« 果物は太る?太らない? | トップページ | 本当の体重は「マイナス1.5kg」という話 »

2017年9月15日 (金)

体調不良時の体重増加について

             

こんにちは!もみい里香です!

            

「暑さ寒さも彼岸まで」

                     

とはよく言ったもので、あれだけ暑かった日本列島も、お彼岸の時期が近づくとちゃ~んと涼しくなるんですねぇ。(「今年はもう涼しくならないんじゃないか」と毎年心配しちゃうんですけどw)

              

とは言え、この週末は台風やミサイルの襲来など懸念材料も多いので;
みなさんくれぐれも非常時の対策は抜かりなく。。。

              

そんななか(夏の疲れか)体調を崩される方が多いのもこの季節でして。

              

3ce955f122fcfe8371abc1033dc8b072_s

           

感染症のシーズンも近づいておりますので、今日は

               

「体調不良時の体重増加」 

            

についてお伝えしておきますね。 

       

は?体調不良時の体重増加?

         

とお思いでしょうか。

          

実は、

               

「頑張ってるのになかなか体重が落ちない(涙)」とか
「特に食べ過ぎたわけでもないのに、いきなり体重増えてる!」

            

なんて時、意外にも体調不良が原因だったりするんです。

                  

体調に何らかの問題がある場合、からだの中では

                  

・ストレスに対抗するホルモンが分泌される
  ↓
・そのホルモンの生成に必要なブドウ糖を肝臓が(ストックしていた分から)血液中に放出する
  ↓
・食事内容に関係なく一時的に高血糖の状態になる
  ↓
・血糖値を下げるホルモン(インスリン)が過剰に分泌される

              

・・・といった非常態勢がとられます。

            

「インスリン」は、余分な糖分をコンパクトな脂肪に換えて蓄積することで血糖値を下げる「肥満ホルモン」でもありますから、高血糖の状態が続くと肥満ホルモンの出番も増え“体重が落ちにくく増えやすい体内環境”になってしまうわけです。

                 

こればっかりは、生命維持のための防衛本能ですから、しかたありません。

          

体重を増やしてでもからだを守らねば。

                

あと、お薬を服用されている時は、その副作用で体重が落ちにくくなる場合もあります。

                        

落ちにくいだけならまだいいのですが、時にはビックリするくらいの増えっぷりなので;一応知っておかれた方がよろしいかと。。。

              

例えば「抗生物質」

                

病気やケガの治療の際に処方される抗生物質は、感染症の原因となる細菌をやっつけるお薬ですが、中には腸内細菌まで死滅させてしまうものもあります。

            

そのため腸内環境が悪化し、便秘知らずの人でもお通じのリズムが狂ってしまうことも。(そういう経験ありませんか?)

                

便秘が続くと、どうしても体重は増えてしまいます。

                 

悪いものをやっつけるだけでなく、からだに有益なものにまでダメージを与えてしまう・・・というのが、なんとも皮肉な感じですが、それが副作用というものですからね。

                  

アメリカではすでに「抗生物質=体重を増やす可能性あり」という研究結果がいくつも発表されていて、(風邪の際など)抗生物質の処方を控える動きもあるそうです。

           

頭痛や生理痛などに効果テキメンの「鎮痛剤」も然りです。              

               

効果が大きいものほど胃粘膜にかかる負担も大きく、胃薬と一緒に処方されることも多いですよね。

              

と同時に「腎機能の低下」や「水分貯留」などの副作用も認められていて、むくみや体重増加につながるケースも。

                 

私も親知らずを抜いた際に、処方された抗生物質と鎮痛剤で毎日1kgずつ体重が増えた時はさすがにビビリましたが; 

              

・・・と言っても、決して「お薬を飲むな」という話ではなく。

              

治療に必要なお薬もあるわけですし、素人判断で中断したり減らしたりするのもキケンなので、そこはお医者さまの指示に従っていただき、

              

「それによって体重が増えることもある」

              

ということだけ知っておいていただきたいな、と。

             

心配しなくても、それで増えた体重は一時的なもので(そこでヤケ食いなどしなければ!笑)体調の回復とともにまた元に戻りますから。

                

何はともあれ、ダイエットは「健康体である」ということが大前提となります。      

             

体調不良時はいろんな要因により“体重が落ちにくく増えやすい体内環境”になっていますので、そういう時はダイエットの方は潔く中断して体調の回復を優先してくださいね。

         

その方が絶対に近道となりますので。
           
                 
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter

                
メルマガ登録(無料)はこちら

              
              
■□━━━━━━━━━━━

ダイエットカウンセリング

━━━━━━━━━━━□■□

           
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

        
           
■カウンセリングのお申込みはこちら
       
          

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら
        
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。            
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.   

           
    
            

« 果物は太る?太らない? | トップページ | 本当の体重は「マイナス1.5kg」という話 »