« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月に作成された記事

2016年7月29日 (金)

食べ過ぎ防止作戦

           

こんにちは。もみい里香です。

本日の東北地方の梅雨明け宣言で、ようやく日本列島全てが梅雨明けしたようです。

いよいよここから夏本番ですね!

8月には「年末年始」「ゴールデンウィーク」に次ぐダイエッターさんの鬼門「お盆(夏季休暇)」も控えておりますし、その先には恐るべき「食欲の秋」が。

そして「忘年会シーズン」「クリスマス」「お正月」・・・と、ダイエット的にはますます厳しい下半期を迎えます。

この試練の連続をどうやって乗り切ろうかと戦々恐々としていらっしゃる方も多いかと思いますが、ダイエットカウンセラーとしてはっきり言えることは

          
            

「人は食べることでしか太れない」

        
           

ってことです。

それも、

「アンダーカロリー( 摂取カロリー < 消費カロリー )」

では体重は増やせません。

「オーバーカロリー( 摂取カロリー > 消費カロリー )」

の状態まで食べてはじめて体重が増えるのです。

なので、今体重が増えている人はやっぱり食べ過ぎているんですよね。

しかも、ダイエットカウンセリングの現場で痛感することは、

            
                

“食べたくて食べてるわけじゃないもの”によって体重を増やしてる人が多い。

             
                  

つまり、日頃から“無意識に何かを食べてる人”が本当に多いってことです。

「仕事の合間の間食」

「いただきものの処分」

「子どもの残り物」

「TVを観ながらつい」

などなど・・・

それだけでもトータルすると、軽く1食分のカロリーを超えてしまいそうな勢いです。

「デ部」出身の私の周りにも、まだそういう部員が数人生息(?)しているので、よ~く観察してみたところ・・・

“ある重要なこと”に気づいたのです。

これ、結構「深い」ので、もしかするとよくわからない方もいらっしゃるかもしれませんが;

                
                 

「なぜデ部部員は食べ過ぎてしまうのか?」

             
               

その答えは

           
            

「食べる回数が多いから」

            
                 

いや、単純に食べる回数の分だけ確かにカロリーは増えるんですけど、それ以上に重要なポイント、

           
           

「いつでもどこでも食べることをよしとしている人は1回の食事の質にあまりこだわりがない」

          
             

ってことに気づいたのです。

いつでもどこでも食べる機会があるんなら、たいして美味しくないものに手を出してしまっても「ま、いっか」で片付けられますよね。

だって、お口直しにまた次のものを食べればいいんですから。

そうやって、気がつくと一日中何か食べてることに;

一方で、年齢に関係なくスリムなボディを保っている人は、1日3回バランス良くきちんと食べることで無駄な間食を減らし「アンダーカロリー」の状態を死守します。

そういう人にとって「1日3回の食事」や「たまのオキテヤブリ」はとっても貴重なものなので

               

「本当に食べたいもの」

「本当に美味しいもの」

          

しか食べない・・・いや、食べたくないのです。

                  

> もう、くだらないもので太りたくないです。
> “太って本望”と思えるものでないと食べたくないです。
>(M.Nさん/埼玉県/48歳主婦)

                     

と言い切るクライアントさんもいらっしゃいましたが、こういった思考、実は「食べる回数の差」から生まれるものでもあったんだ!と。

改めて気がついたわけなんです。

もし「そう言えば、1日に何回も食べものを口に運んでるわアタシw」という読者さんがいらしたら、騙されたと思って今日から「1日に食べる回数」を定めてみてください。

きっと、なんらかの意識改革が見られるはずです。
(少なくとも「なんでもOK」とはならないはず!)

あと。

NBA選手の専属栄養士が提唱しておられる“食べ過ぎを防ぐ簡単なコツ”がかなりわかりやすかったので、それもシェアしておきますね。

それは、とってもカンタン。

食事中に

            
              

「2時間以内にまったく同じ量の食事ができるか想像してみる」

           
                

だけです。

食事から2時間以内に同じものが食べられないと思ったら「量が多い」か「食事が重い」のどちらかだと。

なるほど、「今回はここまで!」とブレーキをかけるのに役立ちそうですよね☆

これらの「食べ過ぎ防止作戦」、2016年下半期のダイエットのスタートにぜひ試してみてください。

            
   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   
  

※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
            
お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
           
・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
・PC用アドレスに変える
           
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.

