« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月に作成された記事

2019年5月31日 (金)

今日は何の日でしょう?

        
こんにちは!もみい里香です!
        
            
早い、早い、もう今日で5月も終わりです!!
           
                  
毎週末に配信しているこのメルマガ、4~5回に1回は「プレミアムフライデー」に当たるんですよね。
           
            
令和最初のプレミアムフライデー、みなさんいかがお過ごしでしょう~
        
            
・・・てことをお尋ねしたいんじゃなくて。笑
         
          
「31日」って「サイ(野菜)の日」ってご存じでしたか?
        
          
近頃ワタクシ、この野菜パワーに改めてひれ伏してるところでしたので、ちょうどこの機会にその内容をみなさんにもシェアしておきたいと思います。
        
           
いや、もちろん“きちんと食べてやせるダイエット”における野菜の役割は重々承知してますし、ダイエットカウンセリングの方でも
          
            
「唯一、いくら食べても食べ過ぎってことにならない食材」
       
        
として、クッション代わりに(?)おすすめしてますけども(※一部例外もあり)
        
            
最近、抗がん剤の世界的権威により書かれた本を読んで「なるほどー!」「だから、そうなるのか!」と改めて野菜パワーを認識した次第なんでございます。
        
            
その本には、野菜の持つ
        
              
・がんを予防する効果
          
・からだの毒消し効果
           
・アンチエイジング効果
        
            
が科学的根拠とともに紹介されておりまして。
         
                
こういった病気や老化などいわゆる“困った状況”を作り出すクセモノが「活性酸素」という、まぁ言ってみれば猛毒です。
          
           
活性酸素とは、紫外線や化学物質、タバコ、食品添加物などにより通常の酸素が変質したものですが、なんと!呼吸で吸い込んだ酸素にさえ含まれているので、もはや諸刃の剣。
         
             
生きてる限り逃れることはできない、最強の敵とも言えます。
          
             
それどころか、何も対策を講じなければ増える一方なので、
         
               
「最近どうもからだが重い」とか
「疲れがなかなか取れない」とか
「メイクのノリが悪い」とか
            
                  
スッキリしない状況の時は、この猛毒が体内にかなり溜まっている可能性があります。
          
                
そんな諸悪の根源「活性酸素」の発生を防ぎ、消去までしてくれる頼もしいお助けマンが、植物に含まれる
       
               
「ファイトケミカル」
         
           
という抗酸化物質です。
       
         
今でこそTVやネットでも馴染みのある単語ですが、私が初めて知った30年ほど前にはまだ解明されてない部分が多くて
      
        
「ファイトケミカル=サプリメントではカバーしきれない自然の恵み」
       
           
としか説明がつかないナゾの存在でした。笑
      
             
今では、トマトのリコピンやニンジンのカロテノイド、大豆のイソフラボン、タマネギのケルセチン等々・・・
          
             
1万種以上もの成分が身近なあらゆる野菜や果物、お茶などに含まれていることがわかっています。
           
               
植物の色や香り、苦みなどを構成する成分で、もともと紫外線や害虫などから身を守るために作り出す物質なので、ファイトケミカルだけでもすごいパワーがありますが、それだけではなく。
          
              
野菜には他にもビタミン類やミネラル類など様々な成分が含まれていて(それこそ未だに解明されていないものも)、それぞれが相互に作用して体内の活性酸素を撃退してくれるわけです。
         
                
まぁ、そういった難しいことを考えなくても、試しに野菜をたっぷり食べてみると、悩まされていたからだの不調がみるみる改善されるのがわかるはずです。
          
            
それくらい野菜の抗酸化作用は強力です。
      
            
もっと言うと、さほど活性酸素にヤラレてない人ならば、ある程度野菜が不足してくると、もうからだが野菜を欲するのがわかるようになります。
         
          
体調が悪いと、からだは防衛本能で“体重を落とさない方向”へと頑張るため、いくらダイエットに励もうとも思ったような効果が得られにくくなります。
         
                 
夏のバカンスをスッキリボディで元気にエンジョイしたいダイエッターさんは、この「サイ(野菜)の日=31日」をきっかけに野菜たっぷり生活にシフトしてくださいね☆
         
                    
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
        
            
メルマガ登録(無料)はこちら
          
               
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
         
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
        
                 
   
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
           
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
        
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
         
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
        
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

   
       

2019年5月17日 (金)

スタイル美人がキレイにしている3つのトコロ

      
こんにちは!もみい里香です!
            
              
ちょっと前になりますが、補正下着の大手メーカーが発表した「都道府県別・スタイル美人ランキング」(正式には「都道府県別・女性体型メリハリ度調査2016」)
       
                
1位はどこだと思います?(なんとトップ3は西日本!)
      
         
正解は、
       
     
     
         
「三重県」
      
       
      
           
いかがですか?三重県の読者のみなさん(そう言えば、ダイエットカウンセリングでも三重県のクライアントさんってあまり多くないような・・・笑)
          
           
その調査から浮き彫りになった上位地域のスタイル美人に共通するライフスタイルは
         
             
「スイーツをあまり食べない」
「炭酸飲料(コーラなど)を飲まない」
「外食が少ない」
   
         
でした。
  
       
しかも、1位の三重県にいたっては
      
         
「園芸植物購入額→全国第1位」
「犬の飼育頭数→全国第2位」
          
            
というオマケつき。
         
         
結局、
      
          
「健康的な食生活に適度な運動」
          
            
ってことでしょ!?なんてお声が聞こえてきそうですがw
          
                     
これだけお伝えしたんじゃ、お役所のPRとなんら変わりませんので、今回は我が「NetSlimネットスリム」の統計をもとに、さらに掘り下げた
        
                
「スタイル美人の条件」
         
            
を披露してみたいと思います。
         
           
実は、スタイル美人には「キレイにしているトコロ」が3つあるんです。
         
           
それは
          
                 
【1】口の中
         
【2】財布の中
            
【3】部屋の中
        
            
この3つがキレイな人は間違いなくスタイル美人です(今がそうでなくても必ずそうなります。)
        
            
1つ1つざっくりと解説していきますと・・・
       
       
【1】口の中がキレイな人
           
食後の歯磨きが徹底されてる証拠です。
            
歯磨き粉のミントの成分には
         
「だらだら食いの連鎖を断ち切る」
「食欲を抑える」
               
という働きがあるため「食後の甘いもの」への欲求をシャットダウンする効果は絶大です。(何を隠そう、この「食後の甘いもの」こそが体重増加の大きな原因になります。)
             
また「キレイになったお口の中を汚すのがイヤ」という心理的作用も働き自ずと間食の回数も減ることに。
     
      
【2】財布の中がキレイな人
            
レシートやサービス券、メモや小銭など・・・うっかりすると1日でいろんなものが溜まってしまう財布の中。
          
「必要なものと必要でないもの取捨選択ができる」
「その日の不要なものはその日のうちに処理する」
            
ってことが身についていれば不要なカロリーを溜め込むこともなくなるので、当然体重が増えることもありません。
             
財布の厚みとからだの厚みは比例すると思っていいかも。
      
             
【3】部屋の中がキレイな人
            
片付けって実は全然大変なことではなくて。
             
そもそも「元あった場所に戻す」ってことがその都度できていれば、物が散らかることはないわけで。
            
そのほんのワンアクションの行動を面倒臭がるから物があふれる。
                   
文字通り「塵も積もれば山となる」で(物理的な部分はもちろんですが)動かなかったことで“消費するはずだったカロリー”も山積みされて、気がつくと〇kg増えた・・・なんてことになりがちです。
           
あと、物が捨てられない「もったいない病」にかかってる人も自分の胃袋がゴミ箱化してる傾向に。
               
「もったいない、もったいない」と自分の胃袋に放り込み続けた結果できた脂肪を捨てるために、ジムやエステ、ダイエット商品に高額のお金を払う。。。
            
一体どっちがもったいないのか。
                
そこに気づいた時から体重は確実に右下がりになっていきます。
                     
実際、ダイエットカウンセリングの現場でも「体重が減ると同時に部屋が片付いてきた!」というお声はホントに多いのです。
          
                 
以上、「ネットスリム版スタイル美人の条件」でした。
         
             
【1】口の中がキレイ
         
【2】財布の中がキレイ
           
【3】部屋の中がキレイ
          
            
あなたはいくつ当てはまってますか???  
          
