« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月に作成された記事

2016年3月18日 (金)

これから旅行に出掛けるあなたへ

            

こんにちは!もみい里香です!

ようやく春らしい気候となりましたね。

明日から3連休という方もおいででしょうし、学校や企業の年度末という区切りのタイミングもあるのか、今週&来週は旅行に出掛けられる方が多いですねー!

ダイエットカウンセリングの現場でも、ここにきてその関係のご相談がものすご~~~く増えております。

「旅先で誘惑に打ち勝つにはどうすればいいでしょうか」とか、

「旅行中に気をつけなきゃいけないことってなんですか」とか。。。

おそらく何かの必殺ワザがあるんじゃないかと期待されてのご相談なんでしょうけど・・・

このメルマガでもいつも言っているように、たまの旅行やイベントの時くらいダイエットのことは忘れましょうよ。笑

中には、

「旅行が憂鬱でたまりません。楽しいはずなのに、もはやストレスです。」

とおっしゃる方もいて、なんてもったいないんだ!!と。

だって・・・

やっと手に入れた憧れのお洋服も時代の流れとともに存在感がなくなるし、ほっぺが落ちるくらい美味しいと感激したご馳走も胃袋に入ってしまったらそれまでだし。

いくらお金をかけたって価値も有難みも刹那的なものが多いなか「体験」だけは一生残りますからねー!

目にしたもの、耳にしたもの、手に触れたもの、それによって得たときめきや感動などなど・・・

人が終着点まで持っていける財産は「体験」しかないと思うんですよね。

そういうものを1つ1つ写真にとったり文章に残したり・・・とマメなことができない私は、全てひっくるめて「音楽」と紐づけて脳細胞に記憶させます。

どこかに出掛ける時には、バタバタしながらも

「その時の自分の中のイチオシの音楽をイヤホンで耳に入れる」

ってことだけはやっておくんですよね。笑

そうすると、様々なシーンが写真よりも文字よりも強烈な記憶として音楽とともに焼き付けられ、何年経っても、その音が一瞬にして「その時」を呼び戻してくれますから。

そんな貴重な「体験」の瞬間をダイエットのために台無しにして欲しくないな~って。

なので、私自身もそういう時はもう自分の職業も忘れてがっつり楽しんじゃいますよ!

だって、そこで食べたワラビ餅は1,000円かもしれないけど、そこに行くことに100,000円かかったんなら、そのワラビ餅は101,000円のワラビ餅なんですからwww(ナンノコッチャ)

今食べずにいつ食べますか!?

ってな感じで、躊躇なく楽しんじゃいます。

ただ1つだけ。

体重を増やしたくなければ、これだけは気をつけていただきたいなー、というのが

                

「2日続けて羽目をはずさない」

                 

ということ。

1日くらい羽目をはずしても、それが大幅な体重増につながることはまずありません。

・・・が!!

羽目をはずした生活が2日続くとちょっとヤバいですし、それが3日続くと間違いなく体重は増えてしまいます。

これ、もうほとんど借金に近いものがあります;

過去記事▼「カロリーのお財布」▼でお伝えしたように、1日に使えるカロリーをお財布の中のお金に置き換えて考えると・・・

「羽目をはずす」というのは「借金する」と同じことで、1日目の借金を返さないまま2日目もまた借金したら、返すのは非常に難しくなります。

そこでさらに3日目も・・・となると、いよいよ返済不能の状態に;

そうなりたくなければ、羽目をはずすのも1日限り。

どーしてもやむを得ず次の日も羽目をはずさなきゃならない場合は、その前にちゃんと前日の借金を返しておく、ってことは鉄のオキテです。

手っ取り早い返済方は

               

「ひたすら歩く」      

               

旅行中はこれに限ります。

ショッピングや散策など、旅先では歩く機会も意外と多いものです。

そのために「スニーカー」や「キャスターつきショッピングカート」などウォーキンググッズも忘れずに荷物の中に忍ばせておきましょう。

こういうものがあると10,000歩くらいはあっという間で、早歩きだとざっと300kcalほど返済(消費)することができます。(300kcalというと「イチゴのショートケーキ」1個分くらいですね。)

こういうことの積み重ねがとってもとっても大事です。

じっくりと温泉に浸かるだけでも温泉饅頭1個分くらいは返済できます。笑
(中にはホテルや旅館のミネラルウォーターでダンベル運動してます、って達人も(!)

とにかく

             

「2日続けて羽目をはずさない」

              

よう心掛けてください。

そして「旅先の生活を引きずらない」ってことも大事です。

                

「羽目をはずした生活が続くことが体重増加につながる」

              

ってことだけを肝に銘じて素敵な「体験」を増やしてきていただきたいと思います。

来月には年末年始に次ぐ鬼門「ゴールデンウィーク」も控えてますからねwww
(ここで体重増やしてる場合じゃない!?)

               
           

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.

   
             
              

2016年3月 4日 (金)

体重増加と体調不良の共通の原因

           

こんにちは!もみい里香です!

明日は「啓蟄(けいちつ)の日」

知ってました?

お雛様をしまうのによい日だってこと。

でも、重要なのは日にちよりも湿度らしいので、お天気がいいといいですね~

ただ、この時期、お天気のいい日は憂鬱な人も多いですよね;

先日、ダイエットカウンセリングのクライアントさんからもこんなご報告が。

> 今週実感したことは、
> 「花粉症の症状が劇的に軽くなってる!!!\(◎o◎)/!」
> ことです。
> 一年のいろいろな時期にアレルギー症状が出ますが、やはりこの時期はひどく、
> 目がかゆくて普通の目薬では効かないし、鼻水やくしゃみもひどいだけでなく、一番つらいのは頭痛です。
> 一日中頭が痛くて仕事が進まなくて、かと言って薬を飲むとやっぱり眠くなってしまうので、本当に困っていました。
> それが今年は、飛散量が「非常に多い」という日でも、うそみたいに症状が軽いんです!!
> わたしよりいつも症状が軽い主人が薬を飲んでいるのに、です。
> 寝る時も鼻が詰まったり、そのせいで口を開けて寝ていて喉が痛くなったりということもまったくありません!
> 少しは鼻水が出たりくしゃみが出たりとかはありますが、長引かないし、花粉症のせいで仕事に支障が出ないというのは、何よりもすごくうれしいです。
>(E.Nさん/静岡県/50歳兼業主婦)

実は、こういうご報告はこの季節恒例でもありまして。。。

体重を落とすためにおすすめしていることが、意外なところで予期せぬ副産物を生むことに毎年驚かされています。

逆に言うと「生活のしかた」がからだに与えている負担って当のご本人が思ってる以上に大きい、ってことですよね。

体重増加はそんなからだからのSOSの1つに過ぎないのかもしれません。

その証拠に、体重増加と同じところに原因がある体調不良って結構多いんですよ。

例えば、

                

「疲労感」

               

「春眠暁を覚えず」なんて言葉もあるように、この時期は急激な季節の変化にただでさえ体内リズムが狂いがちではありますが、1年を通して

               

「なんとなくダルい」 

「疲れが取れない」

            

なんて症状に悩まされている方は、以下の項目にお心当たりがないかどうか一度チェックしてみてください。

             

【1】糖質のとり過ぎ

私達が食事をすると、食事の中に含まれる糖質により血液内のブドウ糖の数値(血糖値)が上がります。

そうすると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されて糖を細胞内に取り込むので、からだは元気になり血糖値も下がります。

これが、正常な糖代謝の状態です。

ところが、糖質をとり過ぎてしまうと、あふれた糖質をインスリンはよりコンパクトな脂肪に換えて蓄積するため、結果、体内脂肪が増えることに。

それだけではなく、急上昇した血糖値を下げるべく大量に分泌されたインスリンにより血糖値が急降下し、今度は逆に低血糖状態となってしまいます。

“食べれば食べるほど血糖が下がる”という逆転現象により空腹感が増し「食べ過ぎのスパイラル」に陥ることも。

そんなこんなで、糖質のとり過ぎは体重増加の原因となりやすいのですが、低血糖の症状には

「眠気」

「倦怠感」

などもありますので、体重を落とす過程でそういった症状が改善されるケースはとても多いのです。

食後の鬼のような眠気にお悩みの方は、糖質(主食など)の量を見直してみる必要があるかも、です。

                

【2】筋肉不足

「やせる体質」「太る体質」の違いは基礎代謝の高い低いにより決定される、ってことは、もうご存じかと思いますが・・・

その基礎代謝は筋肉の量に比例しますので、「リバウンドのないダイエット」を成功させるためには筋肉を増やすことが必要不可欠です。

そんな筋肉は、ある意味「脂肪燃焼装置」的な存在でもあるわけですが、それ以外にも

「からだを動かす」

「体温を上げる」

「血液やリンパ液の循環を助けるポンプ機能」

などの役割を果たしています。

なので、筋肉を十分に備えていると、年齢に関係なく

からだを動かすのがラク
 ↓
体温も上がる
 ↓
免疫力が高まる
 ↓
疲れにくい

と、日々の生活を元気に過ごせるんです。

ダイエットカウンセリングの現場でもリバウンド防止のために「日頃の生活の中でできる筋力UP法」などをアドバイスしておりますが、それを実践していただいてるうちに

「からだが軽くなった」

「動くことが苦ではなくなった」

というお声が増え、ひいては「部屋が片付いてきた」なんて副産物まで!

折しも、明日の「啓蟄(けいちつ)の日」には
                 
“冬ごもりしていた虫が春の温かさを感じて外に這い出てくる頃”
                      
という意味もあるそうなので(笑)

お雛様を飾ってる方も飾ってない方も、この先の季節を元気ハツラツでエンジョイするために、そろそろ外に這い出してお散歩なり筋力UPに励まれてはいかがでしょうか。

以上、「糖質のとり過ぎ」や「筋肉不足」があなたの体重を増やしているだけではなく「日々の生活の質」をも落としているかもしれない、というお話でした☆

             

   
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.

   
          
         

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »