« 週末の災難「休日太り」にご用心! | トップページ | ご飯はどれくらい食べるべき? »

2018年10月12日 (金)

夕食の時間を2時間早めると・・・

          
           

こんにちは!もみい里香です!

            

突然ですが、昨日の夕食、何時に食べました?

                        

6f9b6fbaa46c1bb7736d10439cd23c7a_s

               

もし「21時以降に食べた」という方で体重を落としたいと思ってる方いらしたら、騙されたと思って

               

「夕食の時間を2時間早める」

            

工夫をしてみてください。

         

難しいのは承知のうえです。

        

・・・が、おそらくそれだけで1~2kgは落とせます。

            

2時間が無理なら1時間でも結構です。(その分効果も目減りしますが)

            

今までの「生活のしかた」が今のからだを作っているわけなので、今のからだを変えたければ、今までの「生活のしかた」を変えていくしかありません。

           

これまでの流れを変えるときにはそれなりの“痛み”を伴います。(ラクではない、ってことですね)

          

でも、それも最初だけで、慣れてしまえばこっちのもんです。

          

ダイエットカウンセリング2ヶ月目のクライアントさんからも、今朝

             

> (生活習慣の)リセットだけで3kg超痩せ、これまでどれだけ太る生活の仕方をしていたのかと、愕然とします。
>(Y.Mさん/京都府/43歳主婦)

               

といった感想が届いてましたが、人それぞれ「生活のしかた」に修正ポイントがあり、そこをちょっとした工夫で変えていくだけで落とせる体重があるのです。

             

そんな修正ポイントの1つが「夕食の時間」です。

           

体重を落とすにあたり「夕食」へのテコ入れが有効な理由は、

            

「夕食後はカロリーを消費する時間がないから」とか
「夜は副交感神経優位でからだが吸収モードになるから」とか

              

まぁ、いろいろあるんですが、今日は“意外と見落とされがちな理由”をお伝えしておきますね。

          

それは

             
         

「絶食の時間を増やすため」

          
             

です。

                  

健康的に体重を落とすためには代謝機能が正常に働くことが前提となりますが、それにはこの「絶食の時間」が必要不可欠なのです。

                

例えば・・・

              

副交感神経がきちんと働いていれば、寝ている間に昼間使った内臓や筋肉の修復作業が行われ、そこで膨大なエネルギーが使われるため、翌朝には500g~1kgほど体重が減ります。

           

それだけでなく、寝ている間にも心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を保ったり・・・生命を維持するために必要なエネルギーが消費されますから、絶食の時間が長ければ長いほどエネルギー消費量が増え、落ちる体重も増えるというわけです。

            

さらに、体重を落とすうえで「便秘」は大敵ですが、快適な排便を促す腸の運動を定期的に起こすためには

         

「胃と小腸を空っぽにする」

         

時間が必要です。

        

その間「約8時間」

           

食べたものが胃に到達し消化されるのに約3時間、そこから小腸に流れて消化されるのにさらに5時間ほどかかります。

           

寝る直前まで何かを飲み食いしていたんでは「8時間の絶食時間」を確保することは難しいですよね。

        

そうなると、腸の運動が起こせずにお通じのリズムも狂いがちに。

        

食べたものがスムーズに出なければ、体重も増える一方です。

      

いかがでしょう。

         

体重を落とすために「絶食の時間」がいかに重要か、おわかりいただけたでしょうか。

           

お一人お一人生活パターンが違うので、メルマガではここまでしかアドバイスできませんが・・・

          

“絶食の時間を増やすため”に、21時の夕食を19時に、22時の夕食を20時に前倒しすることは(毎日のジョギングやカロリー計算に比べると)そんなに難しいことではないんじゃないかと。

         

ちょっと工夫を凝らすことで案外クリアできちゃったりしますので、1~2kgでも落としたいという方は、ぜひご自分のライフスタイルに合わせて

            

「夕食の時間を2時間早める」

         

ってことに頭を使ってみてください。

        

体重だけでなく体調の方にも思わぬ効果が表れるはずですので。

   

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きますloveletter
   
メルマガ登録(無料)はこちら

 
   
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。

            
         

■カウンセリングのお申込みはこちら

          
                    

・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら

・よくある質問はこちら

                 

━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

          
       

« 週末の災難「休日太り」にご用心! | トップページ | ご飯はどれくらい食べるべき? »