   

2016年7月15日 (金)

厳しい夏を元気にスリムに乗り切る1品

              

こんにちは。もみい里香です。

今日、私の住んでる地域は、午前中秋風のような涼しい風が吹いていて「セミたち、寒かろ~なぁ」って感じでしたが・・・
このあと時間の経過とともに気温もグングン上がっていくんでしょうね;

近頃の日本の夏はホントに厳しい暑さで、昔と同じ感覚でいたらとんでもない目に遭っちゃいます。

「どーーーしようもなくダルい」

「頭が痛い(重い)」

「ムカムカする」

なんて症状は「熱中症」の疑いがありますから要注意です。

熱中症と言えば「水分補給」ですが、これはダイエットにおいても重要なファクターとなります。

そもそも人間は普通に生活するだけでも1日に

「尿:1.5L」
「便に含まれる水分:0.1L」
「汗や呼吸:0.9L」

と、トータルで約2.5Lの水分を体外に排出しますので、体内バランスを正常な状態に保つためには、それと同じだけの水分を補給しなければなりません。

それができなかった場合、「体重の60%が水分」と言われている人間がどうなるかと言いますと・・・

               

体重の約2%の水分減少
 ↓
のどの渇き

               

体重の約3%の水分減少
 ↓
強い渇き、食欲不振

             

体重の約4%の水分減少
 ↓
めまい、筋肉痛、こむら返り、尿の減少

               

体重の約5%の水分減少
 ↓
頭痛、吐き気、倦怠感

               

体重の約8~10%の水分減少
 ↓
意識障害、けいれん、手足の運動障害

                    

“のどの渇きを感じた時点”ですでに体重の2%の水分が失われていることになりますし、4%の減少から「軽度の熱中症」となります。

頭痛なんか感じちゃったら、すでに5%も水分が失われているわけですから、何はさておき「水分補給!!」なんですが・・・

実は。

それだけでは体調不良は改善されません。

逆に、吐き気や下痢を引き起こすことにも(!)

頭痛に吐き気に下痢・・・となると、何かの病気では!?と心配になってしまいますよね。

こういう場合、必要なのは水分だけではないんです。

熱中症を引き起こすのは水分不足のみならず。

体内の塩分やミネラルが不足することも熱中症の原因となります。

そんな状況で水分ばかりをガンガン補給していると、体内の塩分やミネラル濃度が低くなるため、からだはバランスを保つために水分を体外へ排出しようとします。

これにより起こるのが嘔吐や下痢です。

なので、この時期体調の異変を感じたら、水だけをゴクゴク飲むのではなく、ほどほどの塩分やミネラルもとり入れなければなりません。

・・・が、塩分のとり過ぎはダイエット的には「NG」ですよね。(下記の過去記事でも書いてますが)

▼「ラーメン食べたそのあとは・・・」▼

わかっているダイエッターさんほど、そのジレンマに陥ってしまうことに。

そこで。

今日は、このメルマガの読者さん達が元気にスリムに厳しい夏を乗り切るためのイチオシの品を1つご紹介したいと思います☆

それは、

             
               

「千切りキャベツの塩昆布のせ」

            
                

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、

             
                

山盛りの千切りキャベツに塩昆布を「ひとつまみ」のせて軽くゴマ油をかけてムシャムシャ食べる

              
               

ただこれだけです。

そもそも「キャベツ」自体、

                  

■歯応えがある

■腸内環境を整える

■糖質の吸収を遅らせる

■利尿作用がある

■新陳代謝を高める

             

などの理由から高いダイエット効果が認められていて、肥満・糖尿病治療の権威、吉田俊秀先生(元京都市立病院糖尿病代謝内科部長)が「キャベツダイエット」として、実際に肥満外来での治療にとり入れられた食材でもあります。

「ゴマ油」も体内で作ることができない必須脂肪酸(リノール酸)、ビタミンE、セサミン、セレンなど健康やダイエットに有効な成分が豊富に含まれる良質の油です。
(理想を言えばα-リノレン酸の「えごま油」の方がおすすめですけどね。)

そして「塩昆布」にも汗や尿で失われる「塩分」「ビタミン」「ミネラル」がたっぷり含まれています。

実際にこれを食べていただくと、熱中症の予防だけでなく

「便秘」

「下腹ぽっこり」

「体重の停滞」

「むくみ」

「間食癖」

等々・・・ダイエット面のいろ~~~んな問題点が次々と解消していくことに驚かれると思います。

「キャベツ 塩昆布」で検索すると、クックパッドや居酒屋メニューなど様々なレシピが出てきますが、私はもうシンプルに

            

「千切りキャベツの塩昆布のせ」

             

一辺倒です。笑

1日3回食べる日もありますが、不思議と全然飽きません。

このハードな気候にくたびれかけているダイエッターさんは、ぜひ今日からでも試してみてください☆

ただし!!「塩分」も「油分」も、とり過ぎると体重増加の原因となってしまいますので、くれぐれもそこだけは気をつけてくださいね。

                  

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら)   
  

※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
・PC用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.

   
    
   

2016年7月 8日 (金)

期間限定のお得なサプリメントとは

              

こんにちは。もみい里香です。

私事で恐縮ですが、先週、同居の義母を見送りました。

それでメルマガもお休みさせていただいたんですが;
カウンセリングの方でも多くのクライアントさんにお待ちいただいて・・・
突然のことで、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまいました。

改めてお詫びとお礼を申し上げます。

40年ぶりに「人が息を引き取る瞬間」に立ち会いました。

54年の人生の中で2度目なので、意外とそういう機会ってないのかもしれません。
(初めて!という親族のほうが多かったですから。)

子どもや孫たちに見守られながら、うらやましいくらいの旅立ちでした。

そこに至るまでの間もいろんなことを教えてくれたように思います。

徐々に食べ物を受けつけなくなり、外部からの栄養も吸収されなくなり、ついには酸素の吸入さえも苦痛となるらしく・・・

全てをシャットダウンしていく様を見た時に、私自身も改めて人体の機能の尊さと限界を思い知らされました。

普通に食べて、普通に消化、吸収、代謝が行われるということは、実はとっても高度でデリケートな機能で。

しかも、その機能は「無限ではない」ってこと。

当たり前すぎてほとんど忘れちゃいそうですが、読者の皆さんにも今一度認識しておいていただきたいなぁと思って。。。

限りある機能を長持ちさせるか否かは日頃の使い方次第、メンテナンス次第です。

なんでもそうですよね。

家電でも車でも靴でもバッグでも。

からだも同じです。

違うのは「替えがない」ってこと。

そう、持って生まれたものが「全て」で「使い切り」です。

いつも言ってることですが、からだの中の代謝機能が正常に働いていれば、そんなにめちゃくちゃに体重が増えることはないはずなんです。

「体重が増える」という現象自体、からだから発せられる一種のSOSのサインでもある、と私は思っています。

そういった根本的な問題に向き合うことをせず、ただ体重計の数字だけを落とすダイエットは、場合によってはからだの機能の寿命を縮めることにもなりかねません。

とにかく

                 

「からだが喜ぶこと」

               

だけを考えて生活していただきたい。

そうすれば、おのずと「生活のしかた」も変わってくるはずですし、体調が変わり、体質が変わり、その結果として体重も変わります。

具体的には・・・

この時期、体内に熱や水分がこもりがちで、からだが火照ったり、むくんだり、疲れが取れにくかったり・・・と、体調を崩していらっしゃる方も多いですが、そういった現象も全て

               

「からだからの声(SOS)」

                     

ですからね。

さらに、この先にはもっと過酷な気候が待ち受けています。

近年の都市部の夏場の救急車の出動率ときたら、まさにうなぎ登りですよね。

それに引き換え・・・

強い日差しの下で日々作業を行っていらっしゃる農家の方々って、意外と夏バテが少なかったりするじゃないですか。

これ、「夏野菜」をたくさん食べているから・・・という説があるんです。

自然のサイクルというのはホントに良くできていて、この時期に旬を迎える露地栽培の野菜には、利尿作用に優れたものが多いのです。

つまり、からだにこもった熱を尿と一緒に体外に排出し、体温の上昇を防ぐ役割を果たしてくれるんです。

また、体内の余分な水分を排出することで、この時期特有の「むくみによる水太り」を防止&解消する効果も。

このように、その時その時からだが必要とする栄養素を豊富に含んでいる、天然のサプリメントが

             

「旬のもの」

                 

なんです。

今この時期にしか味わうことができない貴重な“自然からの恵み”を活用しない手はありません。

代表的な夏野菜は

                  

「かぼちゃ」「トマト」「きゅうり」「枝豆」「ししとう」「いんげん」「ピーマン」「オクラ」「ゴーヤ」「大葉」「モロヘイヤ」「みょうが」「にら」

                

などなど。(“色の濃いもの”が多いですね。)

これらに含まれる栄養素は

                 

「ビタミンC」「ビタミンE」「ビタミンB」「カロチン」「カリウム」「食物繊維」「ポリフェノール」etc.

                    

と、まるでマルチビタミン並み。

しかも、旬のものはお値段もお手頃ですからね。

そんな“期間限定のお得なサプリメント”を上手にとり入れた

                   

「からだが喜ぶダイエット」

                            

で、このメルマガの読者の皆さんには、今年の夏も元気にスリムに乗り切っていただきたいと思います。

                
   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
   
カウンセリングの詳細はこちら
 
よくある質問はこちら
 
カウンセリングのお申込みはこちら
(スマートフォンの方はこちら
   
  

※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
・PC用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-15 NetSlim. All Rights Reserved.

   
    
   

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »