« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月に作成された記事

2018年2月23日 (金)

「パーソナルトレーナーからの」流れ

           

こんにちは!もみい里香です!
(先週は連休明けの超ハードスケジュールのため1週飛ばしてしまいました;)

             

前回、ダイエットカウンセリングの「クレジットカード払い開始」のお知らせをさせていただきましたが、サプリメントのリピートにも適用可能なこと、お伝えするのを失念しておりました;(多数のお問い合わせ、申し訳ありません!) 

ユーザーのみなさま、カード決済についての詳細は下記をご参照ください~
                    
▼「体質改善用サプリメント」のユーザーさんへ▼
 

            

さて。

春は、卒業や入学、そして歓送迎・・・と旅立ち&スタートが背中合わせの季節でもありますよね。 
              

25ec8ef136a8045c7fe74005b61fa5b2_m                      
                     

ダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」にも昨日、対照的なメールが2通届いておりました。

         

まずは「スタート編」
ダイエットカウンセリングのお申込みフォームからの抜粋です。
           
               
> パーソナルトレーナーが付くジムで1年前ダイエットをして10kg痩せましたが、ジム通いが終わった後食事が徐々に普通に戻ってしまいリバウンドしてしまいました。

> 痩せるためには生活習慣から見直さないといけないかなと思いカウンセリングを申し込みさせて頂きました。
 

                

とのことでしたが、せっかく落とした体重が戻ってしまわれたことは、ご本人にとってどんなに悲しいことかと。

            

しかも、10kgやせるって・・・どれだけの変化だったか!

                

その昔(まだうら若き乙女だった頃)逆に10kg太って、いつも遊んでた“アリマ(友達)のねーちゃん”に誰だか認識されなかった経験を持つ私には、その「10kgの重み」痛いほどわかります。。。 

              

でも!そのジムでの経験は決して無駄にはなりませんからね。

               

テストで先に「答え」だけ教えてもらったようなものなので、あとはそのプロセスを埋めていくだけ。 

                     

「10kgやせたらどうなる」っていう答えを知ってる分、それはむしろ『強み』なので、ジムに投資した時間や費用を取り戻すためにも、ここからの数ヶ月間をめいっぱい活用していただきたいなと。

                    

その数時間あとに届いた「旅立ち編」は、今週卒業のクライアントさんからの最後のメール。(奇しくも、こちらも「パーソナルトレーナーからの」流れでした!)
          
               
> もみい先生が掲げている「5年後も続けられるダイエット」はほんとにほんとでした!

> 私も5年後もこのダイエット生活なら出来ます!

> よくあるダイエット方法のような特定の何かに頼らず、

> 地道にダメな生活をリセットして痩せる生活に正していく、

> そして正しい生活の仕方はキレイや健康、新しい自分まで引き寄せるのだなと。

> 最初は「*******が太った原因」と言われても正直ピンときていませんでした。

> が、ミッションをこなす毎に自分の体が応えていくのを見て、なるほど~と頭と体で納得できました。

> 食べること歩くことといった自然に身につけたものはなかなか自分で問題を見つけるのは難しいものだなと。

> プロの個人カウンセリングのすごさです。
 

                  

この方、周りのお友達も興味津々のようなので、個人を特定する情報は控えておきますが;
5ヶ月のカウンセリングで8kg落としての卒業ですから、やはり見た目の変化は大きいのでしょう。(メールカウンセリングなのでそこは見られない!ザンネン!

               

今回たまたまお二人ともそうでしたけど、最近とみに増えつつある「パーソナルトレーナーからの」流れ。

                

そもそも、我が「NetSlimネットスリム」も間もなく15周年ということは、形式こそ違えどワタクシ15年前からパーソナルトレーナーをやってたってことになります(よね?) 

                       

なので、「ダイエットにおけるパートナーの重要性」は誰よりもわかっているつもりです。

        

もしかしたら、ダイエットを成功させるうえで最も必要なのはダイエットメニューでも運動器具でもなく「パートナー」なのかもしれません。

                

・・・が、残念ながら、一人のトレーナーがずーーーっと側についていられるものではありません。

                

最後は結局「自分一人」です。 

              

そこで真価が問われます。

                  

そのダイエットが正しかったのかどうか。

         

私のカウンセリングやメルマガでは、常にそこ(一人になった時)に視点を据えて

         

「5年後も続けられる方法」

              

をお伝えしております。(なぜ5年かというと、歯磨きでもお風呂でも・・・5年続いたものは10年でも20年でも続くでしょう?と思ってますので。)  

