« あなたの大事な資産について | トップページ | ダイエットでゾーンに入るには・・・ »

2018年5月11日 (金)

意外な人がやせてる意外な理由

          

こんにちは!もみい里香です!

          

大型連休明けの今週、「若葉寒(わかばさむ)」なんて寒の戻りもあったりして(お休みだった人もそうでない人も)心身ともにハードな1週間だったと思われますが・・・

            

少しは日常のリズムを取り戻せていらっしゃる頃でしょうか。

                          

お出かけやおつきあいの機会も多いゴールデンウィーク、そんなお集まりの中には必ず

「やせてる人」
「太ってる人」

がいるものです。

            

あなたがそのどちらに所属するかは別としてw
ダイエットカウンセリングを受け始めた方は、今まで気にならなかったその「生態の違い」にとっても敏感になるみたい。

              

「やせてる人はこうなんだ!」とか
「太ってる人はやっぱり・・・」とか。

            

それはそれでとってもお勉強になりますよね。

            

でもね、どーーーしても解せない現象にぶち当たることも。

             

例えば・・・

            

「明らかに私より食べてるあの人がやせてるってどういうこと!?」とか。
「運動なんか何もやってない人が全く太ってないのはどうして??」とか。

             

悶々とした思いでチラ見食べしていたダイエッターさんに、まずは

             
         

「ロンドンの2階建てバスの運転手と車掌の寿命の話」

         
                  

をお届けいたしましょう。
             

Fadd520ad4ce8bddb840b356517cdb6d_s                               

今から半世紀以上前、イギリスのロンドンで名物「2階建てバス」の乗務員3万人を対象に心筋梗塞の調査が行われました。

               

その結果、運転手さんは車掌さんよりも心筋梗塞の罹患率、死亡率ともに80%ほど高かったんだそうです。

          

この現象にはバスの構造が大きく影響している、ということを覚えておいてください。

         

そのうえで。

            

“やせる体質”“太る体質”を決定づける「基礎代謝」というエネルギーについての興味深い検証も1つご紹介しておきます。

               

基礎代謝は、心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を維持したり・・・人間が生きていくために最低限必要なエネルギーのことで、一般的には

「基礎代謝が高い人は太りにくい」
「基礎代謝が低い人は太りやすい」

と言われていますが、ある実験で「細めの女性Aさん」と「太めの女性Bさん」の基礎代謝を測定したところ・・・

            

なんと!「太めの女性Bさん」の方が基礎代謝が高かったのです。

              

なぜ、「細めの女性Aさん」の方が基礎代謝が低いにもかかわらずやせているんでしょうか。

               

その不思議な現象の正体は

             
                

「生活活動代謝」

             
           

というエネルギーなんです。

              

実は、1日の消費カロリーは

・基礎代謝量(じっとしているだけで使われるエネルギー)
・生活活動代謝量(生活の中で使われるエネルギー)
・食事誘導性熱代謝量(ものを食べる時に使われるエネルギー)

の合計です。

            

食べても太らないという人は、基礎代謝もさることながら、この生活活動代謝の大きい人が多いのです。

            

「細めの女性Aさん」もそうでしたが、とにかくよく動く。

          

食べたらすぐ立ち上がって片付ける、
脱いだものはソッコー所定の場所へしまう、
使ったものも必ずもとの場所に戻す、

                 

等々・・当たり前のことなんですが、それができないのがもう一方の「太めの女性Bさん」だったんです。(そう言えば、体重が落ちるにつれお部屋が片付いてきたとおっしゃるクライアントさんは多いです笑)

           

乗車券発売のためにしょっちゅう1階と2階を上下している「2階建てバスの車掌さん」とちょこまか動き回る「細めの女性Aさん」

               

からだを動かすことなく座りっ放しの「2階建てバスの運転手さん」と片付けられない「太めの女性Bさん」

           

この2タイプの人の生活活動代謝量の差は時間の蓄積とともにどんどん大きくなり、引いては体重の差や寿命の差にまでつながることに。

              

何もわざわざ時間や道具を使って行う運動だけが体重を落とすわけではない、ってことですね。

             

「掃除機かけ」「ベッドメイキング」「皿洗い」「お風呂掃除」なども積み重ねれば大きなエネルギーになりますし、今話題の

         

「名前のない家事」

         

だって、その消費カロリーたるや馬鹿になりません。

            

きっとあなたの周りの「やせてる人」も意外なところにやせてる理由があるはず。

            

今後はそういうところをこそっと観察してみてくださいね!(貴重なヒントが隠されていますので)

         
   
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□ 

   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
          
■カウンセリングのお申し込みはこちら
               
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら        
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                        
お申し込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                        
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申し込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.
   
   
              
 

« あなたの大事な資産について | トップページ | ダイエットでゾーンに入るには・・・ »