               
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
                
          
メルマガ登録(無料)はこちら
           
          
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
          
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
       
             
          
■カウンセリングのお申込みはこちら
       
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
       
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
           
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
         
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.
      
        
                

2019年5月10日 (金)

自分にケンカを売ってみたら・・・

          
こんにちは!もみい里香です!
          
             
「令和」最初のメルマガなのにこんな内容でいいのかアレですが;
今日は、このゴールデンウィークのオドロキの体験を1つ。。。
       
            
もう5年以上前にこちらで▼「ラーメン食べたそのあとは・・・」▼なんて記事も書いてますけど、その日も久々に“自分にケンカを売りに”行ってきたわけなんですよ。(時々ムショーに食べたくなりますよね、ラーメンw)
        
                  
いつもならご当地博多の「豚骨ラーメン」一択なんですが、今回ちまたで話題の「味噌ラーメン」に浮気してみたくなり。
          
                   
「たまには味噌ラーメンも美味しいね~」なんて、いつもと違う味を存分に堪能して帰ってきた我が家で・・・
        
             
異変は起きました。
        
             
トイレ(小)を済ませて流そうとしたら、
      
      
「え、なにこの色!?」
        
         
それはそれはキレイなレモン色の液体がそこに。
          
             
そう、ビタミン剤を飲んだあとのトイレの、あの黄色です。(オロ●ミンCみたいな色!)
        
          
でも、今日ビタミン剤は飲んでないし!
        
         
何も心当たりがない!!
           
         
色はキレイだけど、あまりにも人工的な色でビビる!!
        
          
どっかに異常が・・・!?
        
            
と怖くなって調べてみたら・・・
       
           
出てくる、出てくる。
      
           
「味噌ラーメンでおしっこが黄色に」
      
          
というエピソードが。
         
              
レモン色のおしっこと味噌ラーメンにいったい何の関係が!?
        
              
意外と体験者が多いみたいなので、もしかするとすでにご存じかもしれませんが、この先私みたいに無駄な恐怖におののく人が出ないように、その答えをここでもシェアしておきますね。
          
                
味噌ラーメンが美味しく見えるためには麺の色がかなり重要なんだそうで。(豚骨ラーメンの場合、それはない)
         
              
味噌の色とのコントラストなどを考慮すると、黄色味が強い方が食欲をそそるため、製麺の過程でどうしても着色が必要になるわけです。
          
               
本来「かん水」や「卵の黄身」で色をつけていたのが、発色や日持ち、コストなどの事情により今では「合成着色料のビタミンB」が使われることが多いんですって。(※自然由来のビタミンBではありません)
          
                
それで、あのレモン色です。納得。
          
              
日頃そんなにラーメン食べないし、ましてや味噌ラーメンなんて年に一度食べるか食べないかくらいの私にとっては衝撃の発見でしたが・・・
          
              
結局、もとの色に戻るまで半日ほどかかってしまいました。
         
          
改めて、
        
          
「私達のからだは食べたもので作られてるなぁ」とか
「からだは頑張って不要なものを濾過してくれてるなぁ」
         
                    
ってことを思い知らされたオドロキの体験でした、っていう話。。。
        
         
お役に立てれば幸いですw
         
              
健康のためにもダイエットのためにも、やっぱ自分にケンカを売るのは“たま~に”にしておいた方が良さそうです。
          
           
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩

        
メルマガ登録(無料)はこちら
       
        
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
             
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
      
             
       
■カウンセリングのお申込みはこちら
        
           
                 
・カウンセリングの詳細はこちら

・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。

お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく

パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2016 NetSlim All Rights Reserved.

        
            


« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »