が上がり、それを下げるためにインスリンが過剰に分泌され、肝臓のみならずすい臓にも大きな負担を与えることに。

しかも、インスリンはあふれた糖質を脂肪に変えて蓄える“肥満ホルモン”でもありますから、それが余計に分泌されるとどうなるか。。。

もちろん、カロリー面でもかなりのリスクを負うことになりますので、当然体重は増えますよね。

年に一度の忘年会やクリスマスパーティくらい、ダイエットのことは忘れて思いっ切り楽しんでいただきたいんですが、最高体重で新年を迎えたくなければ、お酒を飲んだ後の「〆のラーメン」や「お口直しのパフェ」だけはグッと我慢しましょう。
(酔い覚ましにテクテク歩いてるうちに血糖値も落ち着いてきますので。)

「飲み会続きで体重が増える」という状況にはこういう背景がある、ということをわかったうえで、今年の忘年会シーズンも上手に乗り切っていただきたいと思います☆

               

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
           
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004. NetSlim. All rights reserved.

   
   

« しょっぱいものが欲しい時 | トップページ | 年間最大の鬼門をクリアする秘訣 »