           

おそらく、どこのパーソナルトレーナーさんも同じような熱意をもってお手伝いされてるはずです。

                 

自分が伝えたものをずっと役立ててもらいたい!と。

               

だって、自分の持つ知識やワザで自分以外の人が変わっていく、ってことは何物にも代えがたい喜びなんですよ~ 

                

そんなパートナーの思いを理解しつつも、忘れてならないのが 

             

「それに応えた自分自身のすごさ」

          

です。

            

教えられたノウハウを実際に実行し体重を落としたのは、当のご本人にほかならないのですから。

             

これは自信を持っていただいていいです。 

                   

どんな素晴らしい情報も実践されなければ何の変化も生まないので、

                

「あなたの体重を落としたのは(トレーナーではなく)あなた自身」

                    

なんだってことを忘れないでいただきたいなぁ、と。

                   

「パーソナルトレーナー」流行りの昨今、たまたま同じ日に届いた旅立ち&スタートのメールに、ふとそんなことを感じた古株?トレーナーなのでした。

  
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter

                  
メルマガ登録(無料)はこちら 

            
             
□■□━━━━━━━━━━━

ダイエットカウンセリング

━━━━━━━━━━━□■□ 

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

          
        

■カウンセリングのお申込みはこちら

               
              

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら 
             
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.    

                
                    
         
               

2018年2月 9日 (金)

★クレジットカード払い開始のお知らせ★

11b2c03b01d4acd48658dc88a60c7dc1__3            

                

ダイエットカウンセリングのお支払い方法に

              

「クレジットカード払い」

             

が追加となりました。

しかも、販売者にカード情報を伝える必要のないオンライン決済サービス「PayPal」経由なので、セキュリティ面も安心です。

※PayPalは一括払いでのお手続きとなりますが、決済後にご利用のクレジットカード会社の方で分割払いやリボ払いに変更することが可能です。(クレジットカード会社により条件や基準が異なりますので、詳細につきましては事前にクレジットカード会社の方でご確認ください。)
              

PayPal、私も個人的に利用してますけど、アカウント登録(無料)さえしておけば世界中ワンクリックでカード決済できるので、ビックリするくらい便利です。アカウントをお持ちでない方はこの機会にぜひ!

▼「PayPal」とは▼

                  
日本国内のみならず、海外からのお申込みもこれでぐっと簡単になりますので、どうぞお気軽にご利用ください☆

              
       

▼ダイエットカウンセリングのお申込みはこちら▼

         
                 
                 

           
           
            
                       

その着方、間違ってません?

                

こんにちは!もみい里香です!

           

いよいよ冬季オリンピックのスタートですね!

                 

現地空港で寒さ対策をインタビューされていたレジェンド葛西さま。

「ホッカイロいっぱい貼ります!」

の「ホッ」の部分を上手いこと切り取って放送したNHKはさすが~
と感心しながらニュース見てましたけどw(「ホッカイロ」は商品名ですからね;)

             

平昌もさることながら、日本の冬も今年はホント寒いですね!

               

今日は全国的に少し緩んでいるものの、週明けにはまた真冬並みの寒さに戻るとか。
いよいよ試練の「三寒四温」のシーズンに突入でしょうか。

             

この時期は体温調節が健康管理の要となりますが、それはダイエットにおいても然りです。

             

「体温が1度下がると基礎代謝は10%ほど低下する」

                     

ってことは、このメルマガでも度々お伝えしてますけど、実際に「同じ食事をしても(体温が)36.5度の人より35.5度の人の方が太りやすい」という事実があります。

          

「体温が1度上がると免疫力が約30%UPする」

             

なんて説もありますので、このインフルエンザ蔓延の時期は特に!
からだを冷やさない工夫が必要です。

           

そんな「冷え対策」について、これまでもいろんなヒントをお伝えしてきましたが、先日の

▼「この時期にやってはいけないこと」▼

でもアドバイスしたように、間違ってるケースも結構多いので、今回も1つ確認を。

            

それは、この時期もう欠かせないアイテムとなりつつある

          

「ダウン製品」

            

について、です。

               

昔は高級ブランドやスポーツメーカーでしか手に入れられなかったダウン製品も、今では仕送りで暮らす学生さんでも手が届くところまで下りてきてますよね。

              

それにより地球上の随分多くの人が寒さをしのげるようになったんじゃないかと、(質の良し悪しは別として)その功績の大きさは計り知れないものがあると思うんですが。。。

           

もちろん、ファストファッションのそれは極寒の冬山に対応できるものでは到底ありません。

           

でも、普段の生活の中では(それこそホッカイロに相当するくらいの)からだを温める効果があります。

         

ただ!

            

残念なことに、使い方を間違っているために、その効果が半減しているケースも多いようにお見受けします。(冬キャン大好きキャンパーの端くれといたしましては)

          

ダウン製品にはコートのような「アウター」とライナーのような「インナー」がありますが、みなさんはどちらをご利用ですか?

              

私は、この時期、室内であろうと屋外であろうと

            

「インナーダウンベスト」

        

をフル活用しています。

             

あえて「袖なし」「ショート丈」のベストです。
そう、ぱっと見「戦場カメラマン」みたいなアレです。

        

・・・が、彼のように服の上には着ません。(アレは防弾チョッキですってば;)

           

なるべく「肌に近いところ」で着ます。

         

素肌に直接着るには肌なじみがよろしくないので、肌着の上にインナーダウンベスト、その上にお洋服・・・というのが基本のカタチです。

         

薄手のニットやシャツだと中に着込むのは難しいので、さすがに上から羽織りますけど、生地が薄いだけ「肌に近いところ」という条件はなんとかクリアできてるかな、と。

            

なぜ「肌に近いところ」なのかと言いますと・・・

               

「ダウン」とは本来「水鳥の胸に生えている羽毛」のことですが、

              

フワフワの羽毛が体温で温まり膨らむ
 ↓
膨らんだ羽毛が空気をたくさんとらえる
 ↓
空気の層ができる
 ↓
動かぬ空気の層が断熱材の役割を果たす

            

というメカニズムにより暖かい環境が作られるんですね。

           

つまり「ダウン製品の熱源」=「自分の体温」なんです。

             

となると、肌着の上にシャツを着て、ニットのカーディガンを羽織って、ダウンのコートを・・・
みたいに、たくさん着込んだ上からダウン製品を着ても、体温から遠いため羽毛に熱が伝わりにくい、ってこと、、、
おわかりいただけるでしょうか。

               

ま、たくさん着込んでる分、寒くはないかもしれませんが;
かなり動きにくいですよね。

            

厚着による運動不足も“冬太りあるある”です。

              

その点、「肌に近いところ」でダウンを着ると、少ない衣類でも効率よく温まるため、動きも軽快です。

              

ちなみに、そんなダウンに覆われている水鳥の体温は40度近いそうです(!)

          

最強ですよね;

           

もし、ダウン製品を「肌に近いところ」で着ても暖かくならないという人は、もともとの体温がかなり低くなっている可能性があります。

             

その状態でダイエットを頑張っても、なかなか結果には結び付きにくいかも。

          

そういう人はどうすればいいか・・・

            

それはまたの機会にアドバイスするといたしましょう。

               
   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   

□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
            
■カウンセリングのお申込みはこちら 
            
          

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら         
                
     
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
              
                     

2018年2月 2日 (金)

リバウンド回避の最大のコツは「●●●作り」

             

こんにちは!もみい里香です!

                

来年の15周年リニューアル前の「トライアル企画」第一弾

             
         

「更年期ダイエットコース」

        
               

やはりお悩みの方は多かったようで。          

このコース、リニューアル時の定番化も視野に入れておりますが、今回の料金設定は「人数限定」「期間限定」「メルマガ先行」のトライアル企画ならでは!ですので、気になる方は早めにチェックしておいてくださいね。

          

すでにスタートされた方からは

> もうあまり痩せるのは無理なのかなと思っていましたので、**kgくらいの減量が可能とのことでビックリです!
> いっそもうこのままでも・・・と思うこともありましたが、**kg位まで増量してしまうとは!!
> このままどころじゃないですね。
> 太った原因を分析していただいて、何もせずにいたら、今のままでいることも出来ないのだと実感しました。。
>(H.Hさん/東京都/50歳OL)

なんてお声もいただいておりますが、、おっしゃるように“このままでいること”すら難しくなるのが更年期です。
まずはその現実を知っていただくことが、明るい未来への大きな一歩となります。笑

           

そんな「更年期ダイエットコース」で見事に共通しているのが、

      
     

「もう一度9号サイズの服を着るために」

         
           

というお申し込み理由です。(もうほとんどの方がこのために来られたと言っても過言ではないくらい!)

