« 2017年5月 | トップページ

2017年6月に作成された記事

2017年6月16日 (金)

昨日のあたし、ありがとう!

      

こんにちは!もみい里香です!

先日から「ダイエットのパートナー」ってハナシしてますけど・・・

▼ダイエットの意外なパートナー▼

そもそも「ダイエット」とは古代ギリシャ語の「diaita(生活習慣、生き方)」が語源なので、決して“一時的なイベント”ではないんですね。

そう、生きてる限り続く長~い旅なわけです。

まず、そこのところを理解していなければ「リバウンド人生」から抜け出すことはできないんですが・・・

その長いダイエットの旅を自分一人で続けることは、心身ともに大変なことです。

それを苦痛なく続けるコツは、いろんなものの力を借りて、その行程を少しでもラクにしてあげることだと思うんですよね。

いわゆる「パートナー」です。

それは「ダイエットカウンセラー」だったり「意外な道具」だったり・・・

というお話でしたが、実は。

もうひとつ、重要なパートナーの存在があるんです。

しかも、すでにもうみなさんお一人お一人が携えていらっしゃる。

それが


「昨日のあたし」


です。

「今日のあたし」でもない「明日のあたし」でもない「昨日のあたし」

(あえて「わたし」や「わたくし」ではなく「あたし」ってとこがフレンドリーな感じしません?笑)

私自身もそんな「昨日のあたし」に感謝することってたっくさん!!あります。

反面、腹が立つことも。

例えば・・・

仕事の合間にご飯を食べようと思うでしょう?

その時になって準備しようったって、どんな状況になってるかわかりません。

時間に余裕のある時なら、冷蔵庫を開けて「何作ろっかな~」ってことも可能ですが、

そうじゃない時もあります。

「作る時間がない」

「必要な材料がない」

「体調が悪い」

かと言って、何も食べなければ飢餓状態となった脳やからだの反動がオソロシイ。

・・・となると、あるものを食べるしかない。

手軽に食べられるものと言えば、糖質&脂質のかたまりでしかないインスタント食品や冷凍食品。

もしくは添加物だらけのジャンクフードとか。

気がつけば、そういう食生活が何年も続いてた・・・というダイエッターさんも少なくありません。

これでは体重が増えるはずです。

そんな時、頼りになるのが「昨日のあたし」です。

(昨日じゃなくても)時間や材料に余裕がある時に

「何か一品作っといてあげる」とか

「ちょっと作り過ぎちゃったから残しといてあげる」とか

やってもらってると、あとあとすごーーーく助かるんですよね。

冷蔵庫を開けた時、


「昨日のあたし、ありがとう!」


と叫びたくなる瞬間です。

一方で、な~~~んにもない時。。。

冷蔵庫の前で呆然と立ち尽くしながら、怠けてた「昨日のあたし」に腹が立つわけです。笑

ダイエットカウンセリングのクライアントさんの中にも

> 常備菜のある無しで平日の食べるものの選択肢が“まともな方に”ぐんと広がるので、日曜日は頑張る。

と、お休みの日に作り置きに励まれる方や

> 家に帰りつくのが大体夜8時か9時なので、空腹をしのぐために、まず常備菜を小皿にわけてお腹にいれます。
> それから冷蔵庫にある肉(もしくは魚)と野菜でメインのおかずを作ります。
> この時、ついでに作れそうな常備菜も作っておきます。
> ちょこちょこご飯をつまんで・・・
> 夕飯はほぼ味見で終わる感じです。
> 遅い時間に食べるので、これでちょうど良いのです。

と、常備菜作りの味見で夕食を済ませてしまう方など・・・

明日以降の自分のことを考えて準備をしてくれる「昨日のあたし」がついていてくれてる人は、やっぱり結果の出方が違います。

それよりもなによりも、同じダイエットの長旅なのに、ラクラク進んで行けてる感じ。

長いダイエットの旅を一人の自分で歩くのか。

「昨日のあたし」と二人で歩くのか。

その差は結構大きいのです。

明日の自分を助けてあげられるのは今日の自分しかいません。(←これ、ダイエットに限ったことではないですけどね。)
           

「昨日のあたし、ありがとう!」
                   

と言ってもらうために、今日ちょっとだけ頑張っておきましょう☆

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

・パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

2017年6月13日 (火)

「体質改善ダイエットコース」募集再開のお知らせ

        

当方のダイエットカウンセリングで実績&人気ともにNo.1の
            
           
「体質改善ダイエットコース」
           
                   

こちらはダイエットのみならず、体質改善やアンチエイジングにも効果絶大のコースですが、カンペキな赤字企画ゆえ、少人数制の人数限定コースとさせていただいております。

そのため今年1月の募集以降、ほぼ満杯の状態が続いておりましたが、ここにきてようやく定員枠に余裕ができてきましたので、夏本番を前に募集を再開させていただきます。

空き状況やコース内容についてのお問い合わせには順次返信させていただく予定ですが、お急ぎの方は下記ページをご参照ください。(またすぐに定員に達してしまう可能性がありますので;)

・コースの詳細およびお申込みはこちら↓

▼「体質改善ダイエットコース」について▼

・「減量コース」との違いについてはこちら↓

▼「サプリメントとダイエット」▼       

・実際に体験された方のお声はこちら↓

▼ダイエットカウンセリング体験談▼

                  
            
              
                                       
               
                   

↓↓↓最新記事はこの下に↓↓↓

          
         
             
              
               

2017年6月 9日 (金)

お腹が空いたらどうする?

