« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月に作成された記事

2018年6月29日 (金)

スマホからのお申し込みについて

スマホからのダイエットカウンセリングのお申し込みが増えておりますが、サーバーの頑強なセキュリティ対策により

当方からのご案内メールが受信されずに戻ってくるケース

が発生しております。

お申し込みから24時間以上経過しても当方からのメールが届かない場合は

・「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

・別アドレス(パソコン用アドレスなど)に変える

のいずれかの方法で再度お申し込みいただくか、当方の代表アドレスに直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。

お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年6月22日 (金)

リバウンドのないダイエットのコツ

             

こんにちは!もみい里香です!

         

このメルマガもそうですが、ダイエットカウンセリングの方でも、私はほとんど

         

「体重を落とすためのノウハウ」

        

をお伝えしておりません。

        

あ、勘違いしないでくださいね!(決してダイエット詐欺ではありませんwww)

         

長年の読者さんやクライアントさんならおわかりいただけるかと思いますが、私がお伝えしてるのは常に

         
           

「からだが喜ぶこと」

          
          

です。

              

そもそも、からだが本来備えている「分解→消化→吸収→新陳代謝」というプロセスが正常に機能していれば、必要以上に体重が増えることはないはずです。

          

体重が増えるということ自体が何らかの不具合により生じている現象であり、それはからだから発せられる貴重なSOSのサインでもある、と私は思っているんです。

      

からだが悲鳴をあげている状態ですね。

             

そこで乱暴にただ体重だけを落とす行為はまったくの逆効果です。(激しいリバウンドが待っているだけ)

          

そこはあえて「からだが喜ぶこと」だけを考えて生活してみる。

          

そうすると、どういうことになるかといいますと・・・

         

今朝、卒業生の方から届いたばかりのホヤホヤのメールを少しご紹介してみますね。

           

> りかさん、ご無沙汰してます。
> 11月に終了した後の現在の報告をと思い、こちら(サプリメントリピート専用フォーム)を利用しました。
> まず、目標としていた職場の健診。
> 無事クリアです。
> もっというと、中性脂肪の値は今までの半分!
> 悪玉コレステロールも正常値(140位までありましたが、これが119まで下がりました)
> 身体が喜ぶってこういうことなんだ……と痛感です。
>(K.Tさん/静岡県/41歳女性)

             

このK.Tさんは6ヶ月で10kg落として昨年の11月に卒業されました。

その後の経過は続きにてどうぞ☆

▼ダイエットカウンセリング体験者の声▼

        

この方の場合も、最初から「10kg落とすためのノウハウ」をお伝えしてきたわけではありません。

     

正直、最初の方は体重すらあまり見ておりません。笑

         

ただひたすら「からだが喜ぶこと」だけを考えて日々の生活をアレンジさせていただきました。

         

だって、それで体重は落ちていくんですから。

      

K.Tさんも、その結果10kgの体重が半年で落ちた、ということですね。

           

もちろん、メルマガでもカウンセリングでも

          

“すぐに結果が出ない人”

         

は、います。

        

それは「ハンデの大きい人」

          

つまり、これまでの生活があまりにも「太る生活のしかた」だったということ。

            

この場合は、マイナス地点からの出発ですから、ゼロ地点まで持ってくるだけでそれ相当の時間がかかります。

            

自己流のダイエットだとほとんどの人がこの段階で挫折してしまうのではないでしょうか。

          

でも、水面下の変化は、目に見えないだけで確実に進んでいるんです、実は。(それが自分一人のダイエットだとなかなかわからない)

         

しかも、その作業(マイナスからの脱却)はいつか必ず遂行しなければならないミッションです。

          

それ抜きで落とした体重は必ずまたリバウンドしてしまいますから、結局またマイナス地点まで落ちることに。

          

そういうことを繰り返しているうちに(年齢やホルモンの関係で)体重はどんどん落ちにくくなっていきますので、一刻も早く観念して(?)そこを乗り越えてしまった方がいいのです。

            

そういう関門で挫折することなく進み続けるための最強のコツは

        
            

「気持ちいいこと」

       
        

をとり入れるに尽きます。

         
  

「からだが喜ぶこと」
「気持ちいいこと」

         
     

これ、ほぼイコールですね。

            

そういうワザを探り当てて日々の生活の中に上手く組み込めれば、前出のK.Tさんのような結果を出すことができます。

         

メルマガは不特定多数の方が対象なので、どうしても最大公約数的なヒントしかお伝えできませんけれど、

        

そういうわけで、これからも私がお伝えしていくのは「体重を落とすためのノウハウ」ではなく「からだが喜ぶこと」です。

            

それが結果的には“リバウンドのないダイエット”につながる、ってことをご理解いただければと思います。

    

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

            
       

■カウンセリングのお申し込みはこちら

          
                    

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申し込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申し込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
         
            

2018年6月 8日 (金)

なくて七癖、これも太る癖

           

こんにちは!もみい里香です!

