« からだからの緊急速報に気づいてますか? | トップページ | あなたの大事な資産について »

2018年4月 6日 (金)

「残りもの」とのつきあいかた

             

こんにちは!もみい里香です!

             

ちょっと冷えてきましたね。

            

先週のメルマガ▼「からだからの緊急速報に気づいてますか?」▼の中で、

    
                                 
『からだにいいことをしていれば(からだによくないことをしなければ)体重が増えることはない』

           

とお伝えしました。 

             

私にとってはごくごく当たり前のことだったんですけど、意外にも「目からウロコ」のお声が多くて逆に驚いてしまいました。笑

           

からだに「いいこと」「よくないこと」

           

この選別はそんなに難しいことではないんですよ。

          

例えば、「残りもの」とのつきあいかた。

           

断捨離や環境保護の観点から、キッチンや食卓でも極力廃棄物が出ないよう工夫してるんですけれども、それでもどうしても残ってしまうものってありますよね。

          

バーベキューのあとの遠慮のかたまりのお肉だったり、子どものピザの食べ残しだったり、賞味期限切れのスイーツだったり・・・
                         

986499f2d9436e6e2c0245ff7ea0dd92_s              

そういう時、あなたはどうしてますか?

           

私は、捨ててます。

        

と言うと、

          

「まっ!食べものを捨てるなんて!」
「バチ当たりな!」

        

なんてお声も聞こえてきそうですけど;

         

確かに、心は痛むんですが、ゴミ袋に入れるのも胃袋に入れるのも、結局は同じ。

            

どちらも「捨てる」なんですよ。(必要量以外のものは)

         

なんですが!

          

そのあとの弊害ってことまで考えた時に「胃袋に捨てる方がリスクが高い」と思ったら、躊躇せずにゴミ袋に捨てます。

       

もったいないですけどね。

           

もったいない、もったいない、で胃袋に入れ続けて1kg増えたら、それを落とすのにスポーツジムやエステ、ダイエット商品にサプリメント・・・と、いずれにかかる経費も数千円じゃ足りないでしょう?

           

これが「メタボリック症候群」や「生活習慣病」のゾーンに達してしまうと、その程度の金額や労力では済まなくなってしまいます。

          

・・・と同時に。

          

「あなたの胃袋はゴミ袋ではない」

           

ということも、ぜひ日頃から強く意識しておいていただきたいです。

                

そんなことはわかってる、って人でも実際やってることは「ゴミ袋」扱いだったりします。

                  

何も意識せずに口の中に放り込んでいませんか?

            

今口の中に入れたものがどこにいくのか、その都度考えてみてますか?

               

そこが今どんな状態になってるか、想像できますか?

          

それらは間違いなく1つの袋の中に溜まっていきます。

           

そう、「胃袋」という名の袋です。

           

空っぽの胃袋は100ml程度の容量しかありませんが、成人の場合、2Lもの飲食物を詰め込むことができるそうです。

          

ヤクルトほどの容器に2Lのペットボトル1本分。。。

            

食べたものが1つ1つ空っぽの袋を膨らませながら溜まっていく状況をイメージしてみてください。

             

しかも、対応する臓器は胃袋だけではありません。

              

腎臓、肝臓、すい臓、小腸、大腸・・・と、消化器系だけでもこれだけの布陣で対応に当たります。

            

どんな状態のものをどれくらい食べようとも、どの臓器も決して手を抜くことはありません。

             

常に全力投球で処理にかかってくれます。

            

そこで手間のかかるもの(加工品やジャンクフードなど)が運ばれてくると、その処理に追われて本来の代謝機能が後回しになってしまいます。

            

その積み重ねが、ツケとなって「体重増加」という形で回ってくるのです。

           

臓器だって、パソコンや家電と同じ消耗品、元気に働ける期間には限りがあります。

             

しかも、使い方やお手入れ次第でその寿命は短くも長くもなります。

             

からだにそういった“余計な仕事”をさせず本業に徹してもらうためには、オーナーであるあなたが口に入れる前に少~しだけ気をつければいいことなんですね。

            

「残りものをゴミ袋に捨てるのか、胃袋に捨てるのか」
「胃袋がゴミ袋化してないか」

               

『からだにいいことをしていれば(からだによくないことをしなければ)体重が増えることはない』

              

というのは、そんな確認の積み重ねの結果なのです。

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
 

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

            

■カウンセリングのお申込みはこちら

                    

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら        

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
              
                

« からだからの緊急速報に気づいてますか? | トップページ | あなたの大事な資産について »