               

こんにちは!もみい里香です!

先日、間食がやめられず悩んでいらしたクライアントさんから、

> もみい先生は仕事中の空腹などはどうやって乗り越えてるんですか?

というお尋ねをいただきまして。

「はて?お腹が空いたら?」

と、改めて考えてみたんですが・・・

出てきた答えは

             

「ご飯を食べる」

            

でした。笑

当たり前すぎますか?

だって、そこでお菓子とか食べちゃったら、お腹が膨れてご飯を美味しく食べられなくなっちゃうでしょうwww

そう考えると、お菓子を食べるタイミングを逸してしまうんですよね、いつも。

逆に

「お菓子っていつ食べてんですか???」

って聞きたいくらい。笑

もちろん、お腹は空くんですよ。

でも、食べてすぐ空くわけじゃないでしょ?
(もしそうだとしたら、食事の内容がかなり糖質に偏ってる可能性があります。)

食べたものが消化されるのに大体2~3時間かかりますから、空腹感を感じるのは「次のご飯の1~2時間前」くらいですか。

・・・であれば、空腹感を抱いたまま1~2時間待って「(次の)ご飯を食べる」ってことですね。

実は、この「空腹感」

体重を落とすうえで非常に大事な感覚なんです。

同じダイエッターさんでも「初心者さん」と「達人さん」では空腹感に対する受け止め方が全く違います。

以下は、ほぼ同時期にいただいたコメントですが・・・

<初心者さん>             
> 仕事中にお腹が空いて、間食してしまうことが多々あります。
> デスクワークなので、すぐにお菓子を食べられる環境なのもいけないと思うんですが・・・
> 間食してしまうということは、食事の量が足りていないということなのでしょうか?
> いつも4時頃にお腹が空いてしまい困っています。

<達人さん>
> ここにきて久し振りに心地いい空腹感を覚えました。
> 考えてみたら、随分長い間「お腹が空いた」という感覚を忘れていたような気がします。
> いつも何かを口に入れていたので、お腹が空っぽになることがなかったんでしょうね。
> このカウンセリングで、正しい食べ方を教えていただいてからは、ちゃんとお腹が空きますし、
> 食べたものを心の底から「美味しい!」と感じられるようになりました。
> 以前は「ただ食べていた」という感じでしたので。

・・・と、これくらい違いがあります。

<初心者さん>にとって空腹感は

「困ったもの」

<達人さん>にとって空腹感は

「心地良いもの」

と、ほぼ真逆の受け取り方です。

ダイエットのカウンセリングをしていてつくづく感じることは、

             

「体重が増えて悩んでいる人ほど空腹感を知らない」

               

ってことです。

次から次に食べ物を口に入れる習慣があるため、空腹感を感じる暇がないのです。

そもそも「リバウンドのないダイエット」を目指すなら“食べずにやせる”はアウトですからね。

“食べてやせる”ことができなければ。

食べずにやせる方が簡単ですけど、それはもうあっさり戻っちゃいます。

               

「1日3回バランス良くきちんと食べる」

                  

これは現代社会では意外と難しいことかもしれませんが、そうやって落とした体重ほどリバウンドしません。

そして(ここが肝心ですが!)

1日3回きちんと食べることができていれば、1日3回定期的に「心地良い空腹感」が訪れます。

これは「正常な状態」なのです。

もっと言うと、空腹じゃない状態というのは、常に胃の中に異物がある状態ですから、からだにとってはどちらかと言えば「異常な状態」なわけです。

体重増加に悩んでる人は、この異常な状態(常に満腹の状態)に慣らされているため、正常な状態(心地良い空腹感)を知りません。

体重が落ちてきた時に初めてそのことに気づかれるようです。

わかりやすい例を挙げると・・・

子供の頃、給食前や放課後にお腹が空いてグーグー鳴ってませんでした?

あの状態が“脂肪を削っている”という風にイメージしてみてください。

そうすれば空腹感も「困ったもの」から「心地良いもの」に刷り替わるんじゃないでしょうか。

私なんて、寝る時にお腹がグーグー鳴るくらい空っぽでないと(胃に物が残ったままでは)気持ち悪くて眠れません。

長年かけてそういう風になってきたんでしょうけど。

胃袋ってそうやって鍛えることができるんですよね。

「リバウンドのないダイエット」を目指していらっしゃる読者のみなさんも、まずは

             

「空腹な時がないうちは体重は落ちない」

              

とご自分の脳を洗脳して(笑)「心地良い空腹感」を楽しめるように胃袋の方も鍛えていただきたいと思います。

            

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
          
                
            

2017年6月 2日 (金)

ダイエットの意外なパートナー

              

こんにちは!もみい里香です!