          

この「もう一度」というところがミソですよねー
だって、過去には“9号サイズの自分がいた”ってことですものね。

          

ある時期突然体重が増えてしまったのか。

一度落とした体重が戻ってしまったのか。

           

その経緯は様々でしょうが、9号サイズとそれ以上のサイズの繰り広げる世界の違いをご存じの方ほど「このままで終わりたくない」というお気持ちが強いのかもしれません。

          

これ以上「捨てられない服」を増やさないためにも、絶対に避けなければならないのが

        
         

「リバウンド」

       
    

です。(これは更年期のダイエットに限ったことではありませんが。)

         

筋肉は運動でしか増やすことはできませんので、よほど運動を頑張っている人でない限り、リバウンドの際に増えたものは筋肉ではなく「脂肪」ということになります。

       

ですから、以前と同じ体重に戻ったとしても、筋肉が落ちて脂肪が増えていますので、以前よりも丸く見えますし体脂肪率も激増することに。

      

このようなリバウンドを何度も繰り返してしまうと、しまいには「何をやってもやせないからだ」を自分で作ってしまうことになります。

          

そんなリバウンドを回避する最大のコツ。

      

長年のダイエットカウンセリングの経験から到達した結論は

       
  

「●●●作り」

     
      

です。

       

・・・何だと思いますか?

          

「ダイエットメニュー作り」

「筋肉作り」

「お仲間作り」

     

どれも間違いではありません。 

        

でも、正解はそれ以前の問題で

            
          

「仕 組 み 作り」

          
             

これに尽きるのです。

             

いつもお伝えしているように、「ダイエット」とは古代ギリシャ語の「diaita(生活習慣、生き方)」が語源です。

         

つまり「ダイエット=生活のしかた」です。

           

今までの「生活のしかた」が今のからだを作っているわけなので、今のからだを変えるためには今までの「生活のしかた」を変えていくしかありません。

         

それが一番確実で近道の方法なのです。

       

・・・が、今までの「生活のしかた」に問題点が多ければ多いほど、また積み重ねが長ければ長いほど、それを変えていくことは簡単なことではありません。

           

でも、それをやらなければ、いつまで経ってもリバウンドの繰り返しで年々最高体重を更新し続けることに。

               

時代の移り変わりとともにダイエット法も手を変え品を変え・・・いろんな方法が生まれては消えていってますが、その実「体重を落とす答え」はそんなに多くありません。

          

結局たどり着く先はほぼ同じです。

            

そんな中で「リバウンドのないダイエット」を成功させる秘訣は

            

------------------------
1.まず理由を知る
------------------------

            

なぜそうなったのか。

なぜそれをしてはいけないのか。

なぜそれをしなければならないのか。

              

そこのところを真に頭で理解できていなければ、どんなこともすぐに忘れてしまいます。

           

脳が忘れたことはからだも続きません。

                   

ダイエットカウンセリングにおいても“無理なく体重を落としている人”は、そんな「理由」が腑に落ちた人達です。

          

------------------------
2.仕組み作り
------------------------

                

理由がわかれば、やることは自ずと決まってきます。

                       

あとは、それをいかに生活に組み込めるか。

         

それが

         
           

「仕組み作り」

  
         

です。

          

そのためのヒントを1つお伝えするとすれば・・・

         

多くのダイエッターさんをお手伝いしてきて、確実に言えることは

        

「気持ちいいことは続く」

          

です。

          

いくら理屈で納得していても、気持ちよくないことは続きません。

             

気持ちよくなる工夫をするか、別のアプローチ法を探すか。

                

続けられる方法を見つけるための「旅」ですね。

             

------------------------
3.自分ルールを持つ
------------------------

          

ハーバードビジネススクールの有名な教授センセイによると

          

「ルールは98%守るよりも100%守るほうがずっと簡単」

           

なのだそうですから、「これだけは譲れない」という決め事を持っておくと意外とラクです。
決してたくさん作る必要はありません。2つ3つでいいので。

        

ちなみに、私の場合はこれかな。

                 

------------------------

              

以上、リバウンド回避の最大のコツ「仕組み作り」が今回のテーマでした。

            

地味なようで実は最強のメソッド「仕組み作り」

             

文字数に制限のある中でお伝えできることには限りがありますが、私がお伝えしたいこと、なんとな~くでもご理解いただけると嬉しいです。

               
             

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
          
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
          
・パソコンからのお申込みはこちら
           
・スマホからのお申込みはこちら

           

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
             
           

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »