« 甘いものを食べるのはいつがいい? | トップページ | 元気でスリムに夏を過ごすために今やるべきことは・・・ »

2019年6月22日 (土)

「不可抗力なリバウンド」とは

              
こんにちは!もみい里香です!
       
                     
今週はちょっと忙しくて;通常通りの金曜日に配信できませんでしたので、本日の配信とさせていただきました。(今日は土曜日です☆お間違えのないようにw)
      
           
そんな中、合間を見てはTwitterの方でちょこちょこと思いついたことを発信しておりましたが・・・
           
                
意外と共感いただいたのが、
       
        
         
      
「リバウンドには不可抗力なものもある」
      
              
     
         
というツイートでした。
         
         
人知れずリバウンドにお悩みの方が多いということでしょうか。。。
            
          
そもそも、なぜそんなことをつぶやいたかと言いますと、ダイエットカウンセリングの方でも
            
             
「恥を忍んでもう一度カウンセリングをお願いしたいです」とか
          
「前回のカウンセリングから10年。出戻るのは実はとても勇気がいることでした」とか
             
「もう一度カウンセリングを受けるかどうか、本当に迷いました」
         
              
といった
            
             
「リバウンド=申し訳ない」
        
             
という罪悪感に満ちたお申込みをいただくことがあるから、なんです。
          
             
私に怒られると思っておられるのでしょうか~笑
           
             
大丈夫ですよ。
          
                  
Twitterの方でもお伝えしたように、リバウンドには「不可抗力なリバウンド」というものもありますので。
        
            
その主なリスク要因は・・・
         
              
■加齢に伴う基礎代謝の低下            
            
“やせやすさ”“太りやすさ”を左右するのが、生きてるだけで使われるエネルギー(基礎代謝)の高い低いです。
             
そんな基礎代謝は「筋肉の量」に比例します。
               
筋肉は何もしなければ年々1%ほど減っていくため、ピーク時の20代からすると、10年後の30代で1割、20年後の40代では2割も減少することに。
             
それに伴って基礎代謝も年々低下します。
             
これはもう避けられない自然現象ですね。
                      
大体「小さなおにぎり1個分」くらいのカロリーが年々燃やせなくなってる、ってことを自覚しておかれるとよろしいかと。
            
        
■ホルモンバランスに影響される体内環境          
            
女性の体重は「女性ホルモンのバランス」に大きく影響されます。
                
例えば、女性の人生には「思春期」「妊娠」「卒乳」「更年期」といったホルモンバランスのヤマ場(不安定な時期)があります。
                 
その時期には、今まで太ったことがない方ですら(!)一気に体重が増えたりします。
              
また、“やせホルモン”と言われる「甲状腺ホルモン」の分泌に異常が生じる甲状腺関係の病気やその投薬治療が体重増加の原因となっているケースもあります。
          
         
■ライフスタイルの変化による生活習慣の狂い            
               
結婚や出産による家族構成の変化、転職や転勤による職場環境の変化。
                  
さらには、お子さんやパートナー、親御さん等々・・・自分以外の人々に起こる様々な変化。
               
人間、生きていればいろんなことがあります。
             
その度、生活スタイルや生活サイクルも多かれ少なかれ左右されてしまいます。
                    
環境の変化への対応にいっぱいいっぱいで、気がつくとあっという間に数年が経過し、いつの間にか過去最高の体重に・・・なんてケースも。
              
                   
ざっと考えただけでも、これだけの不可抗力リスクがあります。
            
             
そんな状況下でのリバウンドは決して恥ではない。
           
                
・・・ということをお伝えしたかったのが、例のツイートです。
         
                  
「ライフステージごとのやせ方」というものがありますし、その時その時の状況に応じた「最適な逃げ道」もありますので、くれぐれもお一人で悩んで迷走などされませんように・・・!(その結果「かけたお金ごと水の泡になりました」なんてお声もありますので)
            
               
ちなみに、
          
            
「いやぁ~あれからすっかり油断しちゃって~」
        
「調子に乗って食べ過ぎてしまいました;」
        
              
なんて理由のリバウンドは反則ですがw
              
                         
当カウンセリングでは、それでも“食べないダイエット”や“過激な減量法”に走らずに生活改善ダイエットに戻ってこられたことは「エライ!」と褒めて差し上げようと思っています。笑
          
                 
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます📩
       
            
メルマガ登録(無料)はこちら
         
           
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
      
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
         
            
        
■カウンセリングのお申込みはこちら
           
          
                 
・カウンセリングの詳細はこちら
           
・体験者のお声はこちら
        
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
     
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
            
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
     

      

          

« 甘いものを食べるのはいつがいい? | トップページ | 元気でスリムに夏を過ごすために今やるべきことは・・・ »