« 夏にやせない人はもしかして・・・ | トップページ | 足し算の食事制限 »

2018年7月27日 (金)

運動嫌いの私が筋トレを始めた年齢と理由

           

こんにちは!もみい里香です!

                 

本日のテーマは

    

「運動嫌いの私が筋トレを始めた年齢と理由」

          

このメルマガを始めたのが14年前ですから、私もまだ40歳そこそこだったわけです。

        

その頃からおつきあいくださってる読者さんもたくさんいらっしゃるんで、そういう方達はご存じでしょうけど・・・

        

当時はまだ私さほど運動を重視しておりませんで。

             

メルマガでもダイエットカウンセリングでも「運動なしでもやせられる!」と豪語しておりました。

                

いや、今でも全然「運動なしでも体重を落とすことは可能」と思っておりますよ。

               

実際、私自身も運動なしで10kg以上の体重を落とし、それを(妊娠中以外は)四半世紀以上維持しております。

                

「体重を落とすための運動」は今もやっておりませんし、おそらく今後もやらないと思います。笑(それに代わるワザを知ってますから)

          

・・・が!

          

それはウォーキングやジョギングなど脂肪を燃焼する「有酸素運動」のことで、筋肉を鍛える「無酸素運動」となると話は別です。

          

「無酸素運動」、いわゆる「筋トレ」ですね。

          

これの必要性をひしひしと感じ始めたのは「40代半ばあたり」

        

「基礎代謝」が明らかに低下してきたから、です。

        

“やせやすさ”“太りやすさ”を左右する基礎代謝は筋肉の量に比例します。

   

筋肉の量は加齢により年々1%近く減っていくと言われてますが、それを身をもって感じられるのが、平均すると40歳過ぎじゃないかなぁと。

        

この頃を境に基礎代謝はガクン!と落ちますから、

          

「食べる量は変わらないのに体重が増えやすくなった」とか

「増えた体重が落ちにくくなった」

               

といった現象に「あれ?」と思う瞬間がチラホラと。

            

脂肪を燃焼するための運動(有酸素運動)と基礎代謝を上げるための運動(無酸素運動)は運動そのものの種類も作られる筋肉の種類も全く「別モノ」なので、

            

「基礎代謝UPのための筋肉を増やす」か

「美味しいものを我慢する」か

           

の二者択一で、観念して生活の中に筋トレを組み込んだのが今から10年ほど前だったと思います。

       

そう、第一の理由は

       

「美味しいものを我慢しないため」

              

また、脂肪は「脂肪の燃焼工場」とも言うべき筋肉中のミトコンドリア内で燃焼されるので、筋肉の少ないからだでいくらウォーキングやジョギングを頑張っても、血液中に流れ出た脂肪酸が(燃焼される場所がないため)再び脂肪細胞に戻ってしまうことに(!)

       

“骨折り損のくたびれ儲けダイエット”を防ぐ意味でも、筋トレは重要なセーフティーネットとなるわけです。

         

まだありますよ。

      

「50代でも60代でも(70代でも!)ジーンズが似合う体型を維持するため」

            

「寝たきりにならないため」

         

と、歳を重ねるごとに“筋トレをやる理由”は増えていくんですけど・・・

          

ここにきてまた新たな理由が・・・!

         

それは、

        

「熱中症予防のため」

         

この「災害レベルの暑さ」のもと連日専門家による熱中症の怖さや対策が叫ばれていますが、中でもハッとしたのが、

         
          

「子どもや高齢者に熱中症が多いのは、成人より筋肉が少ないから」

      
       

というお医者さまの解説。

     

そうでした!

     

「筋肉も70%は水分」

    

なんでした。

      

実は、私たちのからだの中で最も多くの水分を蓄えている場所が筋肉なので、筋肉がしっかりついたからだは貯水タンクを常備しているようなもの。

         

反面、筋肉が少ないと、いくら口から水分を補給しても溜めておく場所がないので、結果として体内は水分不足になってしまうことに。

        

この異常気象から命を守るためにも筋トレは必要だったってことですね!

      

かと言って、ダイエットや健康維持のための筋トレは、アスリートのようにハードなものである必要はありません。

        

1日10分程度で十分です。

         

筋肉は関節や骨と比べ蘇生する力が強く、1ヶ月半ほどでその半分が生まれ変わるとも言われていますので、3ヶ月続けば全くの別人になることだって夢ではない!?

         

「1日24時間のうちほんの10分間の筋トレ」

        

それをどのタイミングで日常生活に組み込むか。

      

そこが、苦手とする運動の習慣化、すなわち「リバウンドのないダイエット」や「不調知らずのからだ作り」を成功させる大きなカギともなります。

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

            
    

■カウンセリングのお申込みはこちら

          
                    

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら

※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申し込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は

「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える

のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   

           

« 夏にやせない人はもしかして・・・ | トップページ | 足し算の食事制限 »