« 体調不良時の体重増加について | トップページ | この時期にやっておくべきこと »

2017年9月22日 (金)

本当の体重は「マイナス1.5kg」という話

           

こんにちは!もみい里香です!

先日、便の先生・・・いや「辨野(べんの)先生」のセミナーを受けてきました。

辨野義己先生は(多くの著書やTV出演でご存じの方も多いと思いますが)かの「理化学研究所」で長年腸内細菌の研究に取り組んでこられた“ウンチ博士”です。(ウンチ博士のベンノ先生って・・・これを「天命」と言わずなんと言う!?)

そんな先生方のたゆみない研究のおかげで、近年、腸内細菌の意外な役割や影響がオソロシイ勢いで解明されつつあります。

腸内の環境って単にお通じだけの問題ではないんですよね~

ガンや糖尿病など「内臓疾患」はもちろんのこと、アレルギーや肌荒れなどの「皮膚障害」、風邪やインフルエンザなど「感染症」、そして「老化」や「脳への影響」などなど。

知っていたはずの私も、セミナーの中では驚愕の新事実がいっぱいでした。

そこで得たものをカウンセリングやメルマガの中で可能な限りシェアしていきたいと思いますが・・・

そういったことを、日々如実に私達に伝えてくれる有難い存在が「便」なのです。

ところが。

ようやく厳しい夏を越したこの時期、ダイエットカウンセリングの現場でも「突然便秘になっちゃった」なんてお声がチラホラ聞こえてきたりします。

便秘はダイエットを成功させるうえで真っ先に解決しなければならない最重要課題でもありますので、体重を落とす前にまずはその「原因」を突き止めなければ。

ということで、今回はこの時期の便秘についてのアドバイスです。

その前に1つ問題です。

            

「便の中身ってなんでしょう?」

             

「便の中身=食べ物のカス」と思っている人が多いのでは?

もちろん、それも間違いではありませんよ。

食べたものによってその顔色(?)や状態は毎日変わりますからね。

・・・が。

正解は、

            
              
               
              
                
               
              
            
              
  
                           

「水分」

        
               
               

なんです。

実は、健康な人の便の約80%は「水分」でできているんです。

軟便や下痢の時ではなく、通常の状態の便の水分量が80%です。

下痢の場合だと90%。

コロコロの状態でも、なんと70%は水分なんだとか。

ここでちょっとピンときた人もいるかもしれませんが、

そうなんです。

この時期の便秘、意外にも「水分不足」が原因だったりするんです。

熱中症予防のためにせっせと水分補給に励んでいたあの夏の暑さが落ち着き気温が下がってくると、水分の摂取量もつい少なくなりがちです。

そのため体内が水分不足となり、便が固くなり、便秘知らずの人でも便秘してしまう・・・というのがこの時期特有の便秘です。

どうでしょう?

朝起きてからこの時間まで、どれくらい水分を摂りました?

人間は、普通に生活するだけでも1日に約2.5Lの水分を体外に排出すると言われていますので、体内バランスを保つためには、排出したのと同じだけの水分を補給しなければなりません。

ただし、それがお茶やコーヒーでは内臓に負担がかかるばかりか、からだも冷やしてしまいます。(お茶やコーヒーはからだを冷やす「陰性食品」ですから)

“体内をキレイに流す”という目的のためには、混じり気のないピュアな「お水(もしくはお白湯)」が望ましいです。

「お水だけそんなに飲めない」なんて人でもお白湯だと結構スイスイ入ったりしますので、便秘や体重の停滞にお悩みの方は騙されたと思ってぜひ試してみてください☆(「1日2Lのお水」を飲み続けるとカロリーの消費量が約30%UPする、という説もあります。)

それだけでもお通じのリズムに変化が表れるはずですが、

便の中身、まだ20%残ってましたね。

そのうちの1/3が、そう「食べ物のカス」です。

水分に比べると大分少ないですが、これがないとやはりお通じはスッキリと出てくれません。

最近流行りの「糖質制限」で“便のもと”となる炭水化物の摂取量が極端に減っている人などは要注意です。

お心当たりの方は、試しに1日だけ朝ご飯に「腹いっぱい!!のお米」を食べてみてください。

久々にビックリするくらいのお通じを体験できるはずです。

              

「お水」と「お米」

            

この2つが、もしかするとあなたの便秘のお助けマンになってくれるかもしれません。

ちなみに、便の中身の残り20%の1/3が「古くなった腸粘膜」、そして1/3が「腸内細菌とその死骸」だそうです。

残り20%の1/3と言っても、腸内細菌だけでも1人あたり1.5kgほどもあるそうなので、辨野先生いわく、あなたの本当の体重は「今の体重マイナス1.5kg」なんですって(!)

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
            
              
          

« 体調不良時の体重増加について | トップページ | この時期にやっておくべきこと »