              

仕事しながらお茶飲んでてふと思い出したんですけど、私には

             

「(飲み物を)飲み干せない癖」

           

があります。(それで今日はこのテーマに。笑)

             

何十年も前に家族に言われて気がついたこの癖、いまだに「は!いけない」と残り1cmを頑張って(?)飲み干すことしばしば。

            

おそらくこれ、子どものころ炎天下で汗だくになって遊んで帰ってきて、冷蔵庫のキンキンに冷えた麦茶をコップに注ぎ一気に飲み干したのが母手作りの「そうめんのつゆ」だった事件がトラウマになってる、

           

と自分では分析してるんですけどね。

       

B987eab22c79de6091b4b3cee2c1590f_s

              

人生において「幼少期の体験」が及ぼす影響ってものすご~く根深いものがあると思うんですが、それが特に顕著に表れるのが食生活ではないかと。

            

そういう意味では、親をはじめとする周りの大人の“食に対する”価値観や知識、それに基づく習慣や嗜好などが担う責任は、とてつもなく大きいですよね。(あ、いや、そうめんのつゆを冷やしていた母に罪はありませんw)

             

常にお菓子のある環境で育った子どもは間食がやめられないし、美味しいトマトを食べたことがない子どもはトマトを嫌いになる。

         

そういうことは、周りの大人のほんのちょっとの意識でいくらでも変えることができたはずなのに。

              

・・・と、長年の「太る癖」に悩まされているダイエッターさん達を見ていて残念に思うことがよくあります。

         

そんな「太る癖」

          

他にもいろいろありますが、例えば

        

「ご飯が甘い」

           

ってことをご存じの方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

        

「は?ご飯が甘い?どーゆーこと?」

        

というリアクションの人、もしかして大~きな「太る癖」をお持ちかも。

       

それは「噛む回数が少ない」という癖。

         

ご飯(米)は食べたそばからデンプンが唾液中の消化酵素(アミラーゼ)により分解され麦芽糖へ変化します。

        

麦芽糖は水飴の主成分でもある糖類なので、甘みは確かにある、はずなんです。

        

ただ、そういうことを感じる前に飲み込んでしまうと、ご飯の甘みを知る由もありません。

       

体重を落としたければ

        

「ひとくちにつき30回以上噛む」

          

というのがダイエットの常識です。

       

それができていれば

・ヒスタミン
(消化を促すホルモン)   
・セロトニン
(満足感を与えるホルモン)
・レプチン
(食欲を抑えるホルモン)

などの「やせるホルモン」の分泌が促進され満腹中枢を刺激するため、腹八分でも十分に満腹感を感じることができます。

            

また、良く噛むことで、

          

・唾液の分泌量が増え、その中に含まれる消化酵素の働きでお通じが良くなる。

・体内を活性化するホルモン(ノルアドレナリン)の分泌により脂肪燃焼が促進される。

・ものを食べる時に使われるエネルギー(食事誘導性熱代謝量)も数倍UPする。

           

などのダイエット効果も。

           

さらに「良く噛んで食べる」ということはお顔のストレッチにもなり

・むくみの解消
・小顔効果
・二重アゴ防止

といった美容的副産物までもたらしてくれます。

           

いいことづくめでしょ?笑

          

でも、私自身「デ部」部員だった頃はそうでしたが「どうしてやせないのかしらwww」と悩んでる人ほど5~6回噛んで飲み込んでしまう。

          

そうするとご飯はほとんど無味で「ご飯が甘いってどーゆーこと?」となるわけです。(当時の私にとってもご飯は濃い味のおかずのクッション的役割でしかなかったんですよね。)

          

食べ始めから20分ほどのあいだに口に入れたものは(からだに必要か否かに関わらず)がっつりと吸収されてしまいます。

         

5回で飲み込むのと30回で飲み込むのでは、20分間で飲み込むトータル量も全然違ってきますから、体重が増えるのも当然です。

           

その辺を頭の隅に置いておいて、ぜひ今日から「ご飯の甘み」を確かめながら食べる癖をつけてみてください。(その癖なら、まだ今からでも十分修正できますので。)

    

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

   

□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

            

■カウンセリングのお申し込みはこちら

          
                    

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら        

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申し込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申し込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
              
     

2018年6月 1日 (金)

イメージでだまされそうなもの

             

こんにちは!もみい里香です!

             

ダイエットや健康に関する情報には

           

「イメージでだまされそうなもの」

          

って結構あります。

            

例えば、

              

【誤】温かいお茶はからだを温める
 ↓
【正】緑茶はからだを冷やす陰性食品

                

【誤】豆腐は低カロリー&ヘルシー食品
 ↓
【正】豆腐1丁はご飯1膳とほぼ同カロリー、かつ含まれる脂質の量は鶏ムネ肉の倍以上

             

【誤】ノンカロリーはゼロカロリー
 ↓
【正】決して0kcalではないものも

                 

【誤】糖質オフはからだにいい
 ↓
【正】砂糖の代わりに人工甘味料(人体への影響は不明)使用

                

【誤】筋トレでやせる
 ↓
【正】脂肪を燃焼するための運動ではない

            

などなど・・・

            

イメージだけで判断して、結果、貴重なお金や時間を無駄にしちゃってませんか~~笑

           

そんな中、ダイエットカウンセリングの現場でもよく見られるのが、

           

「野菜ジュース=野菜」
「フルーツジュース=果物」

              

という勘違いです。

              

E6b535ccadd5496811a08bafc5bef194_s

       

野菜や果物がからだに与えるメリットについてはもう十分承知しておられると思いますが、「時間がない」とか「値段が高騰してて」などの理由でその摂取を「ジュース」に頼ってる人も少なくないのでは?

             

残念ながら、ジュースでは野菜や果物の代わりにはなりません。

          

例え、その場で絞った「フレッシュジュース」でも、です。

        

フルーツジュースに至っては、

           

「生の果物を摂取した時より糖尿病のリスクが上がる」

           

という研究結果がすでに報告されています。

           

果物には「果糖」という糖分が含まれていますが、同時に血糖値の上昇を抑えてくれる「食物繊維」も含まれているため、ケーキやチョコレートなど加工されたスイーツほどに血糖値を上げることはありません。

           

自然の甘味が脳ストレスをほどよく緩和し、間食やドカ食い防止にもひと役買って、むしろ糖尿病のリスクを下げる効果があるくらい。

           

・・・が、それをジュースにしてしまうと、その加工過程で頼りの食物繊維が失われ「果糖のみ」を摂取してしまうことに。

           

しかも、液体だと(そしゃくが必要ないので)固体よりも多くの糖分を短時間で摂取&吸収できてしまいます。

          

これは、健康&ダイエットの両面においてとってもキケンな状況と言えます。

         

いわんや「市販のジュース」をや、です。

          

市販のパック詰めやビン詰めのジュースは「野菜100%」や「果実100%」と表示してあっても、加工の段階の加熱処理で酵素は死んでますし、ビタミンやミネラル、食物繊維も激減してしまいます。

              

「濃縮還元ジュース」なるものは、輸送コスト削減のために(乾燥ワカメのように)乾燥させた原料を海外から空輸し、それを再度水で戻し、さらに水で薄めたものに香料をプラスして作られますので、到底フレッシュな野菜や果物の代わりは務まりません。

              

冷蔵庫いっぱいにストックしてある野菜ジュースに安心してる人もいらっしゃるかも、ですが、それは

        

「ジャンクフードを食べるよりはまし」

    

程度のメリットしかない、と思っておかれた方がよろしいかと。

          

ビタミン、ミネラル、食物繊維のみならず、自然の野菜や果物には(いまだ解明されてない“未知の栄養素”も含め)たくさんの恵みが潜んでいます。

             

気候などの影響で多少値段が高騰したとしても、与えられる恩恵を考えれば、スイーツやスナック菓子よりはるかにコスパはいいはずです。

           

無駄なく健康的に体重を落としたい方は、以下の過去記事などを参考に「加工されていない野菜や果物」を積極的にとり入れていただきたいなーと思います。

        

〓「ダイエットの助っ人食材」〓

〓「この時期イチオシのむくみ取り」〓

            
   
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□   

   
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            

■カウンセリングのお申し込みはこちら

          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら        
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                        
お申し込み後48時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                        
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申し込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.
   
   

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »