« イベントシーズンの乗り切り方 | トップページ | ダイエットカウンセラーの信条と忖度 »

2017年12月21日 (木)

実は明日(12/22)はスゴイ日

               

こんにちは!もみい里香です!
         
         
今週末はいよいよクリスマス・イブですね。 
                                     

その前に、明日12/22(金)は「冬至」ってご存じでした?
               

日本ではニュースや天気予報で

「今日は冬至です。一年でお昼が一番短い日ですね。」

と紹介されるのが一般的ですが、古代中国や古代ヨーロッパにおいて、この日は一年の中でもとっても重要なターニングポイントの一日でもあったんですよね。

                   

なぜなら、この日は「一年でもっとも太陽の力が弱まる日」で、そこからV字回復でパワーアップする「太陽の復活の日」だから!(「クリスマス」も、そんな太陽の復活とキリストの生誕とを結びつけた後付けのイベントなんだとか???)

              

昔は「一年の始まりの日」ともされていたおめでた~い日「冬至」

                  

それが、今年の日本では明日の12/22(金)なんです。

                

この日を境に“運が上向く”らしいですから!

              

知ってた人も知らなかった人も、今年はしっかり意識して過ごしましょう!!

              

そんな素敵な運を確実に呼び込むための“おまじない”みたいなものもありまして。

                   

そういった季節ごとの風習って、地球のサイクルに合わせて生まれたものですが、当然ながらそこで暮らす私達人間のからだのサイクルとも連動している部分が多いんですよね。

           

過去記事▼意外なところに不調の原因が!▼でもお伝えしているように、そういうところにダイエットの意外なヒントも隠されていたりするので、

                

「からだが喜ぶダイエット」

                

を提唱している私としては、季節の移り変わりにもきちんと目を向け耳を傾け日々を暮らしていくことが、とっても大事なのではないかと思っているわけなんです。

               

ということで、今日はせっかくですから「冬至」をテーマにしっとりと(笑)ダイエットのヒントをお伝えしていきますね。

                

日本では古くから冬至に「カボチャ」を食べる習慣がありますが、これ、「運盛り」と言って、とっても縁起のいい食べ物だから、なんです。

                

「運盛り」とはニンジンやレンコンなど「ん(うん)」が2つつくもの。

                 

カボチャも別名「南瓜(ナンキン)」ですから、立派な「運盛り」なのです。

            

ただ、ニンジンもレンコンもカボチャも、ダイエット的には日頃の多用はあんまりおすすめしていないんですよ。

           

「運盛り」以外にも

         

・イモ類

・とうもろこし

・栗

            

など。  

これらは一応野菜売り場に置いてはありますが、国や地域によっては主食となるものもあるでしょう?

          

それくらい糖質を多く含むため、糖尿病食事療法のための食品交換表においては「穀物」と同じカテゴリーに入れられているんです。

            

なので、たくさん食べる場合は、その分ご飯の量を減らして調整していただく必要があります。

       

目安としては、

              

・カボチャ小1/8個(約100g)

・サツマイモ中1個(約100g)

・ジャガイモ中2個(約200g)

               

が大体「子供茶碗1杯弱のご飯(約100g)」という感じで置き換えていただければと。

                   

ま、年に一度のオメデタイ日くらい多少オキテヤブリしたって体重が大幅に増える心配はないので、明日ばかりは難しいこと考えずに縁起の方を担いでいただいていいんですけどね。笑

              

本来カボチャは「夏野菜」ですが、保存技術の発達していない昔でもこの時期まで美味しく食べられていたってことは、それくらい生命力のある食べ物ってことです。

            

一年でもっとも太陽の力が弱い日だからこそ、南の陽のパワーを蓄えたカボチャで運気アップを図りましょう☆

              

そして、冬至と言えば「ゆず湯」です。

            

そもそも、入浴が毎日の習慣でなかった時代は、お風呂に入ること自体が“運を呼び込む前にからだを清める”といった意味があったみたいなんですけど、そこにクエン酸やビタミンをたっぷり含む「ゆず」を投入することで

          

・血行促進

・冷えの改善

・免疫力アップ

・保湿効果

             

などなど。

            

「冬至(湯治)にはゆず」と言われるだけの効能がてんこ盛りなのです。

           

それ以外にも

      

・発汗作用

・利尿作用

           

はむくみの改善に効果がありますし、何より、体温が1度上昇することで代謝は12%もアップしますから、ゆず湯のダイエット効果は絶大です。

                  

そんな天然の入浴剤「ゆず」の栄養成分は実より皮の方に多く含まれていますので、皮ごとお風呂に入れるのがおすすめですが、お肌の敏感な人はちょっぴり注意が必要です。

             

調子に乗って入れ過ぎたり、果汁を絞り過ぎたりしちゃうと、痒みや痛みが生じる場合もありますので、数を減らしたり、事前に熱湯をかけたりして、様子を見ながらトライしてくださいね。

             

以上、今回はオメデタイ「冬至」にまつわる豆知識でした。

               

冬至のちょうど1ヶ月後(2018/1/20)が最も寒さの厳しい「大寒」となりますので、寒さもこれからピークを迎えます。

         

2017年も残り10日ということで慌ただしさもピークかと思われますが、くれぐれも体調管理には気をつけてお過ごしくださいね☆ 
           
           
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter

         
メルマガ登録(無料)はこちら

                

                
□■□━━━━━━━━━━━

ダイエットカウンセリング

━━━━━━━━━━━□■□

                    
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

                   
・カウンセリングの詳細はこちら

                  
・よくある質問はこちら

       
・パソコンからのお申込みはこちら

              
・スマホからのお申込みはこちら

                
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
 

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━

■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.           

                            
               
            
       

« イベントシーズンの乗り切り方 | トップページ | ダイエットカウンセラーの信条と忖度 »