2017年も折り返し地点となりましたが、上半期のダイエットは順調ですか?

ダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」も5月に無事14年目に突入し、今年もすでに多くのダイエッターさんとの出逢いがありました。

そんなダイエットカウンセリングのクライアントさん達からよく頂戴するのが、

> 里香先生と繋がっているということだけが、支えになりました。
> いつもでしたら、この時点でやけ食い、あるいは食事を抜くか、どちらかの道に走っていたと思います(苦笑)。
> 里香先生なら今わたしのいる位置、そしてこれから向かうべき方向がわかっていらっしゃるから、言われたとおりにしていれば大丈夫と信じられたからです。
> プロのパートナーがいるって、すごいことですね。
>(R.Kさん/東京都/47歳OL)

というような「いつもだったら・・・」的なお言葉。

これはホントに多いです。笑

私はこれ「独りだったら・・・」という風に解釈しているんですけどね。

今でこそ、スポーツジムなどパーソナルトレーナーつきのコースも増えてますが、まだまだ独りでダイエット頑張ってる人の方が多いですよね。

でも、ダイエットって絶対

「パートナー」

がいた方が上手くいきます。(てか、ラクですね。きっと。)

ということで、私も14年前からずっと

「ダイエットカウンセラー」イコール「パートナー」

という思いで、並走しながら体重を落とすお手伝いをさせていただいております。

・・・が。

残念ながら、一生並走してあげることはできません。

私はあくまでも「期間限定のパートナー」です。

だからこそ、限られた時間の中で

「頑張らないダイエット」
「5年先も続けられる方法」

ということにこだわったダイエット法をお教えしているわけなんですが。

そんな中で「一生のパートナー」となり得るものも登場するんです。

それは

          
            

「道具」

          
          

です。

あ、心配しないでください。

何か大層なものを買えって話じゃありません。笑

だって、その情報はほとんど「クライアントさんからのもの」なんですから。

ダイエットカウンセリングのクライアントさんならおわかりでしょうが、私のカウンセリングではちょこちょこ「先輩クライアントさんのお声」が紹介されます。

実は、私のカウンセリングの最大の「ウリ」はここにある、と思ってるくらいなんですけど。

そもそもダイエットのノウハウなんて、今やネットで検索すればいくらでも探し出せます。

でも、実際にそれを実践してみたことで得られたヤラセなしの(←ここ大事です!)結果やコメントは、どこにも売ってない非常に有益なコンテンツです。

それだけでも数万円、数十万円の価値はあると確信してるんですが、そんな貴重な情報を、並走する中で「必要な人に」「必要な時に」お渡しするのが私の仕事でもあるのです。

そういう情報の中に出てくる「お宝」

それが、なんとも意外な「道具」だったりするのです。

例えば。

どーーーしても間食がやめられなかった独り暮らしのOLさんが、ある道具との出逢いによりピタッと間食をやめることができました。

その道具とは・・・

私が、全く別の目的でおすすめした

            

「ランチプレート」
(どこでも売ってる直径26cmくらいの3つに分かれたお皿)

                

なんです。

ご本人のお言葉を引用しますと、

> 食事の際に色々考えて準備する面倒な気持ちが、
> 器のどの場所に何をセットするのかが確定したことで、
> 量も器も考える必要がなくなり、
> めんどくささがとれたのが、朝食の自炊につながり、
> そこから1日の食事リズムがつかめるようになりました。
> きちんと食事するようになってから、甘味欲が下火になってきて
> このままいけば甘みを絶つことができると自信が湧いてきました。
>(K.Yさん/神奈川県/39歳OL)

という感じで(私の狙いとは少しズレていたんですがwww)

まずは、朝食が定着し、

そこから1日3食きちんと食べられるようになり、

結果、からだも脳も満足し、甘いものが必要なくなったという。。。

予想外の効果が得られることとなったのです!

これは、クライアントさんから頂戴した貴重な情報でした。

ランチプレートに関しては、他にも

> 洗い物の数も減るし、食器をどうそろえようかとかいちいち考えなくていいので非常に楽です。
> そして、自然と品数が増えてきましたね。
> ツールを変えるだけでこれだけ成果が出るのかぁ。。。。
> あらためてその威力を感じました。
>(K.Mさん/東京都/38歳OL)

といったコメントも。

このように、なんてことない道具がこれまでの生活習慣を劇的に変えたり問題点を改善してくれることってホントによくあるんですよね。

「理屈はわかってるんだけど続かない」とか

「どうすればいいのかすらわからない」

といったあなたのお悩みも、もしかすると身の回りの「アレ」があっさり解決してくれるかもしれません。

そんな道具のあれこれは、実はこれまでもこのメルマガでちょこちょこ小出しでご紹介しております。

今後も(許される範囲で)ヒントをお届けしていきますので、どうぞお見逃しのないようwww

楽しみにしておいてください☆

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
    

« 2017年5月 | トップページ