« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月に作成された記事

2016年4月22日 (金)

お久しぶりです

               
すっかりご無沙汰してしまいました。もみい里香です。

 

前号(4/1号)配信の翌週、スケジュールの都合で配信をお休みしてしまい;

 

今週こそは配信をwwwと張り切っていた先週末、

 

 

「熊本地震」

 

 

が起きてしまいました。

 

ということで、3週間ぶりの配信となります。

 

連日震度5レベルの揺れが続いている現地では、いまだ現在進行中ではありますが

 

被災された方々に心からお見舞い申し上げます。。。

 

そして、最初の地震発生直後から、たくさんのお気遣いのメール、ありがとうございます。

 

メルマガのお休みも重なり、ご心配をおかけしてしまいましたが、

私の住む福岡市は甚大な被害もなく、今のところ日常の生活が流れております。

 

ただ、海の向こうのエクアドルでも大きな地震が続いたようですし、もういつどこで何が起きても不思議ではありませんので、どうかみなさま日頃の備えだけは万全になさっておいていただきたいと、ホントに切実にそう思います。

 

そんな中、防災袋の中にぜひしのばせておいていただきたいのが

 

 

「足裏コロコロ」

 

 

です。(突然ですが;)

 

これ、6年半前にも▼「おすすめグッズ」▼ でご紹介してるんですけど。
                  
その後もずーーっと愛用している100円ショップの「イボイボボール」(今でも売っているかは不明です;)

 

なければ「ゴルフボール」でもOKです。

 

長い避難生活の中で懸念されている「エコノミークラス症候群」

 

限られた空間の中、座りっ放しの姿勢や水分不足の状態が続くと、血流が悪くなった血管に血の塊(血栓)ができてしまいます。

 

それが何かの拍子で肺まで運ばれて肺動脈を詰まらせてしまうと、元気な人でも命を落としてしまうことに。

 

過去の災害時同様、今回の熊本地震でも残念ながらその被害者が出てしまいました。

 

でも、これ何も被災地だけの問題ではありません。

 

普段の生活の中でこれと同じような状況にある方は(私も含め)少なくないですよね。

 

特にパソコン業務などは、気がつくとあっという間に数時間が経過していたり;

対人のお仕事の方など、朝から夕方まで一度もトイレに行ってない、なんてお声を聞くこともあります。

 

いろんなご事情がおありとは思いますが、そういう状況はホントに危険なので、せめて1時間に1回は席を立って血液を流されることをおすすめします。(と同時に水分補給も!)

 

そして、この「足裏コロコロ」があれば、どんな狭いところでも(例え、立つことすらできなくても)簡易マッサージができてしまいます。

 

足の裏は「第2の心臓」とも言われるように、からだ全体の臓器や組織と密接な関わりを持つツボがたくさんありますが、その全てを正確に把握するのは無理なので

 

 

「ツボを含めたその周辺一帯をマッサージする」

 

 

だけでもいいのです。

 

そうすることで、血液の流れはもちろん、体重増加やむくみの原因ともなる「リンパの流れの悪さ」まで改善してくれますので、ダイエットの面においても大変有効なマッサージ法です。

 

大掛かりなマッサージ器具やマッサージ用品を持ち歩くのは大変ですが「足裏コロコロ」や「ゴルフボール」ならバッグの中で邪魔にならないので、ぜひ!!

 

あと、緊急時の栄養補給におすすめなモノを1つ。

 

と言っても、これも災害時に限った話ではなく、たまたま先日ダイエットカウンセリングの方で

 

> 外出先で空腹をしのぐのに何かいいものがあれば教えてください。

 

というご相談を受けたんですよね。

 

そんな時の助っ人として、私が重宝しているのが

 

 

「プチトマト」

 

 

です。

 

もちろん「トマト」でもいいんですが、「プチトマト」なら全国どこにいても、ちょこっとスーパーやコンビニ、道の駅などに立ち寄って、化粧室でバシャバシャ洗ってジップロックに入れて持ち歩くこともできます。

 

「プチトマト」はいくら食べても太ることはありませんから「おやつ代わりに常備している」というモデルさんもいらっしゃるくらいです。

 

実はこれ、ちょうど去年の今頃こちらでもおすすめしてますので、その素晴らしきダイエット効果や健康効果、美容効果などは▼「ゴールデンウィークの助っ人」▼ をご参照ください。
               

そちらでもお伝えしているように、トマトはちょっとしたサプリメント並みに栄養を含んだ、野菜の中のチャンピオンみたいな食品でもあるんです。(「むくみ」や「便秘」の解消にも効果絶大です。)

 

非常時や外出時、旅行中など、栄養の偏りが気になる時には本当に頼りになる助っ人食品です。

 

そんな「トマト」が私も大好きで、どれだけこだわっているかは上記記事でおわかりいただけると思うんですが・・・

 

その“トマト大好き人間”の私が、世界でいっちばん!!美味しいと確信しているのが、ほかでもない

 

 

「熊本産のトマト」

 

 

なんです。

 

よその産地のみなさん、ごめんなさい!!なんですけど;私はかれこれ20年以上「熊本産」というラベルのトマトしか買ってません。

 

もうね、「土」が「水」が「太陽」が違うんですよ。

(もちろん「栽培法」も、でしょうけど。)

 

熊本のトマトを食べたら、もうよそのトマトは食べられない、っていうくらい。

 

ほんっとに美味しいのです。
             

今回の地震の影響で熊本のトマトがどうなるのか、心配なところですが・・・

 

もし、この先どこかで「熊本産のトマト」を見かけることがありましたら、みなさん絶対「買い」ですから!!

 

それも、高級デパ地下のブランドものとかじゃなく、ふつ~に売ってるヤツがイジョーに旨いのです。(西鉄福岡(天神)駅のコンコースで、この時期になるとおばちゃんがリヤカーで山盛り売りに来てた熊本のプチトマトがサイコーに美味しかったんだけどなぁ。。。)

 

そんな美味しい熊本のトマトが早くまた全国に届けられますように。。。

 

そして、もうこれ以上地震が続きませんように。。。

 

心から祈っております。

 

ということで、今回は非常時&ダイエット両方におすすめの情報をお届けしてみました。

 

少しでもお役に立てるといいのですけど。。。

 

 

 

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます

 

メルマガ登録(無料)はこちら

 

 

□■□━━━━━━━━━━━

ダイエットカウンセリング

━━━━━━━━━━━□■□   

 

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

 

カウンセリングの詳細はこちら

 

よくある質問はこちら

 

カウンセリングのお申込みはこちら

(スマートフォンの方はこちら 

 

━━━━━━━━━━━━━━

■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。

Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.

 

   
                
             

2016年4月 1日 (金)

お花見でチャレンジしていただきたいこと

        
こんにちは!もみい里香です!

「メルマガ登録したのに一度も届きません」

というお問い合わせを数件いただいておりますが・・・

す、すみません;届いていないのではなく、発行できていないのです;;;

このメルマガはダイエットカウンセリングの合間を縫って発行しておりますが、今日は多くのクライアントさんにお待ちいただき;2週間ぶりの発行です。

って、気がついたらもう4月じゃないですか!

2016年もすでに四分の一が終わりですよwww

「ときめくこと」「感動すること」「新たなこと」が多いと時の流れが遅く、そういうものが少ないと早く感じるんですってね。

だから、なんでも新しい体験となる小学1年生にとって1年はとても長いけど、歳をとると同じ1年があっという間に感じるんだそうです。。

年明けからここまでの3ヶ月、みなさんにとって長かったですか?それとも・・・笑

桜の便りも全国から続々届いていますので、今週末もお花見の予定が多いのではないでしょうか。

年度初めで何かと慌ただしい時期ではありますが、桜の花は待ってはくれませんものね~

私も毎年この時期は(ダイエットラッシュなのか?)キーボードと格闘しているうちに、つぼみだった桜がいつの間にか葉桜になっちゃって;悲しい思いをしてるので、今年こそはしっかりとその満開の様子をとらえて携帯の待ち受けにしようと目論んでおります。

てな感じで、この時期はいろんなシーンで写真を撮る機会も多いと思いますが・・・そんな時。

今年こそダイエットを成功させたい!!と決断しているダイエッターさんは、桜やお子さんの写真だけじゃなく、ぜひ

              

「自分の写真」

                 

も撮っていただきたいんですよね。

実は、ダイエットカウンセリングのお申込みの理由として、この「写真」というフレーズを挙げられる方は少なくないのです。

例えば・・・

                     

「素敵なウエディング写真を撮るために」

「子どもの七五三の記念写真に間に合うように」

             

という風に何かのイベントに向けて体重を落としたい、というケース。

これは結構多いですし、なんとなく微笑ましくもあるんですが・・

以前、私の心に刺さったのが、

                     

「堂々と家族写真に写りたい。子供の入学式の集合写真にも写りませんでした。」

                     

という、あるママさんのお言葉。(体育館から逃げ出したそうです;)

そのメールを見た時、

「それはいかん!!」

と。

お子さんが大きくなった時、自分のアルバムに(そこにいたはずの)母親の姿がどこにもなかったら・・・

どんな気持ちになるでしょう。

と思ったら、もうご本人よりもお子さんのためになんとか体重を落とさねば!!
という一心でその時はお手伝いさせていただきました。
その結果は「体験談」 の方をご覧いただきたいのですが・・・)

そこまではないにしても「写真大嫌い」とか「見もせずに捨てた」というお声はよく耳に(目に)するんですよね。

そういう方はもう何年も自分の「姿」をまともに見たことないんじゃないかと。

そういう方ほど!

この機会にぜひ一枚写真を撮ってみていただきたいのです。

いや、正確に言うと

            

「撮ってもらってみてください」

           

いくらセルカ(自撮り)棒があるからって、自分の全身をスッポリ写すのって難しくないですか?

ましてや「後姿」までは。

なので、ご家族やお友達に頼んで、できれば気づかないうちに自然な姿を「引き」で撮ってもらってみてください。

そこに

                

「はたから見たあなたの真実の姿」

                 

があります。

これ、もしかすると直視するのはキツイかもしれません。

なぜなら、写真はとても正直だから。

例えば、「最近ちょっとお腹にお肉がついたかなー」と思っても、頑張って履けばスカートのファスナーは上がりますし、ベルトの穴が1つ外側にズレたことも黙っていればバレません。

でもでも「写真はウソをつかない」のです。

だからこそ写真が苦手wwwという方が多いのかもしれませんが;
これは「真実を知る」ためには、残酷ながらも大変有効なことなのです。

自分のことを客観的に見ることはなかなか難しいことです。

どうしても人間、防衛本能が働きますから、自分が傷つくことと向き合うのを避けてしまいがちです。

そのため

「体重計にも乗らない」

「サイズも長年測ってない」

「全身を鏡でチェックしたこともない」

という毎日を送り、その結果でき上がったのが「今のからだ」です。

でも、そこから逃げてばかりいたのでは、何も始まりませんし、何も変わりません。

折しも季節はいろんなことのスタートの時期。

ちょうどいい機会なので、この週末にでもお花見がてら“清水の舞台から飛び降りたつもり”で自分の写真を撮ってもらってみてください。

その中には必ず「後姿」を含めて。

自分の後姿を最後に見たのはいつでした?

前や横から見る自分の姿の変化にはそれとなく気づいていらっしゃるかもしれませんが、

「背中の段」  
「垂れたお尻」        
「たるんだ二の腕」                   
「たくましいふくらはぎ」              

これらは、普段のぞいている鏡やショーウインドーからは伺えません。
       
写真でもビデオでも構いませんので、自分の後姿を冷静にとらえて一度「愕然」としてみてください。(もしかすると、愕然となるのは自分だけで、周りの反応は「え?見た目のまんまだけど?」ってことになるかも、ですが;)
             
           
「真実の姿を知る」
        
           
そこからが本当の意味でのダイエットのスタートとなりますし、新たな自分との出会いの一歩ともなりますので。
 
 
 
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
 
メルマガ登録(無料)はこちら
 
 
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
 
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
 
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら 
 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.
 
 
             
 

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »